日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第5期 静岡プロリーグ

タイトル戦情報

第5期 静岡プロリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 寺戸 孝志 68.3 37.2 71.1 57.1 40.0 61.8 11.4 36.5 ▲ 57.8   325.6
2 鈴木 秀幸 ▲ 43.2 112.4 28.5 ▲ 2.7 27.3 23.4 22.8 ▲ 34.8 88.0   221.7
3 杉村 泰治 86.5 17.6 ▲ 38.1 ▲ 4.0 ▲ 22.3 6.8 ▲ 20.1 81.7 46.0   154.1
4 越川 清一 7.5 ▲ 43.4 ▲ 4.8 18.4 32.2 69.7 36.9 62.7 ▲ 39.8   139.4
5 林 俊宏 29.6 8.5 ▲ 94.2 ▲ 6.0 ▲ 29.1 56.3 36.5 110.4 21.5   133.5
6 平岡 理恵 ▲ 30.6 ▲ 44.9 16.9 ▲ 6.7 18.5 32.0 82.9 46.7 10.6   125.4
7 渡辺 洋巳 14.2 26.1 ▲ 52.3 28.7 13.3 ▲ 28.6 91.2 ▲ 37.6 17.3   72.3
8 毛受 俊 ▲ 44.1 ▲ 46.2 ▲ 2.5 15.7 76.9 ▲ 12.4 15.6 ▲ 4.0 62.5   61.5
9 石津 寿人 23.7 ▲ 32.4 66.4 3.2 38.5 ▲ 29.7 ▲ 4.8 ▲ 30.2 14.6   49.3
10 菅野 直 31.0 ▲ 21.9 ▲ 22.4 ▲ 11.7 56.7 33.7 70.5 ▲ 58.3 ▲ 31.6   46.0
11 太田 昌樹 11.1 44.4 4.4 56.2 ▲ 11.8 15.7 ▲ 47.5 19.1 ▲ 51.7   39.9
12 石原 将樹 19.9 20.2 10.1 ▲ 29.4 ▲ 101.7 75.7 31.2 ▲ 0.9 5.7   30.8
13 日吉 辰哉 0.0 33.5 ▲ 14.8 ▲ 18.6 ▲ 36.3 ▲ 2.7 ▲ 11.2 39.0 36.0   24.9
14 山田 優駿 6.2 2.6 133.4 ▲ 75.2 ▲ 11.1 ▲ 91.1 ▲ 11.5 42.2 27.8   23.3
15 古橋 崇志 0.0 ▲ 40.6 49.9 24.4 ▲ 14.9 10.7 ▲ 60.8 84.6 ▲ 36.7   16.6
16 市川 陽子 4.9 60.5 ▲ 26.2 ▲ 49.5 3.8 ▲ 21.1 ▲ 14.1 12.6 32.5   3.4
17 京平 遥 ▲ 17.6 ▲ 7.4 ▲ 62.0 13.2 ▲ 16.1 18.9 77.1 ▲ 50.6 47.3   2.8
18 磯部 文秀 0.0 ▲ 20.7 ▲ 17.7 ▲ 62.3 ▲ 15.4 67.5 26.9 ▲ 46.4 59.2   ▲ 8.9
19 望月 雅継 3.5 69.2 ▲ 21.5 29.8 5.6 ▲ 10.9 ▲ 60.9 ▲ 25.7 ▲ 1.7   ▲ 12.6
20 猿川 真寿 ▲ 1.7 21.0 50.3 10.4 ▲ 44.1 ▲ 0.6 ▲ 53.8 30.0 ▲ 41.6   ▲ 30.1
21 山田 真弘 12.0 ▲ 29.5 21.7 ▲ 21.9 17.6 ▲ 46.5 37.9 ▲ 28.5 ▲ 22.6   ▲ 59.8
22 杉浦 貴紀 ▲ 0.9 17.9 22.8 ▲ 10.7 ▲ 83.3 ▲ 41.8 2.3 92.1 ▲ 65.1   ▲ 66.7
23 藤原 貞生 ▲ 17.8 12.1 ▲ 62.0 ▲ 27.0 64.4 ▲ 14.6 26.9 ▲ 43.2 ▲ 7.4   ▲ 68.6
24 森下 剛任 ▲ 97.0 ▲ 29.3 ▲ 36.2 83.2 54.6 ▲ 86.5 58.2 ▲ 38.0 15.5   ▲ 75.5
25 柚木 正仁 44.5 ▲ 51.7 ▲ 47.5 32.3 12.1 ▲ 33.3 ▲ 36.3 12.0 ▲ 14.6   ▲ 82.5
26 岡本 丈司 14.8 27.7 33.7 ▲ 6.9 ▲ 85.3 ▲ 49.9 ▲ 36.7 17.3 ▲ 13.1   ▲ 98.4
27 鈴木 郁孝 ▲ 18.7 ▲ 34.4 15.9 36.3 15.9 ▲ 7.4 ▲ 48.4 ▲ 64.0 ▲ 9.0   ▲ 113.8
28 戸塚 豪 0.0 ▲ 51.5 ▲ 22.3 ▲ 16.2 13.0 ▲ 49.9 ▲ 32.4 ▲ 14.5 21.8   ▲ 152.0
29 若松 正和 68.4 ▲ 4.5 24.4 ▲ 7.7 ▲ 51.8 21.7 ▲ 47.6 ▲ 73.0 ▲ 102.4   ▲ 172.5
30 鈴木 雅人 ▲ 56.5 26.2 43.5 2.0 12.9 4.5 ▲ 244.6 ▲ 25.3 25.4   ▲ 211.9
31 渡辺 圭一郎 ▲ 55.8 ▲ 14.7 ▲ 3.8 ▲ 0.4 ▲ 17.0 ▲ 46.4 ▲ 86.6 ▲ 81.0 ▲ 0.6   ▲ 306.3
32 小松 伸男 ▲ 63.2 ▲ 68.0 ▲ 65.7 ▲ 57.0 ▲ 67.1 74.0 ▲ 12.0 ▲ 32.9 ▲ 37.0   ▲ 328.9


<第9節レポート:鈴木 郁孝> 


新年最初のプロリーグは、最終節を見据えた激しい戦いとなった。
私が注目したのは、首位である中部本部・寺戸の卓。

対戦相手は、太田・鈴木秀・林。

三者とも、今期は上位に名を連ねている。
寺戸との直接対決は、ポイントを縮める絶好のチャンスであり、今節の出来次第で来月の最終節に繋がる。

三者の思惑が一致したのか、開始から寺戸を沈めることに成功する。
ポイントに余裕があるとはいえ、寺戸は終始苦しかったのではないだろうか?
今節は、ついに今期のプロリーグ独走中であった寺戸に土がついた。

寺戸を沈める為に力を使い果たしたのか、太田は後退。林はプラスで何とか踏み止まった。
圧巻だったのは、静岡支部の鈴木秀。
首位の寺戸を沈めることに成功し、尚且つ+88.0Pを叩き最終節に望みを繋いだ。
昨年、新人王戦、王位戦と決勝に進出し、惜しくも優勝は出来なかったが、そこでの経験は彼に相当な自信を与えたのではないだろうか。

寺戸が俄然有利な状況に変わりはないが、寺戸が焦ればもしかすると最終節での入れ替わりがあるかもしれない…
今期の優勝争いはこの二人に絞られた。来月の直接対決が非常に楽しみである。

 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 ? ? ? ?  

 

第13回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 林 俊宏 プロ 74.0 37.8 112.7 32.2   256.7
2 寺戸 孝志 プロ 128.3 ▲ 41.2 60.3 77.3   224.7
3 望月 雅継 プロ 91.5 40.8 0.0 65.4   197.7
4 竹内 仁 アマ 91.4 33.3 ▲ 13.8 59.6   170.5
5 柚木 正仁 プロ ▲ 44.4 57.6 28.6 125.7   167.5
6 磯部 文秀 プロ ▲ 11.1 71.8 39.1 58.2   158.0
7 石津 寿人 プロ 4.7 35.0 4.2 110.2   154.1
8 森下 剛任 プロ 16.7 65.1 50.0 21.3   153.1
9 杉村 泰治 プロ 71.1 ▲ 13.6 54.6 3.0   115.1
10 葛山 英樹 プロ 23.1 66.0 12.1 10.5   111.7
11 若松 正和 プロ 29.7 64.1 ▲ 38.5 49.7   105.0
12 中西 栄二 アマ 14.4 74.2 53.2 ▲ 59.1   82.7
13 舟橋 晃 アマ 51.7 ▲ 13.2 12.1 23.2   73.8
14 石原 将樹 プロ ▲ 22.1 11.3 39.8 31.3   60.3
15 高橋 考基 アマ ▲ 22.3 ▲ 11.5 6.2 56.7   29.1
16 越川 清一 プロ ▲ 26.6 25.0 22.1 6.7   27.2
17 鈴木 秀幸 プロ ▲ 9.6 36.7 ▲ 26.8 25.4   25.7
18 山田 優駿 プロ 31.4 ▲ 12.6 38.7 ▲ 40.2   17.3
19 田中 亮介 アマ 0.0 0.0 46.0 ▲ 31.7   14.3
20 堀 孔明 アマ 0.0 68.0 ▲ 16.1 ▲ 41.5   10.4
21 戸塚 豪 プロ 14.4 ▲ 3.0 5.9 ▲ 8.5   8.8
22 杉浦 貴紀 プロ ▲ 3.8 68.0 ▲ 24.2 ▲ 32.4   7.6
23 太田 昌樹 プロ ▲ 34.2 5.9 43.0 ▲ 9.5   5.2
24 古橋 崇志 プロ ▲ 62.7 20.0 ▲ 46.9 90.6   1.0
25 中寿 文 アマ 0.0 0.0 ▲ 41.1 38.4   ▲ 2.7
26 河合 慎悟 プロ 15.4 19.1 ▲ 14.5 ▲ 27.9   ▲ 7.9
27 寺本 吉孝 アマ ▲ 21.1 0.0 8.0 0.0   ▲ 13.1
28 鷲見 隼人 アマ 69.0 ▲ 11.8 4.6 ▲ 76.4   ▲ 14.6
29 山本 康人 アマ 2.5 39.5 3.7 ▲ 64.6   ▲ 18.9
30 鈴木 雅人 プロ ▲ 19.5 ▲ 28.1 1.8 25.4   ▲ 20.4
31 菅野 直 プロ ▲ 9.4 ▲ 7.6 7.3 ▲ 18.2   ▲ 27.9
32 岡本 丈司 プロ ▲ 84.0 13.9 14.4 13.8   ▲ 41.9
33 渡辺 圭一郎 プロ 21.7 ▲ 44.6 ▲ 79.2 58.4   ▲ 43.7
34 鈴木 郁孝 プロ ▲ 12.5 19.0 ▲ 20.4 ▲ 47.9   ▲ 61.8
35 日吉 辰哉 プロ 27.4 ▲ 41.5 ▲ 46.3 ▲ 2.6   ▲ 63.0
36 白澤 宏臣 アマ ▲ 62.6 ▲ 33.5 0.0 30.6   ▲ 65.5
37 堀江 将隆 アマ ▲ 3.8 12.1 ▲ 12.0 ▲ 75.3   ▲ 79.0
38 矢野 宏明 アマ ▲ 40.6 ▲ 13.7 ▲ 25.2 ▲ 3.3   ▲ 82.8
39 小松 伸男 プロ 42.0 ▲ 65.9 ▲ 19.0 ▲ 41.3   ▲ 84.2
40 平岡 理恵 プロ ▲ 37.4 ▲ 21.8 ▲ 4.0 ▲ 28.2   ▲ 91.4
41 谿 幸宏 アマ ▲ 29.2 ▲ 36.4 ▲ 9.5 ▲ 26.4   ▲ 101.5
42 渡辺 洋巳 プロ ▲ 31.0 ▲ 66.3 14.9 ▲ 25.7   ▲ 108.1
43 朝長 拓也 アマ ▲ 43.3 ▲ 46.0 ▲ 23.2 1.2   ▲ 111.3
44 竹岡 大輔 アマ 4.3 ▲ 67.5 ▲ 14.7 ▲ 34.2   ▲ 112.1
45 古野 遼佑 アマ ▲ 20.2 ▲ 63.5 ▲ 27.5 ▲ 16.1   ▲ 127.3
46 京平 遥 プロ ▲ 37.2 ▲ 22.4 ▲ 23.3 ▲ 55.7   ▲ 138.6
47 花原 史典 アマ ▲ 47.2 10.0 ▲ 43.9 ▲ 66.5   ▲ 147.6
48 白井 健夫 アマ 4.3 ▲ 14.2 ▲ 44.0 ▲ 106.7   ▲ 160.6
49 斎藤 寛生 アマ ▲ 48.4 ▲ 54.8 ▲ 62.3 ▲ 19.2   ▲ 184.7
50 山田 真弘 プロ ▲ 72.7 ▲ 126.5 ▲ 30.3 ▲ 49.6   ▲ 279.1


<第9節レポート:鈴木 秀幸> 


私の年明けは伊勢神宮の参拝から始まった。
100年に一度の大不況と言われる昨今、人々は何を思いこの地に足を向けるのだろうか・・

昨年に目を向けると、私自身私生活も、麻雀プロ活動も(最近は連盟員活動といっているが)忙しく時間を過ごすことができた。
今年一年の過ごし方が、私のこれからの人生において、非常に重要な意味を持つことになるだろうと昨年末から思い、まず行動に出たのが『神頼み』である。
やはり私は弱い人間である(笑)

今回は特別ゲストとして、荒正義プロ、前原雄大プロ、紺野真太郎プロ、増田隆一プロといったトッププロの方々に静岡の地までおいでいただいた。
さすがに静岡支部員はじめ、中部本部、アマチュアの方も、この4名の方のリーグ戦参加は驚きと喜びを隠せない・・
もちろん望月支部長の尽力あってのものだが、各自どんなテーマでこの機会をどう活かすのかが己を知ることとなるだろうか。

私は荒正義プロと同卓させていただいた。
この上ない喜びと同時に、少しでも印象に残る闘牌をしたいと心から思っていた。

1回戦、東1局。私が親でスタート。 

 ツモ ドラ

ここに、荒プロの先制リーチ!
私は最初からぶっけるつもりでいた。
もちろん親だからとか、値段とかではない。

私のリーチ宣言牌のは、荒プロの7,700につかまった。
私は放銃した後、すがすがしい気分だった。
連盟に入る動機のひとつとして、いつか荒プロと打ってみたい!今こうして闘牌している。
それが私の集中力を高めるとともに、今の私の持っているものすべてを出し切りたい!!
そんな素直な私がそこにあったと思う。


1回戦は、荒プロのAトップ。

続く2回戦。荒48,300、鈴木47,900。
この局面、私は荒プロに競り勝つこと これのみテーマとしていた。
もちろんリーグ戦の設定ではなく、タイトル戦の決勝のアガり優勝みたいな局面だ。
なぜなら、私の中では去年3回決勝に残りながら1つも手にできなかったものへの最高の局面、相手であるから。

結果は・・

 チー

鈴木がを荒プロに打ち込み  ・・・・・またも敗れた(笑)

楽しい〜〜♪

私の麻雀に対するモチベーションが、何倍にも膨らんだのはいうまでもない。
「この人と打ちたい」
いつの日か私もそう思われる打ち手になりたい。

対局終了後には、私が長い間疑問に思っていた問題を、明確に教えていただいたと同時に、私に自信をつけさせていただいた。
天下の荒プロとさしでがましいが、通じる考え方をもてたことを誇りに思い、これからの私の麻雀観に活かしていきたいと思う。

前置きが長くりましたが、リーグ戦のほうは・・・

前節と変わりなく中部本部のプロが上位を占める中、静岡のヒサト(石津寿人)がやってきた〜〜♪
4連勝の100P超えで、いきなり決勝の扉をノックだ!

しかし、今回の決勝のボーダーは200P近くなると思われ、なんなんでしょ〜か・・・
来節がいよいよ最終!
決勝の舞台は自分自身の麻雀プロとしての存在意義の場であると思います。

今回のゲストの方々との機会を今一度考え、真摯に取り組んでいきたいと思います。


 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
? ? ? ? ?  
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。