日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第6回静岡リーグ(プロアマ混合)決勝

タイトル戦情報

第6回 静岡リーグ(プロアマ混合)決勝

順位 名前 予選ポイント 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 合計
1 望月 雅継 40.0 0.0 ▲ 34.1 23.5 ▲ 9.6 49.1 21.9 90.8
2 鈴木 勉 20.0 ▲ 3.6 11.3 0.0 26.7 ▲ 6.0 ▲ 19.7 28.7
3 白井 健夫 0.0 37.3 17.5 ▲ 7.9 ▲ 30.0 0.0 4.4 21.3
4 鈴木 郁孝 30.0 ▲ 13.9 0.0 5.7 12.9 ▲ 13.1 ▲ 6.6 15.0
5 野間口 慎 10.0 ▲ 19.8 5.3 ▲ 21.3 0.0 ▲ 30.0 0.0 ▲ 55.8

 

観戦記

 「今回こそは望月を倒し優勝したい」開始前の鈴木(勉)のコメントである。

鈴木(勉)だけでなく、他の全員が同じ思いで望んだ第6回静岡リーグ決勝戦。

お互い2回目の決勝進出で打倒望月に燃える鈴木(勉)、鈴木(郁)にとっては苦しいスタートとなった。

望月が抜け番の1回戦、何としてもポイントを叩きたい両名であったが、アマの白井の独壇場となり6万点近くの大トップ。

そして2回戦、いよいよ望月の登場となったがここで思わぬ波乱が起きる。全員の打倒望月の思いが通じたのか望月が1人沈みのラスを引かされたのである。意外とも言えるスタートに「予選ポイントがなくなっただけ。全然気にしてないよ。」と望月は笑いながら話してくれた。

 

直後の3回戦東1局、望月の「ロン 12000」の声が会場に響いた。

七九´´Л┃123789 ドラ九。

2回戦で感じた確かな手ごたえをモノにした1局であった。3回戦はこのまま望月が逃げ切り。

 

続く4回戦。前半は鈴木(郁)がトータルトップ目の白井から1600、3900、5800と直撃し非常に面白い展開になってきた。このまま鈴木(郁)が逃げ切るかと思われたが、オーラスにここまで元気のなかった鈴木(勉)が改心のリーチ。

一二三´↓12367發發 ドラ7 

5を引き寄せ4000オールでトップ目となる。そして1本場で望月から7700は8000をアガり、トータルトップに躍り出た。これで目標である打倒望月に一歩近づいた鈴木(勉)であったがやはり望月の壁は高かった。

 

続く5回戦、ここまで+19.8と、大きいラスを引くと足切りの可能性も出てくる望月だったが、東2局の親番でその不安は消し飛んだ。

「ツモ 8000オール」 ↓↓キキキ南南南 ポン東東東 ツモ。

実はこのアガリ↓↓きキキキ456東南南の段階でシャンテンとらずの打5としたのだった。

その後ツモ南打4、ツモ東打6で↓↓きキキキ東東南南南となり鈴木(郁)の切ったダブ東をポン。

出アガリハネ満、ツモアガリ倍満のテンパイとなり、即ツモと一発で逆転となる決定的なアガリとなったのだ。

このアガリをきっかけとし、さらに点棒を重ねた望月はこの半荘67000点持ちの大トップ。最終戦を前にようやく望月が首位に躍り出た。

 

迎えた最終戦、野間口が足切りとなり、ここまでのポイントは望月+68.9 鈴木(勉)+48.4 鈴木(郁)+21.6 白井+16.9と鈴木(郁)、白井には苦しい条件となった。

開始直後の東1局から西家の望月が積極的に動く。親の鈴木(勉)の1打目のをポン、その後西ポン、さらにドラの九を重ね、トータル2着目の鈴木(勉)から5200を直撃。

九九┃┃┌械粥.櫂鸚樟樟勝.櫂鶚 ドラ九 ロン5。

望月はその後もアガリを重ね、42600点持ちで迎えたオーラス。

鈴木(勉)・白井は望月からの三倍満直撃条件、と厳しすぎる条件。可能性があるとすれば親の鈴木(郁)の連荘だけなのだが…こちらもいかんせん条件が厳しすぎる。

ここでもシャンテン1番乗りは望月。

七八九↓↓↓キΓ僑沓牽后ヾ兩鐚圓涼もが望月のアガリを確信したのだろうが、しかしこれがなかなかテンパイとならないまま逆に親の鈴木(郁)が必死のテンパイを果たす。

局は進み望月の最終ツモは。打9とし、ここでようやくテンパイ。

残るは鈴木(郁)のハイテイ牌のみとなり、流局と思われたが、神様が鈴木(郁)に与えた牌はГ任△辰拭

「ロン 1300」 七八九↓↓↓キΓ僑沓検.蹈鶚А

この瞬間望月の第1回以来2度目の優勝が決定した。

6回連続決勝進出で毎回が優勝候補。そのプレッシャーを見事に跳ね除ける圧勝であった。

来期からはA汽蝓璽亜L昭其Δ棒轍の顔となった望月の活躍に期待したい。 (古橋崇志)

下段:優勝・望月 左から2位・鈴木勉、4位・鈴木(郁)、5位・野間口、3位・白井

 

 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。