日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 >第16期 麻雀マスターズ 

タイトル戦情報

第16期 麻雀マスターズ 

トーナメント3回戦(ベスト8)


■1卓

    
 
荒井 節子(一般)
照屋 和子(連盟)
沢崎 誠(連盟)
水巻 渉(最高位戦)
 

 

連盟東京本部から唯一ベスト8に勝ち上がった沢崎 誠は終始安定したフォームで崩れることなく、
終わってみれば100P近い浮きで堂々と決勝進出を果たした。
水巻 渉は聴牌は入るものの他家の当り牌を何度も掴まされ、起死回生の四暗刻も実らず、マスターズ覇者として返り咲きは今回は見送られた。もうひとつの決勝戦への切符を手にしたのは横浜代表 荒井 節子。「危険な牌は聴牌していても打ちませんよ。」というように手堅い麻雀が身上だ。とはいえ勝負所をきちんとわきまえ、押すときは押す、引くときは引くというメリハリのある麻雀で決勝卓の座を射止めた。連盟関西本部 照屋 和子は、連戦の疲れか本来の麻雀が打てず敗退となった。

トーナメント3回戦 1卓 

荒井 節

照屋 和子

沢崎 誠

水巻 渉

1回戦

得失点

3.9

▲1.2

16.8

▲20.5

順位点

10

▲10

30

▲30

13.9

▲11.2

46.8

▲50.5

2回戦

得失点

15.6

▲15.1

▲0.2

▲1.3

順位点

30

▲30

10

▲10

45.6

▲45.1

9.8

▲11.3

小計

59.5

▲56.3

56.6

▲61.8

3回戦

得失点

4.6

▲18.3

11.2

2.5

順位点

10

▲30

30

▲10

14.6

▲48.3

41.2

▲7.5

合計

74.1

▲104.6

97.8

▲69.3

順位

2

4

1

3

 

 

 

■2卓

    
 
郷内 武広(協会)
竹内 孝之(協会)
石橋 正徳(一般)
玉井 清(一般)
 

 

本戦1位通過の竹内 孝之、その勢いは留まるところを知らず初戦もあっさりトップ。続く2戦目。

東1局 親 竹内

 ツモ  ドラ

切りリーチ  2巡後 ツモ 6,000点オールと好調は2戦目も続く。

しかし郷内も黙ってはいない。満貫をツモ和了り、親番で迎えた東2局。


ツモ。打 が自然な一打に思えたが、郷内の選択はノータイムでツモ切り。 は2枚切れ。
次巡ツモ 。打
 打
 打 リーチ
2巡後 ツモ。1,300オール。
これで竹内に8,400点差まで肉薄する。この和了りは読みの鋭さ、正確さを感じさせた。結果的には竹内には届かず、玉井にわずか1,700点差で決勝卓を譲ることになったが、これまでの戦いぶりを見ると郷内が実力者であることは間違いないであろう。
接戦の末に決勝卓の座を掴んだ玉井は70歳のご高齢とは思えないほど頭の回転が速く、9回戦にも及ぶ長丁場の最後になってもその頭脳は鈍ることがなかった。月に2回ほど許されている麻雀を何よりの楽しみとし、大阪から遥々上京してきた好々爺はただただ麻雀を数多くやりたい一心で予選を勝ち上ってきた。「3回だけ打って帰るなんてつまらんやろ。勝てれば残れるなんてそんな楽しいことないやろ。」そう話す好々爺は決勝に残った喜びより、明日も麻雀が打てる喜びのほうが大きかったに違いない。
独特な麻雀で数々のプロを打ち負かしベスト8まで勝ち残った石橋も今度ばかりは力尽き決勝へ進むことができなかった。しかし、3回戦オーラスに上位に猛追した底力はこれまでの成績がまぐれでないことの証明に思われた。

トーナメント3回戦 2卓


郷内 武広

竹内 孝之

石橋 正徳

玉井 清

1回戦

得失点

▲3.3

10.2

▲9.4

0.5

順位点

▲10

30

▲30

10

▲13.3

40.2

▲39.4

10.5

2回戦

得失点

2.2

11.3

▲5.1

▲8.4

順位点

10

30

▲10

▲30

12.2

41.3

▲15.1

▲38.4

小計

▲1.1

81.5

▲54.5

▲27.9

3回戦

得失点

▲4.6

▲5.5

6.2

3.9

順位点

▲10

▲30

30

10

▲14.6

▲35.5

36.2

13.9

合計

▲15.7

46.0

▲18.3

▲14,0

順位

3

1

4

2


■決勝進出者4名

 

□沢崎 誠(連盟) □荒井 節子(一般)
   

 


□竹内 孝之(協会) □玉井 清(一般)
   












午後8時。夢の舞台への切符を手に入れた者も、道半ばにして敗れてしまった者も、足早に帰宅の途についた。
夜の更けた広場のSLは、その漆黒の体躯をただひっそりと都会の闇に潜ませていた。




 

 

 

(文責・野崎次郎 文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。