日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報第1期 女流桜花> 決勝 詳細成績&レポート

タイトル戦情報

第1期 女流桜花

決勝 詳細成績&レポート

決勝   二階堂亜樹 水越京子 美波智子 王政芳 供託   二階堂瑠美 小宮山一美 平岡理恵 桑原恵子 供託
1回戦 得失点 ▲ 8.8 5.3 ▲ 15.3 18.8 0.0 得失点 ▲ 16.3 16.5 ▲ 6.2

6.0

0.0
順位点 ▲ 4.0 4.0 ▲ 8.0 8.0 --- 順位点 ▲ 8.0 8.0 ▲ 4.0 4.0 ---
▲ 12.8 9.3 ▲ 23.3 26.8 0.0 ▲ 24.3 24.5 ▲ 10.2 10.0 0.0
2回戦 得失点 7.4 7.0 1.7 ▲ 16.1 0.0 得失点 ▲ 23.1 ▲ 1.4 ▲ 9.0 33.5 0.0
順位点 8.0 3.0 1.0 ▲ 12.0 --- 順位点 ▲ 8.0 ▲ 1.0 ▲ 3.0 12.0 ---
15.4 10.0 2.7 ▲ 28.1 0.0 ▲ 31.1 ▲ 2.4 ▲ 12.0 45.5 0.0
3回戦 得失点 ▲ 0.8 6.9 ▲ 3.1 ▲ 3.0 0.0 得失点 ▲ 14.8 ▲ 2.3 20.0 ▲ 2.9 0.0
順位点 ▲ 1.0 12.0 ▲ 8.0 ▲ 3.0 --- 順位点 ▲ 8.0 ▲ 1.0 12.0 ▲ 3.0 ---
▲ 1.8 18.9 ▲ 11.1 ▲ 6.0 0.0 ▲ 22.8 ▲ 3.3 32.0 ▲ 5.9 0.0
4回戦 得失点 ▲ 27.0 43.4 ▲ 10.4 ▲ 6.0 0.0 得失点 ▲ 17.9 10.9 1.5 5.5 0.0
順位点 ▲ 8.0 12.0 ▲ 3.0 ▲ 1.0 --- 順位点 ▲ 12.0 8.0 1.0 3.0 ---
▲ 35.0 55.4 ▲ 13.4 ▲ 7.0 0.0 ▲ 29.9 18.9 2.5 8.5 0.0
  ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 --- ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
合計 ▲ 34.2 93.6 ▲ 45.1 ▲ 14.3 0.0 合計 ▲ 108.1 37.7 12.3 58.1 0.0

決勝   北條恵美 斉藤智子 黒沢咲 安田麻里菜 供託   樫林愛子 北野由美 天音まこと 千葉未帆 供託
1回戦 得失点 10.5 ▲ 25.0 22.6 ▲ 8.1 0.0 得失点 ▲ 2.2 9.7 5.4 ▲ 12.9 0.0
順位点 4.0 ▲ 8.0 8.0

▲ 4.0

--- 順位点 ▲ 4.0 8.0 4.0 ▲ 8.0 ---
14.5 ▲ 33.0 30.6 ▲ 12.1 0.0 ▲ 6.2 17.7 9.4 ▲ 20.9 0.0
2回戦 得失点 ▲ 8.9 ▲ 11.5 ▲ 13.8 34.2 0.0 得失点 ▲ 1.0 ▲ 9.1 ▲ 8.4 18.5 0.0
順位点 ▲ 1.0 ▲ 3.0 ▲ 8.0 12.0 --- 順位点 ▲ 1.0 ▲ 8.0 ▲ 3.0 12.0 ---
▲ 9.9 ▲ 14.5 ▲ 21.8 46.2 0.0 ▲ 2.0 ▲ 17.1 ▲ 11.4 30.5 0.0
3回戦 得失点 5.8 ▲ 6.6 1.0 ▲ 0.2 0.0 得失点 ▲ 10.0 ▲ 9.4 17.4 2.0 0.0
順位点 8.0 ▲ 8.0 4.0 ▲ 4.0 --- 順位点 ▲ 8.0 ▲ 4.0 8.0 4.0 ---
13.8 ▲ 14.6 5.0 ▲ 4.2 0.0 ▲ 18.0 ▲ 13.4 25.4 6.0 0.0
4回戦 得失点 ▲ 12.7 23.0 ▲ 1.2 ▲ 9.1 0.0 得失点 19.0 ▲ 0.6 ▲ 5.3 ▲ 13.1 0.0
順位点 ▲ 8.0 12.0 ▲ 1.0 ▲ 3.0 --- 順位点 12.0 ▲ 1.0 ▲ 3.0 ▲ 8.0 ---
▲ 20.7 35.0 ▲ 2.2 ▲ 12.1 0.0 31.0 ▲ 1.6 ▲ 8.3 ▲ 21.1 0.0
  ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 --- ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
合計 ▲ 2.3 ▲ 27.1 11.6 17.8 0.0 合計 4.8 ▲ 14.4 15.1 ▲ 5.5 0.0

   

決勝   宮内こずえ 優木美智

清水香織

堀田恵 供託
1回戦 得失点 22.5 7.6 ▲ 16.9 ▲ 13.2 0.0
順位点 8.0 4.0 ▲ 8.0 ▲ 4.0 ---
30.5 11.6 ▲ 24.9 ▲ 17.2 0.0
2回戦 得失点 2.5 21.0 ▲ 17.9 ▲ 5.6 0.0
順位点 4.0 8.0 ▲ 8.0 ▲ 4.0 ---
6.5 29.0 ▲ 25.9 ▲ 9.6 0.0
3回戦 得失点 ▲ 21.3 13.2 12.1 ▲ 4.0 0.0
順位点 ▲ 8.0 8.0 4.0 ▲ 4.0 ---
▲ 29.3 21.2 16.1 ▲ 8.0 0.0
4回戦 得失点 ▲ 14.5 ▲ 5.0 35.5 ▲ 16.0 0.0
順位点 ▲ 3.0 ▲ 1.0 12.0 ▲ 8.0 ---
▲ 17.5 ▲ 6.0 47.5 ▲ 24.0 0.0
  ペナ 0.0 0.0 0.0 0.0 ---
合計 ▲ 9.8 55.8 12.8 ▲ 58.8 0.0

決勝レポート&決定戦進出者コメント

明るく華やかな響き、女流桜花。
今年創設のタイトル戦、その初年度決勝進出者4名が、先に行われたプレーオフにより決定しました。
桜花といえば春、春といえば嵐!?なんか違いますか??
しかし、このリーグ戦では第1節から誰かしらが嵐を起こしてきましたから・・・。
プレーオフと呼ばれる決勝進出者決定戦でもやはり嵐が・・・。

まずはトータル4位二階堂亜樹の卓では、トータル17位の水越が奇跡を信じて+93.6の大ブレイク。
その煽りを受けた二階堂は無念の敗退。やはり嵐が吹き荒れました。

そして同じく奇跡を信じて臨んだ私の卓では、トータル5位の北野と6位の樫林が熾烈な争い。そのあまりの激しさに私の出る幕は全くもってなかったようでした。
北野が20ポイント以上リードして迎えた最終半荘。東ラスで親満を和了った北野を見て「決まりかな」と思った私の予感は、見事裏切られることになります。別卓の状況がわからない為、北野は更なるポイントの上積みを狙い、結果樫林に放銃。そしてここから樫林の猛反撃が始まったのです。オーラスを迎えた時点で射程圏に捕えると、しっかりポイント差を計算し、条件付きながらも最後はきっちり差し切り。
このあたりが決勝という大舞台を踏んだ経験の差なのかな、と思いました。
敵は本能寺ならぬ別の卓にいる。北野はそれに気をとられ、目の前の敵を見逃してしまったのかも。
これをバネにして更なる飛躍を期待しています。

さて、決定戦進出者4名にコメントを頂戴しました。


桑原恵子(1位通過)


電話をすると調度飲み会の最中だった桑原。

「絶〜〜〜対っ優勝します。」
「優勝は9割9分9厘私だと思います。」

3人の中で誰を一番意識されますか?

「優木さんかなぁ。でも誰が相手でも関係ないですよ。」

いいですね〜、この強気!!強気じゃない女性の方が珍しい連盟女流の中でもピカ一です!!
あとは緊張と上手く付き合えれば、単勝人気1番といってもいいでしょう。
第3期プロクイーンに続く2度目の決勝進出。
OLを辞めて麻雀プロになるために上京して5年。初タイトルに向け並々ならぬ意気込みの雀姫けいの挑戦から目が離せません。

彼女のイメージカラーは赤や青、はっきりしたトーンの色だなあと感じる私でした。


安田麻里菜(2位通過)

彼女は未知数です。

去年入ったばかりの22期。なおかつ女流しか出ていない為、普段見かける機会がありません。
見かけも個性的ではありますが、麻雀の方はというと今回の攻めっけが強い女流陣の中でもかなり大物手炸裂タイプか?

「え〜〜、難しいことはあまり考えてないです。う〜ん、遅刻しない事と〜、体調を整えるとか初歩的なことから確認していってま〜す!」


大物かもしれない・・・。


なんにせよ、初のタイトル戦決勝。大きなチャンスだから頑張って下さいね。

「はい、とても緊張しやすいので今からリラックスの方法を考えています。」

あれ、ここだけは普通だ。この彼女の不思議なオーラに実はこっそり注目をしてしまってる私です。

ちなみに彼女の色のイメージは黄色、オレンジ。


         優木美智(3位通過)

ゲストの仕事などで、彼女を知っている人は多いかもしれない。
少し某有名人に似たベビーフェイス。去年の新人王戦決勝進出者で惜しくも3位。
各タイトル戦をしっかり見学に来て多くを学ぼうとしている姿を見ると、本当に努力家なんだなと思います。
日々麻雀の事ばかり考えているらしく、リーグ戦などで彼女と会うと開口一番、「これ何を切りますか?」という問題が飛んでくるほど。
一途だなぁ。

「勝ちたいのはもちろんなんですけど、何よりもベストをつくして、悔いの残らない麻雀が打ちたいです。」

追われるよりは、追う立場の方が好きらしい彼女は攻守のバランスが重要課題か?
リーグ戦等の経験の積み重ねで見事に花を咲かせてほしいです。

ちなみに彼女は桜の色が似合うと勝手に思うので、桜花というタイトルは似合うかもしれないなあ、なんて想像してしまいました〜。


樫林愛子(4位通過)

普段は多忙で土日しか麻雀が打てないらしく、しかも地方在住。
そんなハンデを跳ね除け 、空いた時間に麻雀の研究。
今回も電話をしたときに既に相手の今までの順位率等を計算していました。
凄い。

昨夏の第4期プロクイーンで決定戦に進出するも足きり。
その悔しさを晴らす機会を、わずか半年で自らの力で掴み取ったその執念は見事の一言。

「プロクイーンの時は1・2回戦でラスを引いてあせってしまいました。一発裏ありというルールを意識しすぎて、攻めに気を取られ守りが崩れてしまいました。今回は落ち着いていつもどおり打てるように、頑張ります。」

自分の敗因をしっかり分析し、長丁場の戦いも経験済み。そういえばプロクイーンの時も2日目はかなり落ち着いた印象を受けました。
彼女は自分をよく知り、相手の研究も怠っていない。
堅実さが上手く作用すれば、この戦いを征することになるでしょう。

彼女のイメージカラーは白と薄いブルー。

さて決勝の展望ですが、面白いことにこの4名、予選の段階で直接対決がほとんどありません。優木と安田が1度対戦してるだけで、緒戦は腹の探り合いになりそう。実に興味深い対戦です。

注目の初代女流桜花決定戦は2月24日(土)25日(日)の2日間です。御期待下さい。


(文責  天音まこと 文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。