日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第19回静岡リーグ

タイトル戦情報

第19回静岡リーグ

(レポート:鈴木 秀幸



人と人との巡り合わせは、偶然の出来事ではない。
人と人との巡りあわせの奥底には、必ず見えない力が関係していることだろう。
(あるエッセィからの抜粋)

ある人と出会い、そこから自らの進む道も変化していく。
例えばそれが、貴方の選んだ最愛の人であったり、伴に過ごす友であったりと。

世界中の人の中から自らの人生を伴に歩む人。
偶然ではない何かの力が。

これが縁。


決勝の日、暑かった。
ギラギラという言葉が当てはまる太陽が照りつける中、5人が顔を揃えた。
決勝の観戦記者は私が名乗り出た。
私が書くべきだろうと、決勝に進出する5人が決まった時から思っていた。

19回目の静岡リーグ。半期に1度の戦いで10年目に入る。
ここで静岡リーグのシステムを紹介させていただく。

予選通過順に、1位40P、2位30P、3位20P、4位10P、5位0Pが加算される。
5回戦終了時(各自1回抜け番)、最下位の者が敗退となり、最終6回戦を行う。

決勝進出者は以下の通り。

予選1位 中部本部 12期生 杉村泰治
過去全12回参戦中決勝進出4回 優勝0回

牌理に強く受けの利くタイプである。
手役派ではないが、打点と手数のバランスのとれた打ち手であろう。
この5人の中では一番手数の多いタイプになる。
私は1位通過の40Pが一番功を奏すのが杉村プロだと思っている。
決勝直前の全員のインタビューでも何人かが答えていた。
「ポイント持った時の杉村プロは手強いからな」と。

予選2位 静岡支部 28期生 鷲見隼人
過去全6回参戦中決勝進出1回 優勝1回

アマチュア時代から静岡リーグに参戦し優勝経験を持つ。
今期プロデビューし、すぐに結果を出した。見事な決勝進出である。
以前に比べかなり受けの麻雀になった気がする。
しかしながら、東京でも静岡でもリーグ戦において結果を残しているのだから、進むべき道を誤ってはいないのだろう。
風貌同様、新人らしからぬ麻雀を期待せずにはいられない。

予選3位 一般参加 竹内仁さん
過去全4回参戦中決勝3回 優勝0回

4回のリーグ戦参加で3回の決勝進出。逃した1回も次点。
このアマチュアの力量がわかるだろう。
今期もマイナスの位置から、たった2節で決勝進出を決めてしまった。
体格同様に破壊力も桁外れである。
竹内さんの強さは爆発力。それでいて受け、我慢ができるところである。
いざ勝負所の読みに裏付けされた踏込みの深さは私には真似できないところであり、彼に学ぶべきところも多い。

予選4位 静岡支部 日吉辰哉
過去全18回参戦中決勝7回 優勝1回

過去7度の決勝進出も、第2回静岡リーグを制して以来優勝から遠ざかっている。
いわゆるオールラウンダーであろうが、近年スタイルを変化させている。
一時期うまさは見えても、対戦していて力強さが消えていたが、復活してきたように思える。
鷲見プロ、坪井プロもアマチュア時代、日吉プロに色々質問し勉強していた。
今決勝戦は日吉プロにとって感慨深いものがあるだろう。

予選5位 静岡支部 坪井哲也
過去全3回参戦中決勝初出場

鷲見プロ同様、今期プロデビュー。
前回最終節で決勝を逃した悔しさをバネに、今回決勝の椅子をもぎ取ったのは「素晴らしい」の一言。
与えられた手材料のなかで、手役を見つつも堅実なアガリを目指すタイプ。
5人のなかでは年齢が飛びぬけて若く、自分を振り返れば(この若さですごいな)と思わずにいられない。

簡単に5人を紹介させてもらいました。
私のプロになるきっかけが日吉プロと出会ったことであり、私がアマチュアだったころ、東京のリーグ戦を応援観戦に行ったことを懐かしく思います。

杉村プロとは長年にわたり静岡リーグまた、静岡プロリーグにて切磋琢磨する間柄であります。
麻雀に関する知識は大変なものであり、前回の私の採譜をお願いした次第です。

鷲見プロ、坪井プロとはプロになる前から共に麻雀を打ち、今では公の部分でも私と繋がりあることとなりました。

竹内さんは鷲見プロと昔からの付き合いがあり、私とも麻雀をするようになり、連日食事しながら麻雀談義をしています。
食事のメニューを注文するのにあれだけ時間を費やす彼が、なぜ麻雀になると軽快な所作に変わるのかは調査中です。

こんな私と繋がりの深い5人が揃った舞台。
私は全員に【辛口、上から、私的意見で書きますのでご了承ください】と伝えた。

後述の私の拙い文章で彼達の素晴らしい戦いが皆様に少しでも伝われば幸いです。
(以下文章中敬称略)




1回戦 (起家から、鷲見・杉村・坪井・竹内)抜け番:日吉

私のメモにはこう記してあった。
【抜け番の日吉を含めこの5人では、いきなりのぶつかりあいはない】

もちろん手牌によるが、安易な字牌の切り出し、軽い仕掛けはないだろうと。
おそらく・・・最初に聞かれる発声は「リーチ」か「ツモ」。

開局、特に抜けた配牌をもらった者はいない。

東1局、西家・坪井。

配牌
 ドラ

7巡目には、

ここから打のヤミテン。

私は【?】と記した。
自然な形でこのテンパイを組むのもありだろう。
打ち手の個性によるが、私は四暗刻、七対子をみて打のテンパイとらず。

このドラ打ち、各者の反応に目を向けると、次巡「ツモ」の声。

北家・竹内

 ツモ

この1,000・2,000。

静かな発声と開けた手牌を見て【竹内走るかも!】のメモ。

東3局、南家・竹内。

配牌
 ドラ

竹内がドラ暗刻の好配牌を10巡目ヤミテンで、七対子のテンパイをいれていた鷲見から8,000。

 ロン

東4局、西家・杉村。

配牌
 ドラ

と引き入れノータイム打の4巡目リーチ。

 リーチ

ここは打ち手によりリーチ、ヤミテンと分かれると思うが2巡後にツモアガリ。
これが杉村の強さか。

南3局、東家・坪井。

配牌
 ドラ

坪井にとって大きな1局となる。5巡目ツモで一通を見据えた手組。
10巡目、待望のを引きでテンパイ。

そして11巡目、ツモ、打で、

  

坪井はヤミテンを選択。確かに高め12,000のこの手牌。ヤミテンなのだろうか?
どこかで、力でねじ伏せるアガリを4人に見せておかなければ坪井の優勝は無い、と私は思っていた。

開局もそうだが、テンパイまでたどり着くがアガリには届かない展開が続いていた。
だからこそドラはまだしも、のこぼれに期待したのだろう。
しかし決勝1回戦目だからこそ、この手をリーチして欲しかった。
空振りの可能性が高いだろう。それでもこの最終形を対戦者に見せて欲しかった。

私は今局の牌譜検証をしてみた。
そこで素晴らしい発見があった。

結果を先に述べると、この後5巡ツモ切り続き坪井が竹内へ3,900の放銃となる。
今局注目すべきは鷲見。

鷲見10巡目。

 ツモ

ここから打としている。

これは前巡に杉村が、を切っているからの打牌選択と思われ、既に受けにまわったことにより、坪井への放銃を回避している。
ツモ切れば7,700の放銃。仮に字牌を処理していると3巡後には、

こうなり、ドラがだけにが放たれてもおかしくない、いやむしろ自然だろう。
は坪井、竹内の捨牌にあり、杉村もを切っている。完全な受け駒である。
鷲見の対応により坪井はこの手を放銃という形で終わり暗雲立ち込める。

オーラスを迎え、持ち点は以下の通り。
鷲見15,300 杉村31,700 坪井28,300 竹内44,700

この時点で3位通過の竹内は鷲見をかわし、杉村にも3.0P差に迫った。

南4局、東家・竹内。

配牌
 ドラ

9巡目には9,600テンパイ。

場況的にマンズが安く、竹内が突き抜けると私は思った。
7巡目、杉村が自風の西をポン、そしてのターツ外し。
このターツ外しは字牌絡みか、ドラ色に寄せたと考えるのが妥当な読みであろう。

西家・杉村。

 ポン

10巡目にを引き打

 ポン

竹内11巡目にドラのを掴み、ほんの一瞬手が止まるも、意を決したようにを河に放つ。
杉村7,700のアガリとなる。

何人がこのを切れるのであろうか。
2着となったが、この局面でを切れる竹内は怖いと感じた。


1回戦成績  
杉村+17.4P 竹内+11.0P 坪井▲ 5.7P 鷲見▲22.7P

1回戦終了時
杉村+57.4P 竹内+31.0P 日吉+10.0P 鷲見+ 7.3P 坪井▲ 5.7P




2回戦 (起家から、日吉・坪井・杉村・竹内)抜け番:鷲見

日吉の打牌のトーンが私の知るいつもの彼のものではなかった。
東場は1人が目立った打牌をすると3者が対応し、動きの少ない重苦しい場となった。

そんな空気をぶち破ったのはやはりこの男。

東3局、南家・竹内。15巡目、

 ロン ドラ

これに捕まったのが杉村。
そしてこの8,000移動が一気に打撃戦へと場を変化させることとなる。

日吉はここまで2,000の出アガリとテンパイ料の加点のみ。
他の対局者と比べても一番遅れをとっているように見受けられた。
打牌のトーンは高いままだが、如何せんツモが利かない。

しかし、ここで日吉が存在感を見せつける。

東4局1本場、西家・坪井。

配牌
 ドラ

3巡目、ドラを引き、4巡目にが重なり5巡目にそのをポン。
場の主導権を握りにいく。
が2枚目であり、ドラドラであることを考えれば妥当な仕掛けであろう。

 ポン

しかしここから9巡ツモ切りが続くこととなる。
10巡目には北家・杉村が、

 

このテンパイ。ここで杉村らしさが出る。
東3局に8,000を竹内に打ち込み現状19,400のラス目。
関連牌としてはが2枚飛んでいる。ちなみには自分で切っている。
彼はここで冷静にヤミテンを選択。

私はメモに【なるほど・・・】と記した。
4メンチャンとはいえ、坪井がドラドラであることは十分に考えられ、親は先ほど8,000を献上した竹内。冷静である。

しかし、結果としてこのヤミテンが日吉のアガリを生むこととなる。
巡目は進み15巡目、竹内からが放たれる。
このを坪井がポン、打とした。これが日吉の、

メンホン七対子に捕まる。

北家・日吉。

配牌

7巡目
 ツモ 打

は2枚切れ8巡目、

 ツモ 打

は2枚切れかつ2者の現物、9巡目、

 ツモ 打

親・竹内のツモ切りに合わせ10巡目、

 ツモ 打

ここがポイントとなる。
日吉は、坪井の待ちの本線の1つに、-があると読んでいたそうだ。
直前に坪井がをツモ切り。ゆえに打

11巡目
 ツモ 打

12巡目
 ツモ 打

ここでもう1つの候補-をとめる。

13巡目
 ツモ 打

日吉の繊細な手順が窺えた1局。

東場終了時各自の持ち点は以下の通り。
日吉43,500、坪井18,700、杉村19,400、竹内37,900。
しかしこのままでは終わらない。

南2局、南家・杉村8巡目、

 ドラ

このヤミテンから10巡目ツモで打としリーチ。
次巡、卓上で踊った牌は待望の
今日の杉村は、苦しくなった時にチャンス手が入り、それを確実にものにしている。

日吉39,500 坪井12,200 杉村33,400 竹内34,900

予選5位通過、1回戦を3着で終了した坪井は追い込まれた。

南3局、南家・竹内。

配牌
 ドラ

7巡目
 リーチ

好調竹内のリーチ。ここで意地を見せたい坪井。
北家・坪井。

配牌

10巡目にはドラを引き入れ力の入った声で「リーチ」。

 リーチ

11巡目、坪井が掴んだ牌は無情にもだった。

【坪井脱落・・・】まだ2回戦ではあるがそう記した。そうせざるを得なかった。
ポイントだけでなく【勢い】が違う。私は更に【杉村、竹内の争い濃厚】と記した。
私も気持ちが入っているせいか、大きな深呼吸をせずにいられないくらい疲れの波が押し寄せてきた。

2回戦成績  
竹内+21.9P 日吉+12.5P 杉村+ 4.4P 坪井▲38.8P

2回戦終了時 
杉村+61.8P 竹内+52.9P 日吉+22.5P 鷲見+ 7.3P 坪井▲44.5P




3回戦 (起家から、日吉・竹内・鷲見・坪井)抜け番:杉村

好調の竹内をどう止めるかがキーになる。
しかし竹内にエラーがなければ、3者にとっては厳しい戦いになると感じていた。
【プロ相手に竹内の圧勝あるかもな・・・】

東1局、東2局と鷲見が6,400、1,300と加点し一歩リード。
こうなった時の鷲見は強い。しかし、その鷲見をまたしても竹内がつかまえる。
私が鷲見の敗着の1つをあげるならこの局となる。

東3局、北家・竹内。

配牌
 ドラ

6巡目
 リーチ

この竹内の先制リーチに、東家・鷲見もこの時点で、

この1シャンテン。10巡目を引き入れリーチ。

 リーチ

私はメモに本日2度目の【?】。
竹内のスタイル、現状の好調さからみれば、この追いかけリーチは厳しい。
もちろん【だからオリましょう】では、戦いではなくなる。
結果は、17巡目に鷲見がを掴み8,000の放銃となる。
鷲見はヤミテンの場合、ツモ筋が変わらなければ16巡目に無筋のをツモる。今となってはこのを切ったかどうかわからない。
ただ、次巡の無筋は切らなかったように思う。
この選択ができる鷲見だからこそ、ここはヤミテンで押して欲しかった。

南1局3本場、東家・日吉。

配牌
 ドラ

ここで日吉が妙手を打つ。

5巡目
 ツモ 打

も考えられる場面。
日吉は「北家・坪井の一打目と二打目がだから」とのこと。
8巡目に、9巡目にと引き入れリーチ。

 リーチ

次巡、一発でをツモリ2,600は2,900オール。
しかしながら日吉の苦闘は続く。

南3局、東家・鷲見。

3巡目
 リーチ ドラ

見事にツモリあげ3,200オールで待望のトップ目に立つ。
南3局1本場ではホンイツ含みの四暗刻1シャンテンの日吉が、坪井に5,200を献上し原点を割る。
迎えたオーラス。ここまで大きなエラーなく我慢を続け、2着につけていた竹内が500・1,000をツモリトップ。
竹内2連勝。未だ竹内の勢いを止められず。


3回戦成績  
竹内+12.1P 鷲見+ 6.1P 日吉▲ 6.9P 坪井▲11.3P

3回戦終了時 
竹内+65.0P 杉村+61.8P 日吉+15.6P 鷲見+13.4P 坪井▲55.8P




4回戦 (起家から、杉村・日吉・坪井・鷲見)抜け番:竹内

現在トータルトップ目の竹内が抜け番。
この半荘を制したものが、竹内に対し名乗りを挙げることになるだろう。

東1局1,000・2,000のツモアガリ、東4局5,200の出アガリで、日吉が40,000まで得点を伸ばしていく。
しかしながら3者にもチャンスがあるように覗えた。
そして、ここからの南場が19回静岡リーグの優勝を決めるターニングポイントになろうとは・・・

南1局からオーラスアガリがつくまで実に10本場。
南4局まで点棒の受け渡しはあるものの、アガリが発生しない。
4者の集中力、気迫が他者のアガリを阻止しているとしか思えなかった。
もちろん防御力に優れた4人とはいえどもだ。

南4局5本場、2人テンパイ(鷲見・杉村)
杉村が常に先手をとりつつも、アガリまで結びつかない。

6本場、2人テンパイ(鷲見・日吉)
鷲見最後のツモで執念のテンパイ。

7本場、3人テンパイ(鷲見・杉村・日吉)
親鷲見が仕掛け7,700のテンパイも空振り。

8本場、ここにきて鷲見の牌回りが明らかに良くなってきた。
私はメモに【一気まくり濃厚か?】と記した。
東家・鷲見、 

配牌
 ドラ

11巡目
 暗カン 

12,000のテンパイに漕ぎ付ける。この時、

南家・杉村、

 チー

西家・日吉、

 チー ポン

北家・坪井、

杉村1シャンテン、日吉テンパイ。
坪井は鷲見の5巡目暗カン、7巡目の手出しを見て、両面ターツを割り、メンツの中抜きなど迅速に対応してみせた。
ポイント的に苦しい彼が対応の打牌をこの4回戦で見せたことにより、素晴らしい対局になったと思う。

13巡目、鷲見が意を決したかのようにツモ切りリーチ。
この-がすでに3枚飛んでいる。対局終了後、私は鷲見に意図を尋ねた。
そこには私が想像していた答えがあった。
「このままヤミテンだとやられると思いました。12,000の捨てリーチです」
ここが鷲見の強さだと思う。

前述の1回戦のを止め、受けのスタイルと思えば、このリーチも打てる。
しかし、私のメモには【よくテンパイしたが、杉村、日吉のアガリだろう・・・】とある。

そして、ここが杉村にとって最大の勝負の分岐点となる。

鷲見の最終手出しは。もちろん南家・杉村はそれを見ていた。
に関連した牌なのか?愚形なのか?点数は?この時3者ドラを抱えている者はいない。
まして暗カンのリーチである。

15巡目鷲見がをツモ切る。
杉村は鳴いて打とすれば、-待ちでテンパイ。

杉村は見送った。
16巡目、鷲見がをツモ切る。

杉村はどんな思いでこのを見ただろう。

点棒状況は、

鷲見27,300 杉村40,800 日吉37,500 坪井12,900

卓上には3本の赤棒と9本の黒棒。
これを鳴かないのが杉村のスタイルであり強さである。
《たら》《れば》ではあるが、鳴いていれば杉村のトップで終了だった。
こうなったら杉村はもう行けない。
日吉は腹を括った。無筋をとばす。

2人テンパイ(鷲見・日吉)
    
9本場、東家・鷲見。

配牌
 ドラ

7巡目
 リーチ

やはり鷲見が来た。
入り目は。巡目、打点、入り目とも申し分なし。
そしてリーチ。が、ここまで4者ともアガリがついていない。
ヤミテンであれば決着であっただろう。
このリーチも・・・・流局。

厳しくも私はメモに【坪井に続き鷲見脱落・・】と記した。
私もヤミテンにできる自信はない。
決勝終了後、日吉が鷲見に真っ先に言った言葉、「あの--はヤミだろ」と。
私は鷲見に「1シャンテンで、もしくは出たらどうした?」と質問した。
彼は「鳴いて2,900でよし。と思っていました」と。

門前で申し分ない引き。一気に突き抜けることができる。
「鳴いて2,900でよし」が「ツモで打たれての2,900では・・・」に思考が変わってしまう。
麻雀とは難しく不思議だ。
前局の12,000捨てリーチはここでのヤミテンの為にあったのだろう。

誰もアガリをつける事が出来ずに10本場。
最終局を誰が制するかは明らかとなった。
決めるとき決めなければやられる。

坪井はもう前にでない。

8本場では杉村がチャンスを逃した。
40,800持ちのトップ目であのリーチに何人がをきれるのか?

9本場では鷲見。
巡目、打点、入り目申し分なしの3メンチャンを空振り。

残るは【ここまで耐えた日吉だろう】私はメモにそう記した。
4者の持ち点は以下の通り。

杉村38,300 日吉38,000 坪井10,400 鷲見29,300

積み棒10本に供託4本。
数字上、3者にチャンスはあるのだが。

南4局10本場、西家・日吉。

配牌
 ドラ

まさにプレゼント。
1巡目、4巡目、を引き入れ、

早くも1シャンテン。
5巡目、ポン打のテンパイ。

 ポン

7巡目、杉村がツモ切りの8,000は11,000の放銃。
杉村はまさかの原点割れとなったと同時に、日吉の1人浮きトップとなった。

まさに激戦。当面のライバル杉村がマイナスし、更にポイント差の開いた暫定首位の竹内。
だが【抜け番で風向きが変わらなければよいが】とメモに記す。
事実、杉村とのポイント差は開いたが日吉の足音はすぐ背後まで迫っている。
竹内としては杉村とのマッチレースが良かっただろう。
杉村が敗れることになれば、南4局8本場。が打てなかったことが敗着となるのだろうか・・。


4回戦成績  
日吉+35.0P 鷲見▲ 1.7P 杉村▲ 5.7P 坪井▲27.6P

4回戦終了時 
竹内+65.0P 杉村+56.1P 日吉+50.6P 鷲見+11.7P 坪井▲83.4P




5回戦 (起家から、日吉・鷲見・杉村・竹内)抜け番:坪井

日吉ワールドとなる。
実際この半荘で大勢は決してしまった。

開局の親で7本場まで積み、62,000点まで得点を伸ばすこととなる。
と同時に、あれだけ好調だった竹内に全くと言っていいほど手が入らなくなってしまった。

圧巻は東1局5本場、4者の持ち点は以下の通り。

日吉43,700・鷲見27,800・杉村24,800・竹内23,700

東1局5本場、東家・日吉。

配牌
 ドラ

13巡目
 リーチ

遡ること3巡前、杉村は、

10巡目
 ポン ポン

このテンパイ。場には顔を見せていない。
が、リーチに踏み切った日吉。は2枚生きている。
杉村がと両面ターツを割っているのがわかっているはずだ。
杉村の河にはも置かれている。
最後のツモ、日吉が手元に引き寄せたのは、【】だった。

杉村にとっては難しい局面選択だった。

9巡目
 ポン ポン 打

2,000のテンパイとらず。
私は、【7本積まれた黒棒を考え、親落としの2,000が妥当では?】と記した。
-打たれたら日吉が突き抜ける】とも。
杉村はポイント的にもまだ勝負所ではないはず。
を河に置いた時点で日吉が押し返してくると思ったのか・・・。

10巡目
 ポン ポン ツモ  打

次巡、テンパイするものの、日吉がリーチ後に掴んだのは
麻雀とは難しく不思議だ。
実際、日吉の手が開かれた時の3者の表情がそれぞれ違い印象的だった。

この局以降、東3局1本場、東家・杉村。

 リーチ ドラ

これをツモリ6,000オール。

南3局、北家・鷲見。

 リーチ ドラ

これもツモって3,000・6,000。と粘るが、日吉の牙城は崩せず。
あれだけ好調だった竹内。南4局の親番を迎えた時の持ち点は2,100になっていた。
オーラスの親もテンパイすることができずに5回戦終了。


5回戦成績  
日吉+37.1P 鷲見+ 4.0P 杉村▲ 6.7P 竹内▲34.4P

5回戦終了時 
日吉+87.7P 杉村+49.4P 竹内+30.6P 鷲見+15.7P 坪井▲83.4P

この時点で5位の坪井が敗退となった。
坪井には、今回学んだことをこれからの麻雀に活かして頑張ってもらいたい。




最終6回戦 (起家から、杉村・竹内・鷲見・日吉)

対局者はそれぞれポイントを記していく。
2番手の杉村でさえ日吉をラスにして22,400点差のトップ条件。
しかしながら、なにか起こしてくれるメンツである期待感が、私のなかでうごめいていた。

杉村が魅せる。私のメモを書く手も止まった。

東1局、東家。杉村。

配牌
 ドラ

15巡目
 ポン

このテンパイに仕上げる。
しかし「ツモ」の発声は日吉だった。

北家・日吉17巡目、

 ツモ

最後の-を掘り当てた。は3枚生き。
後述、杉村は「あので力が抜けました」と。
杉村が暗刻にしている。心を折るには十分なアガリだった。

私も【日吉優勝決まり!の】と記していた。

素晴らしい映画、劇はシナリオの素晴らしさはもちろん、演者が素晴らしき仕事をしてこそである。

このまま対局が終わるのだろうか。
もちろんこのままでも十分素晴らしい【作品】となったといえるが・・・
まだ見たい。

「リーチ」
リーチ

鷲見が以上の捨て牌でリーチ。
手出しはの4枚。

東4局1本場、北家・鷲見。8巡目、 

 リーチ

この時は2枚切れ。
私は【日吉からは、2枚切れとはいえ簡単には出ないだろう。だがヤミテンの効くテンパイならば・・・はとまらないかもしれない】と記す。
結果はヤミテンの日吉が、

東家・日吉9巡目、

 ロン

一撃。渾身の手をいれた鷲見。
鷲見は1枚もツモることができなかった。


6回戦の成績 
日吉+31.1P 竹内▲ 4.4P 杉村▲ 9.4P 鷲見▲17.3P

最終成績   
日吉+118.8P 杉村+40.0P 竹内+26.2P 鷲見▲ 1.6P 坪井▲83.4P


第19回静岡リーグ、優勝は日吉辰哉。
最終ポイント的には圧勝に見えるが、対局者のレベルの高さが創り出した決勝戦は観戦者にも納得していただけた闘牌だったように思う。

瀬戸熊十段位に【静岡のナルシスト】と呼ばれる彼の対局終了後の第一声は、対局者、観戦者及びスタッフの労をねぎらう言葉だった。
日吉プロおめでとう。
決勝進出者の皆様お疲れ様、そして素晴らしき対局をありがとう。

私の拙い文章で、この素晴らしき戦いが、読んでいただいている皆様に少しでも伝わればとの思いで記し、
また私たちの素晴らしき足跡として、記録だけでなく、記憶にも残るよう少しでもお手伝いできたなら嬉しいかぎりです。

麻雀によって【縁】ができた私たち。
これからも幸せな時間を伴に歩んでいきたい。


後列左から 4位:鷲見隼人 3位:竹内仁 2位:杉村泰治 5位:坪井哲也
前列 優勝:日吉辰哉




(レポート:鈴木 秀幸 文中敬称略)



第8期静岡プロリーグ


順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 鈴木 郁孝 50.7 3.5 77.8 62.6 ▲ 34.0           160.6
2 太田 昌樹 22.9 37.9 22.2 60.7 16.1           159.8
3 鮎川 卓 19.8 32.4 ▲ 19.7 53.4 0.0           85.9
4 鷲見 隼人 9.8 14.5 0.0 45.5 10.1           79.9
5 朝比奈 諒 21.9 26.0 ▲ 8.2 ▲ 12.3 31.5           58.9
6 鈴木 秀幸 20.8 38.7 ▲ 25.0 10.1 0.0           44.6
7 望月 雅継 ▲ 23.0 11.3 0.0 0.0 24.7           13.0
8 平岡 理恵 39.1 ▲ 13.9 ▲ 26.6 ▲ 25.9 34.4           7.1
9 鈴木 雅人 ▲ 33.2 ▲ 20.4 26.8 5.0 0.0           ▲ 21.8
10 杉村 泰治 ▲ 52.5 25.8 ▲ 13.4 5.5 12.4           ▲ 22.2
12 坪井 哲也 ▲ 24.0 5.3 31.7 ▲ 40.3 0.0           ▲ 27.3
11 岡本 和也 ▲ 28.8 0.0 ▲ 44.7 26.3 4.2           ▲ 43.0
13 日吉 辰哉 0.0 10.9 ▲ 2.4 ▲ 48.2 ▲ 10.6           ▲ 50.3
14 白澤 宏臣 ▲ 38.0 0.0 20.5 0.0 ▲ 36.2           ▲ 53.7
15 徳永 翔 42.0 ▲ 56.2 8.5 ▲ 55.3 ▲ 0.8           ▲ 61.8
16 古橋 崇志 ▲ 55.7 ▲ 43.6 8.2 18.1 0.0           ▲ 73.0
17 京平 遥 27.2 ▲ 58.8 ▲ 62.1 ▲ 31.5 0.0           ▲ 125.2
18 渡辺 洋巳 0.0 ▲ 15.4 6.4 ▲ 73.7 ▲ 51.8           ▲ 134.5


第1節レポート
第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート


 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 寺戸 孝志 鈴木 秀幸 林 俊宏 平岡 理恵
成績
第6期 2010年 菅野 直 若松 正和 尾澤 大河 森下 剛任 成績
第7期 2011年 鮎川 卓 朝比奈 諒 古橋 崇志 鈴木 秀幸 成績

 

 

第19回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 杉村 泰治 プロ 27.5 19.3 73.5 19.2 31.6 171.1
2 鷲見 隼人 プロ 50.2 17.5 19.5 65.1 10.5 162.8
3 竹内 仁 アマ ▲ 8.9 ▲ 22.0 7.9 129.8 53.7 160.5
4 日吉 辰哉 プロ 90.3 28.0 ▲ 1.4 24.5 14.2 155.6
5 坪井 哲也 プロ 19.2 25.0 2.0 66.8 20.9 133.9
6 舟橋 晃 アマ 33.8 ▲ 41.4 30.1 46.6 48.0 117.1
7 矢野 宏明 アマ 34.7 19.8 13.3 73.3 ▲ 25.0 116.1
8 岡本 和也 プロ ▲ 19.8 73.6 ▲ 17.7 63.1 5.1 104.3
9 平野 敬悟 アマ 36.6 36.7 43.9 ▲ 13.6 ▲ 14.1 89.5
10 太田 昌樹 プロ 18.1 42.7 ▲ 25.2 ▲ 9.7 37.1 63.0
11 中下 勝喜 アマ ▲ 4.5 ▲ 44.4 69.0 ▲ 21.8 58.6 56.9
12 高橋 孝基 アマ 28.1 13.5 ▲ 3.2 9.5 ▲ 1.9 46.0
13 栃木 敦博 アマ ▲ 72.3 70.3 ▲ 12.0 57.3 2.4 45.7
14 朝比奈 諒 プロ 10.7 36.2 ▲ 35.5 54.2 ▲ 31.1 34.5
15 千葉 由紀夫 アマ 21.6 42.5 58.4 ▲ 51.2 ▲ 52.7 18.6
16 望月 雅継 プロ 23.9 ▲ 27.6 ▲ 27.3 36.2 11.7 16.9
17 鈴木 郁孝 プロ 11.3 6.2 11.0 ▲ 54.2 33.8 8.1
18 菅野 直 プロ 50.8 ▲ 19.2 ▲ 73.8 16.7 27.5 2.0
19 北島 武浩 アマ ▲ 5.2 0.0 ▲ 25.0 76.0 ▲ 50.6 ▲ 4.8
20 渡辺 洋巳 プロ ▲ 10.9 58.5 ▲ 39.9 ▲ 37.5 23.8 ▲ 6.0
21 古橋 崇志 プロ 30.1 ▲ 28.4 ▲ 2.0 6.0 ▲ 16.3 ▲ 10.6
22 白井 健夫 アマ 47.9 1.8 3.5 ▲ 39.8 ▲ 27.3 ▲ 13.9
23 徳山 雄生 アマ 53.0 0.5 ▲ 25.1 ▲ 32.4 ▲ 12.3 ▲ 16.3
24 森田 皓太 アマ ▲ 38.4 ▲ 15.9 ▲ 5.7 ▲ 0.7 43.3 ▲ 17.4
25 徳永 翔 プロ ▲ 10.6 19.9 ▲ 39.8 23.0 ▲ 12.5 ▲ 20.0
26 平田 拓也 アマ ▲ 41.1 35.8 76.8 ▲ 45.2 ▲ 48.1 ▲ 21.8
27 杉浦 貴紀 プロ 13.9 28.1 8.8 ▲ 31.6 ▲ 43.0 ▲ 23.8
28 坂本 彰光 アマ ▲ 66.3 ▲ 23.5 80.9 ▲ 22.6 2.7 ▲ 28.8
29 小山 剛史 アマ ▲ 5.9 ▲ 90.6 ▲ 16.7 23.1 52.9 ▲ 37.2
30 鈴木 秀幸 プロ 43.0 58.2 ▲ 78.4 ▲ 60.9 0.0 ▲ 38.1
31 京平 遥 プロ 4.9 ▲ 43.1 ▲ 20.0 20.1 ▲ 2.1 ▲ 40.2
32 平岡 理恵 プロ ▲ 10.5 1.3 ▲ 69.9 ▲ 2.3 35.1 ▲ 46.3
33 花原 史典 アマ 19.9 ▲ 41.4 ▲ 4.0 ▲ 15.4 ▲ 6.2 ▲ 47.1
34 葛山 英樹 プロ ▲ 23.9 ▲ 35.1 8.3 ▲ 8.4 ▲ 14.0 ▲ 73.1
35 白澤 宏臣 プロ 32.5 ▲ 99.0 42.8 ▲ 50.0 ▲ 3.7 ▲ 77.4
36 松井 和志 アマ ▲ 12.2 ▲ 34.8 28.3 ▲ 38.7 ▲ 21.0 ▲ 78.4
37 葛山 雅廣 アマ 19.8 ▲ 97.0 ▲ 19.1 19.8 ▲ 9.0 ▲ 85.5
38 堀 孔明 アマ 29.2 ▲ 60.2 ▲ 6.5 11.0 ▲ 60.3 ▲ 86.8
39 土本 伸之 アマ ▲ 21.5 ▲ 36.2 23.2 ▲ 65.8 9.8 ▲ 90.5
40 宮里 駿矢 アマ ▲ 50.5 24.3 ▲ 8.3 ▲ 76.2 0.3 ▲ 110.4
41 鈴木 雅人 プロ ▲ 46.4 ▲ 35.5 12.2 ▲ 14.0 ▲ 30.7 ▲ 114.4
42 鮎川 卓 プロ ▲ 12.1 13.2 ▲ 51.9 ▲ 31.3 ▲ 41.7 ▲ 123.8
43 田中 良典 アマ ▲ 77.8 18.9 ▲ 33.3 ▲ 1.4 ▲ 32.3 ▲ 125.9


前期第1節レポート
前期第2節レポート 前期第3節レポート 前期第4節レポート 前期第5節レポート



活動予定

2012 年    
4月 15 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 1 節
15 日 ( 日 ) 第 19 回 静岡リーグ 第 1 節
5月 20 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 2 節
20 日 ( 日 ) 第 19 回 静岡リーグ 第 2 節
6月 17 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 3 節
17 日 ( 日 ) 第 19 回 静岡リーグ 第 3 節
7月 15 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 4 節
15 日 ( 日 ) 第 19 回 静岡リーグ 第 4 節
8月 19 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 5 節
19 日 ( 日 ) 第 19 回 静岡リーグ 第 5 節
9月 8 日 ( 土 ) 第 19 回 静岡リーグ 決勝戦
16 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 6 節
16 日 ( 日 ) 第 20 回 静岡リーグ 第 1 節
10月 21 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 7 節
21 日 ( 日 ) 第 20 回 静岡リーグ 第 2 節
11月 18 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 8 節
18 日 ( 日 ) 第 20 回 静岡リーグ 第 3 節
12月 16 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  第 9 節
16 日 ( 日 ) 第 20 回 静岡リーグ 第 4 節
2013 年
1月 20 日 ( 日 ) 第 8 期 静岡 プロリーグ  最終節
20 日 ( 日 ) 第 20 回 静岡リーグ 第 5 節
2月 3 日 ( 日 ) 第 20 回 静岡リーグ 決勝戦
     
3月      
     

 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
鷲見 隼人 鈴木 秀幸 葛山 英樹 戸塚 豪 林 俊宏 成績&観戦記
第14回
2009年
林 俊宏 中 寿文 石津 寿人 竹内 仁 寺戸 孝志 成績&観戦記
第15回
2010年
白澤 宏臣 魚谷 侑未 山田 優駿 林 俊宏 高木 宏昌 成績&観戦記
第16回
2010年
石津 寿人 鈴木 郁孝 越川 清一 寺戸 孝志 杉村 泰治 成績&観戦記
第17回
2011年
中 寿文 斎藤 寛生 菅野 直 越川 清一 大滝 聡 成績&観戦記
第18回
2011年
鈴木 秀幸 徳永 翔 寺戸 孝志 太田 昌樹 葛山 英樹 成績&観戦記
第19回
2012年
日吉 辰哉 杉村 泰治 竹内 仁 鷲見隼人 坪井 哲也 成績&観戦記
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。