日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第6期 静岡プロリーグ

タイトル戦情報

第6期 静岡プロリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 菅野 直 51.5 126.3 38.8 25.4 ▲ 7.0 ▲ 41.3 ▲ 10.2 66.9 44.9 ▲ 26.7 268.6
2 若松 正和 44.0 59.4 ▲ 32.0 30.8 65.9 14.8 27.8 ▲ 66.8 59.1 38.3 241.3
3 尾澤 大河 4.7 51.1 38.2 32.7 ▲ 88.5 78.9 ▲ 1.4 48.3 42.4 ▲ 12.3 194.1
4 森下 剛任 27.4 ▲ 42.7 75.7 ▲ 6.6 64.8 13.9 8.2 ▲ 13.9 51.4 ▲ 0.3 177.9
5 石津 寿人 29.3 28.5 ▲ 22.9 ▲ 55.0 39.5 43.9 78.7 7.2 ▲ 17.2 43.4 175.4
6 毛受 俊 8.5 19.6 ▲ 12.3 ▲ 1.5 ▲ 18.3 ▲ 28.6 80.2 27.3 40.5 35.4 150.8
7 山田 優駿 ▲ 24.7 90.0 7.3 59.8 ▲ 5.0 ▲ 52.5 63.0 29.8 ▲ 47.3 15.0 135.4
8 平岡 理恵 51.9 1.2 20.3 43.8 14.6 19.5 9.6 13.0 ▲ 32.3 ▲ 26.8 114.8
9 斉藤 寛生 13.4 8.5 67.8 ▲ 39.5 12.4 ▲ 16.0 ▲ 34.0 66.0 23.7 11.3 113.6
10 樋口 新 69.8 5.0 ▲ 7.1 ▲ 37.6 76.2 40.6 ▲ 13.8 23.7 ▲ 12.9 ▲ 31.6 112.3
11 日吉 辰哉 17.6 41.8 ▲ 30.3 48.8 ▲ 14.9 7.3 ▲ 28.6 ▲ 50.7 89.3 ▲ 12.5 67.8
12 杉村 泰治 ▲ 21.6 ▲ 30.6 ▲ 18.7 ▲ 4.4 57.7 40.3 ▲ 28.1 27.1 6.0 34.5 62.2
13 寺戸 孝志 54.9 ▲ 18.2 16.4 29.9 ▲ 19.2 ▲ 66.8 14.2 ▲ 1.3 ▲ 18.2 55.2 46.9
14 林 俊宏 ▲ 53.5 27.4 41.1 ▲ 59.1 41.2 25.1 ▲ 9.1 19.3 ▲ 38.9 51.7 45.2
15 鮎川 卓 ▲ 20.6 26.5 ▲ 30.8 66.9 0.4 ▲ 46.1 60.3 20.5 ▲ 14.0 ▲ 34.2 28.9
16 鈴木 雄介 ▲ 41.0 20.2 32.4 25.2 ▲ 41.1 ▲ 2.2 ▲ 8.8 7.7 10.2 0.0 2.6
17 岡本 丈司 89.3 ▲ 28.0 10.3 12.2 ▲ 10.8 4.0 ▲ 34.0 ▲ 36.2 29.2 ▲ 36.0 0.0
18 渡辺 圭一郎 ▲ 1.7 55.8 ▲ 8.1 ▲ 39.2 63.0 1.0 6.8 ▲ 35.2 ▲ 6.2 ▲ 50.2 ▲ 14.0
19 鈴木 秀幸 50.4 ▲ 7.9 1.7 ▲ 10.9 ▲ 41.3 ▲ 27.1 ▲ 40.6 55.2 ▲ 10.5 0.0 ▲ 31.0
20 太田 昌樹 ▲ 54.5 ▲ 61.1 ▲ 56.1 67.0 ▲ 51.9 34.8 ▲ 20.7 10.3 81.6 10.6 ▲ 40.0
21 望月 雅継 ▲ 9.8 24.9 36.4 12.6 ▲ 15.4 ▲ 29.2 ▲ 55.1 15.5 ▲ 28.4 0.0 ▲ 48.5
22 鈴木 雅人 ▲ 30.7 60.5 ▲ 48.6 57.0 ▲ 64.2 57.6 ▲ 9.6 16.6 ▲ 64.5 ▲ 53.8 ▲ 79.7
23 石原 将樹 42.1 ▲ 31.6 15.5 ▲ 25.6 10.0 ▲ 31.5 ▲ 49.2 ▲ 31.6 ▲ 22.0 42.1 ▲ 81.8
24 京平 遥 6.2 ▲ 45.4 ▲ 28.3 5.6 ▲ 18.8 5.4 4.9 ▲ 55.4 26.1 ▲ 12.0 ▲ 111.7
25 中西 栄二 ▲ 56.5 ▲ 38.8 42.8 ▲ 83.9 ▲ 22.4 ▲ 30.1 65.0 5.6 ▲ 19.9 8.9 ▲ 129.3
26 山田 真弘 ▲ 65.3 ▲ 26.6 ▲ 33.1 ▲ 21.8 ▲ 33.0 ▲ 10.3 60.6 ▲ 44.8 10.4 17.8 ▲ 146.1
27 鈴木 郁孝 ▲ 68.5 ▲ 20.0 ▲ 30.7 ▲ 19.5 69.1 19.5 ▲ 57.2 ▲ 41.2 ▲ 24.3 0.0 ▲ 172.8
28 越川 清一 ▲ 15.6 ▲ 118.5 ▲ 112.9 14.3 42.3 1.7 ▲ 39.4 ▲ 16.2 0.6 28.5 ▲ 215.2
29 吉井 友直 ▲ 78.3 ▲ 74.6 ▲ 42.9 0.0 15.7 32.7 25.1 ▲ 32.9 ▲ 49.9 ▲ 18.5 ▲ 223.6
30 渡辺 洋巳 ▲ 10.4 ▲ 46.8 ▲ 2.6 ▲ 21.8 ▲ 37.0 36.8 ▲ 21.8 ▲ 37.0 ▲ 37.9 ▲ 68.8 ▲ 247.3
31 白澤 宏臣 ▲ 63.2 14.9 25.6 ▲ 19.3 ▲ 43.1 ▲ 68.8 ▲ 171.5 ▲ 27.2 ▲ 39.9 ▲ 30.4 ▲ 422.9
32 戸塚 豪 53.9 ▲ 240.8 ▲ 53.9 ▲ 89.3 ▲ 50.9 ▲ 28.3 ▲ 45.3 ▲ 11.6 ▲ 33.1 20.4 ▲ 478.9


<最終節レポート:鈴木 秀幸>


2月にしては暖かい朝を迎えた。
会場に向かう途中、木々の合間からこぼれる日差しにふと足元をみると、黄色い花が咲きかけている。
先日手にした雑誌のコラムの一文が浮かんだ。

『光と影』とつけられたタイトルは、今のインドを紹介する記事だった。
12億の人口を有しいまやIT先進国のこの国は、その歴史的たたずまいを見せる建造物、風景に多くの旅人を魅了する。
記事はこんな始まりだった。

私が学生のころ授業で、ボンベイ・カルカッタと教わったこの地は1990年代に現地語に即して、ムンバイ・コルカタと改められた。
光と影が隣り合わせになる。
高級住宅街をでるとみすぼらしい服装の人々が、瓦礫を手渡しリレーで長い列を成していた。(以下省略)

私も20代のころアジア各国を回る中、同じような風景を何度目にしたことだろうか。
どこかの道端で摘んできたであろう色鮮やかな花を並べ、わずかなお金を手にする少女、
瓜二つの顔で満面の笑みを作り真っ白い歯をのぞかせ手招きする少女。
私のシャツのポケットには黄色い花が1輪覗かせていた。

プロリーグも最終節を迎え、若干ではあるが空気が違う。
私は上位者にインタビューを試みようかと思ったが、遠くから表情を観察することだけにとどめた。

私の本命は中部本部・管野プロ。
もちろん90Pのアドバンテージはもとより、彼の強さはまったく動じないぶれない精神力の強さにある。
これは勝負の世界において、スキルはもちろん非常に重要なファクターであろう。
1番卓は順位順のため、管野、若松、尾澤、森下の組み合わせとなる。

この上位4名の優勝争いに割って入れるのは、2番卓最上位につける爆発力のある石津くらいか。
この中から今年度の優勝者がきまるであろう。
私は手帳片手に管野・若松の間に立った。


1回戦、4人とも表情は硬い。
森下の400・700ツモアガリからの静かなスタートも素晴らしい闘牌の序章にすぎなかった。
壮絶な打撃戦を制したのは前節まで2番手につけていた若松。
管野はまさかの10,000点を割る1人沈み。たった1回で管野が捕まった。

激しい打撃戦になるかの私の予想を裏切り、2回戦、3回戦と大きなポイントの動きはみられない。
森下と若松の状態がいい。
ただ気になるのは、森下の打牌リズムがいつもと違う。
決勝だからなのか、もちろんポイント差がある管野を捕らえるには、高い点を見据えた手組みが必要だが、難しく手作りしているように感じた。
途中素直な手作りならば・・の2,600オールを逃し、森下の勢いも途絶えることとなる。

だれかが抜け出そうとすると、他の3者がそれをゆるさない。
4者が非常に高いレベルの闘牌を魅せているからであろう。

運命の4回戦、親・管野。いつもより高めのトーンで『リーチ!』
一発でツモアガリ4,000オール!

 ツモ ドラ

私は正直これでほぼきまったかと思っていた。
さばきの難しい手。苦しいとドラのシャンポン待ち。
最初のツモにがいる。勝者の麻雀だと。

続く1本場。現在2番手の若松が7,700を尾澤からアガリ残り3局。

南2局、親・若松。配牌、ツモ文句なし。よどみなく仕上げた手は

 リーチ ドラ

ノータイムでいつもと変わらぬトーンで『リーチ』を宣言する 。
この6,000オールを引けば管野を捕らえることとなる。
全局の7,700のギリギリのアガリをものにし、よどみなく仕上げたこの手は私の予想を裏切り開かれることはなかった。

この局を制し若松を止めたのは森下。
ドラ暗刻の7,700をアガリ若松の決勝はここで終わった。
迎えたオーラスも、きっちり管野がアガリ切りプロリーグ2回目の優勝となった。

打ち上げの席で、管野に私がかけた最初の言葉は『よく我慢したね〜』
勝者とは思えない疲れきった表情で、管野は一言。『ほっとしました。』
聞けば前日は緊張で寝られなかったらしい。
とても私の知る彼からは考えられないが、それだけ思いが強かったということだろう。

対し若松は、その表情からも悔しさが痛いほどわかった。
昨年の私と同じだ。

『光と影』

勝負の世界においては避けられないものである。
だから一筋の『光』の為に精進しその先に眩く輝く瞬間がある。


 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 寺戸 孝志 鈴木 秀幸 林 俊宏 杉村泰治 成績
第6期 2010年 菅野 直 若松 正和 尾澤 大河 森下 剛任 成績

 

第16回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 越川 清一 プロ 87.8 ▲ 9.5 102.3 38.1 ▲ 29.5 189.2
2 寺戸 孝志 プロ 22.5 ▲ 41.6 102.4 21.4 52.2 156.9
3 鈴木 郁孝 プロ 50.6 3.5 45.8 53.3 ▲ 13.6 139.6
4 石津 寿人 プロ 51.7 65.7 ▲ 10.0 ▲ 2.3 25.9 131.0
5 杉村 泰治 プロ 64.8 ▲ 56.3 14.3 88.8 11.0 122.6
6 鮎川 卓 プロ ▲ 32.9 51.2 29.0 38.5 33.7 119.5
7 大滝 聡 プロ ▲ 20.5 44.7 16.4 29.8 46.6 117.0
8 谿 幸宏 プロ 16.7 20.8 56.4 3.2 13.3 110.4
9 菅野 直 プロ 28.6 ▲ 55.9 31.5 11.4 91.6 107.2
10 白井 健夫 アマ 27.3 33.9 18.6 21.9 2.0 103.7
11 花原 史典 アマ ▲ 5.7 18.5 8.2 39.1 43.2 103.3
12 望月 雅継 プロ 39.1 ▲ 70.8 41.3 42.6 28.1 80.3
13 杉浦 貴紀 プロ 92.8 ▲ 16.7 27.5 ▲ 19.0 ▲ 16.5 68.1
14 牧野 卓人 アマ 18.8 ▲ 74.6 ▲ 38.1 136.5 24.7 67.3
15 斉藤 寛生 プロ 19.1 70.2 67.1 ▲ 29.1 ▲ 64.3 63.0
16 平岡 理恵 プロ ▲ 1.7 ▲ 59.9 41.7 68.7 10.5 59.3
17 白澤 宏臣 プロ 45.7 14.2 ▲ 33.8 52.5 ▲ 32.1 46.5
18 日吉 辰哉 プロ ▲ 1.2 ▲ 0.2 13.3 21.5 1.5 34.9
19 魚谷 侑未 プロ 37.7 17.7 ▲ 8.7 4.9 ▲ 17.5 34.1
20 山田 優駿 プロ 5.8 85.2 ▲ 7.3 ▲ 41.5 ▲ 9.4 32.8
21 鈴木 優 アマ 21.7 82.5 ▲ 41.4 ▲ 12.0 ▲ 19.1 31.7
22 若松 正和 プロ 13.4 ▲ 12.7 34.2 ▲ 9.2 5.6 31.3
23 伊藤 達哉 アマ 7.6 31.2 ▲ 0.6 10.8 ▲ 18.1 30.9
24 渡辺 洋巳 プロ ▲ 64.0 18.6 30.1 21.9 12.3 18.9
25 森下 剛任 プロ ▲ 18.3 ▲ 19.2 ▲ 41.4 19.6 74.8 15.5
26 中 寿文 アマ ▲ 4.2 ▲ 3.4 ▲ 25.7 ▲ 50.4 94.6 10.9
27 鈴木 滋巳 アマ 2.5 42.2 3.8 ▲ 51.4 11.8 8.9
28 葛山 英樹 プロ 12.5 23.6 ▲ 3.9 ▲ 62.3 37.1 7.0
29 京平 遥 プロ 11.4 27.0 19.9 ▲ 20.9 ▲ 35.4 2.0
30 樋口 新 プロ ▲ 11.1 ▲ 13.2 41.2 23.4 ▲ 40.7 ▲ 0.4
31 石原 将樹 プロ ▲ 45.0 33.5 ▲ 38.8 50.6 ▲ 5.3 ▲ 5.0
32 高木 宏昌 アマ ▲ 52.4 0.5 2.1 42.0 0.0 ▲ 7.8
33 堀 孔明 アマ ▲ 10.1 ▲ 3.8 1.9 ▲ 13.2 13.4 ▲ 11.8
34 尾澤 大河 プロ 35.9 ▲ 30.0 ▲ 1.1 ▲ 21.1 0.1 ▲ 16.2
35 岡本 丈司 プロ 49.4 19.9 24.6 ▲ 32.8 ▲ 83.5 ▲ 22.4
36 小島 佑介 アマ ▲ 28.9 39.7 ▲ 11.9 ▲ 29.9 0.0 ▲ 31.0
37 鷲見 隼人 アマ ▲ 1.4 26.9 15.1 ▲ 29.4 ▲ 42.9 ▲ 31.7
38 鈴木 雅人 プロ ▲ 3.6 ▲ 12.3 ▲ 18.7 ▲ 6.8 9.7 ▲ 31.7
39 高橋 孝基 アマ 83.2 ▲ 2.4 10.1 ▲ 66.0 ▲ 57.3 ▲ 32.4
40 渡辺 圭一郎 プロ 13.8 ▲ 7.6 ▲ 34.5 ▲ 21.0 13.4 ▲ 35.9
41 鈴木 秀幸 プロ 20.2 1.7 ▲ 26.9 ▲ 9.0 ▲ 29.0 ▲ 43.0
42 坪井 哲也 アマ ▲ 3.0 6.7 ▲ 68.7 ▲ 9.4 22.4 ▲ 52.0
43 朝比奈 諒 アマ ▲ 83.3 52.8 ▲ 9.5 6.5 ▲ 42.3 ▲ 75.8
44 舟橋 晃 アマ ▲ 66.0 ▲ 8.9 10.3 ▲ 62.1 33.1 ▲ 93.6
45 矢野 宏明 アマ ▲ 6.0 4.9 ▲ 104.4 52.8 ▲ 42.2 ▲ 94.9
46 福井 弘人 アマ ▲ 39.2 27.7 ▲ 47.7 ▲ 30.4 ▲ 38.2 ▲ 127.8
47 吉井 友直 プロ ▲ 75.3 25.0 ▲ 23.0 ▲ 37.3 ▲ 21.6 ▲ 132.2
48 松井 和志 アマ ▲ 46.4 ▲ 42.5 15.3 ▲ 72.5 10.4 ▲ 135.7
49 太田 昌樹 プロ ▲ 18.9 ▲ 1.9 ▲ 57.0 6.4 ▲ 78.8 ▲ 150.2
50 宮里 駿矢 アマ ▲ 55.0 ▲ 52.5 ▲ 10.7 ▲ 31.2 ▲ 21.9 ▲ 171.3
51 徳永 翔 アマ 4.0 ▲ 100.6 ▲ 58.5 ▲ 94.0 53.9 ▲ 195.2
52 中西 栄二 プロ ▲ 65.4 ▲ 38.8 ▲ 15.9 ▲ 65.5 ▲ 23.0 ▲ 208.6
53 山田 真弘 プロ ▲ 27.0 ▲ 57.0 ▲ 80.7 ▲ 18.5 ▲ 32.9 ▲ 216.1
54 柳瀬 真志 アマ ▲ 33.9 ▲ 120.2 ▲ 40.6 ▲ 53.9 2.0 ▲ 246.6


<最終節レポート:石津 寿人>


この日は多数の方がスポット参戦、対局の観戦に来られました。
多くの方が競技麻雀に興味をもち、ご来場いただいたことを嬉しく思います。

さて、混戦だった静岡リーグも決勝戦進出者が決まり、それぞれに今の気持ちと意気込みを聞いてみました。

予選1位:越川プロ
「自分なりに考えている『麻雀の本質とは何か?』と言うものを自分の麻雀を見てくれた人達に伝わる麻雀を打ち、その上で勝ちます!」

予選2位:寺戸プロ
「嬉しいです。メンツは強敵揃いですが・・・5度目の決勝なんでそろそろ(笑)」

予選3位:鈴木(郁)プロ
「久しぶりの決勝で凄く楽しみです。今打てる自分の麻雀を精一杯打ちたいです。」

予選5位:杉村プロ
「展開に恵まれ、決勝に残れた事は嬉しく思います。これを生かす為にも、決勝戦は自分の麻雀を打ち切り、優勝目指して対局にいどみたいと思います。」

最後に、予選4位のオイラですが・・・
「前回の静岡リーグ、中部リーグと次点が続いてたので、今回決勝戦に残れてホッとしました。決勝ではATフィールド全開で頑張ります(笑)」

3月20日 以上の5人で決勝戦が行われます。
多くの方の観戦をお待ちしています。


 



 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
鷲見 隼人 鈴木 秀幸 葛山 英樹 戸塚 豪 林 俊宏 成績&観戦記
第14回
2009年
林 俊宏 中 寿文 石津 寿人 竹内 仁 寺戸 孝志 成績&観戦記
第15回
2010年
白澤 宏臣 魚谷 侑未 山田 優駿 林 俊宏 高木 宏昌 成績&観戦記
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。