日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第8期 静岡プロリーグ

タイトル戦情報

第8期 静岡プロリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 鈴木 郁孝 50.7 3.5 77.8 62.6 ▲ 34.0 ▲ 31.8         128.8
2 太田 昌樹 22.9 37.9 22.2 60.7 16.1 ▲ 43.4         116.4
3 鮎川 卓 19.8 32.4 ▲ 19.7 53.4 ▲ 1.9 25.8         109.8
4 鷲見 隼人 9.8 14.5 0.0 45.5 10.1 25.1         105.0
5 鈴木 雅人 ▲ 33.2 ▲ 20.4 26.8 5.0 0.0 87.5         65.7
6 朝比奈 諒 21.9 26.0 ▲ 8.2 ▲ 12.3 31.5 5.9         64.8
7 望月 雅継 ▲ 23.0 11.3 ▲ 10.5 0.0 24.7 0.0         2.5
8 坪井 哲也 ▲ 24.0 5.3 31.7 ▲ 40.3 0.0 27.2         ▲ 0.1
9 鈴木 秀幸 20.8 38.7 ▲ 25.0 10.1 0.0 ▲ 51.9         ▲ 7.3
10 白澤 宏臣 ▲ 38.0 10.4 20.5 0.0 ▲ 36.2 25.7         ▲ 17.6
12 杉村 泰治 ▲ 52.5 25.8 ▲ 13.4 5.5 12.4 1.0         ▲ 21.2
11 平岡 理恵 39.1 ▲ 13.9 ▲ 26.6 ▲ 25.9 34.4 ▲ 45.4         ▲ 38.3
13 岡本 和也 ▲ 28.8 0.0 ▲ 44.7 26.3 4.2 1.3         ▲ 41.7
14 日吉 辰哉 0.0 10.9 ▲ 2.4 ▲ 48.2 ▲ 10.6 ▲ 12.5         ▲ 62.8
15 徳永 翔 42.0 ▲ 56.2 8.5 ▲ 55.3 ▲ 0.8 ▲ 1.3         ▲ 63.1
16 古橋 崇志 ▲ 55.7 ▲ 43.6 8.2 18.1 0.0 9.9         ▲ 63.1
17 京平 遥 27.2 ▲ 58.8 ▲ 62.1 ▲ 31.5 0.0 0.0         ▲ 125.2
18 渡辺 洋巳 0.0 ▲ 15.4 6.4 ▲ 73.7 ▲ 51.8 ▲ 23.1         ▲ 157.6


<第6節レポート:坪井 哲也>

夏も終わりを告げようとしている。日中は残暑が厳しく、夜が更けるころには、秋の風が吹く。
体調を崩しやすい時期ではあるが、麻雀プロである以上、体調管理にも高い意識を持ち、対局に挑んでいただきたい。

先日、午後に行われるプロアマ混合リーグの決勝が行われ、日吉プロの優勝で幕を閉じた。
しかし、プロリーグはまだ折り返し地点。熱い戦いはまだまだ続く。
このあたりから、自身のポイントも含め、各々が違った意識、目的を持ち対局に臨むであろう。

今期プロリーグは、序盤から鈴木郁プロ、太田プロがやや独走状態となり、このまま決勝卓まで行ってしまうのかと思われたが、
前節、今節とポイントを伸ばすことができず、失速気味。稀に見る混戦になっている。

ここまで、目立った成績を残していなかった鈴木雅プロが、この日+87.5Pで5位に急浮上。
暫定首位の鈴木郁プロと63.1P差となった。

この日を終え、首位から6位までの差が約60Pとなっている。
この差は半荘1回でも入れ替わる可能性があるポイント差である。

私が注目しているのは、前回覇者鮎川プロと、新人鷲見の安定感。
着実にポイントを伸ばし、気づけば両者ともに、100Pオーバー。
次節、ほぼ間違いなく上位の順位が入れ替わり始めるだろう。

上位陣が突き抜けていないだけに、現在マイナスしている者でも十分優勝の可能性を秘めているのが今期おもしろいところだ。
中盤以降に力を持っている者が多くいることもあり、今後の争いがより熱いものとなっていくであろう。

この静岡リーグに参加しているプロは、この静岡のリーグ戦をどう捉えているのだろう。
それぞれが様々な思い、目的を持って参加しているだろう。そこの意識を統一することはできないし、する必要もない。

ただ、午後に対局を控えているアマチュアの方が早めに来場し観戦していたり、静岡リーグの観戦のみのためにご来場してくださっている方もいる。
そういった方々に、より良い麻雀を見せる、プロとして恥ずかしくない意味のある一打を打つ、そういった意味でのプロ意識を高く持っていてほしいと思う。
そういった意識の向上から、今後の麻雀界の未来が切り開かれていくのではないだろうか。


 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 寺戸 孝志 鈴木 秀幸 林 俊宏 平岡 理恵
成績
第6期 2010年 菅野 直 若松 正和 尾澤 大河 森下 剛任 成績
第7期 2011年 鮎川 卓 朝比奈 諒 古橋 崇志 鈴木 秀幸 成績

 

第20回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 鈴木 雅人 プロ 81.7         81.7
2 平岡 理恵 プロ 69.1         69.1
3 森田 皓太 アマ 62.3         62.3
4 鮎川 卓 プロ 58.5         58.5
5 平田 拓也 アマ 58.2         58.2
6 杉村 泰治 プロ 49.7         49.7
7 坂本 彰光 アマ 32.8         32.8
8 太田 昌樹 プロ 30.4         30.4
9 土本 伸之 アマ 27.1         27.1
10 鈴木 秀幸 プロ 25.5         25.5
11 渡辺 洋巳 プロ 22.4         22.4
12 友部 雅之 アマ 20.4         20.4
13 菅野 直 プロ 18.6         18.6
14 坪井 哲也 プロ 18.5         18.5
15 岡本 和也 プロ 15.8         15.8
16 田中 良典 アマ 13.7         13.7
17 竹内 仁 アマ 9.0         9.0
18 本田 真之 アマ 5.8         5.8
19 鷲見 隼人 プロ 3.0         3.0
20 古橋 崇志 プロ 0.0         0.0
21 望月 雅継 プロ 0.0         0.0
22 高木 宏昌 アマ 0.0         0.0
23 宮里 駿矢 アマ 0.0         0.0
24 花原 史典 アマ 0.0         0.0
25 舟橋 晃 アマ 0.0         0.0
26 清水 栄佑 アマ 0.0         0.0
27 京平 遥 プロ ▲ 4.0         ▲ 4.0
28 松井 和志 アマ ▲ 4.6         ▲ 4.6
29 栃木 敦博 アマ ▲ 5.9         ▲ 5.9
30 日吉 辰哉 プロ ▲ 8.9         ▲ 8.9
31 高橋 孝基 アマ ▲ 12.4         ▲ 12.4
32 朝比奈 諒 プロ ▲ 17.2         ▲ 17.2
33 牧沢 行晃 アマ ▲ 22.7         ▲ 22.7
34 鈴木 郁孝 プロ ▲ 28.6         ▲ 28.6
35 徳山 雄生 アマ ▲ 41.3         ▲ 41.3
36 矢野 宏明 アマ ▲ 42.7         ▲ 42.7
37 平野 敬悟 アマ ▲ 48.4         ▲ 48.4
38 白澤 宏臣 プロ ▲ 51.6         ▲ 51.6
39 堀 孔明 アマ ▲ 51.9         ▲ 51.9
40 福井 弘人 アマ ▲ 54.9         ▲ 54.9
41 徳永 翔 プロ ▲ 55.1         ▲ 55.1
42 小山 剛史 アマ ▲ 56.4         ▲ 56.4
43 白井 健夫 アマ ▲ 72.2         ▲ 72.2


<第1節レポート:鷲見 隼人>


第19回静岡リーグに引き続き、今回もレポートを書かせて頂くことになりました鷲見です。
前回よりも良いものになるよう、一生懸命書きますのでどうぞお付き合い下さい。

開幕節は恒例の参加者の挨拶、自己紹介からのスタート。
気合いの入っている参加者、リベンジに燃える参加者。皆の意気込みが伝わってくる。

卓組の結果、私はなんと前回の優勝者日吉プロと同卓に・・・。
「これは前回の決勝戦での雪辱を晴らすチャンス!」
と意気込んで対局に臨んだが、同卓者の森田さん(一般参加)の勢いを止める事が出来ずプラスを確保するのが精一杯。
まだまだ修行が足りない事を痛感する1日となった。

また、日吉プロも終始苦戦を強いられたが、4回戦目を大きめのプラスで終え、マイナスを最小限で食い止めた。
このあたりはさすがの一言。

全体に目を向けてみると、前回2位の杉村プロは+49.7Pと上々の滑り出し。
前回5位の坪井プロも+18.5Pとまずまずのスタートを切った。

そしてこの日のベストスコアは鈴木雅プロ。
長い間静岡支部を支えてきた男がついに大爆発!
元々爆発力のある選手。このまま一気に決勝進出まで駆け抜けて欲しいと思う。

そして2位は、魅惑のサウスポー平岡プロ。
第11回の静岡リーグで優勝して以来、低迷気味なだけに、「今回こそは」という思いも強いだろう。
また鮎川プロも+58.5Pで4位と好位置につけ、まだ第1節だが早くも混戦模様の今回の静岡リーグ。

残り4節、どのような展開が待っているのだろうか。
今から楽しみで仕方がない。


 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
鷲見 隼人 鈴木 秀幸 葛山 英樹 戸塚 豪 林 俊宏 成績&観戦記
第14回
2009年
林 俊宏 中 寿文 石津 寿人 竹内 仁 寺戸 孝志 成績&観戦記
第15回
2010年
白澤 宏臣 魚谷 侑未 山田 優駿 林 俊宏 高木 宏昌 成績&観戦記
第16回
2010年
石津 寿人 鈴木 郁孝 越川 清一 寺戸 孝志 杉村 泰治 成績&観戦記
第17回
2011年
中 寿文 斎藤 寛生 菅野 直 越川 清一 大滝 聡 成績&観戦記
第18回
2011年
鈴木 秀幸 徳永 翔 寺戸 孝志 太田 昌樹 葛山 英樹 成績&観戦記
第19回
2012年
成績

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。