日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第8期 静岡プロリーグ

タイトル戦情報

第8期 静岡プロリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 鈴木 郁孝 50.7 3.5 77.8               132.0
2 太田 昌樹 22.9 37.9 22.2               83.0
3 朝比奈 諒 21.9 26.0 ▲ 8.2               39.7
4 鈴木 秀幸 20.8 38.7 ▲ 25.0               34.5
5 鮎川 卓 19.8 32.4 ▲ 19.7               32.5
6 鷲見 隼人 9.8 14.5 0.0               24.3
7 坪井 哲也 ▲ 24.0 5.3 31.7               13.0
8 日吉 辰哉 0.0 10.9 ▲ 2.4               8.5
9 平岡 理恵 39.1 ▲ 13.9 ▲ 26.6               ▲ 1.4
10 徳永 翔 42.0 ▲ 56.2 8.5               ▲ 5.7
11 渡辺 洋巳 0.0 ▲ 15.4 6.4               ▲ 9.0
12 望月 雅継 ▲ 23.0 11.3 0.0               ▲ 11.7
13 白澤 宏臣 ▲ 38.0 0.0 20.5               ▲ 17.5
14 鈴木 雅人 ▲ 33.2 ▲ 20.4 26.8               ▲ 26.8
15 杉村 泰治 ▲ 52.5 25.8 ▲ 13.4               ▲ 40.1
16 岡本 和也 ▲ 28.8 0.0 ▲ 44.7               ▲ 73.5
17 古橋 崇志 ▲ 55.7 ▲ 43.6 8.2               ▲ 91.1
18 京平 遥 27.2 ▲ 58.8 ▲ 62.1               ▲ 93.7


<第3節レポート:坪井 哲也>

段々に暖かくなり、夏の始まりを感じさせる今日。
稀に見る混戦の中、静岡プロリーグ第3節を迎えました。

アマチュア混合の静岡リーグとは違い、1年間10節を戦い頂点を決める。
もう3節目なのか、まだ3節目なのか、各々考え方は違うだろう。

一つ言えることは、どの節も気が抜けない大事な1節に変わりはない。
むしろ、10節と長い分、ポイントも踏まえその1節をどう戦うかがその先の戦いに大きく影響してくるのではないだろうか。

プロである以上、その日の勝敗だけではなく、そこから何を見出し、何を得て、どう改善していくのかを考えなければならない。

そんな中、この日大きくポイントを伸ばしたのが、鈴木郁プロである。
+77.8Pとし、トータルでも+132.0Pと暫定トップに躍り出た。
今後、守りに入らず、自分の麻雀を崩さなければ、勢いそのままにポイントを伸ばしていけるであろう。

トータル暫定2位となったのは太田プロ。
超攻撃的な麻雀とは裏腹に、ここまで安定した成績を残している。
この日、私は太田プロと同卓した。本人の口からも聞いていたように、最近はあまり状態がよくないという。
しかし、そこは東京でもBリーグに所属している実力者であり、的確な状況判断と手組みの精度で、簡単には崩れない強さを感じさせた。

3節を終えてもまだまだ混戦が続くプロリーグ。今後の展開をお楽しみに!


 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 寺戸 孝志 鈴木 秀幸 林 俊宏 平岡 理恵
成績
第6期 2010年 菅野 直 若松 正和 尾澤 大河 森下 剛任 成績
第7期 2011年 鮎川 卓 朝比奈 諒 古橋 崇志 鈴木 秀幸 成績

 

第19回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 千葉 由紀夫 アマ 21.6 42.5 58.4     122.5
2 杉村 泰治 プロ 27.5 19.3 73.5     120.3
3 平野 敬悟 アマ 36.6 36.7 43.9     117.2
4 日吉 辰哉 プロ 90.3 28.0 ▲ 1.4     116.9
5 鷲見 隼人 プロ 50.2 17.5 19.5     87.2
6 白澤 宏臣 プロ 32.5 0.0 42.8     75.3
7 平田 拓也 アマ ▲ 41.1 35.8 76.8     71.5
8 矢野 宏明 アマ 34.7 19.8 13.3     67.8
9 白井 健夫 アマ 47.9 1.8 3.5     53.2
10 坪井 哲也 プロ 19.2 25.0 2.0     46.2
11 高橋 孝基 アマ 28.1 13.5 ▲ 3.2     38.4
12 太田 昌樹 プロ 18.1 42.7 ▲ 25.2     35.6
13 鈴木 秀幸 プロ 43.0 58.2 ▲ 78.4     22.8
14 杉浦 貴紀 プロ 13.9 0.0 8.8     22.7
15 中下 勝喜 アマ ▲ 4.5 ▲ 44.4 69.0     20.1
16 鈴木 郁孝 プロ 0.0 6.2 11.0     17.2
17 朝比奈 諒 プロ 10.7 36.2 ▲ 35.5     11.4
18 清水 栄佑 アマ ▲ 0.8 61.8 ▲ 53.2     7.8
19 渡辺 洋巳 プロ ▲ 10.9 58.5 ▲ 39.9     7.7
20 佐藤 翔基 アマ 14.0 ▲ 10.9 0.0     3.1
21 村瀬 美穂 アマ ▲ 4.6 ▲ 9.0 13.2     ▲ 0.4
22 古橋 崇志 プロ 0.0 0.0 ▲ 2.0     ▲ 2.0
23 望月 雅継 プロ 23.9 ▲ 27.6 0.0     ▲ 3.7
24 堀田 海斗 アマ ▲ 32.3 35.9 ▲ 11.0     ▲ 7.4
25 坂本 彰光 アマ ▲ 66.3 ▲ 23.5 80.9     ▲ 8.9
26 舟橋 晃 アマ 0.0 ▲ 41.4 30.1     ▲ 11.3
27 栃木 敦博 アマ ▲ 72.3 70.3 ▲ 12.0     ▲ 14.0
28 竹内 仁 アマ ▲ 8.9 ▲ 22.0 7.9     ▲ 23.0
19 徳山 雄生 アマ 0.0 0.5 ▲ 25.1     ▲ 24.6
30 花原 史典 アマ 19.9 ▲ 41.4 ▲ 4.0     ▲ 25.5
31 牧田 尚隆   0.0 0.0 ▲ 28.5     ▲ 28.5
32 北島 武浩 アマ ▲ 5.2 0.0 ▲ 25.0     ▲ 30.2
33 徳永 翔 プロ ▲ 10.6 19.9 ▲ 39.8     ▲ 30.5
34 宮里 駿矢 アマ ▲ 50.5 24.3 ▲ 8.3     ▲ 34.5
35 土本 伸之 アマ ▲ 21.5 ▲ 36.2 23.2     ▲ 34.5
36 岡本 和也 プロ ▲ 19.8 0.0 ▲ 17.7     ▲ 37.5
37 堀 孔明 アマ 29.2 ▲ 60.2 ▲ 6.5     ▲ 37.5
38 菅野 直 プロ 50.8 ▲ 19.2 ▲ 73.8     ▲ 42.2
39 松井 和志 アマ ▲ 12.2 ▲ 34.8 0.0     ▲ 47.0
40 葛山 英樹 プロ ▲ 23.9 ▲ 35.1 8.3     ▲ 50.7
41 鮎川 卓 プロ ▲ 12.1 13.2 ▲ 51.9     ▲ 50.8
42 京平 遥 プロ 4.9 ▲ 43.1 ▲ 20.0     ▲ 58.2
43 田中 良典 アマ ▲ 77.8 18.9 0.0     ▲ 58.9
44 森田 皓太 アマ ▲ 38.4 ▲ 15.9 ▲ 5.7     ▲ 60.0
45 鈴木 雅人 プロ ▲ 46.4 ▲ 35.5 12.2     ▲ 69.7
46 平岡 理恵 プロ ▲ 10.5 1.3 ▲ 69.9     ▲ 79.1
47 葛山 雅廣 アマ 19.8 ▲ 97.0 ▲ 19.1     ▲ 96.3
48 小山 剛史 アマ ▲ 5.9 ▲ 90.6 0.0     ▲ 96.5


<第3節レポート:鷲見 隼人>


湿度も気温も高くなってくる6月。
会場のコンディションは万全とは言い難かったが、そんな事はおかまいなし!
各卓熱い闘いが繰り広げられた、静岡プロアマ混合リーグ第3節。

成績に目を向けると、最近不調にあえいでいた杉村プロがここで+73.5Pを重ねトータル+120.3Pで一気に2位までに浮上した。
元々実力のある選手だけにここから崩れるのは想像し難い。

また、アマチュアの千葉さんが+122.5Pで首位、
平野さんが+117.2Pで3位につけ決勝進出が目前となってきた。

ここで最近5回のボーダーを調べてみた。
第14回:+166.9P
第15回:+148.3P
第16回:+122.6P
第17回:+152.3P
第18回:+125.7P
このようになっていた。
平均すると+143.16P、今回、第3節終了時のボーダーが+87.2P。
やや低めのボーダーになることが予想される。

どこを目指し、何を目的に闘うかは、各選手しだい。
残り2節、悔いの無いよう闘ってほしいと思う。

 


 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
鷲見 隼人 鈴木 秀幸 葛山 英樹 戸塚 豪 林 俊宏 成績&観戦記
第14回
2009年
林 俊宏 中 寿文 石津 寿人 竹内 仁 寺戸 孝志 成績&観戦記
第15回
2010年
白澤 宏臣 魚谷 侑未 山田 優駿 林 俊宏 高木 宏昌 成績&観戦記
第16回
2010年
石津 寿人 鈴木 郁孝 越川 清一 寺戸 孝志 杉村 泰治 成績&観戦記
第17回
2011年
中 寿文 斎藤 寛生 菅野 直 越川 清一 大滝 聡 成績&観戦記
第18回
2011年
鈴木 秀幸 徳永 翔 寺戸 孝志 太田 昌樹 葛山 英樹 成績&観戦記

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。