日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第9期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第9期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 ジャガー 真鍋 73.2 65.9 64.0 6.0 ▲ 24.6           184.5
2 財津 洋介 20.8 ▲ 2.4 ▲ 17.3 7.9 79.4           88.4
3 安東 裕允 ▲ 47.2 40.2 53.3 24.5 16.8           87.6
4 浜上 文吾 7.9 ▲ 27.1 28.8 14.3 32.8           56.7
5 中村 政時 ▲ 9.6 3.8 22.7 ▲ 41.8 5.9           ▲ 19.0
6 藤岡 治之 ▲ 15.8 18.1 ▲ 24.6 2.4 ▲ 17.7           ▲ 37.6
7 田中 隆次 38.4 ▲ 18.9 4.3 ▲ 41.1 ▲ 22.7           ▲ 40.0
8 藤原 武徳 ▲ 17.2 ▲ 7.2 ▲ 0.4 9.1 ▲ 39.2           ▲ 54.9
9 藤原 琢 27.5 ▲ 50.5 ▲ 28.6 28.6 ▲ 74.5           ▲ 97.5
10 流水 聖人 71.7 ▲ 88.5 ▲ 69.3 ▲ 19.9 0.0           ▲ 106.0
11 哀河 斗南 ▲ 89.9 20.0 ▲ 64.8 10.0 12.8           ▲ 111.9
12 森田 将 ▲ 12.0 ▲ 50.0 ▲ 16.1 ▲ 50.0 ▲ 100.0           ▲ 228.1
13 土肥 裕貴 ▲ 47.8 ▲ 36.4 47.0 0.0
---
          休場
●第8期皇帝位 田中 隆次
決定戦進出者  4名    降級者 2名

<レポート>

A 卓( J 真鍋×財津×中村×藤原琢×哀河)

B 卓(藤岡×藤原武徳×浜上×田中×安東)

土肥の欠場、他にも欠席者が出たため、 2 卓での闘いとなった。

1 年間という長丁場でスケジュールに無理が出てくるのも分からないこともないが、九州のトップリーグに属している重みを各人が再認識して欲しいと思う。

A 卓は首位を独走する J 真鍋に初めて土がついた。

未だにリードはあるもののまだ折り返しに来たばかり、やはり油断は禁物である。

対局結果を見たところ、 J 真鍋は一度もトップを取らせてもらっていない。同卓者の意志が結果に表れたのだろう。

そんな中、混戦から飛び出してきたのは財津だった。

プロアマ混合リーグでも決勝に残り、優勝こそは逃すものの2連続の準優勝。そんな彼の地力を疑う人間は九州にはいないだろう。

 

B 卓は浜上・安東が着々とポイントを重ね、下位との差を広げている。

田中は2節連続のマイナスで完全に混戦に巻き込まれてしまった。

 

トータル順位ではプラスポイントが 4 名という異様な雰囲気となっている。

4 位と 5 位のポイント差は約75 P 。まだ半分とはいえ、少々開きすぎている気もする。

これからの後半戦は、各人の駆け引きによる闘いとなることは言う迄も無い。

第6節の結果がどのようになるのか、一個人として楽しみにしている。

(文責:安東 裕允)



     

Bリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 中野 啓輔 20.7 79.8 98.1 8.5 97.6 304.7
2 藤原 英司 33.9 ▲ 63.6 69.9 102.5 ▲ 18.6 124.1
3 藤本 敬三 20.6 35.9 21.9 13.2 ▲ 12.4 79.2
4 井関 龍弦 53.5 8.3 22.6 12.6 ▲ 100.0 ▲ 3.0
5 安永 敏郎 ▲ 47.7 ▲ 5.5 ▲ 27.1 48.5 22.8 ▲ 9.0
6 西原 亨 30.1 3.8 48.5 ▲ 34.3 ▲ 66.6 ▲ 18.5
7 柿元 裕介 ▲ 24.0 ▲ 30.7 ▲ 50.7 23.9 57.7 ▲ 23.8
8 鷹尾 哲治 43.7 ▲ 25.0 ▲ 0.1 ▲ 0.6 ▲ 47.7 ▲ 29.7
9 木村 広二 ▲ 11.0 ▲ 9.3 60.6 ▲ 41.5 ▲ 50.0 ▲ 51.2
10 岡田 真代 ▲ 9.4 35.2 ▲ 32.7 ▲ 12.5 ▲ 50.0 ▲ 69.4
11 新谷 翔平 ▲ 54.5 ▲ 37.9 21.9 6.8 ▲ 8.0 ▲ 71.7
12 森永 勇治 ▲ 11.2 50.0 ▲ 45.1 ▲ 60.4 ▲ 50.0 ▲ 116.7
13 伊東 宏倫 26.0 ▲ 52.9 ▲ 59.3 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 186.2
14 福本 辰朗 26.6 ▲ 24.0 ▲ 90.3 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 187.7
15 鳥羽 流太郎 ▲ 76.7 33.9 ▲ 38.2 ▲ 66.7 ▲ 50.0 ▲ 197.7
16 佐藤 健治 ▲ 30.6 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 25.8 ▲ 206.4
昇級者  1名    降級者 2名

<レポート>

A 卓(中野×藤原×藤本×西原)
B 卓(新谷×佐藤×鷹尾×安永×柿元)


上位より中野、藤原、井関、藤本での決勝卓になるはずが、井関がまさかの欠場。

棚ボタで西原が決勝卓へ繰り上がり、最終節が始まった。

追いかける3人と、受けて立つ中野。

 ポイントに余裕がある中野は押し引きをハッキリさせ、一人無理をせずに流していた感があった。

逆に焦りが出たのか、2位の藤原は一回戦目で行きすぎラスを引いてしまう。

一回戦目を消化して2位以下とは80P以上の差をつけたのが、今回の優勝の大きな要因だったように思う。

その後も中野は、必死に追いかける藤原と藤本を軽く御して2着と2連勝でゴール。

終わってみれば、2節目から一人旅の圧勝だった。

今回のBリーグは全体的に上下がハッキリして大きく荒れた展開となったが、2位・藤原、3位・藤本、4位・井関には後期からも揺れない強い心と高いモチベーションを持ってリーグ全体を引っ張って行って欲しい。

来年からAリーグに名乗りを上げた中野は、ストレートで昇級した期待のルーキー。

このまま九州のトップへ駆け上がれるか、更なる試練が彼を待っている。


(文責:西原 亨)



 

Cリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 佐伯 嘉康 26.9 60.4 19.1 40.3 ▲ 14.9 131.8
2 中嶋 崇人 ▲ 31.9 64.1 98.7 2.1 ▲ 46.7 86.3
3 島崎 総一 58.5 42.3 ▲ 4.6 ▲ 50.0 12.8 59.0
4 島崎 隆政 ▲ 22.0 5.5 34.0 ▲ 14.4 28.8 31.9
5 田中 宣行 26.6 25.4 ▲ 38.6 ▲ 28.0 ▲ 35.6 ▲ 50.2
6 小川 善章 0.0 0.0 ▲ 8.1 3.5 ▲ 48.8 ▲ 53.4
7 青木 胤道 ▲ 54.2 ▲ 87.1 ▲ 14.1 2.1 74.5 ▲ 78.8
8 高木 祐 ▲ 9.2 ▲ 45.7 ▲ 68.3 19.8 24.3 ▲ 79.1
9 筒井 久美子 ▲ 30.2 ▲ 22.6 ▲ 52.2 ▲ 25.4 ▲ 14.4 ▲ 144.8
10 伊勢村 将崇 30.5 ▲ 16.3 ▲ 11.7 ▲ 100.0 ▲ 50.0 ▲ 147.5
11 仙水 巧 ▲ 50.0 ▲ 27.0 ▲ 100.0 ▲ 100.0 ▲ 100.0 ▲ 377.0
昇級者  3名  

<レポート>

A 卓(佐伯×中嶋×島崎総一×島崎隆政)
B 卓(高木×筒井×田中×青木×小川)


C リーグには降級がないため、下位の者には消化試合となってしまう可能性があると考える者もいるとは思うが、
私は最後まで昇級を目指して対局に臨んだ。


結果を見てみると、上位はそのままで前節までのポイントをきっちり守りきった佐伯、中嶋、島崎総一の3名が昇級となった。
彼らには、この勢いのまま B リーグでも頑張ってほしい。

私はというと、最後まで結果は揮わずに終わってしまった。
ほろ苦いデビュー戦となったことは残念だが、来期ではもっと上位に食い込める様にならなければ・・・。

最後になりますが、今回のレポートが最後の担当となります。
拙い文章ではございましたが、お付き合いいただきましてありがとうございました。

(文責:高木 祐 )







第7期九州リーグ(プロアマ混合)

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 伊藤 大善 12.2 110.5 ▲ 1.7 41.8   162.8
2 財津 洋介 63.5 23.8 9.3 12.2 40.7 149.5
3 浜上 文吾 11.5 26.5 12.6 77.5   128.1
4 高木 祐 27.8 86.8 ▲ 1.0 7.7   121.3
5 ジャガー 真鍋 56.0 50.6 54.6 ▲ 54.6   106.6
6 藤田 祥司 12.5 30.9 42.7 ▲ 20.7 19.5 84.9
7 吉武 みゆき ▲ 2.7 30.1 23.0 33.5   83.9
8 藤原 琢 ▲ 0.9 83.5 ▲ 50.7 26.6   58.5
9 中村 政時 90.2 ▲ 40.4 ▲ 5.1 15.5 ▲ 1.9 58.3
10 鷹尾 哲治 ▲ 4.8 27.5 3.0 20.8   46.5
11 阿部 紀彦 ▲ 23.2 47.0 ▲ 23.3 8.9   9.4
12 安東 裕允 ▲ 6.9 ▲ 25.5 27.2 ▲ 39.3 41.7 ▲ 2.8
13 柿元 裕介 1.3 ▲ 34.0 41.5 0.1 ▲ 13.3 ▲ 4.4
14 末岡 賢治 ▲ 19.5 70.2 ▲ 31.1 ▲ 58.3   ▲ 38.7
15 堺 千裕 ▲ 9.9 ▲ 42.4 15.7 ▲ 7.7   ▲ 44.3
16 岡田 真代 ▲ 23.9 28.6 ▲ 37.4 ▲ 13.4   ▲ 46.1
17 木村 広二 ▲ 69.4 16.7 ▲ 28.6     ▲ 81.3
18 新谷 翔平 ▲ 100.0 ▲ 2.1 ▲ 53.9 42.1 31.3 ▲ 82.6
19 哀河 斗南 ▲ 15.5 ▲ 23.4 ▲ 50.0     ▲ 88.9
20 西原 亨 ▲ 22.9 26.9 ▲ 80.0 ▲ 20.9 4.4 ▲ 92.5
21 佐々木 和輝 12.8 ▲ 59.7 ▲ 66.9     ▲ 113.8
22 安永 敏郎 ▲ 22.1 23.0 ▲ 55.8 14.7 ▲ 78.4 ▲ 118.6
23 木村 栄希 ▲ 18.6 ▲ 102.9 8.0 ▲ 49.9   ▲ 163.4




九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革  
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村  
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介  
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木  
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司  成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。