日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第16期 東北プロリーグ

タイトル戦情報

第16期 東北プロリーグ

Aリーグ

順位 氏 名 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節 第6節 第7節 第8節 第9節 第10節 全期計
1 黒田 容吉 ▲ 8.2 2.4 10.6 ▲ 41.3 21.9 2.4 ▲ 5.6 50.7 76.6 37.3 146.8
2 岩田 二郎 96.7 29.8 ▲ 31.0 42.3 52.2 24.7 ▲ 30.4 11.0 ▲ 71.9 0.0 123.4
3 粕谷 勇吉 30.5 0.1 66.9 57.8 ▲ 19.4 ▲ 27.4 34.9 ▲ 9.5 ▲ 15.2 0.2 118.9
4 平田 孝章 13.8 ▲ 34.4 ▲ 12.7 ▲ 2.6 ▲ 9.4 53.2 29.7 ▲ 59.8 24.1 40.3 42.2
5 工藤 宏紀 ▲ 20.0 91.9 43.1 ▲ 46.4 ▲ 88.8 ▲ 17.7 ▲ 1.0 8.9 24.4 10.5 4.9
6 佐藤 大介 9.2 ▲ 46.8 ▲ 61.5 31.0 35.9 61.1 ▲ 7.4 58.3 10.5 ▲ 88.3 2.0
7 佐々木 大助 ▲ 39.5 ▲ 31.9 ▲ 33.0 ▲ 1.1 81.7 24.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.5
8 小松 英明 ▲ 0.7 ▲ 100.0 55.7 ▲ 100.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 ▲ 145.0
9 遠藤 昭太 ▲ 2.3 47.9 43.4 ▲ 39.8 ▲ 46.3 ▲ 54.5 43.4 ▲ 35.3 ▲ 33.2 ▲ 91.8 ▲ 168.5
10 吉田 勝弥 ▲ 10.8 ▲ 11.4 ▲ 91.6 14.4 30.5 ▲ 33.6 ▲ 63.6 ▲ 24.3 ▲ 15.3 ▲ 20.9 ▲ 226.6
11 英 大輔 ▲ 46.4 ▲ 109.6 ▲ 52.2 ▲ 14.3 ▲ 60.3 ▲ 52.5 ▲ 29.3 ▲ 9.3 0.0 0.0 ▲ 373.9

<最終節レポート>

1年間に及ぶ長い戦いの総決算、この10節で決勝戦へ出場する者が決まる。

10節開始時の各選手のポイント状況は、粕谷+118.7P 、黒田+109.5P 、佐藤+90.3P、

大きく離れて平田+1.9P 、工藤▲5.6P。

この卓から4人が決勝へと駒を進める。現実的に考えれば、平田と工藤のマッチレースである。

1 回戦目からこの両者が競り合い、工藤がトップで平田が2着。

続く2回戦は工藤が浮き2着、平田は沈み3着、3回戦目は平田が意地の浮き2着、工藤沈み3着と激しい鍔迫り合いが展開される。

工藤が抜け番の4回戦、最後が抜け番の平田はここで大きく叩かないと勝ち上がることは難しいが、ここで平田に神風。

前3半荘の競り合いの後に工藤が抜けたことにより、一気に勢いが爆発したかのごとくの和了りで6万点越えの大トップを獲ることに成功する。

この回で平田の10節総合ポイントが+42.2ポイントで確定。

この時点で工藤は+12.1Pだが、ここでもう一人、足切りレースに参加するものがいた。

3回のラスを引いてしまった佐藤である。

この日の佐藤は手は入るものの、和了りきれずに振り込み、ツモられるというまさに半ヅキ状態で、+ 19.8 までポイントを大きく落としてしまっており、

最終5回戦は佐藤と工藤の着順争いという当初の予想を覆す展開となった。

東場は小場で進んでいくが、東ラスで佐藤が満貫親っかぶりと佐藤への逆風は続く。

しかし工藤も、続く親で満貫をツモられ、こちらもきびしい。

南2局で3着・佐藤、ラス・工藤だが、点差は数百点。

南3局、好調黒田の仕掛けに対し両者攻めあぐねるも工藤が必死のテンパイ。結局流局し、 1 人テンパイとなる。

このノーテン罰符で総合でも佐藤を上回り、オーラスは工藤がツモのみで仕上げて決着となった。

ほぼ優勝決定戦出場確定かと思われた佐藤がまさかの大崩れで平田・工藤にかわされるという波乱で終えた第16期東北プロリーグ。

9節・10節と終盤に上位陣に波乱が起こっている状態で迎える優勝決定戦、一筋縄ではいかないことは各人感じているはずである。

出場者には最後まで気を張り巡らせた戦いを繰り広げてもらいたい。

( 文責:遠藤 昭太)

<第9節レポート>

世の中では黒人初のアメリカ大統領としてオバマ氏が就任し、「変化」が求められる年となる2009年。

東北プロリーグは優勝決定戦までラス前、残り2節。

A卓 黒田・岩田・粕谷・佐藤

開始早々、黒田が軽い和了りを重ねリズムを掴む。

遅れまいと佐藤が追従し、1回戦目はわずかに差しきり佐藤に軍配。

2回戦目は黒田、3回戦目は再び佐藤がトップを取るも、沈みのなかった黒田が得点が上回る展開での4回戦、

今までの好調を更なる助走として黒田が大きく叩いての1人浮きトップ、本日+ 76.6Pと大躍進となった。

対して総合1位だった岩田は絶不調の▲71.9P 、かろうじて2位転落を免れる事となった。

B卓 平田・遠藤・吉田・工藤

平田・工藤・遠藤の3名が決勝生き残り争奪戦を演じる形となっている。

1回戦目、前節で粘った工藤がトップを取り、2回戦目でもオーラスでプラスに転じる和了りで逆転2位と良い形。

この2回終了時点で七対子のみの1.600以外ノー和了の遠藤は、1つ上の順位の平田とは約60P差で、トップラス 2 連続ぐらいしないと浮上できない状態。

3回戦目、何とかしようと遠藤が健闘するも、誰かを抑える戦いはお手の物とベテラン平田がぴったりマークし、点差を詰めさせない。

平田は4回戦でも遠藤を抑え、少し大きめのトップで総合での工藤との点差も詰めさせなかった。

9節が終了し、上位4人が決勝進出ほぼ確定で、10節目は残る1つの席を平田と工藤が争う事となりそうである。

とはいえ、今節のように100P以上の差が縮まる事もある。

上位陣も決して油断は出来ない。

( 文責:遠藤 昭太 )

<第8節レポート>

世界的な不況となった2008年も残すは数日となった東北プロリーグ第8節。
世の中では、石油の値段の急騰と下落、大企業の破綻など大きな変動が見えたが、東北プロリーグではどうなったか。


1卓 平田 vs 岩田 vs 粕谷 vs 佐藤


大きくリードした1・2位の岩田・粕谷に、混戦を1歩抜き出た平田・佐藤が戦いを挑む形となって、1回戦目。
前節を手堅くまとめた平田がトップを取り、勢いを増していくかと思われたが、
2回戦目から危険牌が寄るはツモられるはの大ストップで3回続けて大きくラスを引いてしまう。
その隙に佐藤が3・4回戦をトップで飾り、終わってみれば平田のマイナス分だけ佐藤がプラスという結果で、総合1・2位の2人は崩れずとなった。


卓 黒田 vs 遠藤 vs 吉田 vs 工藤

こちらは吉田が大トップ狙い、残りの3人が足を切られるかを争う様相。
終盤戦の粘り強さがある本部長の黒田は、この節が浮き時と言わんばかりに1回戦目から1人浮きのトップでスタートし、
2回戦目もトップで走る。この2回でラスを引いて、後がなくなりそうな工藤が3回戦目で大きくトップを取り、息を吹き返す。
4回戦目も接戦を制し、生き残りに望みを残した。 


8節が終了し、プラス組とマイナス組とで差が出来てきた形となり、優勝決定戦の椅子取りがおおよそ決まりつつある。
年を越した残りの戦いでどんでん返しはあるのか、といったところで東北プロリーグは2008年を終えた。
 
(文責:遠藤昭太)

<第7節レポート>


12月に入り、東北にはすでに雪の便りが届いており、肌寒い日々が続いている 。
東北リーグの面々は最終戦を見据えて闘志を燃やして、冷たい空気を押し返して いた。


1卓 黒田 vs 岩田 vs 遠藤 vs 佐藤

前節の活躍でプラスに転じ、次は1,2位の背中を狙う佐藤。
1回戦でトップを取り波に乗らんとするが、そうはさせないとラスを食った現在1位岩田が、続く2回戦目を1人浮きのトップで逆に佐藤をラスにする。
このまま2人の争いに待ったをかけたのが遠藤。
決勝に手を届かせるためにどうしてもプラスにしたいと高め高めに打っていた所に波が来たのか、 満貫・跳満を掴み取り、3回戦をトップ。
まだ足りないと言わんばかりに4回戦もぶんぶん打っていく。
危険な牌も不思議と当らず、大きくトップをとり、4回戦合わせての1人浮きと なった。


2卓 平田 vs 粕谷 vs 吉田 vs 工藤

こちらの卓で大きく場が動いたのは2回戦目。
跳満・倍満が飛び交う乱戦で工藤が6万越えのトップ。 吉田が箱下1万越えと大きく割りをくった。
しかし4回戦目、今度は粕谷が波に乗り、こちらも6万越えで、 工藤がラスになり先ほどのプラスを吐き出してしまった。
終わってみれば、粕谷が4回戦目のプラス分浮き、 2−2−3−2と堅実に打った平田が30P弱のプラス。 工藤が0付近で、吉田の1人沈みとなった。

7節が終わり、まだ3,4位争いが混沌としている状況。
該当する面々は生き残らんと後の戦いを見据え、 それぞれ心に熱い闘志をしまい込み帰宅の途についた。

(文責:遠藤昭太)

<第6節レポート>


10月に入り、仙台も肌寒さを感じるようになったが、みな静かな闘志を燃やしているのが感じられた。


1卓 岩田 vs 遠藤 vs 吉田 vs 工藤 vs 佐藤

1回戦目、佐藤にアクシデント。まさかの盲牌間違いのノーテンリーチ流局で痛恨のチョンボ。

これで背水の陣と覚悟を決めたのか、2回戦目以降は和了られる前に和了ると言わんばかりの速攻猛攻。

対戦相手の大物手を、地雷原を駆け抜けるが如くかわし抜ける高速で走り切り、結果ペナルティ分を大幅に取り返す活躍を見せた。


2卓 黒田 vs 佐々木 vs 平田 vs 粕谷 vs 英

平田が絶好調。きちんと浮いた点数をこぼさずにプラス街道まっしぐら。

前節から好調な佐々木も同じく3回打ってマイナスなしで続く。

最終戦は黒田・佐々木・平田・粕谷と東北リーグ屈指のメンツでの対局となった。

中盤までは好調の平田と佐々木の2人が点棒を集めていく展開となっていた。

南1局終盤、平田の親リーチに佐々木・粕谷が追っかけリーチをかぶせる。

3軒リーチにマンズのメンチン気味の手牌だった黒田がソウズの危険牌を掴んでしまい、やむを得ず切った北が平田の親満にジャストミート。

このまま終わってしまうと思われたが、黒田が踏ん張りを見せ、打ち掛け終了のラス親でのツモ和了りで意地の逆転トップ、健在ぶりをアピールした。

鬼気迫る猛攻を見せた佐藤と、高段者の佐々木・平田がプラス側へと転じたが、依然上位争いは混沌としてる。

東北リーグは次節にてレギュラーシリーズが終わり、クライマックスシリーズへ突入。

今後はサバイバルレースとなり、いつも以上の熾烈な戦いとなるのは必至である。

(文責:遠藤昭太)


<第5節レポート>

暑さも和らぎ、朝には寒ささえ感じる季節となった第5節。
東北プロリーグ後半戦が始まった。

1卓(佐々木 vs 平田 vs 粕谷 vs 工藤 vs 佐藤)

1回戦目、総合ではマイナスが続いていた高段者佐々木が16,000オールの四暗刻をツモリ大トップを取ると、続く2回戦でも5万点越えのトップで今までの不調を払拭する活躍を見せた。
そのあおりを受けたのは工藤。その後も態勢を持ち直しきれずに、結果80P以上のマイナスを喰らってしまった。
5回戦目にはしぶとく打ち続けていた佐藤が大トップで終了した。


2卓(黒田 vs 岩田 vs 遠藤 vs 吉田 vs 英)

リーグ後半戦に入りそろそろスパートをかけ始めたい黒田は、1回戦目途中までトップだった遠藤からの2回の満貫直撃などで1着を取り、その勢いで2回戦目も1人浮のトップとなった。 3回戦は吉田、4回戦は岩田が大トップを取った。
遠藤はここまで箱下のラスなどで70Pの沈み、別卓の工藤のように一気にマイナス側へ転落かと思われたが、5回戦目でギリギリ1着を掴み取り、わずかながら総合プラスを維持した。

あと2節を残して、岩田と粕谷が3位と100P以上の差をつけ、遠藤、工藤の後退によって9位の吉田まで 3,4位争いが今後の見所となった東北プロリーグ。残り2節はしのぎを削る戦いになりそうだ。


(文責:遠藤昭太)

<第4節レポート>

前節の前日に起きた大地震もまだ記憶に新しい東北プロリーグ第4節。
余震も落ち着いたかと思われた今節だが、何の因果か、又も前日に宮城で震度4の地震。
波乱は続くのかと思わせぶりな今回は、後半になるにつれ点棒の動きが大きくなっていったように見受けられる。

席運というものがあるのか、いわゆるラス席をひいた黒田・工藤は割を食った形で2人沈み。
3回打って2回トップの吉田も最終戦で大きくラスを取ってしまい、点数は伸びなかった。
うまく打ち切った岩田と佐藤が勝ち組みとなった。

総合でも好成績の粕谷が貫禄の1人勝ち。
チャンスを逃さず、振り込まずと持ち前の守備力を見せつけた。
また、まだまだ打ち方の甘い遠藤・英が点棒を吐き出した結果となった。

ちょうど折り返し地点の第4節が終わり全体を見てみると、
前節までのプラス4人の内、中堅どころの岩田・粕谷はしっかりとプラスを重ね、若手側の工藤・遠藤が大きく点数を削ってしまった。
やはり長期戦のプロリーグは経験の差がじわじわ見えてくるものなのだろうか。

残り3節マイナス組にもまだまだ目はあるので、頑張ってもらいたい。

(文責:遠藤昭太)

<第3節レポート>


第3節の前日、震度6強の岩手・宮城内陸地震が起きた。東北本部には岩手・宮城北部に住む者も居り心配していたが、無事全員が集まって第3節を執り行う事が出来た。翌週に行なわれる十段位戦に出場する岩田、粕谷などは「もし、この地震が来週だったら・・・」と胸をなでおろしていた。

1卓(小松、岩田、粕谷、吉田)

前節の欠場分を取り戻すかの様に小松が3連続トップ。このまま小松の一人舞台かと思いきや、4回戦南3局で2−3−2と粘り強い麻雀をみせていた粕谷がリーチをかけていた吉田から国士をアガる。打ちかけ終了のベルが鳴った最終局には小松から直撃の5,200。このアガリで小松は減点を割ってしまい、4回戦の合計で粕谷が小松を捲くる結果となった。

2卓(黒田、工藤、佐藤、英)

黒田「ロン。32,000」
1回戦東1局にいきなりの国士。振り込んでしまったのは佐藤。何かやっていると捨牌だとは思っていたが、ケアが甘かったと後悔していた。
3回戦終了時、黒田、英の2人がプラスでこのまま終わるのかと思われたが、この卓でもどんでん返しが。
4回戦で今まで我慢の展開だった工藤が噴く。70,000越えの大トップで一気に捲くり返した。

3卓(佐々木、平田、遠藤)

全体を通して牌や流れの偏りが極端な卓となった。調子が良かったのは遠藤で、手が素直に入り、危ない牌を切っても当らないとやりたい放題。佐々木、平田の両名も食い下がるも、抑えきれずという形となった。また、この卓でも和了はしなかったものの役満テンパイがあった。

大荒れの模様となった今節。やはり大地震の翌日という事も関係しているのだろうか?
通算での得点を見てみると上位4名が抜け出ている様相となっているが、世相と呼応するように波乱が起きるのではないかと予感してしまう・・・。

(文責:遠藤昭太)

<第2節レポート>

今回は小松が欠場し、2卓での5人打ち。
1卓(佐々木、平田、岩田、遠藤、吉田)では、前節ダントツの岩田と遠藤の2人が点数を持っていく展開。調子が良かった遠藤が点数で上回った。
2卓(黒田、粕谷、佐藤、工藤、英)は全体通して工藤に風が吹いた。1−1−3−1で90を越す点数をたたき出した。
2節を終えて今回もプラスの岩田が1位、点数をたたいた工藤が2位、遠藤、粕谷が後に続く。

(文責:遠藤昭太)

<第1節レポート>

今期から3卓でのスタートとなった東北プロリーグ
1卓(黒田・小松・遠藤・佐藤)全体的に運の偏りが激しい卓となったが、波を捉えきれた者が出ずに総合的にうまくまとめた佐藤が一人プラスに。
2卓(佐々木・岩田・吉田・英)前期より調子の良い岩田が、年度をまたいでも勢いそのままに他の3人を寄せづけずに1人ダントツで初節を終えた。
3卓(平田・粕谷・工藤)試合巧者である平田・粕谷が実力どおりの力を見せワンツーフィニッシュとなった。
総合では2卓を制した岩田が抜き出て粕谷・平田が続く。始まったばかりの16期リーグだが、週末の雨が桜を散らしたように荒れ模様の様相をちらつかせていた。

(文責:遠藤昭太)

 




第9回みちのくリーグ(日本プロ麻雀連盟北東北支部主催プロアマ混合リーグ戦)

順位 氏名 最終成績
1 高玉 雄寿 212.8
2 安ケ平 浩希 181.6
3 佐々木 大助 97.0
4 石母田 統 26.2
5 天摩 亮 11.9
6 池田 政弘 ▲ 18.6
7 武田 寿彦 ▲ 81.7
8 本野 祥克 ▲ 82.9
9 齊藤 彰作 ▲ 85.6
10 さいとう だいすけ ▲ 118.6
11 小松 英明 ▲ 200.9

 

第2期(後期)東北王座杯(プロアマ混合リーグ戦)

順位
氏名

プロ/アマ

1 節 2 節 3 節 4 節  
     
10月14日
12月2日
 1月20日
 2月10日
トータル
1 黒田 容吉 プロ 0.0 42.8 43.0 186.0 271.8
2 粕谷 勇吉 プロ 26.0 85.6 55.7 ▲32.8 134.5
3 平田 孝章 プロ 65.8 ▲11.8 47.2 ▲21.4 79.8
4 中野 光一 アマ ▲30.1 ▲35.7 ▲40.0 150.8 45.0
5 英 大輔 プロ 0.0 ▲30.4 6.5 64.8 40.9
6 吉田 勝弥 プロ 74.0 31.4 92.6 ▲173.7 24.3
7 斉藤 一史 アマ ▲1.5 15.3 152.7 ▲161.2 5.3
8 岩田 二郎 プロ ▲56.8 ▲80.1 20.2 110.3 ▲6.4
9 遠藤 昭太 プロ 21.5 67.9 ▲59.1 ▲56.3 ▲26.0
10 菅原 美智子 アマ ▲21.9 44.8 ▲72.0 ▲100.0 ▲149.1
11 工藤 宏紀 プロ ▲43.8 ▲63.4 ▲68.3 11.2 ▲164.3
12 佐藤 大介 プロ 101.4 ▲67.4 ▲150.0 ▲150.0 ▲266
13 皆川 直毅 プロ 19.5 ▲100.0 ▲200.0 ▲30.6 ▲311.1
14 太田 登眞 アマ ▲143.1 ▲100.0 ▲100.0 ▲57.1 ▲400.2

 

東北プロリーグ過去の成績

年度 期別 優勝 2位 3位 4位 5位 成績
2001
第9期 前期
黒田 容吉
黒田 敏江
高橋 利典
 
   
第9期 後期
黒田 敏江
佐々木 大助
高橋 利典
 
   
2002
第10期 前期
斉藤 智子
黒田 敏江
武田 慎也
 
   
第10期 後期
武田 慎也
平田 孝章
小松 英明
 
   
2003
第11期 前期
佐々木 大助
岩田 二郎
平田 孝章
 
   
第11期 後期
黒田 容吉
粕谷 勇吉
平田 孝章
 
   
2004
第12期 前期
武田 慎也
東 幸一郎
岩田 二郎
 
   
第12期 後期
黒田 容吉
岩田 二郎
黒田 敏江
武田 慎也
   
2005
第13期 前期
岩田 二郎
東 幸一郎
黒田 敏江
黒田 容吉
   
第13期 後期
東 幸一郎
斉藤 智子
山田 敏文
黒田 容吉
   

2006
第14期 前期
斉藤 智子
小松 英明
黒田 敏江
山田 敏文
   
第14期 後期
堀内 正人
工藤 宏紀
黒田 容吉
遠藤 昭太
   

2007
第15期 前期
斉藤 智子
粕谷 勇吉
岩田 二郎
黒田 容吉
   
第15期 後期
黒田 容吉
佐藤 大介
岩田 二郎
皆川 直毅
 
2008
第16期
岩田 二郎
平田 孝章
黒田 容吉
工藤 宏紀
粕谷 勇吉

         

東北王座杯

年度 期別 東北 王座 2位 3位 4位
2006 第1期 粕谷 勇吉 山田 敏文 東 幸一郎 皆川 直毅
2007 第2期(前期)
中野 光一
吉田 勝弥 黒田 容吉
黒田 敏江
2007 第2期(後期)
黒田 容吉
粕谷 勇吉 平田 孝章
中野 光一
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。