日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報第6期 女流桜花>  プレーオフ 詳細成績

タイトル戦情報

第6期 女流桜花



プレーオフ 詳細成績

 
<女流桜花 レポート:白河 雪菜>


第6期女流桜花プレーオフは、
A卓:安田麻里菜(プレーオフ開始時1位84,5P)、桑原恵子(3位51,5P)、矢口加奈子(5位32,8P)、朝霧千裕(7位23,8P)。
B卓:魚谷侑未(2位82,8P)、二階堂瑠美(4位37,1P)、和久津晶(6位24,7P)、内田美乃里(8位18,7P)。
という組み合わせで、4半荘が行われた。

プレーオフ開始時8位の内田のポイントが、18,7P。
3位の桑原が51,3Pで1位の安田が84,5Pなので、全員に決定戦進出の可能性があり、
また、順位によってそれぞれ闘い方や役割が異なるので、拮抗した見応えのある対局となった。

まずは1回戦。
B卓では、ポイントをたたきたい内田が開局から積極的に仕掛け、4,000オールツモ。
その後も安定した打ち回しで1人浮きのトップ。

A卓でも7位の朝霧が、1位の安田をラスにして60,000点超えの大トップを取ったため、順位が大きく変動した。

1回戦終了時成績
朝霧+68.1P
安田+61,8P
桑原+61,2P
魚谷+61,1P
内田+51,7P
二階堂+35,2P
和久津+14,3P
矢口+1.8P

かなりおもしろい展開になってきた。
60ポイント以上の差がたった1半荘でひっくり返ってしまう。
直接対決ではよく起こることである。
だから追われる側は最後まで気を抜けないし、追う側は点差を考えた闘いができ、最後まで可能性が残りやすい。


2回戦、力強い「ツモ!」の発声がA卓から響いた。

 ツモ ドラ

南2局、桑原がドラのをツモって16,000オール。
トータルポイントを+118.1Pにし、安全圏に入ったように見えた。

B卓では、二階堂がトップを取り魚谷との差を縮める。
2回戦終了時、トータルポイントがマイナスになってしまった矢口と和久津には、
上位陣を沈めての2連勝という厳しい条件が残った。

続く3回戦、今度はB卓で役満が出た。
5巡目でドラの白を4枚から1枚とばし、7巡目にメンゼンで大三元テンパイ。
高めのRでアガったのは和久津。
放銃したのは、5位まで順位をあげていた、内田。

3回戦終了時成績
桑原+104,5P
安田+101,9P
魚谷+68,6P
二階堂+65,8P
和久津+33,0P
朝霧+18.9P
内田▲5,1P
矢口▲32,4P

A卓の上位2名はほぼ当確といっていいだろう。
B卓の魚谷・二階堂の差はわずか2,8Pで、着順勝負となった。
同卓の和久津は、2人を沈めて大トップが条件。

運命の4回戦、B卓。
南3局、二階堂の親番。魚谷のリーチ。

 暗カン リーチ ドラ

トップ目の内田がツモ切りで追いかける。

 リーチ

この2軒リーチをかわして二階堂がハイテイで、

 ツモ

これで3着目の魚谷との差は8,900。

続く1本場、
 
 ドラ

魚谷がここから、を切ってリーチ。

二階堂がをトイツで落として追いかけリーチを打つが、をつかんで3,200は3,500の手痛い放銃。
は、リーチ後すぐに内田から手出しで1枚出ているので、山には1枚も残っていなかったということであり、魚谷の選択は正しかったのだろう。

迎えたオーラス、魚谷の親番。2人の差は、わずか300点。
二階堂がドラ2枚のリーチを打つが、魚谷も当然引かない。

この形で追いかけ、渾身のツモ。
1本場は全員ノーテンで終了した。

決定戦進出者コメント(順位順)

安田麻里菜
「今日が今までで1番大変でした。決勝もいつも通り頑張りたいです。」

魚谷侑未
「今日は苦しい展開が多くて辛かったけれど、決勝にいくことができて嬉しい。
精一杯、挑戦するつもりで頑張りたいです。」

桑原恵子
「今年はリーグ戦からとても苦しかった。2年のブランクがあるのでその面で不安があるが、
女流桜花の決勝は3回目なので、必ず優勝するという意気込みで頑張りたい。」


以上の3人が、現女流桜花・清水香織に挑む。
3人とも「苦しかった」と語っていたが、成績下位の者も最後まであきらめず闘い、
対局者全員から「勝ちたい」という気迫が伝わってくるとても熱い対局だった。

女流桜花決勝ではどんな素晴らしい対局が見られるのか、今から楽しみである。
今回は、ニコニコ生放送で生中継されることが決定し、観戦もしやすくなったので、皆様もぜひご覧ください。

1月21日(土)1月22日(日)の2日間放送予定!!


清水 香織(現女流桜花)

五段

13期生

第27期王位
第2期プロクイーン決定戦 優勝


ロン2プロフィールはこちら

安田 麻里菜(1位通過)

初段

22期生


魚谷 侑未(2位通過)

二段

25 期生



ロン2プロフィールはこちら

桑原 恵子(3位通過)

四段

19期生


ロン2プロフィールはこちら
 

Aリーグ

プレーオフ 安田 麻里菜 桑原 恵子 矢口 加奈子 朝霧 千裕 供託   魚谷 侑未 二階堂 瑠美 和久津 晶 内田 美乃里 供託
1 回戦 ▲ 18.7 5.4 ▲ 23.0 36.3   得失点 ▲ 13.7 ▲ 0.9 ▲ 7.4 21.0 1.0
▲ 4.0 4.0 ▲ 8.0 8.0 --- 順位点 ▲ 8.0 ▲ 1.0 ▲ 3.0 12.0 ---
▲ 22.7 9.4 ▲ 31.0 44.3   ▲ 21.7 ▲ 1.9 ▲ 10.4 33.0 1.0
2 回戦 12.0 48.9 ▲ 27.4 ▲ 33.5   得失点 2.1 13.1 ▲ 12.5 ▲ 2.7 0.0
4.0 8.0 ▲ 4.0 ▲ 8.0 --- 順位点 4.0 8.0 ▲ 8.0 ▲ 4.0 ---
16.0 56.9 ▲ 31.4 ▲ 41.5   6.1 21.1 ▲ 20.5 ▲ 6.7 0.0
3 回戦 12.1 ▲ 5.6 ▲ 1.8 ▲ 4.7   得失点 0.4 6.5 31.2 ▲ 38.1 0.0
12.0 ▲ 8.0 ▲ 1.0 ▲ 3.0 --- 順位点 1.0 3.0 8.0 ▲ 12.0 ---
24.1 ▲ 13.6 ▲ 2.8 ▲ 7.7   1.4 9.5 39.2 ▲ 50.1 0.0
4 回戦 13.3 ▲ 16.7 13.5 ▲ 11.1 1.0 得失点 10.1 4.4 ▲ 25.1 10.6 0.0
4.0 ▲ 8.0 8.0 ▲ 4.0 --- 順位点 3.0 1.0 ▲ 12.0 8.0 ---
17.3 ▲ 24.7 21.5 ▲ 15.1 1.0 13.1 5.4 ▲ 37.1 18.6 0.0
  0.0 0.0 0.0 0.0 --- ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
34.7 28.0 ▲ 43.7 ▲ 20.0 1.0 合計 ▲ 1.1 34.1 ▲ 28.8 ▲ 5.2 1.0


   





 

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。