日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 特別昇級リーグ 

タイトル戦情報

第11期 特別昇級リーグ  

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 合計
1 西川 淳 25.4 ▲ 14.1 40.8 18.1 47.1 ▲ 10.2 26.4 79.4 212.9
2 大木 亮典 34.9 51.4 ▲ 2.1 ▲ 2.5 77.0 ▲ 61.9 82.7 ▲ 11.7 167.8
3 井出 康平 27.7 11.3 29.2 0.4 34.8 6.0 23.3 ▲ 18.2 114.5
4 奈良 圭純 64.5 ▲ 14.1 29.0 46.6 ▲ 34.0 ▲ 14.0 49.1 ▲ 49.5 77.6
5 横井 玲巳 ▲ 1.6 ▲ 15.7 34.1 27.2 32.1 18.5 ▲ 55.4   敗退
6 嶋村 泰之 ▲ 38.8 11.8 ▲ 12.3 47.9 ▲ 24.0 36.8 ▲ 25.2   敗退
7 泉 亮多 ▲ 69.6 27.4 ▲ 42.5 5.0 55.1 ▲ 1.6 ▲ 17.0   敗退
8 大庭 三四郎 31.2 ▲ 59.0 ▲ 9.4 51.2 2.9 ▲ 13.6 ▲ 83.9   敗退
9 西山 あみ 0.4 18.1 ▲ 6.4 ▲ 26.6 ▲ 43.0 8.7     敗退
10 相沢 かおる 45.8 14.1 ▲ 1.6 ▲ 65.1 ▲ 59.9 ▲ 1.7     敗退
11 福光 聖雄 ▲ 22.2 ▲ 15.2 ▲ 19.2 0.6 ▲ 38.9 ▲ 7.7     敗退
12 中山 奈々美 ▲ 2.0 ▲ 34.4 ▲ 13.2 ▲ 20.5 ▲ 49.2       敗退
13 朝霧 千裕 ▲ 9.6 ▲ 25.7 ▲ 15.2 ▲ 30.3         敗退
14 中村 慎吾 ▲ 63.3 8.7 ▲ 13.2 ▲ 53.0         敗退
15 高橋 良介 ▲ 23.8 33.4 ▲ 150.0           敗退

優勝:B2リーグ昇級 準優勝:C1リーグ昇級   3位:C2リーグ昇級  
特別昇級権利獲得者 (青字で表示) 敗退者(赤枠で表示)

 

<最終節レポート:江森 豊> 


今期で11回目を数える特別昇級リーグ。
決勝に駒を進めたのは、上位から順に、

大木克典+179.5P 西川淳+133.5P 井出康平+132.7P 奈良圭純+127.1P

以上の4名。
トップから4位まで50ポイント強の間にひしめく混戦模様。
残り半荘4回で雌雄を決することを考えれば、横一線に並んでいると言っても過言ではない。
果たして優勝の行方は−



1回戦(起家から、井出・大木・奈良・西川)

まずは、特昇権利をもつ奈良がこの1,000・2,000をツモアガリ、開局を制する。

  リーチ ツモ ドラ

局面が大きく動き始めたのは南1局。
大木がドラを暗刻にしたこの形でリーチ。

 リーチ ドラ

軽快にをツモり、トップに躍り出る。
しかし、南3局1本場、奈良が井出から7,700は8,000を出アガリ、大木を追い抜く。

迎えた南4局(奈良35,400・西川32,600・大木32,100・井出19,900)。
親番の西川が先制リーチ。

 リーチ ドラ

これを受けて、井出も果敢にリーチで応戦する。
高目をツモれば一気にラスからトップまで突き抜ける勝負手である。

 リーチ ドラ

一牌一牌、両者共に力のこもった模打が繰り返される。
ほどなくして手牌を開いたのは西川だった。力強くを引き寄せ、3,900オールのアガリ。
南4局2本場にも、勢いそのままに西川が4,000は4,200オールのツモ。
暫定2位の西川が1人浮きという好調な滑り出しを見せ、大木に肉薄する。

1回戦成績
西川+38.4P 大木▲2.4P 奈良▲8.7P 井出▲27.3P

1回戦終了時
大木+177.1P 西川+171.9P 奈良+118.4P 井出+105.4P



2回戦(起家から、奈良・井出・大木・西川)

東2局1本場を皮切りに、大物手が交錯する熾烈な打撃戦が展開された。
親の井出がピンズに寄せ、この9,600は9,900を大木から出アガる。

 ロン ドラ

手痛い失点を喫した大木だが、その後、驚異的なタフネスぶりを見せつける。
直後の東2局2本場。大木がリーチ。

 リーチ ドラ

次巡、すぐさま井出が追いつきリーチを放つも、大木が一発で高目のを引き寄せ、跳満のアガリをものにする。
続く東3局、西川がホンイツ・ドラ2の7,700を奈良からアガり、大木の親番を流す。
しかし、大木の勢いは途切れない。
南1局、大木がまたもやリーチし、この2,000・4,000をツモ。

 リーチ ツモ ドラ

以降も、大木は、1,300は1,600(南2局1本場)、2,900(南3局)と順調に加点する。
終わってみれば、一時20,000点を割り込みラス目であった大木が逆転トップを奪取。
トータルポイントで再び西川を引き離しにかかる。

2回戦成績
大木+21.4P 西川+5.8P 井出+1.6P 奈良▲28.8P

2回戦終了時
大木+198.5P 西川+177.7P 井出+107.0P 奈良+89.6P



3回戦(起家から、大木・井出・奈良・西川)

東1局1本場、奈良がドラ2を抱えた好形の1シャンテンで、をツモ切る。

 ドラ

このに「ロン」の声は西川。この12,000は12,300を出アガる。

 ロン ドラ

東3局2本場、今度は大木が2,000・4,000は2,200・4,200をツモアガリ、西川にプレッシャーをかける。

 暗カン リーチ ツモ ドラ

東4局、奈良も意地を見せる。この2,000・3,900。

 ツモ ドラ

南入すると、西川が1,000、5,200、3,900と3局連続でアガリを重ねる。
迎えたオーラス、西川の親番。序盤で西川がリーチ。

 リーチ ドラ

リーチをかけた時点で、アガリ牌が山に4枚眠っており、この局も勢いに乗っている西川が制するかと思われた。
が、このリーチに対して大木が真っ向勝負を挑んでいく。
無筋を押し続け、点数こそ安いが西川から値千金の1,000を出アガり、2着に浮上。

 チー ロン ドラ

オーラスのリーチは不発に終わったものの、それまでアドバンテージを奪っていたことが奏功し、
西川が、本日2度目の1人浮きで遂にトータルポイントでトップに立つ。

3回戦成績
西川+24.8P 大木▲1.5P 奈良▲4.4P 井出▲18.9P

3回戦終了時
西川+202.5P 大木+197.0P 井出+88.1P 奈良+85.2P



最終戦(起家から、大木・奈良・井出・西川)

東1局、西川の先行リーチに、親番の大木が2,600を放銃する。
続く東2局。井出がこの2,000・4,000をツモアガリ、一縷の望みをつなぐ。

 ポン ポン ツモ ドラ

大木にとって、東4局の1人ノーテンから厳しい展開となる。
東4局1本場、西川がドラ暗刻の手が入っていた奈良から3,900は4,200を出アガる。

 リーチ ロン ドラ

東4局2本場、井出がを仕掛ける。
この時点で西川に16,400差をつけられていた大木が切り出したのは場風の
そのに井出からロンの声がかかる。

 ポン ポン ロン ドラ

痛恨の跳満放銃となってしまった大木の最後の親番である、直後の南1局。
奈良からの先行リーチを受けるも、大木もテンパイに漕ぎ着ける。
テンパイ打牌であるドラのを河に置いた瞬間、奈良の手牌が倒された。

 リーチ ロン  ドラ

オーラスは大木の1人テンパイで終局。
振り返ると、東4局2本場の結末が勝敗を分ける事実上の決定打となり、西川に勝利の女神が微笑んだ。

4回戦成績
井出+26.4P 西川+10.4P 奈良▲7.6P 大木▲29.2P

4回戦終了時
西川+212.9P 大木+167.8P 井出+114.5P 奈良+77.6P


優勝:西川淳。
西川はすでに今期のプロリーグでB2への正規昇級の切符を手にしていたが、
最後まで優勝することへの高いモチベーションを保ち続け、改めてその地力を知らしめる結果となった。

西川「今日の決勝を勝ちきれない程度の生半可な実力では、B2に昇級しても通用しないと自分を追い込み、
あくまで優勝だけを意識して対局に臨みました。両方獲れて正直ほっとしています。」

西川さん、優勝おめでとうございます。

最後に、特昇リーグ創設から5年が経過。
過去のレポートにて藤原八段が予見していた通り、来期のプロリーグで遂に特昇出身のAリーガーが誕生する。
第7期で優勝を飾り、B2に昇級を果たした吉田直が、2年の歳月を経ていよいよA2の舞台に立つのである。
今後、高みを目指して特昇リーグに挑んでいく後進たちにとって、大きな励みになるといえるだろう。
吉田の更なる活躍を期待するとともに、その戦いぶりにも注目したい。

 



第11期特別昇級リーグ開催概要



場所   四ツ谷連盟道場

時間    17:30対局開始(17:00受付開始)

ルール  連盟 A ルール 

詳細は運営にお問い合わせください。


開催日程

第1節 9月4日(日) 第6節 12月11日(日)
第2節 10月9日(日) 第7節 1月14日(土)
第3節 11月12日(土) 最終節 1月15日(日)
第4節 11月13日(日)    
第5節 12月10日(土)    

 

 

 

 

優勝者 2位 3位 4位 備考
第1期 2006(後期) 岩井 健太  内川 幸太郎 天音 まこと -  
第2期 2007(前期) 藤岡 良一 天音 まこと 内川 幸太郎 - ※特別昇級該当者なし
第3期 2007(後期) 佐々木 寿人 加藤 博己 刀川 昌浩 - リーグ戦
第4期 2008(前期) 小川 尚哉 石川 正明 刀川 昌浩 仲田 加南 リーグ戦
第5期 2008(後期) 三浦 大輔 白鳥 翔 松本 京也 石井 良樹 リーグ戦
第6期 2009(前期) 大場 篤 平尾 昌邦 加藤 博己 田代 航太郎 リーグ戦
第7期 2009(後期) 吉田 直 北條 恵美 ガース 相沢 かおる リーグ戦
第8期 2010(前期) 井出 康平 吾妻 さおり 高木 翔太 武石 絵里 リーグ戦
※特別昇級該当者なし
第9期 2010(後期) 相沢 かおる 蛯原 朗 藤井 すみれ 魚谷 侑未 リーグ戦
第10期 2011(前期) 平尾 昌邦
江森 豊
 - 相沢 かおる 増田 隆一 リーグ戦
第11期 2011(後期) 西川 淳  大木 亮典 井出 康平 奈良 圭純 リーグ戦


ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。