日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第13期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第13期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 西原 亨 15.1 15.0 60.1 32.4 ▲ 10.4 11.3 72.7       196.2
2 藤原 英司 16.4 32.3 ▲ 8.6 5.8 143.4 ▲ 73.3 34.0       150.0
3 青木 胤道 ▲ 3.5 3.3 ▲ 17.9 19.2 44.0 40.3 ▲ 1.4       84.0
4 小車 祥 19.3 ▲ 22.7 15.3 22.9 ▲ 126.8 119.7 39.0       66.7
5 浜上 文吾 30.9 ▲ 84.7 ▲ 38.7 ▲ 10.6 98.6 75.7 ▲ 9.9       61.3
6 塚本 将之 53.2 21.3 1.2 ▲ 43.8 ▲ 22.5 18.9 28.8       57.1
7 東谷 達矢 ▲ 35.2 ▲ 12.0 44.9 30.3 ▲ 42.1 72.7 ▲ 16.6       42.0
8 ジャガー 真鍋 ▲ 5.8 62.5 110.0 ▲ 13.9 ▲ 25.0 ▲ 82.9 ▲ 32.9       12.0
9 福田 正道 4.7 ▲ 2.0 ▲ 46.9 1.7 ▲ 25.9 ▲ 16.1 11.6       ▲ 72.9
10 安東 裕允 31.1 20.1 ▲ 16.2 2.0 23.1 ▲ 112.2 ▲ 39.5       ▲ 91.6
11 柿元 裕介 ▲ 42.7 ▲ 55.4 ▲ 33.6 ▲ 23.8 16.3 8.6 14.0       ▲ 116.6
12 新谷 翔平 ▲ 63.8 10.1 ▲ 39.7 20.1 ▲ 46.9 ▲ 4.1 ▲ 52.1       ▲ 176.4
13 名倉 徹 ▲ 19.7 7.2 ▲ 29.9 ▲ 42.3 ▲ 25.8 ▲ 58.6 ▲ 67.7       ▲ 236.8

<第7節レポート:名倉

A卓(名倉×西原×東谷×福田)
B卓(浜上×柿元×塚本×J真鍋)
C卓(安東×藤原×青木×新谷×小車)

今回Aリーグのレポートを担当させていただく26期生の名倉徹です。

A卓
1回戦は私と福田のアガリ競争となる。
東1局は私が2,400を東谷からアガる。
東2局8巡目に親の西原からリーチが入る。このリーチに福田が宣言牌のをポンして押し返す。
すぐに1枚切れのが出てポンして無筋のを勝負。次巡をツモアガる。

 ポン ポン ツモ

「今日は100P叩くつもりだから。」
対局前に福田が私に言ってきた。その気合いが伝わってきた1局だった。

私も負けじと2,600、11,600とアガり、オーラス福田の親番。
私は40,200点持ち。3,900をアガればトップのところに12巡目に親の福田からリーチが入る。
すでにテンパイが入っていた私が押し返すが福田に3,900を放銃。
1本場、2本場と流局し、3本場は西原がラス抜けの3,900は4,800を東谷から上がり1回戦目は終了した。

2回戦、東1局に七対子のドラ単騎のリーチを打つも一人テンパイで流局。その後は静かに流れ東4局、私の親番。
5巡目に南家の西原が切ったを私がポンする。

 ポン ドラ

少しでも局面を長引かせたかった仕掛けだが8巡目に西原からリーチ。13巡目の私の牌姿が、

 ポン

このテンパイだがすでにが2枚、が一枚切れている。
はワンチャンスだが、他の筋が通りすぎており、相当危険に感じる。私はを切りテンパイを外した。
「まだ東場だし焦る必要はない。」そう言い聞かせた。言い聞かせたはずだった。
ところがハイテイで再びテンパイが入る。

 ポン ツモ

こんなの考える必要なんて何もない。を切って終わりである。しかし私は少考してしまう。

 ロン

西原が少し驚いた感じで手牌を倒した。

「はい。」と8,000を支払うが頭の中は真っ白である。何をやっているのだろう?
私は6節で▲169.1Pしている。だからどこかで腹を括って前にでるしかないと思っていた。しかしこれは明らかに無謀な打牌で暴牌といってもいい。
自分でメンタルを壊した私はこの半荘一人沈みの4着。
その後3、4回戦と立て直すことができずにトータル▲67.7Pで卓内ラス。卓内トップは西原。1回戦こそ沈みの3着だったが、残りを3連勝して+72.7Pと決勝進出をほぼ決めた。


B卓。印象に残ったのが浜上の24,000点持ちの3回戦オーラス。

 ドラ

このテンパイが3巡目。
4巡目真鍋からが出るもスルーして、数巡後にをつもりノータイムで切りリーチ。
結果は真鍋が2,000・3,900は2,100・4,000をツモアガり、浜上のリーチは不発に終わる。
対局後、浜上が「あんなの当然でしょ?アガらないよ〜。」と私と違って余裕たっぷりに答えてくれた。

C卓は今期好調の藤原と前節+119.7P叩いた小車の二人浮きで終了。青木も1、2回戦と連勝するも残り2回戦は2人の嵐に巻き込まれマイナスで終わってしまった。

長いAリーグの戦いももうすぐ終わろうとしている。残り3節12半荘しかない。はっきり言って厳しいポイント差だが最後まで諦めず、残りの戦いを悔いのないようにしたい。
もがいて足掻いて、必死にこの場所にしがみついてやる!!

第8節組み合わせ予定
A卓(西原×名倉×青木×塚本×J真鍋)
B卓(福田×小車×安東×柿元)
C卓(東谷×藤原×新谷×浜上)
(組み合わせは都合により変更になることもあります)

 

 



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 大和田 篤史 プロ 41.1 62.7       103.8
2 貴田 純一 アマ 33.2 18.0       51.2
3 服部 学 プロ 14.8 9.2       24.0
4 藤原 琢 プロ 31.0 ▲ 8.3       22.7
5 錦辺 卓三 アマ 20.1 ▲ 2.9       17.2
6 藤岡 治之 プロ ▲ 11.4 26.8       15.4
7 小川 善章 プロ 11.6 2.8       14.4
8 中島 行泰 アマ 13.2 0.0       13.2
9 石原 忠道 アマ ▲ 12.5 20.2       7.7
10 藤井 崇勝 アマ ▲ 10.5 12.9       2.4
11 榎田 賢二郎 プロ ▲ 50.0 51.6       1.6
12 川崎 行広 プロ 2.7 ▲ 12.0       ▲ 9.3
13 福田 譲二 プロ ▲ 35.9 20.7       ▲ 15.2
14 菊池 豪 プロ ▲ 7.7 ▲ 7.9       ▲ 15.6
15 樋口 徹 プロ 17.4 ▲ 44.1       ▲ 26.7
16 安永 敏郎 アマ ▲ 19.1 ▲ 13.8       ▲ 32.9
17 氷室 哀華 プロ 10.7 ▲ 53.7       ▲ 43.0
18 矢野 拓郎 プロ ▲ 63.9 ▲ 33.6       ▲ 97.5
19 流水 聖人 プロ ▲ 55.8 ▲ 48.6       ▲ 104.4

<後期第2節レポート:藤原 琢

A卓(藤原×安永×藤井×服部)
B卓(石原×錦辺×樋口×藤岡)
C卓(川崎×流水×大和田×榎田×氷室)
D卓(矢野×菊池×貴田×小川×福田)

今回Bリーグのレポートを担当させていただきます藤原です、よろしくお願いします。

すごしやすい季節になった10月、九州リーグ後期第2節。
私の卓は、今期よりBリーグへ昇級した服部プロと安永さんと藤井さんの4名。

1回戦、全アガリ9回のうち7回が7,700以上のアガリとなり、荒れた展開となる。

2回戦、南1局。親:服部。

 リーチ ドラ

私が上記の牌姿でリーチする。
服部プロ、藤井さんと立て続けにリーチが入るが私がドラのをツモり、3,000・6,000のアガリとし、これが決め手となってトップを取ることができた。

3回戦、4回戦と終了し、結果だけ見ると静かな戦いだったように見えなくも無いが、全体的に荒れた展開になったと思う。

Bリーグ残り3節、私自身Aリーグ返り咲きを目標に頑張りたいと思います。



 



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 伊東 宏倫 プロ 68.5 44.9       113.4
2 和田 久 アマ 45.5 53.8       99.3
3 佐藤 健治 プロ 113.9 ▲ 21.8       92.1
4 水町 慎一 プロ 23.4 44.8       68.2
5 古本 和宏 アマ 21.9 35.7       57.6
6 筒井 久美子 プロ 87.4 ▲ 39.3       48.1
7 鶴 浩昭 プロ 48.1 ▲ 3.9       44.2
8 宮崎 皓之介 アマ ▲ 42.9 71.6       28.7
9 進 栄二 アマ 66.4 ▲ 38.4       28.0
10 松本 路也 アマ 47.4 ▲ 22.8       24.6
11 原 宙史 アマ ▲ 14.3 30.5       16.2
12 河野 みのり プロ 25.9 ▲ 10.5       15.4
13 麻生 征吾 プロ 3.2 10.3       13.5
14 山本 光男 アマ ▲ 24.1 34.7       10.6
15 山本 江利香 プロ ▲ 41.3 46.8       5.5
16 松尾 樹宏 プロ 21.6 ▲ 18.3       3.3
17 吉田 雄紀 アマ 21.9 ▲ 19.7       2.2
18 公文 寛明 アマ ▲ 47.7 34.9       ▲ 12.8
19 陣野 良貴 アマ ▲ 12.7 ▲ 5.8       ▲ 18.5
20 山本 秋桜里 アマ 10.3 ▲ 38.7       ▲ 28.4
21 北島 勇輝 プロ ▲ 70.3 27.5       ▲ 42.8
22 下山 哲也 プロ ▲ 42.8 ▲ 3.7       ▲ 46.5
23 平田 裕貴 アマ ▲ 32.0 ▲ 18.3       ▲ 50.3
24 濱田 貴幸 アマ ▲ 71.7 17.3       ▲ 54.4
25 西川 舞 プロ ▲ 28.6 ▲ 32.2       ▲ 60.8
26 田中 哲也 アマ ▲ 31.0 ▲ 48.0       ▲ 79.0
27 スカルリーパーA-ji プロ ▲ 42.6 ▲ 50.0       ▲ 92.6
28 河野 晃大 アマ ▲ 64.0 ▲ 61.3       ▲ 125.3
29 友保 美香里 アマ ▲ 41.4 ▲ 91.1       ▲ 132.5
 

<後期第2節レポート:鶴 浩昭

A卓(筒井×山本秋桜里×原×北島)
B卓(麻生×佐藤×陣野×濱田)
C卓(伊東×松尾×山本光男×河野晃大)
D卓(和田×河野みのり×山本江利香×友保)
E卓(水町×平田×下山×松本)
F卓(進×古本×西川×公文)
G卓(鶴×宮崎×吉田×田中)

10月に入り、今節のCリーグ後期第2節が行われた。
秋も深まり外は少し寒くなったが、会場はいつも熱気に包まれている。
先日新たにプロ試験が行われ、8名の29期生が参戦してきた。
29期生の中には初めて先輩方と対局する人もいて若干緊張しているようにも見受けられた。
これから先輩方から対局を通じて所作やマナーなどを学んでいって欲しい。

各卓の結果を見ていくと、
B卓では前節首位を走る佐藤に麻生、陣野、濱田が迎え撃つ。少ないポイントながらも実力派麻生が卓内トップ。
G卓では29期生宮崎が4連勝の大爆発。キチンと本手がアガれているのが、調子がいい証拠であるだろう。
その他の卓では実力のある水町、伊東、和田が順調にポイントを伸ばし上位をキープしている。

F卓では古本が卓内トップ。古本の印象に残った局面を紹介しよう。
南4局4本場、東家:古本。配牌が、

 ドラ

である。素晴らしい配牌だ。2巡目に、

 ツモ 打

とする。ここから5巡目に、をチーして打

 チー

11巡目に西川よりロンアガリし、11,600は12,800。
賛否両論あると思うが、最高で12,000オールまで見える手牌。
少し勿体ない気がした。

まだ2節終わったばかりだが、もう後3節しかない。
私も含め、全員が昇級したい思いは強いであろう。
まだ全員に昇級のチャンスがあるので、次節も後悔のない様に戦って欲しい。








第14回九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 松尾 樹宏 プロ 54.9 138.4 ▲ 37.5 102.5 ▲ 1.5 256.8
2 福田 正道 プロ 5.9 64.4 49.6 60.7 35.6 216.2
3 鶴 浩昭 プロ 2.5 73.6 61.2 11.8 55.0 204.1
4 浜上 文吾 プロ 17.8 35.2 0.9 7.3 52.3 113.5
5 大和田 篤史 プロ 5.4 67.1 24.5 ▲ 11.1 11.6 97.5
6 服部 学 プロ ▲ 12.7 2.0 97.5 30.3 ▲ 23.8 93.3
7 安永 敏郎 アマ 45.6 109.7 33.8 ▲ 87.9 ▲ 18.3 82.9
8 河野 みのり プロ ▲ 1.4 61.4 ▲ 13.1 15.0 ▲ 2.3 59.6
9 新谷 翔平 プロ 52.0 6.3 ▲ 62.7 ▲ 3.4 56.8 49.0
10 ジャガー 真鍋 プロ ▲ 15.9 31.5 26.6 13.8 ▲ 13.3 42.7
11 貴田 純一 アマ ▲ 15.6 24.7 ▲ 0.8 ▲ 4.6 35.8 39.5
12 藤岡 治之 プロ ▲ 47.6 ▲ 1.2 1.8 54.2 21.6 28.8
13 西原 亨 プロ 2.8 ▲ 54.6 ▲ 13.1 45.4 39.1 19.6
14 小車 祥 プロ 14.8 24.0 ▲ 8.1 32.8 ▲ 49.2 14.3
15 田原 ひとみ アマ 31.1 ▲ 44.4 ▲ 50.3 71.8 ▲ 7.5 0.7
16 西川 舞 プロ 56.2 32.6 ▲ 11.2 ▲ 16.6 ▲ 68.1 ▲ 7.1
17 吉田 彩乃 アマ ▲ 30.4 ▲ 33.0 38.4 24.5 ▲ 13.3 ▲ 13.8
18 矢野 拓郎 プロ 57.0 ▲ 36.8 16.2 ▲ 21.4 ▲ 38.4 ▲ 23.4
19 石原 忠道 アマ 61.2 ▲ 65.5 ▲ 15.4 ▲ 11.4 ▲ 1.2 ▲ 32.3
20 樋口 徹 プロ ▲ 54.3 ▲ 37.5 27.3 39.7 ▲ 7.5 ▲ 32.3
21 水町 慎一 プロ 5.9 62.7 ▲ 25.6 ▲ 50.8 ▲ 29.2 ▲ 37.0
22 東谷 達矢 プロ 53.2 59.3 ▲ 31.2 ▲ 1.7 ▲ 123.9 ▲ 44.3
23 青木 胤 道 プロ ▲ 53.7 ▲ 9.3 ▲ 21.3 15.4 21.5 ▲ 47.4
24 阿部 紀彦 アマ ▲ 58.9 ▲ 41.8 ▲ 6.4 ▲ 1.1 16.7 ▲ 91.5
25 中島 行泰 アマ ▲ 21.9 ▲ 41.4 0.8 ▲ 11.6 ▲ 18.8 ▲ 92.9
26 一本 達郎 アマ 10.6 ▲ 16.0 ▲ 60.3 ▲ 5.4 ▲ 28.3 ▲ 99.4
27 塚本 将之 プロ ▲ 29.1 ▲ 21.6 ▲ 22.9 ▲ 68.8 38.0 ▲ 104.4
28 新原 なおみ アマ ▲ 26.5 ▲ 22.7 ▲ 24.1 ▲ 28.2 ▲ 34.7 ▲ 136.2
29 藤井 崇勝 アマ 58.0 ▲ 51.6 ▲ 49.3 54.6 ▲ 150.0 ▲ 138.3
30 公文 寛明 アマ ▲ 58.9 ▲ 57.1 ▲ 71.2 10.1 35.9 ▲ 141.2
31 哀河 斗南 プロ ▲ 62.4 ▲ 5.6 ▲ 1.3 34.3 ▲ 150.0 ▲ 185.0
32 田中 哲也 アマ ▲ 30.8 ▲ 46.5 ▲ 18.6 ▲ 4.2 ▲ 150.0 ▲ 250.1
33 安東 裕允 プロ ▲ 29.7 ▲ 96.5 17.9 ▲ 12.8 ▲ 150.0 ▲ 271.1
プレーオフ進出ライン:順位枠内に表示




年間活動予定

2012年4月      
15 日 九州プロリーグ  第 1 節
22 日 九州プロアマリーグ  第 1 節
5月 13 日 九州プロアマリーグ  第 2 節
20 日 九州プロリーグ  第 2 節
20 日 九州プロアマリーグ( 別 日  
6月      
10 日 九州プロリーグ  第 3 節
10 日 九州プロアマリーグ( 別 日 ◆
17 日 九州プロアマリーグ  第 3 節
7月      
15 日 九州プロリーグ  第 4 節
15 日 九州プロアマリーグ( 別 日 )
29 日 九州プロアマリーグ  第 4 節
8月      
12 日 九州プロアマリーグ  第 5 節
19 日 九州プロリーグ  第 5 節
19 日 九州プロアマリーグ( 別 日 ぁ
9月      
16 日 第10 回 九州 グランプリ・懇親会
23 日 九州プロリーグ  第 6 節
23 日 九州プロアマリーグ( 別 日 ァ
10月      
7 日 第 29 期生 研修会
14 日 九州プロリーグ  第 7 節
28 日 九州プロアマリーグ(ベスト24→20) 予定
11月      
11 日 九州プロリーグ  第 8 節
12月      
9 日 九州プロリーグ  第 9 節
16 日 九州プロアマリーグ(ベスト20→16) 予定
2013年1      
20 日 九州プロリーグ  第 10 節
2月      
9 日 皇帝位戦 決勝 ( 初日 )
10 日 皇帝位戦 決勝 ( 最終日 )
17 日 九州プロアマリーグ(ベスト16→8) 予定
3月      
9 日 九州プロアマリーグ  準決勝 ジュンケッショウ
10 日 九州プロアマリーグ  決勝
16 日 第11 回 九州 グランプリ・ 懇親会




九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010 ジャガー 真鍋 浜上 文吾 新谷 翔平 流水 聖人
第12期 2011 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允 東谷 達矢
第13期 2012 ? ? ? ?

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010 羽山 真生 柿元 裕介 西原 亨 中島 行泰 塚本 将之
第12期 2010 東谷 達矢
服部 学
田中 泰隆
江野口 祐弥
   
第13期 2011 ジャガー 真鍋 浜上 文吾 尾之上 博寿 安永 敏郎    


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
第6期
2010 小車 祥 柿元 裕介 西原 亨 塚本 将之 成績
第7期
2010 羽山 真生
安永 敏郎
筒井 久美子
安東 裕允
成績
第8期 2011 水町 慎一
茶園 暁
谷口 昌幸
松本 路也
成績
第9期 2012 小車 祥
浜上 文吾
羽山 真生
安永 敏郎
成績
第10期 2012 安永 敏郎
名倉 徹
石原 忠道 山本 江利香
成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。