日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第17回静岡リーグ(プロアマ混合)決勝

タイトル戦情報

第17回静岡リーグ(プロアマ混合)決勝

レポート:徳永 翔


決勝会場に入るとすでにホワイトボードで仕切られた奥に決勝戦用の卓が見え、決勝進出者とその観戦者たちで賑わっていた。

その決勝卓へ4人が座ると空気が一新され、これから1人の頂点を決める戦いが始まるのだとようやく理解し、どんな展開になるのかと私は胸が躍った。

予選通過順位
1位:中寿文(一般参加)≪予選ポイント40P≫
2位:越川清一(中部本部)≪予選ポイント30P≫
3位:菅野直(中部本部)≪予選ポイント20P≫
4位:大滝聡(中部本部)≪予選ポイント10P≫
5位:斎藤寛生(中部本部)≪予選ポイント0P≫

決勝戦は通過順位により各選手の予選ポイント変わってくる。
このポイント差がかなり大きいためしっかりと意識して対局に臨む必要がある。

1回戦(起親から、菅野・越川・中・斎藤)抜け番:大滝

東1局は越川の2,600のアガリでスタートした。
1シャンテンの中さんからのアガリ。
序盤から激しくぶつかるような乱打戦が起こりそうだと感じた直後の東2局。

東2局、西家・斎藤
【捨て牌】 ドラ

これでリーチ。

北家・菅野がと押してテンパイ。

しかし次巡ツモ切ったに斎藤からロンの声。

 ロン ドラ

これが勢いに乗っていけるアガリになったのは間違いない。
対局後に斎藤は手を決めてしっかりとはまってアガれたのは良かったと話してくれた。

東3局は越川が仕掛け、ダブ東ドラ2の1シャンテンだった中さんの親を1,000で蹴る。
その後、親の斎藤が越川からリーチ三色7,700と点数を重ね、この半荘1人浮きのトップを飾る。

1回戦成績
斎藤+29.2P 中▲1.6P 越川▲11.1P 菅野▲16.5P

1回戦終了時
中+38.4P 斎藤+29.2P 越川+18.9P 大滝+10.0P 菅野+3.5P


2回戦(起家から、斎藤・大滝・中・越川)抜け番:菅野

初戦をトップで飾った斎藤。この起家でもその勢いが続くのかに注目が集まった。
2局連続での1人テンパイ。連荘はしたのだがアガリには結び付かないまま2本場。

東1局2本場、南家・大滝。

 リーチ ドラ

しかし、は他家に持たれ純カラ。
アガったのはドラが暗刻の中さん。リーチ宣言牌のに喰らい付き大滝からアガる。8,000は8,600。

西家・中。

 チー ロン

大滝は次局の親でタンヤオドラ3のチャンス手が入るも1シャンテンからピクリとも動かず、テンパイすることも出来ずに親落ち。
苦しい半荘になってしまう。

その後、小場で局が回る。トップ争いは斎藤と中さん。

南2局、斎藤が越川から8,000のアガリ。
失点を抑えていた越川だがタンピンドラ1の1シャンテンからツモ切りでの放銃。
大滝同様、苦しい半荘となってしまう。
2回戦終了後、抜け番の越川に話を聞く。
自分の麻雀がブレてしまっている。まずは自分の麻雀を打てるようにしたいと話していた。

その後、中さんが2,000オール。その中さんから斎藤が5,200は5,500。
オーラスも斎藤が1300,2600。
斎藤の2連勝。暫定順位ながら一気に中さんを抜き去る。

2回戦成績
斎藤+27.9P 中+9.4P 越川▲15.1P 大滝▲22.2P

2回戦終了時
斎藤+57.1P 中+47.8P 越川+3.8P 菅野+3.5P 大滝▲12.2P


3回戦(起家から、大滝・斎藤・菅野・中)抜け番:越川

ポイント的には斎藤と中さんの2人がリードする形となっている。
越川、菅野、大滝は自分のポイントを加算すること、ベストは斎藤と中を抑えながらトップを取ることが念頭にあるはずである。

だがこの日やはり勢いがあったのは斎藤と中さんだった。

東1局、南家・斎藤が5巡目リーチとまた早い。
親の大滝が一発でアタリ牌を掴む。仕掛けてテンパイするも放銃。

南2局、東家・斎藤は七対子の先制リーチ。ここでも大滝が切り遅れた牌で放銃。
斎藤はピッタリとはまるようにアガリ、大滝は何かにはまったかのように上手くいかない。

そして菅野も同じように苦しかった。
南3局の親番。10巡目にテンパイ。

 ツモ ドラ

しかしは場に4枚放たれており、ドラの切りダマテンを選択。その後を引いて切りのリーチ。
丁寧にしっかりと自分の麻雀を打っているのが見て取れる。

しかし大滝プロがを暗カン。そして他家にもを止められ流局。
菅野のこの半荘の点数加算はこの2人テンパイでの1,500だけとなってしまう。
トップは斎藤の追撃を振り切り中さんが勝利をもぎ取った。

3回戦成績
中+19.9P 斎藤+14.6P 大滝▲10.6P 菅野▲23.9P

3回戦終了時
斎藤+71.7P 中+67.7P 越川+3.8P 菅野▲20.4P 大滝▲22.8P


4回戦(起家から、越川・斎藤・菅野・大滝)抜け番:中

越川、菅野、大滝は優勝に望みを繋げるためにも是が非でもトップが欲しい。
東1局、北家・大滝にTアンコ、白トイツのチャンス手が入る。
これをホンイツまで伸ばしてテンパイ。

 ドラ

テンパイ直後に親の越川がの選択でを切った。も時間の問題かなと思っていると大滝はをツモって来ると牌を横にしてリーチ。
このリーチにより越川がを切ることはなくなった。
その後危険牌を押して菅野も七対子ドラ2の待ちでリーチするも純カラで流局となる。

3人が共に互いのアガリを止めてしまう形となる。
この展開を味方につけたのはやはり斎藤だった。

東2局、親・斎藤。

【配牌】 
 ドラ

ここからツモと来て、その後ドラを暗刻にして即リーチ。

 リーチ

菅野もすぐさま追いかける。

 リーチ

当然のように斎藤がを引いて4,000オール。
このまま斎藤の独壇場になるかと思われたが、東4局の大滝の親で満貫のアガリが出る。

【配牌】 
 ドラ

5巡目にをポンしてこの形。のターツを外してホンイツへ。

 ポン

アガリは難しいと思われたが、ここでと立て続けに引き、
さらに1シャンテンの越川からとこちらも立て続けに鳴くことができ、あっという間にテンパイ。

 ポン ポン ポン

そしてを引き上げることに成功。越川が大滝を助ける形となった。
越川はやはり態勢が悪かった。南4局でも大滝の親に7,700の放銃。

南4局1本場、大滝はここで加点したかった。

 リーチ ドラ

引きでのリーチ。波に乗れるかと思われたが、菅野から追っかけられて掴まされてしまう7,700は8,000。

 ロン

この半荘じっと耐え、優勝を諦めていない菅野が最後のアガリで斎藤を抜きトップを飾った。

4回戦成績
菅野+16.7P 斎藤+10.1P 大滝+4.0P 越川▲30.8P

4回戦終了時
斎藤+81.8P 中+67.7P 菅野▲3.7P 大滝▲18.8P 越川▲27.0P


5回戦(起家から、越川・菅野・中・大滝)抜け番:斎藤

5回戦終了時点の、トータル最下位の選手が敗退となる。
ポイント的には越川か大滝かとなるが菅野も危ない。
逆に1人ポイントで優位の中さんがここで最終戦を前にどれだけポイントを叩けるかも見どころとなった。

東1局、親・越川。

 リーチ

菅野にを3枚持たれで厳しいと思っていたが最後のペンを引きいれて高め一気通貫のリーチ。
これは高めでアガるかと思ったが結果はで1,300オール。

小場で場は回っていく。中さん以外の3人は大きなプラスが欲しい。

南1局1本場。大滝が先制リーチ。

 リーチ ドラ

どうしてもアガリに結び付けたいリーチ。
中さんが追っかける。

 リーチ

-待ちと-待ち。アガるのは・・・

を手元に置く・・・2,000,4,000。中さんである。
大滝は喉から手が出るほど欲したを見つめ何を思ったか・・・

南3局、北家・菅野が四暗刻をテンパイ。そしてリーチ。

 リーチ ドラ

すぐに西家・越川も追っかける。

 リーチ

ここで南家・大滝の手が止まる。

この14枚。余剰牌はドラの、初牌の。どちらも厳しい。
長考の後、を河に置いた。ここで大滝の敗退が決まった。

対局後、大滝はこの西の振り込みだけが悔いが残ると話してくれた。
次は自分の親であり、最終戦にどうしても残らなければいけなかったと。
菅野は手を倒し、8,000のアガリ。

南4局、東家・大滝がリーチ。

 ドラ

三色の1シャンテンで三色にならないツモでのリーチだった。
そこに中さんがぶつける。無筋を切り飛ばしてリーチ。

ポイント的にも余裕がある。しかし、親リーチに真っ向から勝負した。
ノータイムでリーチ、すぐに手を離して一瞬空中で手の動きが止まった。
当たるなら当たれ、いや当たれるものなら当たってみろというような強い思いが伝わってきた。

中さんはをツモリあげ、3,000,6,000の申告。
周りの観客も色々な思いで見ていたのではないかと思う。

「強ぇ」という声がどこからか聞こえてきたが、まさに私もそう思わされた力強いアガリだった。
これをアガるかアガらないかの最終戦は大きく違うものになったのではないかと思う。

5回戦成績
中+31.9P 菅野+12.2P 越川+15.5P 大滝▲28.6P

5回戦終了時
中+99.6P 斎藤+81.8P 菅野▲8.5P 越川▲42.5P 大滝▲47.4P


最終戦(起家から、越川・斎藤・菅野・中)敗退:大滝

最終戦は中さんと斎藤のマッチレース。
僅かながら菅野にも可能性がある。

越川の親が流れ、斎藤の親を迎える。
配牌で1枚しかなかったドラのを暗刻にして、ツモアガる。

中さんである。

 チー ツモ ドラ

このアガリは本当に大きい。斎藤に大きなダメージを背負わせ、優勝にさらに前進する。
場は進み、再び斎藤が親を迎える。

最後の親番・・・
優勝を目指す斎藤は以下のリーチ。

 リーチ ドラ

その親を落とそうとすでにテンパイしている中さん。

 ポン

中さんはオリない。力強くツモ切っていく。がを掴んで手が止まる。
は斎藤にアタリ。少考後にツモ切り、3,900の放銃。
だがそれほど中さんの心は揺れていないように見えた。
それでも斎藤にとっては大きなアガリ、まだ親は続く。

南2局1本場、親・斎藤。配牌から斎藤の手が止まる。

この14枚。ドラは
ここで斎藤は考えた末にに手を掛けるがこれが裏目で、なんと次巡ツモが

一方、ドラのがトイツの中さんはチャンタに向かう。
だがなかなかテンパイが入らない。この局は無理せずオリに回る。

斎藤の1人テンパイで流局したがアガリもあった。
第一打の切りに対して後悔はしていないと対局後に斎藤は話してくれた。
自分の麻雀をしっかりと打った結果だということを受け止めての答えではないかと思う。

そして勝負が決まった南2局2本場。
7巡目、優勝を最後まで諦めない菅野からリーチが入る。

 リーチ ドラ

これに斎藤が追っかけリーチ。

 リーチ

斎藤はツモ切り後、次巡のを力なく河に置いた・・・


対局後、中さんは要所で打ち込まない形になることが多く、展開も良かったから勝てたのだと話してくれた。
中さんの優勝で幕を閉じた、第17回静岡リーグ。
力強く鋭いアガリ、押し引きのバランス、それが良い展開へと導いたのではないかと私は思う。

最終戦成績
菅野+18.8P 越川+5.5P 中▲4.5P 斎藤▲19.8P

最終成績
[優勝]中+95.1P [準優勝]斎藤+62.0P 菅野▲27.3P 越川▲37.0P 大滝▲47.4P

対局者のみなさんお疲れ様でした。すぐに次の静岡リーグが始まります。
次回は私も優勝を目指して頑張りたいと思います。


(レポート:徳永 翔 文中敬称略)



第7期静岡プロリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 石津 寿人 71.7 85.5 ▲ 10.4 0.0 0.0           146.8
2 鈴木 郁孝 61.8 26.2 38.4 ▲ 15.4 19.4           130.4
3 杉村 泰治 74.4 3.6 7.8 22.1 16.3           124.2
4 鈴木 秀幸 25.5 28.8 29.8 0.0 ▲ 19.8           64.3
5 山田 優駿 31.2 ▲ 3.6 ▲ 11.4 0.0 47.2           63.4
6 朝比奈 諒 ▲ 36.9 24.6 26.8 7.5 39.9           61.9
7 鮎川 卓 12.4 41.9 ▲ 9.0 ▲ 11.2 0.0           34.1
8 平岡 理恵 70.9 ▲ 35.0 6.2 ▲ 17.0 ▲ 4.9           20.2
9 太田 昌樹 ▲ 24.3 ▲ 29.1 53.2 19.0 0.0           18.8
10 古橋 崇志 ▲ 76.4 74.1 1.9 0.0 17.1           16.7
11 日吉 辰哉 1.8 2.7 ▲ 0.5 14.9 ▲ 23.1           ▲ 4.2
12 石原 将樹 29.0 33.8 ▲ 41.0 ▲ 13.6 ▲ 25.2           ▲ 17.0
13 望月 雅継 38.3 ▲ 13.2 50.5 0.0 ▲ 93.4           ▲ 17.8
14 中西 栄二 ▲ 38.5 ▲ 8.7 ▲ 1.2 15.1 9.1           ▲ 24.2
15 菅野 直 35.2 ▲ 29.9 ▲ 23.2 ▲ 6.6 0.0           ▲ 24.5
16 白澤 宏臣 ▲ 10.9 8.8 ▲ 2.2 ▲ 38.9 8.3           ▲ 34.9
17 寺戸 孝志 ▲ 11.0 28.1 ▲ 41.1 48.5 ▲ 66.5           ▲ 42.0
18 越川 清一 ▲ 61.1 7.7 3.8 0.0 0.0           ▲ 49.6
19 鈴木 雅人 3.1 ▲ 73.0 ▲ 41.9 1.6 40.0           ▲ 70.2
20 京平 遥 ▲ 48.8 ▲ 41.3 7.6 0.0 0.0           ▲ 82.5
21 徳永 翔 13.5 ▲ 33.3 ▲ 41.6 0.0 ▲ 30.8           ▲ 92.2
22 斎藤 寛生 3.9 ▲ 71.2 ▲ 14.8 ▲ 16.6 ▲ 13.6           ▲ 112.3
23 岡本 和也 ▲ 101.8 ▲ 32.3 18.3 ▲ 17.3 0.0           ▲ 133.1
24 渡辺 洋巳 ▲ 63.0 4.8 ▲ 66.0 ▲ 13.1 0.0           ▲ 137.3


第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート


 

静岡プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2005年
猿川 真寿
三戸 亮祐
鈴木 勉
日吉 辰哉
第2期
2006年
寺戸 孝志
古橋 崇志
望月 雅継
大野 和弘
第3期
2007年
猿川 真寿
望月 雅継
日吉 辰哉
森下 剛任
第4期 2008年 菅野 直 鈴木 郁孝 太田 昌樹 森下 剛任 成績
第5期 2009年 寺戸 孝志 鈴木 秀幸 林 俊宏 平岡 理恵
成績
第6期 2010年 菅野 直 若松 正和 尾澤 大河 森下 剛任 成績

 

 

第17回静岡リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 中 寿文 アマ 55.2 18.3 46.3 82.7 26.1 228.6
2 越川 清一 プロ 91.7 27.1 18.7 7.6 26.4 171.5
3 菅野 直 プロ 46.4 ▲ 26.3 18.1 46.2 82.7 167.1
4 大滝 聡 プロ 75.0 22.5 29.8 66.8 ▲ 32.8 161.3
5 斎藤 寛生 プロ 48.5 66.7 ▲ 36.4 60.5 13.0 152.3
6 杉村 泰治 プロ 7.6 55.5 39.7 ▲ 17.4 51.8 137.2
7 小島 佑介 アマ ▲ 103.9 66.6 ▲ 11.5 80.3 100.3 131.8
8 初治 広海 アマ 58.9 47.5 ▲ 5.8 5.2 18.1 123.9
9 森田 皓太 アマ 33.1 5.4 85.0 18.8 ▲ 21.8 120.5
10 朝比奈 諒 プロ 70.3 25.2 ▲ 23.4 70.7 ▲ 22.6 120.2
11 望月 雅継 プロ 6.9 51.9 24.0 30.6 ▲ 13.9 99.5
12 渡辺 洋巳 プロ 48.5 74.8 ▲ 25.1 21.6 ▲ 43.0 76.8
13 岡崎 康三 アマ 32.3 ▲ 44.3 47.7 30.4 0.2 66.3
14 石原 将樹 プロ ▲ 28.4 33.2 36.7 35.3 ▲ 11.4 65.4
15 葛山 英樹 プロ 51.2 ▲ 13.0 66.5 0.5 ▲ 43.4 61.8
16 竹下 直人 アマ ▲ 34.4 1.2 27.5 ▲ 2.1 68.8 61.0
17 柳瀬 真志 アマ 55.6 ▲ 23.4 ▲ 1.3 ▲ 15.1 42.7 58.5
18 鷲見 隼人 アマ 8.0 8.0 31.9 ▲ 41.7 52.1 58.3
19 舟橋 晃 アマ 22.8 ▲ 31.6 33.3 34.7 ▲ 6.1 53.1
20 古橋 崇志 プロ 17.3 ▲ 29.9 12.7 18.1 26.2 44.4
21 石津 寿人 プロ 7.8 24.8 28.1 ▲ 0.2 ▲ 17.1 43.4
22 徳永 翔 プロ 84.2 ▲ 7.6 11.7 ▲ 46.7 ▲ 0.8 40.8
23 花原 史典 アマ 7.9 ▲ 112.7 85.6 45.2 ▲ 0.8 25.2
24 日吉 辰哉 プロ 21.4 ▲ 9.4 ▲ 73.0 19.7 47.6 6.3
25 平田 拓也 アマ ▲ 50.5 81.4 ▲ 14.4 2.8 ▲ 21.1 ▲ 1.8
26 太田 昌樹 プロ 13.6 ▲ 20.9 ▲ 39.3 ▲ 41.9 83.1 ▲ 5.4
27 高橋 孝基 アマ 18.4 ▲ 34.1 31.9 8.5 ▲ 31.6 ▲ 6.9
28 松井 和志 アマ 25.3 11.2 2.0 ▲ 33.6 ▲ 12.1 ▲ 7.2
29 堀 孔明 アマ 1.6 63.5 ▲ 1.6 ▲ 60.3 ▲ 10.5 ▲ 7.3
30 坪井 哲也 アマ 26.6 3.1 25.9 ▲ 41.9 ▲ 29.5 ▲ 15.8
31 鮎川 卓 プロ ▲ 67.5 5.2 57.1 ▲ 16.4 ▲ 0.8 ▲ 22.4
32 京平 遥 プロ ▲ 32.4 ▲ 12.5 ▲ 19.1 ▲ 68.2 103.9 ▲ 28.3
33 十河 優太 アマ ▲ 0.9 ▲ 21.1 43.1 ▲ 6.7 ▲ 47.8 ▲ 33.4
34 矢野 宏明 アマ ▲ 30.5 ▲ 19.4 ▲ 22.5 25.1 ▲ 0.1 ▲ 47.4
35 白井 健夫 アマ ▲ 63.2 ▲ 21.7 93.3 11.5 ▲ 67.9 ▲ 48.0
36 鈴木 郁孝 プロ ▲ 0.1 21.0 ▲ 14.8 ▲ 19.6 ▲ 38.7 ▲ 52.2
37 鈴木 秀幸 プロ 4.2 4.8 ▲ 58.4 27.5 ▲ 32.2 ▲ 54.1
38 杉浦 貴紀 プロ ▲ 64.5 38.6 ▲ 31.0 ▲ 23.6 4.4 ▲ 76.1
39 鈴木 滋巳 アマ ▲ 46.9 ▲ 25.6 ▲ 60.2 34.7 17.8 ▲ 80.2
40 山田 優駿 プロ ▲ 28.4 11.9 ▲ 14.9 ▲ 71.4 20.2 ▲ 82.6
41 寺戸 孝志 プロ ▲ 62.1 52.9 ▲ 9.8 ▲ 49.2 ▲ 15.3 ▲ 83.5
42 小山 剛史 アマ ▲ 2.5 ▲ 76.1 ▲ 95.8 53.9 33.2 ▲ 87.3
43 牧野 卓人 アマ 48.1 6.8 ▲ 9.8 ▲ 51.1 ▲ 100.0 ▲ 106.0
44 岡本 和也 プロ ▲ 33.4 ▲ 17.1 ▲ 48.4 ▲ 27.5 1.5 ▲ 124.9
45 平岡 理恵 プロ ▲ 11.0 ▲ 41.7 ▲ 44.5 ▲ 15.4 ▲ 13.9 ▲ 126.5
46 中西 栄二 プロ ▲ 99.0 ▲ 8.7 ▲ 24.8 32.9 ▲ 35.7 ▲ 135.3
47 福井 弘人 アマ 25.8 ▲ 58.5 ▲ 56.1 8.3 ▲ 69.6 ▲ 150.1
48 鈴木 雅人 プロ ▲ 68.2 ▲ 41.1 ▲ 21.8 ▲ 26.7 2.9 ▲ 154.9
49 伊藤 達哉 アマ ▲ 12.1 ▲ 93.8 3.4 ▲ 9.3 ▲ 59.5 ▲ 171.3
50 白澤 宏臣 プロ ▲ 6.4 ▲ 44.1 ▲ 85.4 ▲ 13.7 ▲ 40.9 ▲ 190.5
51 小林 士保理 アマ ▲ 93.3 ▲ 34.9 ▲ 76.5 ▲ 91.0 ▲ 65.9 ▲ 361.6


第1節レポート 第2節レポート 第3節レポート 第4節レポート 第5節レポート



活動予定

2011年4月
17 (日) 第7期静岡プロリーグ 第1節
17 (日) 第17期静岡リーグ 第1節
5月
15 (日) 第7期静岡プロリーグ 第2節
15 (日) 第17期静岡リーグ 第2節
6月
19 (日) 第7期静岡プロリーグ 第3節
19 (日) 第17期静岡リーグ 第3節
7月
17 (日) 第7期静岡プロリーグ 第4節
17 (日) 第17期静岡リーグ 第4節
8月
21 (日) 第7期静岡プロリーグ 第5節
21 (日) 第17期静岡リーグ 第5節
9月
4 (日) 第17期静岡リーグ 決勝
18 (日) 第7期静岡プロリーグ 第6節
18 (日) 第18期静岡リーグ 第1節
10月
16 (日) 第7期静岡プロリーグ 第7節
16 (日) 第18期静岡リーグ 第2節
11月
20 (日) 第7期静岡プロリーグ 第8節
20 (日) 第18期静岡リーグ 第3節
12月
18 (日) 第7期静岡プロリーグ 第9節
18 (日) 第18期静岡リーグ 第4節
2012年1月
15 (日) 第7期静岡プロリーグ 第10節
15 (日) 第18期静岡リーグ 第5節
22 (日) 第18期静岡リーグ 決勝

 

静岡リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
備考
第1回
2003年
望月 雅継
宮澤 成文
袴田 一郎
日吉 辰哉
波多野 博憲 
 
第2回
2003年
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
鈴木 秀幸
望月 雅継
岸野 智之 
 
第3回
2004年
林 俊宏
日吉 辰哉
倉見 謙一
鈴木 秀幸
望月 雅継 
 
第4回
2004年
小林 信介
望月 雅継
倉見 謙一
磯部 文秀
鈴木 勉 
 
第5回
2005年
大野 和弘
太田 昌樹
望月 雅継
日吉 辰哉
鈴木 秀幸 
第6回
2005年
望月 雅継
鈴木 勉
白井 健夫
鈴木 郁孝
野間口 慎 
第7回
2006年
大高坂 松城
佐原 修司
林 俊宏
杉村 泰治
原田 有規
第8回
2006年
古橋 崇志
寺戸 孝志
鈴木 郁孝
渡辺 洋巳
牧沢 行晃
第9回
2007年
太田 昌樹
寺戸 孝志
林 俊宏
猿川 真寿
磯部 文秀
 
第10回
2007年
舟橋 晃
猿川 真寿
日吉 辰哉
鈴木 郁孝
荒川 礼二
第11回
2008年
平岡 理恵
森下 剛任
岡本 丈司
望月 雅継
白井 健夫
第12回
2008年
石津 寿人
杉村 泰治
竹内 仁
寺戸 孝志
若松 正和
第13回
2009年
鷲見 隼人 鈴木 秀幸 葛山 英樹 戸塚 豪 林 俊宏 成績&観戦記
第14回
2009年
林 俊宏 中 寿文 石津 寿人 竹内 仁 寺戸 孝志 成績&観戦記
第15回
2010年
白澤 宏臣 魚谷 侑未 山田 優駿 林 俊宏 高木 宏昌 成績&観戦記
第16回
2010年
石津 寿人 鈴木 郁孝 越川 清一 寺戸 孝志 杉村 泰治 成績&観戦記
第17回
2011年
中 寿文 斎藤 寛生 菅野 直 越川 清一 大滝 聡 成績&観戦記
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。