日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

タイトル戦情報

第32期 王位戦 決勝戦

第32期王位戦決勝に勝ちあがったメンバーは、荒 正義、滝沢 和典、松崎良文、増田隆一の日本プロ麻雀連盟4名と、嶋村俊幸(最高位戦日本プロ麻雀協会)を合わせた5名となった。
戦いの構図としては、荒・嶋村の大ベテランに若手3人が挑戦する形となった。
会場入りして最初に感じたことは、滝沢・松崎・増田のGIタイトル初決勝の3人組が全員白いワイシャツを着ていたことが非常に印象的であった。
若武者3名のこの戦いにかける意気込みの表れのようでもあった。

1回戦

 起親から荒・松崎・嶋村・増田 抜け番 滝沢

 東1局に嶋村がチートイツのみをツモあがり。ベテランらしい落ち着いた打ち回しであった。チートイツがツモあがれるようなら嶋村好調とみていいだろう。

 東2局 西家 増田 持ち点 29,200 ドラ

配牌 

から1巡目に を重ねて2順目に自風の をポン、次巡に を引き入れ以下のイーシャンテン

     ポン

 ここまでは別にどうという事はないが、5巡目南家嶋村の をスルーしてテンパイとらず。7巡目ツモ のシャンポンマチにとる。結果1000点を荒から出アガリ。

 中途ハンパだなと私は思う。よく役牌をしかけて手牌が整うまで動かないことはある。しかしこれは決勝戦で、笑える人間は唯一人である。ましてや増田は挑戦者の立場である。こんな小手先の麻雀を打っては絶対にいけない。
  増田が勝つとすれば、相手に「こいつ何やってるんだ」ぐらい思わせる麻雀を打たなければダメである。敗戦後の増田のコメントにもあらわれているのだが、「前日は絶対やってやるだったのに、当日の朝になって緊張しないようにしように変わってしまいました。」と言っている。
  増田には強くなって欲しいからあえて苦言を1つ。緊張してもいいし、失敗したりヘマしたりしてもいい。ただ、君を応援している人を熱くさせる麻雀を打って欲しい。見ている人が次の牌をツモる君の指先に祈りを込めるような麻雀を打つようになって欲しい。




増田隆一

 小場で迎えた東3局0本場、まず最初の山場がおとずれる。北家松崎が11巡目以下の手牌でリーチ

      ドラ

捨て牌:

 それを受けて西家 荒、12巡目

    ツモ

リーチの1発目に をひかされており、また、自身で と切っており、1回あがり逃しの形になっている。また松崎の早目の 切りから、 がトイツ以上の可能性が高い。
 これが1回戦の序盤でなければ、荒も を切っていたかもしれないが荒はオリを選択。結果は、15巡目松崎が ツモ切り、そして17巡目に をひきあがり。
 その15巡目の と松崎のあがり形を見て荒は何を感じたのだろう。
 今回の王位戦、荒は終始受けに回らされていた。毎局のようにアタリ牌をつかまされ、先手を取れずにいた。それでも荒の麻雀はやはり超一流であった。面子の手牌構成、相手との駆け引き、相手のアタリ牌を1点でとめる技術。特に3回戦東3局5本場に滝沢の国士 待ちを止めた局面は私の頭に焼き付いて離れない。

 ただ不運だったのは、今回の決勝戦であまりにも優勝候補No.1を背負ってしまったことだろう。松崎のリーチに無理に突っ込まなくても、7回戦の長丁場である。技量の差でいずれ決定的な局面を制すればいいと思っていたはずである。本当に普通の配牌とツモに恵まれればいいだけだった。しかし麻雀とは、勝負とは恐ろしい。この局を境に荒にまったく手がはいらなくなってしまうのだから。

 そして松崎。決勝の前予想でいろいろな人に予想を聞いたが、誰一人として松崎の名前を挙げなかった。競技麻雀歴は長いのだが、どうも勝ち味が遅い麻雀を打つのが下馬評の低さにつながったようだ。しかしこのアガリで松崎はツキという武器をたぐりよせ、この決勝の主役におどりでる。その事に松崎が気づき、感じ、己の感性にすべてをゆだねることが出来れば栄冠は近いような気がした。
 また、松崎自身非常に気合いものっており5名の中でもっとも勢いを感じた。決勝を意識せずノビノビ自分の麻雀を打っていた。松崎自身もコメントで「今日はあまり緊張しませんでした」と言っていた。だが、後半戦松崎にタイトルというプレッシャーが襲いかかるとは本人もこの時きづいていなかった。

 


松崎良文

 

 そしてオーラス、もう1人の好調者嶋村が2,000-4,000を引き上がり、松崎をまくりこの半荘をものにする。

1回戦終了時
 嶋村+23.4 松崎+12.0 増田△10.9 荒△24.5 滝沢±0

2回戦

 起親から 増田・嶋村・松崎・滝沢 抜け番 荒

 1回戦抜け番の滝沢の登場である。
 連盟入りした直後からメディアで活躍。数々の場所で戦ってきた為か、初のGI決勝にもかかわらず、すごく自然体で堂々としているのがわかる。さすがだなと感心してしまう。
  ここ何年かで滝沢の最も成長した部分としては、局面を正確に見抜いた上での押し引きだろう。以前は先制攻撃にやや受けていた場面が多かったが、近年は自分がアガり番とみると、押し切ってアガる力強さが増したように思う。私自身もプロリーグでひさびさに対戦した時滝沢の変貌ぶりに驚いた事があった。

 そのプロリーグから何日か後、滝沢と偶然電車で遭い、私は正直に「本当強くなったなあ」と滝沢に言った事をこの日の滝沢を見ながら想い出していた。

東1局 親 増田

配牌

  ドラ

から果敢に仕掛けて10巡目に

  ポン  加カン
このテンパイ。

同巡南家嶋村リーチ

捨て牌:


手牌:


 嶋村の宣言牌は 。増田、嶋村の をポンして打 。次巡ツモで打。最悪である。
 なぜカン で押さないのか。不調の増田はカン でつっぱるべきである。 をポンした瞬間に選択を常にせまられる形になる。多分弱気だから、単騎で自由に動ける形にしたかっただけとしか思えない。この日の増田は本当にここで終わってしまった。

東2局 親 嶋村 持ち点 33,300
 嶋村は最高位戦の大ベテランである。そんなベテランも久々のGIタイトル決勝に並々ならぬ意気込みで臨んでいるのがわかる。この日の5人みな優勝する気持ちをもっていただろうが、嶋村からは一番その気持ちが伝わってきた。そして1回戦オーラス執念の満貫ツモ。ここまではノーミスである。そんな嶋村の唯一のミスがここでおこる。
 最終的に、嶋村は優勝を逃すわけだが、この1局が3回戦の滝沢の大ブレークをおこすきっかけとなってしまったのかもしれない。


嶋村俊幸


 
 嶋村の配牌
  ドラ

ツモ ときて以下の形


 三者の捨て牌が、

南家 

西家 

北家 

 打 だなと思って見ていた私だったが、嶋村打 ??次巡ツモ ツモ切り、同巡滝沢 ツモ切り、滝沢は11,600放銃を回避。
 結局嶋村はノーテンで、松崎・滝沢の2人テンパイで流局。滝沢は以後、最高放銃が5,200の1回のみという驚異的なぐらい放銃牌をつかまなくなってしまう。

 それでも好調嶋村・松崎が点棒を集め、オーラスを迎えて嶋村42,900、松崎42,700

 嶋村5巡目テンパイ
  ドラ

 松崎7巡目テンパイ

 東家滝沢が11巡目リーチ。
 滝沢の捨て牌に がある。南家増田の手牌に が2枚。
 西家嶋村が俄然有利にあるが、1回戦のお返しとばかり、松崎の手がしっかりと最後の をたぐりよせた。

2回戦終了時
 松崎+43.7 嶋村+40.5 滝沢△15.8 荒△24.5 増田△43.9  

 

3回戦

 起親から 増田・滝沢・荒・松崎 抜け番 嶋村

 麻雀とは、勝負とはある瞬間に変わり目がくる。特に麻雀は4人でやる戦いだから難しい。あるナイスプレーや相手のエラーが自分に流れを呼び込むと限らないし、信じられないツキのかたよりがおこったりする。3回戦東1局でその変わり目の瞬間がおとずれる。この時抜け番の嶋村はこの長い長い半荘をどのような心境で見守っていたのだろうか。

 まず西家荒がリーチ
  ドラ

 同巡、北家松崎が
  ツモ

でテンパイするも、ドラの を打ち切れず のトイツ落とし。

 
 そして東家増田が次巡、


のテンパイで追いつき、荒の現物に があるのでダマテン。
 松崎 と引き込み

のテンパイ復活。この辺りがいかに松崎が好調かをうかがわせる。
 そしてさらに4巡ダマにしていた増田が追いかけリーチ。ここで滝沢が五分五分で打ちそうな をとめて、完全に手じまい。
 結果16巡目荒が を持ってきて、松崎の5,200のあがりとなる。

 この1局を見る限り松崎の好調さがよくわかるが、増田の連荘ならなかった次局の滝沢の親番でそれまで良くも悪くもなかった滝沢がいとも簡単に5巡目リーチのメンタンピンドラ1を6巡目にひきあがってしまう。
 そしてこのあがりを引きがねにして、1,500は1,800、1,000は1,200オールとあがり、東2局3本場では、11巡目

  ドラ

  は場に2枚、も場に2枚、は場に1枚切れで、果敢に を切ってリーチをかけ を打ち取り得点を6万点オーバーとする。
 実はこの手牌、 をきるとトイトイをやっている荒が をポンしてテンパイし、次巡喰い下げて を放銃、 切りダマだと松崎が ツモ切りで放銃となり、どれを切ってもあがれている事となっていた。

 
 そして親が流れた東3局5本場北家の滝沢が

  ドラ


から、 とツモり5巡目にイーシャンテン。そして13巡目に をツモりテンパイとなる。

ツモ牌 

捨て牌 

最終形 

 前局までの滝沢の嵐のような連荘、三者は追い込まれた状況。決定打が出る場面は整ってしまっていた。
 13巡目東家の荒の手がピタリととまる。

  ツモ

 ツモ
 打は通るが長年の荒の経験が危険を察知していた。
増田、松崎は手になっておらずほぼベタ降りで、両者の捨て牌に合わせているだけ。
は河に3枚、残りは1枚。そして荒次順 をツモりテンパイ復活。ハイテイツモは荒。ツモった牌は

  ツモ

 荒にしては本当にめずらしい長考。どうやら荒は滝沢の手牌を面混七対子か国士か決めかねているようだ。(河に は1枚切れ、 は3枚切れ)
 そして荒のしなやかな指からが放たれた。

 荒正義執念のテンパイ。松崎、増田は荒、滝沢の両者の手牌を見たまましばらく動けないでいた。
 そして荒のこの執念のテンパイから、荒復活ののろしを多くのギャラリーが期待したはずだった。

 


荒正義

 

 しかし、滝沢の勢いは止まらない。東3局6本場11巡目に

  ドラ

でリーチすると、あっさり12巡目に を引きあがり。

 東4局0本場では、15巡目に

  ドラ

をリーチし、17巡目に ツモとカンチャン2連続ツモあがり、持ち点を8万点として大トップを取ってしまう。
 卓外からどうすることもできない嶋村と、卓内にいながら滝沢にSTOPをかけることができない松崎の表情が非常に印象的であった。

3回戦終了時
 滝沢+46.5 松崎+46.0 嶋村+40.5 荒△40.8 増田△92.2

4回戦、5回戦、6回戦

 事実上、優勝争いは3人に絞られたといっていいだろう。その3人の中でも滝沢のリズムが抜群に良くなっていた。嶋村は丁寧に打つも手牌に恵まれず、松崎は3回戦あたりから自分で勢いを殺してしまった感がある。
 松崎がコメントで「前日、一睡も出来なくて、後半戦は完全にバテました。」と言っている。集中してない麻雀で勝てる程タイトル戦の決勝はあまくない。
 松崎敗戦の原因は彼自身が、一番痛感しているだろう。具体的には2つ。
 1つは3回戦で滝沢が猛連荘しだしたときに、松崎は1枚だけ強い気持ちで押していればあっさりあがる局面があった。その場面では現物で1回まわっても、次の牌を押せばあがっていた。
 点棒やトータル得点でリードしていると変に守ってしまう。誰でも経験があるだろう。しかし体勢が整っていれば、その体勢を維持することの方が大事である。いくべき牌をいき、止めるべき牌をとめる。変に自分の勝手な妄想に入らないことだ。
 それともう1点は、4回戦の親番に如実に表れていた。

 東1局 1本場 親 松崎 7巡目

  ドラ

 ドラ
の時に、松崎は嶋村から出た2枚目の もスルーしている。なぜ仕掛けないのか。結論から言えば、嶋村が次巡テンパイをし、荒も追いつき、荒が2,000-4,000のツモあがり。松崎は親カブリをしてしまう。
 これがリーグ戦やこの決勝の1回戦目あたりならまだわかる。しかしもう後半戦で、優勝を争っている局面だ。このあたりから松崎の気迫がうすれていくのを私は感じた。

 三者がけん制し合っている間に、荒・増田が1回ずつトップをとり、その間滝沢が2着・3着、嶋村が3着・2着、松崎がラス・抜け番となり、5回戦を終え滝沢・嶋村のマッチレースとなった。

4回戦終了時
 滝沢+55.6 嶋村+25.9 松崎+19.0 荒△8.3 増田△92.2

5回戦終了時
 滝沢+48.0 嶋村+34.8 松崎+19.0 荒△31.0 増田△70.8 ※増田足切り

 6回戦は滝沢が東場の親で荒から11,600をあがるも、嶋村が南場の親で2,600オールを引きあがり両者一歩もゆずらずも、滝沢がトップをとり初の栄冠に王手をかける。

 


滝沢和典

 

6回戦終了時
 滝沢+80.8 嶋村+42.1 松崎+11.1 荒△63.3

7回戦(最終戦)

 起親から松崎・荒・嶋村・滝沢

 滝沢と嶋村の差は38.7、トップラスで替わる点差であるが、嶋村とすれば三者の戦いをジャマしない荒がラスを引くことが予想される為、1着・3着で素点差勝負といったところか。
 意外とあっさり滝沢で決まりかなと思っていたが、やはりGIタイトル決勝である。最後の最後まで息の抜けない展開となった。

東1局 荒 300-500
東2局 松崎 2,000-4,000
東3局 嶋村→滝沢 1,000
東4局 嶋村 1人テンパイ
南1局 嶋村 1人テンパイ
南2局 全員ノーテン
7回戦南2局終了時 持ち点
 松崎34,500 荒26,100 嶋村31,700 滝沢26,700

 残すは南3局の嶋村の親番とオーラスの滝沢の親番だけである。滝沢にとっては苦しい展開となってしまった。逆に嶋村にとっては見えなかった滝沢の背中をついにとらえた感じであろう。
 そして南3局。3本場で迎えたこの局で嶋村11巡目にリーチ

  ドラ

 荒・松崎とも自分の放銃で優勝者を決めるわけにはいかないので、必死のオリ。滝沢も手がまとまらず向かうことができない。
 この局面、荒・松崎はあがりに向かえず、結局滝沢は己の力で嶋村の親をけるしかないのだ。そして流局、嶋村1人テンパイ。
 誰もあがらない局が4局続いている。続く南3局4本場ついに決着の時がおとずれる。

嶋村 配牌   ドラ

滝沢 配牌 

 嶋村もいいが滝沢は配牌リャンシャンテンでしかもチンイツまで見える。が、テンパイは嶋村が先。

とツモり9巡目リーチ

 この時滝沢は


のイーシャンテン。嶋村のリーチをうけてのツモは 、もちろんツモ切り。入り目を一発で打たれた嶋村はどのような心境だっただろう。
 この時嶋村のは7枚ヤマであった。
 嶋村11巡目ツモ 、滝沢がほんの一瞬とまる。 ポンしてもも場に2枚切れの為動けない。12巡目嶋村ツモ 、今度は滝沢冷静にチー。

  チー

 両者の鼓動が聞こえてきそうだ。そして運命の13巡目嶋村のツモ牌は 。滝沢が優勝をほぼ手中に収めた瞬間である。
 終局後、滝沢は大勢の応援者たちに祝福されていた。会場の8割から9割が滝沢の応援者だったように思う。幸せ者だなとちょっぴりうらやましく思った。



左から、4位:荒正義、2位:嶋村俊幸、3位:松崎良文、5位:増田隆一
手前、優勝:滝沢和典


 打ち上げの席で滝沢に「なんかコメントくれよ」と言うと、「なんかいいのないっすか」と逆に聞かれた。「自分で考えろよ」と言い返すと「今日が日曜日で良かったです。キャバクラが開いていたら、賞金全部使うとこでしたよ」と。

冗談はさておき、滝沢の素晴らしい所は勝っても謙虚でいつもの穏やかなナイスガイでいた所だろう。
おめでとうタッキー。


文責:瀬戸熊 直樹 (文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。