日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第8期 静岡プロリーグ

タイトル戦情報

第8期 静岡プロリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 鈴木 郁孝 50.7 3.5 77.8 62.6             194.6
2 太田 昌樹 22.9 37.9 22.2 60.7             143.7
3 鮎川 卓 19.8 32.4 ▲ 19.7 53.4             85.9
4 鷲見 隼人 9.8 14.5 0.0 45.5             69.8
5 鈴木 秀幸 20.8 38.7 ▲ 25.0 10.1             44.6
6 朝比奈 諒 21.9 26.0 ▲ 8.2 ▲ 12.3             27.4
7 望月 雅継 ▲ 23.0 11.3 0.0 0.0             ▲ 11.7
8 白澤 宏臣 ▲ 38.0 0.0 20.5 0.0             ▲ 17.5
9 鈴木 雅人 ▲ 33.2 ▲ 20.4 26.8 5.0             ▲ 21.8
10 坪井 哲也 ▲ 24.0 5.3 31.7 ▲ 40.3             ▲ 27.3
11 平岡 理恵 39.1 ▲ 13.9 ▲ 26.6 ▲ 25.9             ▲ 27.3
12 杉村 泰治 ▲ 52.5 25.8 ▲ 13.4 5.5             ▲ 34.6
13 日吉 辰哉 0.0 10.9 ▲ 2.4 ▲ 48.2             ▲ 39.7
14 岡本 和也 ▲ 28.8 0.0 ▲ 44.7 26.3             ▲ 47.2
15 徳永 翔 42.0 ▲ 56.2 8.5 ▲ 55.3             ▲ 61.0
16 古橋 崇志 ▲ 55.7 ▲ 43.6 8.2 18.1             ▲ 73.0
17 渡辺 洋巳 0.0 ▲ 15.4 6.4 ▲ 73.7             ▲ 82.7
18 京平 遥 27.2 ▲ 58.8 ▲ 62.1 ▲ 31.5             ▲ 125.2


<第4節レポート:坪井 哲也>

今回で第4節を向かえた静岡プロリーグ。
もうすっかり夏となり、暑さが厳しい季節となってきた。
会場内も戦いを向かえるプロたちの熱い熱気で満ち溢れていた。

今回注目は、第3節まで暫定トップであった鈴木郁プロ。さらにポイントを伸ばし独走状態となるのか。
結果は、今節最高ポイントの+62.6P。
トータルポイントを+194.6Pとし、暫定トップを守った。
しかし、その鈴木郁プロを追いかけるのは、暫定2位の太田プロ。
今節+60.7P、トータルポイントを+143.7Pとした。

次に続くのは、東京本部より参加の鮎川プロ。
鮎川プロは、前回の静岡プロリーグ覇者であり、圧倒的な攻撃力と押し引きの精度は、他のプロの脅威となるだろう。

リーグ戦終了後には、公開対局→牌譜検証形式の勉強会を行った。
そこでは、ポイントとなった局をピックアップし、対局者、観戦者の意見や疑問をぶつけ、様々な意見が飛び交った。

私がこの勉強会で感じたこと、それは意見をぶつけることの大切さ。
勉強会においては、先輩も後輩も、プロもアマも関係ない。それぞれ考え方が違うのは当然であり、意見は必ず食い違う。

しかし、そこで自分の意見を述べることで、それが互いの成長に繋がるのではないだろうか。
今回の勉強会では、短い時間ではあったが、そういった場面も見られ、非常に有意義な時間であったと思う。
今後もこういった活動をし、個人の成長はもちろんのこと、支部の発展、麻雀界の発展に繋がればと願う。

 


 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 寺戸 孝志 鈴木 秀幸 林 俊宏 平岡 理恵
成績
第6期 2010年 菅野 直 若松 正和 尾澤 大河 森下 剛任 成績
第7期 2011年 鮎川 卓 朝比奈 諒 古橋 崇志 鈴木 秀幸 成績

 

第19回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 鷲見 隼人 プロ 50.2 17.5 19.5 65.1   152.3
2 日吉 辰哉 プロ 90.3 28.0 ▲ 1.4 24.5   141.4
3 矢野 宏明 アマ 34.7 19.8 13.3 73.3   141.1
4 杉村 泰治 プロ 27.5 19.3 73.5 19.2   139.5
5 坪井 哲也 プロ 19.2 25.0 2.0 66.8   113.0
6 竹内 仁 アマ ▲ 8.9 ▲ 22.0 7.9 129.8   106.8
7 平野 敬悟 アマ 36.6 36.7 43.9 ▲ 13.6   103.6
8 千葉 由紀夫 アマ 21.6 42.5 58.4 ▲ 51.2   71.3
9 朝比奈 諒 プロ 10.7 36.2 ▲ 35.5 54.2   65.6
10 白井 健夫 アマ 47.9 1.8 3.5 0.0   53.2
11 高橋 孝基 アマ 28.1 13.5 ▲ 3.2 9.5   47.9
12 北島 武浩 アマ ▲ 5.2 0.0 ▲ 25.0 76.0   45.8
13 栃木 敦博 アマ ▲ 72.3 70.3 ▲ 12.0 57.3   43.3
14 舟橋 晃 アマ 0.0 ▲ 41.4 30.1 46.6   35.3
15 古橋 崇志 プロ 30.1 0.0 ▲ 2.0 6.0   34.1
16 清水 栄佑 アマ ▲ 0.8 61.8 ▲ 53.2 25.5   33.3
17 平田 拓也 アマ ▲ 41.1 35.8 76.8 ▲ 45.2   26.3
18 太田 昌樹 プロ 18.1 42.7 ▲ 25.2 ▲ 9.7   25.9
19 岡本 和也 プロ ▲ 19.8 0.0 ▲ 17.7 63.1   25.6
20 鈴木 郁孝 プロ 0.0 6.2 11.0 0.0   17.2
21 望月 雅継 プロ 23.9 ▲ 27.6 ▲ 27.3 36.2   5.2
22 中下 勝喜 アマ ▲ 4.5 ▲ 44.4 69.0 ▲ 21.8   ▲ 1.7
23 徳山 雄生 アマ 53.0 0.5 ▲ 25.1 ▲ 32.4   ▲ 4.0
24 徳永 翔 プロ ▲ 10.6 19.9 ▲ 39.8 23.0   ▲ 7.5
25 堀田 海斗 アマ ▲ 32.3 35.9 ▲ 11.0 ▲ 0.8   ▲ 8.2
26 杉浦 貴紀 プロ 13.9 0.0 8.8 ▲ 31.6   ▲ 8.9
27 村瀬 美穂 アマ ▲ 4.6 ▲ 9.0 13.2 ▲ 12.6   ▲ 13.0
28 白澤 宏臣 プロ 32.5 ▲ 99.0 42.8 0.0   ▲ 23.7
29 堀 孔明 アマ 29.2 ▲ 60.2 ▲ 6.5 11.0   ▲ 26.5
30 渡辺 洋巳 プロ ▲ 10.9 58.5 ▲ 39.9 ▲ 37.5   ▲ 29.8
31 坂本 彰光 アマ ▲ 66.3 ▲ 23.5 80.9 ▲ 22.6   ▲ 31.5
32 鈴木 秀幸 プロ 43.0 58.2 ▲ 78.4 ▲ 60.9   ▲ 38.1
33 京平 遥 プロ 4.9 ▲ 43.1 ▲ 20.0 20.1   ▲ 38.1
34 花原 史典 アマ 19.9 ▲ 41.4 ▲ 4.0 ▲ 15.4   ▲ 40.9
35 菅野 直 プロ 50.8 ▲ 19.2 ▲ 73.8 0.0   ▲ 42.2
36 葛山 英樹 プロ ▲ 23.9 ▲ 35.1 8.3 ▲ 8.4   ▲ 59.1
37 田中 良典 アマ ▲ 77.8 18.9 0.0 ▲ 1.4   ▲ 60.3
38 森田 皓太 アマ ▲ 38.4 ▲ 15.9 ▲ 5.7 ▲ 0.7   ▲ 60.7
39 小山 剛史 アマ ▲ 5.9 ▲ 90.6 0.0 23.1   ▲ 73.4
40 葛山 雅廣 アマ 19.8 ▲ 97.0 ▲ 19.1 19.8   ▲ 76.5
41 平岡 理恵 プロ ▲ 10.5 1.3 ▲ 69.9 ▲ 2.3   ▲ 81.4
42 鮎川 卓 プロ ▲ 12.1 13.2 ▲ 51.9 ▲ 31.3   ▲ 82.1
43 鈴木 雅人 プロ ▲ 46.4 ▲ 35.5 12.2 ▲ 14.0   ▲ 83.7
44 松井 和志 アマ ▲ 12.2 ▲ 34.8 0.0 ▲ 38.7   ▲ 85.7
45 土本 伸之 アマ ▲ 21.5 ▲ 36.2 23.2 ▲ 65.8   ▲ 100.3
46 宮里 駿矢 アマ ▲ 50.5 24.3 ▲ 8.3 ▲ 76.2   ▲ 110.7


<第4節レポート:鷲見 隼人>


蝉の声に更に暑さを覚える7月。
静岡プロアマ混合リーグ第4節が行われた。

最終節は上位16名による回り順で行われるため、是が非でも16位以内に入りたいところ。
そんな思いを内に秘め、各選手は戦いに臨んだ。

今節ポイントを伸ばし5位につけたのは新人の坪井プロ。
新人の活躍、成長が今後の静岡支部、麻雀界の発展に必要だと私は思っている。
彼にはぜひとも頑張っていただきたい。

また、2位には1節目から安定した闘いぶりの日吉プロ。
3位には第14回から出場を続けている一般参加の矢野さん。
4位は前節大きくポイントを伸ばし上位につけた杉村プロ。
5位の竹内さん、6位の平野さんも100ポイント以上持っていてまさしく団子状態。
誰が決勝に残るか分からない、そんなポイント差になっている。

そして僭越ながら私が暫定首位。
「ここまで来たからには」
という思いでいっぱいだが、平常心で打つことを心掛けたい。

気温もますます暑くなるが、それ以上に熱くなってきた静岡リーグ。
次は決勝進出をかけた第5節。
はたしてどのようなドラマが待っているのだろうか。

 


 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
鷲見 隼人 鈴木 秀幸 葛山 英樹 戸塚 豪 林 俊宏 成績&観戦記
第14回
2009年
林 俊宏 中 寿文 石津 寿人 竹内 仁 寺戸 孝志 成績&観戦記
第15回
2010年
白澤 宏臣 魚谷 侑未 山田 優駿 林 俊宏 高木 宏昌 成績&観戦記
第16回
2010年
石津 寿人 鈴木 郁孝 越川 清一 寺戸 孝志 杉村 泰治 成績&観戦記
第17回
2011年
中 寿文 斎藤 寛生 菅野 直 越川 清一 大滝 聡 成績&観戦記
第18回
2011年
鈴木 秀幸 徳永 翔 寺戸 孝志 太田 昌樹 葛山 英樹 成績&観戦記

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。