日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第7期 静岡プロリーグ

タイトル戦情報

第7期 静岡プロリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 古橋 崇志 ▲ 76.4 74.1 1.9 ▲ 4.8 17.1 37.5 ▲ 21.8 55.1 92.8   175.5
2 鮎川 卓 12.4 41.9 ▲ 9.0 ▲ 11.2 29.7 7.1 90.3 82.6 ▲ 94.6   149.2
3 朝比奈 諒 ▲ 36.9 24.6 26.8 7.5 39.9 88.3 ▲ 5.0 ▲ 56.9 41.3   129.6
4 杉村 泰治 74.4 3.6 7.8 22.1 16.3 0.0 ▲ 41.8 3.5 ▲ 9.0   76.9
5 太田 昌樹 ▲ 24.3 ▲ 29.1 53.2 19.0 ▲ 12.8 ▲ 13.1 77.6 ▲ 7.0 10.8   74.3
6 山田 優駿 31.2 ▲ 3.6 ▲ 11.4 ▲ 8.7 47.2 15.8 ▲ 41.6 54.6 ▲ 14.8   68.7
7 日吉 辰哉 1.8 2.7 ▲ 0.5 14.9 ▲ 23.1 0.0 90.7 ▲ 11.1 ▲ 10.1   65.3
8 越川 清一 ▲ 61.1 7.7 3.8 52.7 ▲ 9.5 ▲ 9.8 ▲ 1.3 46.5 33.7   62.7
9 菅野 直 35.2 ▲ 29.9 ▲ 23.2 ▲ 6.6 ▲ 21.5 25.0 47.8 2.4 26.7   55.9
10 石津 寿人 71.7 85.5 ▲ 10.4 ▲ 39.2 10.5 ▲ 83.1 0.0 3.3 0.0   38.3
11 平岡 理恵 70.9 ▲ 35.0 6.2 ▲ 17.0 ▲ 4.9 24.9 0.0 ▲ 6.2 ▲ 2.1   36.8
12 鈴木 秀幸 25.5 28.8 29.8 ▲ 23.8 ▲ 19.8 0.0 ▲ 25.7 ▲ 8.3 21.6   28.1
13 鈴木 郁孝 61.8 26.2 38.4 ▲ 15.4 19.4 ▲ 23.4 ▲ 25.1 ▲ 41.4 ▲ 16.4   24.1
14 岡本 和也 ▲ 101.8 ▲ 32.3 18.3 ▲ 17.3 65.1 0.0 0.0 61.8 29.0   22.8
15 寺戸 孝志 ▲ 11.0 28.1 ▲ 41.1 48.5 ▲ 66.5 30.7 ▲ 55.5 12.7 50.6   ▲ 3.5
16 斎藤 寛生 3.9 ▲ 71.2 ▲ 14.8 ▲ 16.6 ▲ 13.6 53.1 ▲ 5.8 54.5 0.0   ▲ 10.5
17 石原 将樹 29.0 33.8 ▲ 41.0 ▲ 13.6 ▲ 25.2 ▲ 7.5 ▲ 13.0 ▲ 70.7 34.8   ▲ 73.4
18 望月 雅継 38.3 ▲ 13.2 50.5 0.3 ▲ 93.4 ▲ 66.4 4.2 ▲ 4.9 0.0   ▲ 84.6
19 中西 栄二 ▲ 38.5 ▲ 8.7 ▲ 1.2 15.1 9.1 0.3 ▲ 62.2 12.0 ▲ 31.9   ▲ 106.0
20 徳永 翔 13.5 ▲ 33.3 ▲ 41.6 32.5 ▲ 30.8 ▲ 20.6 ▲ 21.9 ▲ 14.9 0.0   ▲ 117.1
21 鈴木 雅人 3.1 ▲ 73.0 ▲ 41.9 1.6 40.0 ▲ 41.7 19.7 ▲ 22.4 ▲ 17.1   ▲ 131.7
22 京平 遥 ▲ 48.8 ▲ 41.3 7.6 ▲ 10.0 ▲ 30.8 49.3 30.7 ▲ 64.0 ▲ 33.5   ▲ 140.8
23 白澤 宏臣 ▲ 10.9 8.8 ▲ 2.2 ▲ 38.9 8.3 ▲ 11.5 0.0 ▲ 67.4 ▲ 95.2   ▲ 209.0
24 渡辺 洋巳 ▲ 63.0 4.8 ▲ 66.0 ▲ 13.1 ▲ 30.7 ▲ 55.9 ▲ 43.3 ▲ 17.8 ▲ 16.6   ▲ 301.6


<第9節レポート:徳永 翔>

第7期静岡プロリーグ第9節の前日に私は別日対局の立会人をすることとなった。
白熱の闘牌を間近で見ていて私も卓に座って打ちたいと胸が躍った。
第8節までの総合順位もこの別日対局の結果によって大きく変動することになったが、その結果を見ると…

1.鮎川卓 合計243.8P
2.朝比奈諒 合計88.3P

総合順位暫定1位の鮎川プロの合計がさらに上積みされる結果となった。
期待のルーキー朝比奈プロが、2着に浮上するもその差がなんと155.5P。

今回の第9節でその鮎川プロと対局することとなったのが3位・杉村プロ、5位・古橋プロ、7位・太田プロの3人。
私は今節別日対局となり、この対局を見学することとなったのだが・・・


1回戦のオーラスだった。
親の鮎川プロと僅差のトップ目に立つ北家・古橋プロ。ここはトップを死守したいところ。

リャンメン受けを拒否し、縦引きを目指してテンパイに辿り着く。
これはもしかしてツモリ四暗刻で鮎川プロに親被りをさせることができるかもしれないとドキドキしながら見ていた。

そこへツモったのはなんと3枚目の。打単騎に受ける。
このは鮎川プロが1枚切っていた。もしかしたら…

 打

「ロン。32000。」
すっと切り出されたに古橋プロが手を倒した。
一瞬、時がゆっくり流れているように感じた。
その空間の中、私はゆっくりと放銃者の方を見た。首をゆっくり右へ。そう鮎川プロである。

この放銃により鮎川プロはラスへ転落。大きくマイナスとなった。
逆に、これ以上ないトップの古橋プロ。

残り3回戦。どういう展開になるかまったく予想できない中、2回戦東1局。
親から太田プロ、古橋プロ、杉村プロ、鮎川プロの順。

鮎川プロが1枚浮いていた發を切ると、これを古橋プロがポン。
続けて杉村プロの中も鳴き、捨て牌はソーズのホンイツ模様だった。

鮎川プロがこれまた1枚だけあったヤオチュー牌のを、タンヤオ狙いで切るとそれに古橋プロからロンの声。

「ロン」
「32000」(!!)

 ポン ポン ロン

これには驚いてしまった。
半荘を挟んでいるものの2局連続での役満のアガリ。

2局連続での役満アガリがないのかと言われれば、ないわけではない。
ないわけではないが・・・
しかも、今回はダントツを走っていた鮎川プロからの直撃なのだ。それも2回。
こんなことってあるのだろうか・・・
再三言ってきたことだが、本当に麻雀は何が起こるか分からない。


鮎川プロは、開かれた手牌を見つめて何を思ったのだろう。
手牌を見つめ、少し間があってから点数確認の返事をし、点棒を支払った。

鮎川プロはこの2回の役満放銃により▲94.6Pと大きく沈み、逆に古橋プロは+92.8Pと1節で順位をひっくり返した。
ここに、朝比奈プロもプラスを重ねて追撃し、ポイント的にはこの3人の三つ巴。

迎える最終節。
最高の爆発力を見せ、逃げ切れるのか古橋プロ、まだこれで終わりではないと奮起するか鮎川プロ、
それともルーキーがすべて掻っ攫うのか朝比奈プロ。

まだ別日の結果待ちもある。最後の最後まで誰が優勝するかわからない。
まったく麻雀は恐ろしい。いやだからこそ面白いのだ。

次回、最終節に最高のドラマを期待したい。

 

 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 寺戸 孝志 鈴木 秀幸 林 俊宏 杉村泰治 成績
第6期 2010年 菅野 直 若松 正和 尾澤 大河 森下 剛任 成績

 

第18回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 寺戸 孝志 プロ ▲ 35.5 149.3 60.6 37.1   211.5
2 太田 昌樹 プロ 43.5 12.3 87.4 17.6   160.8
3 坪井 哲也 アマ 61.4 19.1 30.8 28.4   139.7
4 徳永 翔 プロ 19.5 111.1 ▲ 19.6 ▲ 0.2   110.8
5 鈴木 秀幸 プロ 44.0 13.6 19.0 31.5   108.1
6 白井 健夫 アマ ▲ 3.8 17.7 40.6 38.8   93.3
7 小山 剛史 アマ 44.8 33.6 ▲ 15.3 5.0   68.1
8 杉村 泰治 プロ 31.7 ▲ 50.5 27.8 56.3   65.3
9 高橋 孝基 アマ ▲ 63.6 1.1 51.2 66.1   54.8
10 葛山 英樹 プロ 39.1 12.4 ▲ 11.0 13.6   54.1
11 山田 優駿 プロ 26.9 ▲ 22.1 47.5 1.1   53.4
12 菅野 直 プロ 14.1 33.3 ▲ 11.9 16.0   51.5
13 鈴木 雅人 プロ ▲ 74.6 49.6 37.3 34.4   46.7
14 初治 広海 アマ 44.4 ▲ 11.7 ▲ 9.4 13.3   36.6
15 石原 将樹 プロ ▲ 73.6 28.4 42.7 37.4   34.9
16 松井 和志 アマ 66.7 ▲ 18.9 28.6 ▲ 50.5   25.9
17 牧野 卓人 アマ 23.7 ▲ 10.9 ▲ 62.9 73.7   23.6
18 堀 孔明 アマ ▲ 8.5 ▲ 53.0 58.2 20.6   17.3
19 杉浦 貴紀 プロ ▲ 4.8 ▲ 15.8 18.3 18.1   15.8
20 小島 佑介 アマ 14.1 ▲ 28.3 52.3 ▲ 22.5   15.6
21 渡辺 洋巳 プロ ▲ 29.9 20.7 1.2 21.1   13.1
22 越川 清一 プロ 4.4 ▲ 0.8 ▲ 15.1 23.8   12.3
23 清水 栄佑 アマ 22.8 37.2 ▲ 53.9 6.1   12.2
24 花原 史典 アマ 35.5 ▲ 8.9 ▲ 18.3 2.4   10.7
25 大滝 聡 プロ 23.9 ▲ 20.2 56.9 ▲ 51.9   8.7
26 平岡 理恵 プロ 2.8 ▲ 45.9 ▲ 3.1 48.0   1.8
27 伊藤 達哉 アマ 25.6 49.0 0.1 ▲ 73.4   1.3
28 斎藤 寛生 プロ ▲ 18.7 14.7 11.6 ▲ 6.5   1.1
19 柳瀬 真志 アマ ▲ 42.7 57.1 ▲ 5.9 ▲ 16.0   ▲ 7.5
30 朝比奈 諒 プロ 37.0 ▲ 14.0 8.8 ▲ 44.6   ▲ 12.8
31 鷲見 隼人 アマ ▲ 16.4 21.0 ▲ 14.9 ▲ 13.4   ▲ 23.7
32 舟橋 晃 アマ 11.7 30.3 ▲ 17.3 ▲ 50.7   ▲ 26.0
33 十河 優太 アマ ▲ 0.7 ▲ 26.8 ▲ 29.2 27.9   ▲ 28.8
34 竹下 直人 アマ 5.5 ▲ 0.6 ▲ 42.2 4.1   ▲ 33.2
35 望月 雅継 プロ ▲ 5.1 28.4 ▲ 55.4 ▲ 2.2   ▲ 34.3
36 石津 寿人 プロ ▲ 12.2 ▲ 5.0 ▲ 4.0 ▲ 14.3   ▲ 35.5
37 森田 皓太 アマ ▲ 17.8 ▲ 8.7 ▲ 10.7 ▲ 15.2   ▲ 52.4
38 岡本 和也 プロ 20.3 ▲ 8.2 ▲ 10.4 ▲ 57.5   ▲ 55.8
39 日吉 辰哉 プロ ▲ 12.5 ▲ 8.3 ▲ 18.7 ▲ 20.5   ▲ 60.0
40 鮎川 卓 プロ ▲ 9.3 ▲ 35.0 ▲ 62.7 41.9   ▲ 65.1
41 京平 遥 プロ 5.1 ▲ 21.9 ▲ 55.9 1.4   ▲ 71.3
42 中 寿文 アマ ▲ 17.3 ▲ 58.1 ▲ 11.7 14.2   ▲ 72.9
43 森下 剛任 プロ ▲ 39.0 ▲ 12.6 11.0 ▲ 70.8   ▲ 111.4
44 古橋 崇志 プロ ▲ 23.1 ▲ 53.2 ▲ 30.9 ▲ 6.3   ▲ 113.5
45 鈴木 郁孝 プロ 12.9 ▲ 15.3 ▲ 86.2 ▲ 25.9   ▲ 114.5
46 白澤 宏臣 プロ ▲ 114.3 ▲ 4.2 ▲ 47.2 49.4   ▲ 116.3
47 矢野 宏明 アマ 2.3 ▲ 69.0 ▲ 14.2 ▲ 63.9   ▲ 144.8
48 宮里 駿矢 アマ ▲ 32.6 ▲ 57.1 ▲ 42.5 ▲ 25.6   ▲ 157.8
49 福井 弘人 アマ ▲ 4.8 ▲ 66.6 ▲ 57.3 ▲ 43.0   ▲ 171.7


<第4節レポート:岡本 和也>


年の瀬も迫った12月中旬、第18期静岡リーグ第4節が行われました。
私自身、1年が終わる実感がほとんどありませんでしたが、
クリスマス特集、音楽特番、一年の報道を振り返る等のTV番組を見ているにつれ、
「ようやく2011年も終わるんだな」と少しずつ感じられるようになってきました。

そんな師走の折、多くの静岡リーグ参加者に支えられ、今節も賑わいを見せる静岡リーグとなりました。


さて、決勝戦進出を目前とした第4節。
成績に目を向けると、前節1位の寺戸孝志プロ、2位の太田昌樹プロは変わらずの定位置をキープ。

寺戸プロは断トツの1位、最終節で無理さえしなければ決勝戦進出はほぼ間違いないでしょう。
そうなると、決勝戦進出の残りチケットは4枚。
ボーダー付近が混戦状態であることと、最終節は上位16名による廻り順対戦となるため、
最終節が終わるまで誰が決勝戦に出場できるのかは分かりません。


・ ・・個人的な意見を述べますと、太田プロ、徳永プロ、鈴木(秀)プロに最終節で何とか頑張って頂き、
静岡勢の底力を発揮してもらいたいです!

決勝戦進出に近い方にとっては、非常に厳しい最終節になりますが、
年明けの最終節、熱い戦いを楽しみにしたいと思います。

 

 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
鷲見 隼人 鈴木 秀幸 葛山 英樹 戸塚 豪 林 俊宏 成績&観戦記
第14回
2009年
林 俊宏 中 寿文 石津 寿人 竹内 仁 寺戸 孝志 成績&観戦記
第15回
2010年
白澤 宏臣 魚谷 侑未 山田 優駿 林 俊宏 高木 宏昌 成績&観戦記
第16回
2010年
石津 寿人 鈴木 郁孝 越川 清一 寺戸 孝志 杉村 泰治 成績&観戦記
第17回
2011年
中 寿文 斎藤 寛生 菅野 直 越川 清一 大滝 聡 成績&観戦記

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。