日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第23期 新人王戦

タイトル戦情報

第23期 新人王戦 

 

決勝観戦記 

(執筆:仲田 加南)


決勝戦が始まる前、この4人の得点票を見比べてみる。
私が最も注目したのは、今日の1回戦目。やはり全員トップスタートだ。
しかも、多田と福光はAトップ。
安易な考えではあるが、このどちらかが優勝するのではないかと、勝手に予想する。

そして、運営の藤原からスタートの合図。
多田が起家で決勝戦が始まった。
(決勝は2回戦)




1回戦(起家から、多田・福光・越川・鈴木)

東1局、南家・福光の配牌。

 ドラ

第一ツモは。この手がほど良くまとまった6巡目、親の多田からが出た。

 ポン

次巡にはテンパイし、サクッと2.000・4.000をツモ。

東2局、良いスタートを切った福光の親番。11巡目にこのテンパイ。

 ドラ

次巡には、多田もドラを切ってのテンパイ

2人がヤミテンで構える中、越川も鳴きで参戦。
対面の多田からをポン。

 ポン

う〜ん・・・親満の気配には気付かなくとも、多田はドラを切ってのテンパイ。
いくらなんでも鳴いて1シャンテン(しかも愚形)じゃ、厳しすぎやしないか?

次巡、越川がツモ切ったで多田が手を開く。

1.000・2.000だったはずの、2.600点。

東3局、親・越川、前局の12.000点が実らなかった福光は配牌バラバラ。
逆に、わざわざ放銃をしに行った越川は5巡目リーチで、2.600オールをツモりアガる。
それから静かに局は進んだのだが・・・

南3局、越川が最後の親番で「待ってました」とばかりに力強さを発揮する。

越川 清一



まずは、打点こそ安いが、--待ちの3メンチャンでリーチ。
そこへ、本手の多田が追いつくものの、きっちり1.000オールをツモりアガる。

続く1本場、今度はドラとイーペーコー付きでリーチ。4.000オールツモ。

南3局2本場、ここでも、

 ドラ

この形から、7巡目にをチーしてタンキにすると、下家の鈴木がをツモ切り、7.700点は8.300点。
3本場は、鈴木に4.800点放銃で親落ちしたものの、越川の点棒は47.800点にまで増えていた。

そしてオーラス。最後も越川がリーツモで締めくくる。1.300・2.600

1回戦成績  越川 +36.0P  福光 ▲2.2P  多田 ▲13.1P  鈴木 ▲20.7P




しばしの休憩。

会場には、早くも決着がついたかのような空気が流れる。
決勝戦はたったの2回勝負。
初戦で一人浮きトップを決めることが、どれだけ有利なことか、経験者じゃなくても分かることだろう。

それでも冷静な表情で卓につく4人。
それに急かされるように、スタートの合図が発せられた。




2回戦(起家から、鈴木・多田・福光・越川)

東1局、西家・福光の配牌は

 ドラ

ここから1枚目のを鳴き、を鳴き、を鳴き、更にはの加カンで、をリンシャンツモ!

 ポン 加カン ポン リンシャンツモ

あっと言う間の、3.000・6.000。とても素晴らしい手順だった。

福光 聖雄

 

福光の捨て牌↓


後から引いたマンズよりも、先にを切りホンイツの気配を消している。
そして、途中ツモってきたにも未練を残さず、最後の手出しは
これでは、を鳴かせてしまった人を責めることはできない。


なんだか盛り上がってきたな、と思ったら、次局は親の多田がダブリー。
しかも一通のおまけ付き!

 ツモ ドラ

始めから、は山に1枚しかいないのだが、多田はこれをツモりアガる。

多田 邦洋

 

やっぱり半荘1回で+92Pも叩ける人は違うな。
これはホントに、何が起こるか分からなくなってきたぞ。

続く1本場では、鈴木が満貫をツモリ、越川だけを取り残して局は進む。

鈴木 秀幸

 

東3局、親は福光。9巡目にはこのテンパイ

 ポン ドラ

やや遅れて、多田も絶好のを引いて追いつく。

 リーチ

は山に2枚。は山に3枚。

だが、多田が一発で持ってきた牌は、だった。

そして、多田は南2局、最後の親番でも、福光にメンホンの8.000点を放銃。
同じく、親落ちしていた鈴木と共に優勝争いから離脱してしまった。

これで、越川との一騎打ちになった福光は、南3局の親番で初のリーチを打つ。

 ドラ

これまで、慎重に慎重に、徹底してダマを貫いてきた福光のリーチ。
ここでやっと、ツモれることを確信したのだろうか。

数巡後、見事に4.000オール。

オーラスは、越川の親番。
2.000オールをリーチでツモり、次局は1人テンパイと粘ったものの、最後はノーテンで終了。
再逆転までは、あと6.000オールと900点が必要だった。

2回戦成績 福光 +53.5P  鈴木 ▲3.2P  越川 ▲14.3P  多田 ▲37.0P

最終成績  福光 +51.3P  越川 +21.7P  鈴木 ▲23.9P  多田 ▲50.1P


後列 左から 第4位:多田 邦洋 準優勝:越川 清一 第3位:鈴木 秀幸
前列 優勝:福光 聖雄

 




第4位
多田邦洋『今ので精一杯でした。もっと麻雀をいろんな視点から見れるようになりたいです。』

第3位
鈴木秀幸『決勝に残れたことは財産になりました。静岡リーグの決勝にも残ってるので頑張ります。
(今日を振り返ってみて)トータルではきちんと打てた方だと思います。
ただ・・1回戦の東単騎7.700放銃は駄目でしたね。でもいずれにせよ、福光さんが強かった!』

準優勝
越川清一『8月11日が誕生日なので、今日の選手番号が11で嬉しかった。
なんか縁起がいいな、と思って(笑)決勝では、思ったより緊張しないで打てたし、楽しんで打てたよ。
でも、優勝を意識した2回戦目に、少し何かがブレタ気がするなぁ。』

多田は、まだ23歳という若さで、初の決勝戦でも堂々と、そして美しい牌捌きを披露した。実にこれからが楽しみである。
そして、静岡の鈴木と中部の越川の、それぞれの地方での活躍も期待したい。


優勝
福光聖雄『決勝の1回戦が終わっても、悲観しなかったのが良かった。なんとかなるかな〜って。
でもホント勝てて良かった(笑)同期がいっぱい観戦しててくれて嬉しかった。
(今後の目標は)十段で負けた瀬戸熊さんと、チャンピオンで負けた藤原さんにリベンジしたい!!』



打ち上げの席でそう語ったのは、東大出身のルーキー福光。
このコメントでも分かるように、彼はプロデビューしてすぐの十段戦で初段戦から九段戦まで勝ち進み、チャンピオンズリーグでもトーナメント進出を果たした期待の新人。
まさに「新人王」という冠がピッタリだ。

麻雀は守備型で、今日の決勝戦では1度も放銃をしていない。
そんなんで優勝しちゃうなんて、放銃型の私としては信じられないけど(笑)

誰もが納得する、プロらしい勝利だった。







( 執筆:仲田 加南 文中敬称略 )

 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。