日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第6期 特別昇級リーグ 

タイトル戦情報

第6期 特別昇級リーグ  

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 合計
1 大場 篤 59.4 8.9 68.3 88.1         224.7
2 相沢 かおる 22.7 1.2 43.8 27.1         94.8
3 堀内 正人 1.4 ▲ 28.3 ▲ 9.8 59.7         23.0
4 多田 邦洋 ▲ 25.9 ▲ 6.7 24.7 28.0         20.1
5 平尾 昌邦 ▲ 37.7 11.9 ▲ 40.9 72.6         5.9
6 松岡 昭彦 14.7 ▲ 5.0 ▲ 45.4 40.5         4.8
7 田代 航太郎 41.5 ▲ 8.8 ▲ 8.1 ▲ 36.2         ▲ 11.6
8 岡田 茂 ▲ 48.2 48.6 ▲ 14.3 2.1         ▲ 11.8
9 加藤 博己 ▲ 19.5 ▲ 24.5 57.4 ▲ 34.6         ▲ 21.2
10 柚木 正仁 ▲ 23.4 40.5 ▲ 4.6 ▲ 36.1         ▲ 23.6
11 井出 康平 9.2 ▲ 13.6 ▲ 27.5 7.0         ▲ 24.9
12 内田 美乃里 7.0 ▲ 34.2 0.1 1.1         ▲ 26.0
13 土井 悟 ▲ 6.7 13.5 ▲ 8.8 ▲ 54.6         ▲ 56.6
14 東 幸宏 1.7 ▲ 35.8 1.5 ▲ 35.6         ▲ 68.2
15 三輪 正樹 ▲ 28.0 0.3 11.0 ▲ 53.1         ▲ 69.8
16 安 秉参 11.8 30.0 ▲ 50.4 ▲ 78.0         ▲ 86.6

優勝:B2リーグ昇級 準優勝:C1リーグ昇級   3位:C2リーグ昇級  敗退者(赤字で表示)

 

<第3&4節レポート> レポート:安 秉参

今月から、土日連日の開催となる特別昇級リーグ。
土曜日、第3節の組み合わせは以下の通り。

< 1卓>: 1位・大場篤(+68.3P) vs 2位・安秉参(+41.8P) vs 3位・田代航太郎(+32.7P) vs 11位・堀内正人(▲26.9P)
< 2卓>: 4位・相沢かおる(+23.9P) vs 6位・松岡昭彦(+9.7P) vs 12位・内田美乃里(▲27.2P) vs 15位・東幸宏(▲34.1P)
< 3卓>: 5位・柚木正仁(+17.1P) vs 7位・土井悟(+6.8P) vs 8位・岡田茂(+0.4P) vs 14位・多田邦洋(▲32.6P)
< 4卓>: 9位・井出康平(▲4.4P) vs 10位・平尾昌邦(▲25.8P) vs 13位・三輪正樹(▲27.7P) vs 16位・加藤博己(▲44.0P)

<1卓>は、1位〜3位の直接対決となった。
誰もが首位大場を蹴落としての、下克上を狙っていたが、大場が3人を全く寄せ付けず、3連勝スタート。
堀内に打ったホンイツの5.200以外は、ほとんど放銃もなく安定した麻雀で一人浮きとなった。

<2卓>は、女性陣が強い。
相沢がほぼ一人浮き状態で、安定してポイントを積み上げ、2位へ浮上。
内田も負けじと最終半荘、最後の親番で猛連荘し、ポイントを±0まで戻した。
二人の力強い麻雀に押しやられた松岡が、一人でマイナスを被る形となった。

<3卓>は、多田の一人浮きで決着。
柚木、土井、岡田は実力発揮といかず、横一線で沈む形となった。

<4卓>は、最下位に甘んじていた加藤が、+57.4Pを叩き、
12人ごぼう抜きで、4位に浮上。実力の片鱗を見せ付けた。


勝負の熱も冷めやらぬ
日曜日、第4節の組み合わせは以下の通り。

<1卓>: 1位・大場篤(+136.6P) vs 4位・加藤博己(+13.4P) vs 6位・土井悟(▲2.0P) vs 11位・内田美乃里(▲27.1P)
< 2卓>: 2位・相沢かおる(+67.7P) vs 3位・田代航太郎(+24.6P) vs 9位・岡田茂(▲13.9P) vs 12位・井出康平(▲31.9P)
< 3卓>: 5位・柚木正仁(+12.5P) vs 8位・安秉参(▲8.6P) vs 14位・松岡昭彦(▲35.7P) vs 16位・平尾昌邦(▲66.7P)
< 4卓>: 7位・多田邦洋(▲7.9P) vs 10位・三輪正樹(▲16.7P) vs 13位・東幸宏(▲35.6P) vs 15位・堀内正人(▲36.7P)

<1卓>は、相変わらず大場が強い。
圧巻の4連勝で、トータルポイントは200P台に突入した。
早くも独走態勢に入った大場だが、リーグ戦の成績が▲53.0と振るわないため、このまま優勝しても特別昇級の権利は得られない。
次節以降は、リーグ戦の大場にも注目が集まりそうである。

<2卓>は、相沢が確実にポイントを積み上げ、トータル94.8Pで打倒大場の1番手に名乗りを上げた。
岡田は、重厚な麻雀を見せられず、+2.1P。
井出も、実力発揮とはいかず、+7.0P。
田代は、前日の大場に対する敗戦を引きずっているのか、一人沈みの▲36.2P。
三人ともトータルで沈んではいるものの、大きな負債は抱えておらず、虎視眈々と首位を狙っていることだろう。

<3卓>は、親のチンイツが3回飛び出すなど大荒れ模様。
わたし安は1回戦南3局親番で以下の牌姿。

 ドラ

直前にが1枚切られており、迷わず切りの即リーチを選択。
そこへ対面の松岡が続けざまにを強打。
ほぼ負けを覚悟していた私が終盤にツモ切ったで、松岡が手牌を倒した。
案の定、がアンコで、メンホン三暗対々のおまけつき。
このハネ満で、松岡が1回戦はトップ。


2回戦は、新人王平尾の独壇場。
親のメンチン8.000オールを含む猛連荘で、8.0000点以上の点棒をかき集めた。

松岡と平尾が大きくポイントを伸ばした煽りを受け、柚木は▲36.1P、私はさらに沈み▲78.0P。

<4卓>は、堀内の声ばかりが聞こえてくる。
前日堀内は、最終半荘の最終局で、一人沈みのラスからハネ満をツモり上げ、一人浮きのトップを獲得している。
その勢いを象徴するかのように+59.7Pを叩き、3位まで浮上してきた。

堀内が大きくポイントを伸ばす中、多田は持ち前のフットワークの軽い麻雀で確実に+28.0Pを積み上げた。
そんな二人の煽りを受け、三輪、東の両名が大きく沈む形となった。


今月は、大場が大きくポイントを伸ばしたため、次節以降は、誰もが大場のポイントを意識して戦うことになるだろう。
また、来月からは足切りが始まるため、上位争いだけでなく下位争いも熾烈を極めてくる。

足切り候補一番手となってしまった私も、このままでは終われない。
最後の一牌を切るまで死力を尽くして戦おうと思う。



第6期特別昇級リーグ開催概要

 

場所   四ツ谷連盟道場

時間    17:30対局開始(17:00受付開始)

ルール  連盟 A ルール 

詳細は運営にお問い合わせください。


開催日程

第1節 4月12日(日) 第6節 7月12日(日)
第2節 5月17日(日) 第7節 8月8日(土)
第3節 6月13日(土) 最終節 8月9日(日)
第4節 6月14日(日)    
第5節 7月11日(土)    

 

優勝者 2位 3位 4位 備考
第1期 2006(後期) 岩井 健太  内川 幸太郎 天音 まこと -  
第2期 2007(前期) 藤岡 良一 天音 まこと 内川 幸太郎 - ※特別昇級該当者なし
第3期 2007(後期) 佐々木 寿人 加藤 博己 刀川 昌浩 - リーグ戦
第4期 2008(前期) 小川 尚哉 石川 正明 刀川 昌浩 仲田 加南 リーグ戦
第5期 2008(後期) 三浦 大輔 白鳥 翔 松本 京也 石井 良樹 リーグ戦
第6期 2009(前期) ? ? ? ? リーグ戦


ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。