日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第12期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第12期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 浜上 文吾 62.7 58.6 102.4 ▲ 10.5 57.4 89.3 6.2 ▲ 3.7 31.0 39.1 432.5
2 安東 裕允 ▲ 26.1 20.8 77.9 ▲ 11.4 0.2 4.7 9.2 ▲ 6.5 ▲ 3.6 10.8 76.0
3 ジャガー 真鍋 28.7 27.3 ▲ 6.3 34.6 ▲ 0.8 7.3 ▲ 26.9 17.5 ▲ 39.8 1.7 43.3
4 東谷 達矢 11.2 ▲ 104.8 20.8 53.1 11.8 4.4 12.5 46.7 24.9 ▲ 51.6 29.0
5 新谷 翔平 33.9 ▲ 8.1 ▲ 43.9 14.4 ▲ 20.2 ▲ 30.6 0.8 57.2 30.7 ▲ 9.9 24.3
6 柿元 裕介 47.7 6.6 ▲ 23.0 ▲ 4.5 ▲ 79.5 56.7 ▲ 30.1 ▲ 46.7 43.0 27.9 ▲ 1.9
7 小車 祥 18.2 48.3 47.6 ▲ 75.2 36.1 ▲ 33.0 ▲ 59.4 56.9 ▲ 30.8 ▲ 15.0 ▲ 6.3
8 塚本 将之 9.8 21.0 ▲ 73.0 11.8 63.6 ▲ 8.2 ▲ 16.7 ▲ 25.5 3.4 ▲ 3.0 ▲ 16.8
9 福田 正道 ▲ 26.0 10.0 ▲ 45.6 63.6 ▲ 24.7 ▲ 0.4 ▲ 5.6 ▲ 37.2 ▲ 15.8 23.8 ▲ 57.9
10 青木 胤道 ▲ 30.4 ▲ 49.8 21.0 ▲ 98.7 ▲ 1.5 4.8 13.7 2.9 78.7 ▲ 3.6 ▲ 62.9
11 久保 由美 ▲ 50.9 ▲ 25.8 ▲ 20.7 33.8 ▲ 14.4 ▲ 54.3 23.1 15.0 ▲ 26.9 9.2 ▲ 111.9
12 藤原 英司 ▲ 42.1 36.2 ▲ 90.8 ▲ 18.7 ▲ 27.5 18.6 38.0 ▲ 30.3 ▲ 33.7 28.5 ▲ 121.8
13 流水 聖人 ▲ 37.7 ▲ 40.3 33.6 7.7 ▲ 10.5 ▲ 60.3 ▲ 4.8 ▲ 47.3 ▲ 62.1 ▲ 57.9 ▲ 279.6

<最終節レポート:西原 亨>

A卓(安東×J真鍋×東谷×浜上)
B卓(柿元×新谷×小車×塚本)
C卓(青木×福田×久保×藤原×流水)

いよいよ決勝戦進出を決める最終節。思惑は皆それぞれある事だろう。
泣いても笑っても、その瞬間まであと4回戦。

A卓、現在ダントツのトップ目である浜上。
決勝戦を見据えて、特定の人間に対しては辛く絞り、3人のうちの1人を舞台から降ろしてやろうという構えであろうかと思いきや、
普段と変わらず自然体で1局1局を消化していく。
ほぼ確定している席からの余裕というより「誰が残っても自分のやることに変わりはない」という強い意志を感じた。

今年から出来た特別昇級でAまで昇ってきた東谷は初戦でトップを飾り、少しホッとしたかのように見えた。
一方、持ち点を削られた安東、真鍋の両名。安東は4回戦を通じて常に安定を意識しているのがよく解る。
しっかりと自分の立ち位置を理解していて、常に冷静を保っていた様に見えた。

現皇帝位である真鍋は、1回戦で大きなマイナスを押し付けられてしまう。
さすがに動揺が見て取れたが、その後は盛り返してトータルも浮きでまとめるあたりは流石。

初戦にトップを取った東谷だったが、その後は痛恨の2ラスをひいてしまい、最終戦で眞鍋との着順勝負で上回ろうと必死に喰らいつく。


B卓、終わってから見る視点ではあるが、決勝進出ボーダーは+29.1P。稀に見る低いラインであった。
ただ、そんなことは会場にいる誰もが解らないことであり、各々が最後まで諦めない気持ちで闘っている。
この卓内の人の目指す所は、9節終了時点での真鍋である。
その位置に一番近い新谷は、去年の雪辱に燃えていたことだろう。が、1、2回戦と連続でラスを押し付けられてしまう。

小車、塚本の両名の奮起も目を見張るものがあったが、柿元の戦略的な麻雀が功を奏し1人浮きの卓内トップをさらうが、
それでも新谷には遠く及ばず、無念の敗退となった。

ボーダーへ1番近い距離にいる新谷は、3回戦でも早々に塚本へ12,000の放銃。
だが、ここから目が覚めたかのように怒涛のごとくアガリを重ね、その後は2トップと盛り返し、マイナスを最小限に止める。
全てを終え、新谷は最も気になるA卓の状況確認へと急ぐ。

ここでA卓の最終戦の前に、C卓の状況を見たいと思う。

C卓、この卓には、前年度の決勝進出者の流水がいた。
初戦で一時は10,000点を割るほど厳しい展開。後ろで観戦したが、押すことに同意出来る打牌で捕まってしまい、うまく手牌とアガリが結びついてこない。
しかし、ここから彼らしい手牌進行で点棒をかき集め、原点まで少し届かずの3着まで浮上し、次戦以降に望みをつなぐ。

一方の残留ボーダーである久保は、拾えるアガリを慎重に重ね、失点も最小限に抑えることによりトップを取る。
しかも、自分をターゲットにしている2人を沈ませる理想的なスタートとなった。

青木、福田の両名は終始安定を意識し、1戦1戦、丁寧に慎重にを繰り返しラスを回避。ポイント差を常に意識し、危なげなく残留を決めた。
4回戦通じて本手が交わされてばかりだった流水は、この日1人目の降級者となってしまった。
最後まで自分の信念を曲げない流水ワールドは、観戦者を惹きつける、男気溢れるものだと再認識した。

降級戦線、残るは藤原、久保の競り合い、一時は上下20Pまで迫られた久保、しかし追われる彼女より藤原の方が焦りがあったのかもしれない。
最終局では手牌を窮屈に進行してしまった藤原は、残留まであと一歩だっただけに悔しい局となった。
この経験は今後の彼を必ず大きくしてくれると思う。

残留を決めた久保の成績は1、4、1、4の+9.2P。
僅差の勝利を経験し、ひと回り大きくなった来期の彼女は今から楽しみである。

さぁ、A卓は最終戦のオーラス。この1局で決定戦進出者が決まる大事な瞬間。
観戦者にはポイントの情報が与えられないため、そそくさと落ち着かないのは新谷。
卓内では、必死に眞鍋というハードルを超えようとする東谷。3,000・6,000で決勝進出。

そんな東谷の心の願いが聞こえてくる。
手変わりまで見逃しをかけたが、変わらぬままオーラスは1人テンパイで流れる。
全日程終了後、新谷より僅かに3,700点上回ったのは東谷。
夢の舞台へどうにかたどり着いた。決定戦にかける意気込みは次のとおり。


1位通過、浜上文吾。
「今年は勝つ為に日頃からやってきた。落ち着いて頂点を目指します。」

2位通過、安東裕允。
「集中して打つ!久々に返り咲きたいです。」

3位通過、ジャガー真鍋。
「前人未到の2連覇!(を目指して)頑張ります。」

4位通過、東谷達矢
「挑戦者として、全力で向かっていきます。」

苦しみながら決勝という舞台に駒を進めたこの4名。
皇帝位戦に相応しい、素晴らしい闘牌を魅せてくれることであろう。

 

 



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 古林 千寿 プロ 31.9 17.9 73.8 23.5 ▲ 13.5 133.6
2 名倉 徹 プロ 22.2 68.6 39.5 ▲ 19.1 8.8 120.0
3 中尾 多門 プロ 81.5 2.6 11.0 ▲ 19.4 14.2 89.9
4 大和田 篤史 プロ ▲ 60.1 72.6 22.6 54.5 ▲ 32.5 57.1
5 藤岡 治之 プロ ▲ 2.4 ▲ 19.5 6.2 ▲ 16.7 76.4 44.0
6 新井 龍太 プロ 63.9 ▲ 19.4 ▲ 30.6 2.2 ▲ 8.2 7.9
7 東 博文 プロ 19.6 ▲ 42.5 0.0 8.5 19.4 5.0
8 中島 行泰 アマ 0.0 ▲ 13.6 6.2 ▲ 0.1 5.0 ▲ 2.5
9 筒井 久美子 プロ ▲ 31.9 36.7 12.8 ▲ 43.2 ▲ 2.7 ▲ 28.3
10 安永 敏郎 アマ ▲ 65.1 45.5 ▲ 57.8 0.0 47.0 ▲ 30.4
11 藤原 琢 プロ ▲ 17.6 20.9 ▲ 67.7 36.4 ▲ 15.5 ▲ 43.5
12 平本 祐樹 アマ 21.8 ▲ 23.8 40.5 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 61.5
13 一本 達郎 アマ ▲ 74.7 ▲ 41.0 99.9 ▲ 63.6 ▲ 13.5 ▲ 92.9
14 高木 祐 プロ ▲ 32.0 ▲ 51.7 ▲ 36.3 17.0 ▲ 39.8 ▲ 142.8
15 錦辺 卓三 アマ 65.2 ▲ 69.7 ▲ 51.0 ▲ 50.0 ▲ 70.1 ▲ 175.6
16 上田 悟史 アマ ▲ 22.3 16.4 ▲ 92.1 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 198.0

<後期最終節レポート:古林 千寿


A卓(大和田×名倉×中尾×古林)
B卓(新井×中島×東×筒井×藤原)
C卓(藤岡×安永×一本×高木×錦辺)

後期最終節のレポートを務めます古林です。
初めてのレポート挑戦でレポートの態をなしていないかもしれませんが、何卒宜しくお願い致します。

第4節終了時、古林+147.1P、名倉+111.2P、大和田+89.6P、中尾+75.P7と、
突出したプレーヤーがおらず、全員に昇級のチャンスのある状況の中、最終節がスタート。

特に35.9ポイント差で私の後を追う名倉は、同期かつ今まで同卓の機会が多く、その実力を目の当たりにしてきているだけに強く意識するプレーヤー。
私は同卓者の中で、1番実力の伴っていない自覚があり、また追われる形で迎えた最終節は、卓上でどのように振舞ったらよいのか雲を掴むようであった。

緊張しつつの麻雀でミスが多い中ではあったが、3回戦終了時のポイントは、古林+140.7P、名倉+107.4P、大和田+92.2P、中尾+82.3Pと、
なんとか凌ぎつつ4回戦を迎えられた。

3回戦目に、2人リーチの上、親のリーチが入ったすぐのツモで500・1,000をアガれたことが印象に残っており、
これがなければ苦しい状況におかれていたのではないかと思う。

また、毎月のリーグ戦では半荘毎に大きくポイントが動くことも珍しくないが、
今節は各自が昇級を見据えた慎重さによるものか、全ての半荘において、いずれも±10ポイント以内に抑えられた場であったのも印象的である。

なんとか昇級出来ましたが、課題が目立った最終節でした。
本音を言えば、もし今期残留であったとしても特に悔しさは感じなかったと思います。
春からはAリーグの諸先輩方の足手まといにならないよう、また1年後にAリーグ→Bリーグ降級になった時には、
せめて悔しいと思えるくらいにはなりたいと、消極的なようではありますがこれを来期の抱負とさせてください。

 

 



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 樋口 徹 アマ ▲ 10.6 ▲ 19.2 89.5 95.5 26.9 182.1
2 福田 譲二 プロ 104.6 ▲ 2.3 37.2 51.9 ▲ 34.6 156.8
3 菊池 豪 アマ 27.5 16.6 108.6 ▲ 55.0 43.2 140.9
4 矢野 拓郎 プロ 16.2 49.9 46.9 20.8 5.7 139.5
5 柴田 祐一朗 アマ 46.7 65.2 4.4 ▲ 8.4 24.4 132.3
6 松尾 樹宏 アマ 64.0 ▲ 20.0 17.6 62.7 2.0 126.3
7 小川 善章 プロ ▲ 50.0 23.4 ▲ 22.2 46.9 97.6 95.7
8 伊東 宏倫 プロ 25.7 ▲ 6.3 ▲ 9.8 ▲ 20.4 72.3 61.5
9 下山 哲也 アマ ▲ 63.4 113.9 ▲ 50.0 47.9 1.9 50.3
10 鶴 浩昭 アマ ▲ 19.0 55.3 ▲ 14.0 11.8 6.3 40.4
11 水町 慎一 プロ ▲ 32.9 12.2 ▲ 5.8 34.2 ▲ 13.0 ▲ 5.3
12 西川 舞 アマ 8.2 14.5 15.1 25.2 ▲ 69.5 ▲ 6.5
13 榎田 賢二郎 プロ ▲ 25.5 ▲ 75.1 87.8 ▲ 44.6 46.5 ▲ 10.9
14 石原 忠道 アマ 18.7 39.5 ▲ 48.3 17.7 ▲ 50.0 ▲ 22.4
15 佐藤 健治 プロ ▲ 50.0 17.1 58.8 ▲ 2.5 ▲ 92.9 ▲ 69.5
16 森 大輔 アマ 2.1 ▲ 24.0 ▲ 40.9 10.9 ▲ 30.9 ▲ 82.8
17 服部 学 プロ ▲ 1.0 63.0 ▲ 93.5 3.4 ▲ 55.6 ▲ 83.7
18 藤田 正彦 アマ ▲ 1.0 ▲ 47.6 ▲ 70.0 ▲ 6.9 36.9 ▲ 88.6
19 北島 勇輝 アマ 22.6 ▲ 59.8 ▲ 78.2 5.1 ▲ 2.5 ▲ 112.8
20 藤田 竜三 アマ ▲ 50.0 ▲ 8.9 ▲ 14.9 ▲ 12.6 ▲ 32.3 ▲ 118.7
21 氷室 哀華 プロ ▲ 2.5 ▲ 64.5 ▲ 50.0 46.6 ▲ 50.0 ▲ 120.4
22 河野 みのり アマ ▲ 1.7 ▲ 50.0 ▲ 18.5 ▲ 71.1 5.9 ▲ 135.4
23 茶圓 暁 アマ ▲ 10.3 16.9 ▲ 84.1 ▲ 41.4 ▲ 34.0 ▲ 152.9
24 山本 江利香 プロ ▲ 40.2 27.5 ▲ 57.8 ▲ 80.5 ▲ 6.3 ▲ 157.3
25 江野口 祐弥 アマ ▲ 36.9 ▲ 66.7 ▲ 28.4 ▲ 24.3 ▲ 50.0 ▲ 206.3
26 相本 長武 アマ 30.9 ▲ 85.2 ▲ 11.1 ▲ 113.8 ▲ 50.0 ▲ 229.2
 

<後期最終節レポート:樋口 徹


A卓(矢野×福田×樋口×松尾)
B卓(柴田×下山×西川×菊池)
C卓(鶴×佐藤×小川×水町)
D卓(伊東×服部×榎田×藤田竜三×森)
E卓(北島×茶圓×藤田正彦×河野×山本)

初めてレポートを担当させて頂きます、28期生の樋口と申します。よろしくお願いします。
最終節、A卓の対局は上位4名で行われた。
1位から、福田+191.4P、樋口+155.2P、矢野+133.8P、松尾+124.3P。
1位の福田と私の差は36.2P差。

1回戦はオーラスがポイントとなった。
オーラスの点棒状況は、
東家:松尾39,300、南家:矢野1,3300、西家:福田35,800、北家:樋口31,600。
矢野の1人沈みだったが、矢野の仕掛け、松尾の親リーチに対し、福田がを切る。
これが矢野のホンイツに放銃し、7,700は8,300。福田は沈み3着となった。
「トップを取りに行ってしまった」とは本人の弁。

1回戦結果
松尾+16.3P(+140.6P)、樋口+5.6P(+160.8P)、福田▲6.5P(+184.9P)、矢野▲15.4P(+118.4P)。(括弧内は1節目からのトータルポイント)

2回戦。ここでもポイントとなる局はあった。
ドラは。自分の上家である福田が2つ仕掛け、トイトイ模様。第一打に表示牌のを切っている事もあり、ドラのがトイツかもしれない。
その時の樋口の牌姿。

 ドラ

ピンフドラ1テンパイ。そこにツモ。テンパイを崩す打
そして、元々のアガリ牌であるをツモり、再び打
テンパイをとれただけ良しとするか…と思っていた流局間際、望外のツモ。

 ツモ ドラ

2,000・3,900のアガリとなり、そのままトップ。

2回戦結果
樋口+23.3P(+184.1P)、松尾+8.4P(+149.0P)、福田▲10.4P(+174.5P)、矢野▲21.3P(+97.1P)

この時点で暫定1位となる。
しかし、次からは今までおとなしくしていて、トータルポイントが+100Pを切ってしまった矢野が仕掛けてくるだろう事は容易に想像出来た。

3回戦、予想通り、矢野が開局から始動する。
東1局300・500。東2局500.1,000。東3局、1人テンパイ。東3局1本場700は800オールと1人でアガリ続ける。
矢野タイムである。そして意外と差がついている事に気付く。そのまま押し切られ、

3回戦結果
矢野+28.2P(+125.3P)、福田+6.8P(+181.3P)、樋口▲10.4P(+173.7P)、松尾▲24.6P(+124.4P)

また福田と順位が入れかわり、その差7.6P。
優勝する為には福田よりも着順が上である事が絶対条件。
着順差が2つ以上あれば問題ないが、着順差が1つだと素点も重要となってくる。

静かに始まった4回戦。泣いても笑ってもこれが最後の半荘だ。
私は北家スタート。この時点で、ドラマが起こるんじゃないかと感じたのは言うまでもない(笑)

しかし3回戦同様、矢野の好調が見てとれる。
矢野タイム(2ndシーズン)である。
そのままオーラスを迎え、以下の点棒状況。

東家:樋口28,200、南家:福田25,700、西家:松尾27,500、北家:矢野38,600

接戦だ。そして現段階ではトータル1位(優勝)である。
だが、福田に2,000点以上、もしくは400・700以上をアガられると逆転される。

ここで福田が1つ仕掛けを入れる。もちろん条件は把握しているだろう。
そんな局面の樋口の牌姿。

 ドラ

穴ばかりだ。焦る。そこにツモ。少考し、打
しかし次巡ツモ。この重要な局面で、本日初にして最大級(?)の裏目。さらに焦る。
次巡ツモ、打。少し形になる。

そしてツモ、打。ツモ、打。やっと1シャンテン!急げ!
ツモ、打リーチ!

 リーチ ドラ

実はリーチ棒で松尾と順位が変わり、3着に落ちるのだがここは勝負。
親リーチに対して誰が前に出て来るのか…
結果は流局し、1人テンパイ。これは大きかった。

オーラス1本場、供託1本で以下の点棒。

樋口30,200、福田24,700、松尾26,500、矢野37,600

福田が何度も条件確認している。そんな状況の樋口の牌姿。

 ドラ

そこにツモ、打。この孤立牌のにこだわってみた。
しかし、河に置かれたドラの一に福田が「チー」の声。
こだわったに引っ付いたのは。そして暗カン!

2巡後に、ツモでペンリーチ!ここはひたすら押し切るしかない!
3巡後、をツモる事ができ、1,300は1,400オール。
次局には、松尾が福田から5,200は5,800をアガり、第12期:九州Cリーグは幕を閉じた。

展開に助けられた部分は多々あるが、初のリーグ戦参加で優勝出来た事を胸に、次のステージでも精進していきたいと思う。
ちなみに4人ともBリーグ昇級が決まった。これから何度もぶつかっていく事だろう。

次も勝つ!

と、拙い文章で申し訳ないですが、最後までお読み頂きありがとうございました。これからも頑張ります。


 








第13回九州リーグ(プロアマ混合):福岡会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 安永 敏郎 アマ 25.0 48.9 35.2 45.2 11.0 165.3
2 ジャガー 真鍋 プロ 30.1 23.7 ▲ 3.2 86.9 26.7 164.2
3 服部 学 プロ 0.4 ▲ 16.6 77.9 41.8 ▲ 11.0 92.5
4 藤岡 治之 プロ 52.3 ▲ 14.6 67.9 ▲ 35.6 20.5 90.5
5 石原 忠道 アマ 13.7 36.2 ▲ 7.5 ▲ 33.1 76.5 85.8
6 新谷 翔平 プロ 6.0 30.3 36.5 12.5 ▲ 0.6 84.7
7 西原 亨 プロ 36.8 ▲ 7.0 ▲ 9.6 44.3 11.4 75.9
8 福田 正道 プロ ▲ 2.1 ▲ 54.0 6.2 36.3 72.3 58.7
9 羽山 真生 プロ ▲ 13.6 36.7 61.1 5.7 ▲ 35.7 54.2
10 柿元 裕介 プロ 15.5 2.6 19.6 17.7 ▲ 7.4 48.0
11 筒井 久美子 プロ ▲ 24.8 ▲ 40.6 94.2 23.4 ▲ 12.0 40.2
12 安東 裕允 プロ ▲ 12.4 ▲ 6.5 13.6 ▲ 12.9 35.3 17.1
13 水町 慎一 プロ 27.5 ▲ 6.8 47.0 ▲ 15.7 ▲ 37.9 14.1
14 藤川 大志 アマ 4.5 29.6 ▲ 36.0 17.6 ▲ 33.3 ▲ 17.6
15 青木 胤道 プロ ▲ 42.7 ▲ 22.5 ▲ 13.5 68.1 ▲ 9.8 ▲ 20.4
16 阿部 紀彦 アマ ▲ 14.0 11.2 13.0 ▲ 27.3 ▲ 5.0 ▲ 22.1
17 東谷 達矢 プロ ▲ 14.7 22.2 ▲ 20.9 19.8 ▲ 50.0 ▲ 43.6
18 塚本 将之 プロ ▲ 2.5 ▲ 29.5 ▲ 43.8 ▲ 28.2 59.6 ▲ 44.4
19 矢野 拓郎 プロ 23.7 23.7 ▲ 20.7 ▲ 55.7 ▲ 23.4 ▲ 52.4
20 高木 祐 プロ ▲ 77.9 39.6 45.9 ▲ 75.6 4.9 ▲ 63.1
21 高瀬 健次郎 アマ ▲ 15.7 ▲ 60.4 39.7 ▲ 54.9 24.8 ▲ 66.5
22 大和田 篤史 プロ ▲ 29.2 11.9 ▲ 25.0 ▲ 49.1 19.2 ▲ 72.2
23 浜上 文吾 プロ 35.7 ▲ 28.6 ▲ 55.3 ▲ 20.3 ▲ 14.3 ▲ 82.8
24 小車 祥 プロ ▲ 47.1 ▲ 57.0 105.5 ▲ 42.3 ▲ 48.4 ▲ 89.3
25 中島 行泰 アマ ▲ 11.9 ▲ 77.2 ▲ 61.9 22.5 ▲ 50.0 ▲ 178.5
26 錦辺 卓三 アマ 11.2 ▲ 22.8 ▲ 113.2 1.8 ▲ 62.7 ▲ 185.7
27 森 大輔 アマ 8.1 ▲ 71.6 ▲ 79.8 ▲ 32.9 ▲ 79.1 ▲ 255.3


第13回九州リーグ(プロアマ混合):鹿児島会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 安東 裕允 プロ 50.1 33.8 30.5 24.0 24.3 162.7
2 青木 胤道 プロ 34.8 ▲ 11.1 68.6 38.3 20.2 150.8
3 ジャガー 真鍋 プロ 15.6 16.7 6.3 60.2 46.8 145.6
4 服部 学 プロ 27.1 47.5 ▲ 15.7 16.9 61.9 137.7
5 浜上 文吾 プロ 0.5 ▲ 1.5 19.0 88.8 25.7 132.5
6 尾之上 博寿 アマ ▲ 7.3 74.9 62.1 ▲ 10.1 11.2 130.8
7 茶圓 暁 アマ 29.1 23.4 82.7 2.2 ▲ 35.5 101.9
8 上利 大輝 アマ 20.1 ▲ 15.8 ▲ 24.1 47.0 69.0 96.2
9 城間 隆宏 アマ 11.2 ▲ 19.9 ▲ 34.0 17.2 119.4 93.9
10 大和田 篤史 プロ 0.1 38.5 ▲ 17.8 32.4 17.9 71.1
11 三堂 雄大 アマ 33.7 ▲ 23.4 23.2 ▲ 30.1 64.1 67.5
12 小車 祥 プロ ▲ 7.1 11.8 10.6 ▲ 23.2 51.3 43.4
13 増田 健 アマ 61.7 10.4 91.4 ▲ 84.6 ▲ 47.2 31.7
14 田中 泰隆 アマ 21.0 ▲ 78.8 ▲ 41.7 71.1 57.9 29.5
15 徳永 隆広 アマ 15.0 ▲ 25.0 6.7 ▲ 14.8 39.4 21.3
16 羽山 真生 プロ ▲ 6.8 47.8 ▲ 51.8 61.1 ▲ 42.5 7.8
17 東 博文 プロ ▲ 25.3 8.8 40.7 ▲ 1.9 ▲ 20.8 1.5
18 矢野 拓郎 プロ 17.7 ▲ 47.7 26.4 ▲ 33.3 36.0 ▲ 0.9
19 上原 一夫 アマ ▲ 51.8 ▲ 24.3 40.0 17.5 16.7 ▲ 1.9
20 福田 正道 プロ ▲ 22.8 35.9 37.1 ▲ 48.5 ▲ 27.9 ▲ 26.2
21 江野口 祐弥 アマ 12.2 36.1 ▲ 60.6 16.7 ▲ 34.4 ▲ 30.0
22 谷口 昌幸 アマ 13.8 11.1 ▲ 2.6 ▲ 7.7 ▲ 50.0 ▲ 35.4
23 久保 秀樹 アマ ▲ 64.1 25.6 59.7 4.7 ▲ 71.4 ▲ 45.5
24 前田 弘 アマ 2.8 ▲ 59.2 11.4 15.5 ▲ 23.5 ▲ 53.0
25 柿元 裕介 プロ 78.3 ▲ 12.4 ▲ 46.4 ▲ 18.4 ▲ 55.9 ▲ 54.8
26 森下 幸人 アマ 25.9 ▲ 15.4 ▲ 21.5 ▲ 27.9 ▲ 18.5 ▲ 57.4
27 永田 伸寛 アマ ▲ 30.1 1.8 ▲ 19.6 19.3 ▲ 50.0 ▲ 78.6
28 山下 貴至 アマ ▲ 21.8 24.3 ▲ 71.9 32.9 ▲ 50.0 ▲ 86.5
29 金谷 淳平 アマ 37.3 ▲ 89.5 20.5 ▲ 51.9 ▲ 50.0 ▲ 133.6
30 飯田 茜 アマ ▲ 20.7 ▲ 65.8 ▲ 39.2 ▲ 28.7 ▲ 2.7 ▲ 157.1
31 朝倉 大輔 アマ 20.4 15.3 ▲ 95.2 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 159.5
32 石原 忠道 アマ ▲ 74.6 ▲ 26.8 ▲ 21.5 0.8 ▲ 50.7 ▲ 172.8
33 鮫島 猛 アマ ▲ 3.9 ▲ 9.0 ▲ 37.1 ▲ 79.8 ▲ 45.8 ▲ 175.6
34 久保 由美 プロ ▲ 17.5 ▲ 61.4 ▲ 75.0 ▲ 5.3 ▲ 35.2 ▲ 194.4
35 雨田 翔 アマ ▲ 65.9 ▲ 25.1 ▲ 85.9 ▲ 70.0 ▲ 76.6 ▲ 323.5

年間活動予定

2011年4月
10 (日) 第12期九州プロリーグ 第1節
17 (日) 第13回九州リーグ 第1節(福岡)
5月
1 (日) 第13回九州リーグ 第1節(鹿児島)
15 (日) 第12期九州プロリーグ 第2節
22 (日) 第13回九州リーグ 第2節(福岡)
6月
12 (日) 第12期九州プロリーグ 第3節
26 (日) 第13回九州リーグ 第3節(福岡)
26 (日) 第13回九州リーグ 第2節(鹿児島)
7月
10 (日) 第12期九州プロリーグ 第4節
24 (日) 第13回九州リーグ 第4節(福岡)
31 (日) 第13回九州リーグ 第3節(鹿児島)
8月
14 (日) 第13回九州リーグ 第4節(鹿児島)
21 (日) 第12期九州プロリーグ 第5節
28 (日) 第13回九州リーグ 第5節(福岡)
9月
11 (日) 第12期九州プロリーグ 第6節
17 (土) 第8回九州グランプリ
25 (日) プロテスト
10月
8 (土) 研修会
9 (日) 第12期九州プロリーグ 第7節
14 (日) 第13回九州リーグ 第5節(鹿児島)
11月
6 (日) 第13回九州リーグ 第6節(鹿児島)
13 (日) 第12期九州プロリーグ 第8節
6 (日) 第13回九州リーグ 第7節(鹿児島)
12月
10 (日) 第12期九州プロリーグ 第9節
18 (日) 第13回九州リーグ プレーオフ(鹿児島)

2012年

1月
10 (日) 第12期九州プロリーグ 第10節
2月
4 (土) 第12期 九州 プロリーグ  決勝 (初日)
5 (日) 第12期 九州 プロリーグ  決勝 (最終日)
18 (土) 第9回九州グランプリ
19 (日) 第13期 九州 プロアマリーグ 決勝
3月  

第13期 九州プロアマリーグ 概要

開催日程 上記の通 り

開始時間 福岡会場 11時対局開始 ( 受付 締切10時55分)
鹿児島会場 12時対局開始 ( 受付 締切12時55分)


開催会場 福岡 会場
ブルードラゴン 福岡 天神 店
福岡市 中央区 天神 3 丁目 6−12  天神 岡部 ビル僑 階
   TEL : 092-732-5444
受付 担当 : 中村 政時

鹿児島会場
   鹿児島市荒田2丁目41番7号 五反田ビル2F(騎射場電停近くローソン2F)
   TEL : 099-206-7459
受付担当 : 久保 由美

システム 対局数  20半荘(1日4半荘)
ルール  連盟Aルール
福岡会場は別日対局 あり  鹿児島会場は全7節中、5節を選択。
決勝システム
福岡・鹿児島会場の成績上位8名がプレーオフ進出、その上位8名による準決勝・決勝を行う。
プレーオフ4回戦。準決勝3回戦。決勝4回戦。※予定

参加費 初回  10,000 円  2 回目以降  3,000 円

問合せ先 福岡会場 担当
中村 政時  TEL092-732-5444
bluedragon@rio.odn.ne.jp

鹿児島会場 担当
安東 裕允  TEL090-5280-9185
ando@js-n.co.jp




九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010 ジャガー 真鍋 浜上 文吾 新谷 翔平 流水 聖人

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010 羽山 真生 柿元 裕介 西原 亨 中島 行泰 塚本 将之
第12期 2010 東谷 達矢
服部 学
田中 泰隆
江野口 祐弥
   


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
第6期
2010 小車 祥 柿元 裕介 西原 亨 塚本 将之 成績
第7期
2010 羽山 真生
安永 敏郎
筒井 久美子
安東 裕允
成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。