日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 九州プロリーグ

第11期皇帝位決定戦


九州のNO.1を決める皇帝位決勝戦。
今年の決勝メンバーは、決勝常連2人と初進出の2人で争われる。
昨年、決勝で涙を飲んだ浜上・真鍋に対し、新谷・流水が初挑戦、初タイトルを狙う。

受付を終え、対局準備が整ったところで、東日本大震災で被災された方たちへの黙祷を捧げた。
静まり返った会場が彼らの緊張感と集中力を与える。静かに目を開けた後、ほどなく対局が開始された。

起家の流水が積極的に仕掛け、11巡目にカンの役牌・ホンイツのテンパイを入れるが、手牌を倒したのはJ真鍋。「6,000・12,000」!

 ツモ ドラ

誰もが予想しない展開に若干の間が空く。
東2局に新谷が、そのJ真鍋から5,800を直撃し、一方的な展開が崩れるかとこの時は思った。

その後は膠着状態が続きアガリが出ない。
浜上が親を維持して迎えた3本場、そろそろアガリが欲しいところで新谷がタンヤオ・ドラ2を仕掛けるが、これが裏目に出てJ真鍋に8,000は8,900を放銃。

 ロン ドラ

これで再び1人旅となった。
迎えた親では、7巡目に流水からリーチが入り、親を維持するのは困難かと思われる状況で、まわりまわって1シャンテンを維持し、ドラを重ねてリーチ!

流水 
 リーチ ドラ 

J真鍋 
  リーチ

このめくり合いを、J真鍋が引き勝ち3,900オール!強いの一言。
浜上が最後に粘り1人浮きとはいかなかったが、J真鍋にとっては幸先のよいスタートとなった。

わずか1半荘で50P以上のリードを作ったJ真鍋。
対して3人の考えは一致している。「次はJ真鍋にトップをとられてはいけない。」

その意志が伝わってくる序盤の闘牌。
オーラスまでだれも抜け出せず、トップからラスまで4.0P差と均衡した状況となる。

ここで親の新谷が、2巡目に自風を仕掛けて流水から3,900は4,200をアガリ一歩抜け出す。
この早仕掛けがきっかけなのか、続く2本場は浜上とJ真鍋が仕掛け合う。
傍目に見ていると、2人ともアガれば浮きは確実なので、浮き狙いだろうと思っていたところで、
ドラの8がJ真鍋の手元に引き寄せられ2,000・3,900は2,200・4,100で決着。

このときの間が、何とも言えない空気だったことが印象的だった。

3回戦、トータルで2番手につけている浜上が攻める。
流水の親を700・1,300で流した後、新谷が親で南家・浜上は8巡目下記の手牌。

 ツモ ドラ

捨牌 

ここから打でリーチを打つ。
これにいち早く反応したのが西家のJ真鍋。
宣言牌のを見て小考し仕掛ける。

J真鍋手牌

ここから、でチーして打3。
その後、北家の流水がをツモ切り、ポンして、打
また同巡に、流水がをツモ切り、ポン打。これで浜上が一度もツモることなくJ真鍋が2シャンテンからテンパイする。
流水の打牌が、若干押しすぎのように思ったのだが、後の牌譜をみると流水は7巡目、

この1シャンテンだった。
は手牌に入れてもよさそうだが、勝負手を遠回りしたくなかったのだろう。
強気の1シャンテン維持の闘牌。

しかし、このめくり合いに流水が参加することはなく、13巡目にJ真鍋がを引き勝つ。
リーチを受けた時点で、仕掛けなければ1シャンテン止まりのところを、役なしでも仕掛ける積極性がこのアガリを生んだのだと思う。
このアガリを転機にJ真鍋が加速する。

浜上の親では九種九牌の後、7巡目に高めイーペーコーの-待ちをリーチ。
ドラの為に、を抱えていた流水のテンパイ打牌を捉える。
迎えた親番。配牌はさほどでもなかったが、ツモがいい。9巡目に好形の2シャンテン。
11巡目に1シャンテンとなったところに流水がリーチ!12巡目のJ真鍋は、

 ツモ ドラ 

ここで打とする。
流水がを河に置いた瞬間、J真鍋が仕掛けようとするがここは我慢。
しかし、次の流水のツモは。仕掛ければアガっていた。そんな考えが頭をよぎったに違いない。
を持ってきたところで打として一歩引く。

しかし、本人が引いているつもりでもツモは寄ってくる。を重ねてを放ちすぐにツモでテンパイ。
気が付けば残りはハイテイのみ、まさかとおもっているのだが気持ちが高ぶる。そんな最後のツモにがいた。
受けきっての3,900オール。
このままJ真鍋が逃げ切り3連勝。浜上は浮きを確保するものの差は開く一方。

3回戦終了時

J真鍋+102.0P  浜上+3.7P  新谷▲44.2P  流水▲61.5P

初日の半分で大きなアドバンテージを得たJ真鍋。
過去幾度となく2日目に逆転され辛酸を舐めてきただけに、さらなるリードをとりに行くだろう。
そんなJ真鍋を後押しするかのように、4回戦の東1局7巡目、親にてタンヤオ・ドラ3のテンパイが入る。

 ポン チー ドラ

これに対し浜上も、下記の形でテンパイを入れて8巡目にリーチ。

 リーチ

決着はすぐにJ真鍋がをツモり3,900オール。この後も着実に加点し、気付けば6万点越えのトップ。
続く5回戦も、序盤に浜上から12,000をアガリ終始J真鍋のペースとなって、またも6万点超えのトップ。
誰もが予想をしなかった5連勝。この時点でプラスはJ真鍋のみ。
6回戦で、ようやくJ真鍋に初めてのマイナスポイントが刻まれるが、大勢に影響はないように映った。

6回戦終了時
J真鍋+163.0P  浜上▲11.7P  新谷▲64.1P  流水▲88.2P

初日を終え、J真鍋以外の表情は重い。
対して、J真鍋も世間話の内容には笑顔で対応するものの、明日の戦い方や麻雀の話題になると一瞬で表情が引き締まる。
この集中力が、明日も維持できるかどうか?この一点のみが自分にとって大きな課題だと言い聞かせているように思えた。


7回戦、予定より若干早く対局が開始された。
同一相手にトップ・ラスを4回されてようやく追いつかれるアドバンテージを持ったJ真鍋。
やはりラスを初戦で引きたくないという思いのためか、東場は点数の横移動が目立った。

そんな中でトップに立つのはトータル2位の浜上。
5万点弱のトップで、南場のJ真鍋の親を迎えていた。
このままJ真鍋の親を流したい気持ちが強くある中で、先手をとったのはJ真鍋。11巡目にリーチ。

 リーチ ドラ

これに対し浜上も、10巡目にテンパイを入れていた。

安全牌のをツモ切り、虎視眈眈と狙っている。
これが直撃で決まれば一気にポイントを2ケタ差に持ち込める。
しかし、手が入っているのは浜上だけではなく、次巡に流水が下記の形となり決着。

 ツモ 

流水自身が切り遅れを感じながらも、形に押し出されてしまった。
この貴重なアガリで、J真鍋は原点復帰し一安心。
このまま浮き確保となって終局かと思いきや、次局にホウテイのみを流水からアガリ2本場では4巡目にリーチ!

 ツモ ドラ 

ここからリーチとし、8巡目にツモで3,900は4,100オールと軽く浜上をまくる。
次局はノーテンで流局、4本場のオーラス。
終盤にイーペーコーのカンをツモり鮮やかな逆転トップ。
おそらくは卓内の人間も「優勝は決まってしまった…」と思っていたかもしれない。

8回戦にJ真鍋がラスを引くが、消化試合の雰囲気で9回戦へ、ここでJ真鍋が浮きの2着をとり、
ここまで耐えていた浜上がラスを押しつけられて優勝争いは事実上終わった。

9回戦終了時
J真鍋+170.7P  浜上▲15.1P  新谷▲73.1P  流水▲83.5P

ここまで来るとさすがのJ真鍋も攻めてはこない。
致命傷を負わないことを第一に考え、集中力をその一点に注いでいた。

そして迎えた12回戦オーラスは浜上のアガリで終局。
過去何度も味わった逆転負けがあっただけに、この逃げ切り勝ちは本人にとっても、観戦していた人間にとっても意味深い勝利だったと思う。

タイトル戦決勝。舞台は九州という小さなものではあるが、自分のスタイルを貫いて頂点に立ったJ真鍋はどの舞台でも活躍できると思う。
そんなプレーヤーが、他にも九州にはいると信じているし、そうでありたいという願望もある。

次の舞台は中央のタイトル戦決勝!
その目標に向け第12期九州プロリーグを盛り上げていきたい。




Aリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 浜上 文吾 ▲ 6.6 ▲ 38.9 90.7 ▲ 13.3 27.1 43.3 27.1 72.7 ▲ 41.8 121.2 281.5
2 ジャガー 真鍋 ▲ 50.9 36.5 ▲ 30.4 24.9 66.0 ▲ 49.6 ▲ 19.8 ▲ 1.1 49.1 50.2 74.9
3 新谷 翔平 15.3 39.2 13.9 ▲ 22.5 34.6 ▲ 23.8 8.6 ▲ 8.1 30.8 ▲ 17.1 70.9
4 流水 聖人 ▲ 27.8 ▲ 52.9 64.8 ▲ 3.5 ▲ 32.7 70.0 ▲ 16.9 49.4 31.9 ▲ 27.4 54.9
5 中村 政時 19.7 54.3 7.5 ▲ 5.5 8.9 14.3 ▲ 36.1 ▲ 4.4 53.0 ▲ 76.7 35.0
6 藤原 英司 28.6 ▲ 5.9 ▲ 15.3 3.9 1.3 24.3 48.8 ▲ 30.6 ▲ 44.9 ▲ 19.2 ▲ 9.0
7 安東 裕允 1.0 ▲ 57.3 ▲ 13.9 ▲ 34.0 ▲ 30.8 52.5 30.6 ▲ 18.5 ▲ 4.6 ▲ 3.2 ▲ 78.2
8 柿元 裕介 ▲ 20.3 ▲ 8.0 ▲ 40.3 ▲ 5.7 ▲ 23.7 9.0 ▲ 43.3 74.7 ▲ 22.9 0.3 ▲ 80.2
9 青木 胤道 28.9 ▲ 33.5 ▲ 55.8 50.8 ▲ 28.5 ▲ 9.5 46.9 ▲ 47.3 ▲ 20.9 ▲ 14.1 ▲ 83.0
10 小川 善章 22.9 ▲ 6.6 ▲ 7.5 ▲ 3.6 ▲ 8.5 ▲ 34.7 ▲ 23.0 ▲ 23.6 18.5 ▲ 16.9 ▲ 83.0
11 藤本 敬三 ▲ 39.2 20.5 ▲ 20.0 24.1 21.8 ▲ 46.8 30.9 ▲ 43.9 ▲ 57.2 24.5 ▲ 85.3
12 藤岡 治之 28.4 48.6 6.3 ▲ 15.6 ▲ 36.5 ▲ 49.0 ▲ 54.8 ▲ 19.3 9.0 ▲ 21.6 ▲ 104.5



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 久保 由美 プロ 60.1 ▲ 22.0 91.9 ▲ 8.1 29.5 151.4
2 大和田 篤史 プロ 59.6 26.8 ▲ 16.2 64.3 ▲ 48.3 86.2
3 福田 正道 プロ ▲ 6.4 49.3 46.6 ▲ 42.3 30.3 77.5
4 塚本 将之 プロ ▲ 2.6 70.8 ▲ 58.8 ▲ 18.3 78.2 69.3
5 吉武 みゆき プロ 62.9 ▲ 50.0 19.2 ▲ 3.6 34.2 62.7
6 三井 聡志 プロ ▲ 52.8 ▲ 71.9 ▲ 4.9 49.9 87.5 7.8
7 名倉 徹 プロ ▲ 30.2 ▲ 16.7 54.2 12.6 ▲ 12.9 7.0
8 西原 亨 プロ ▲ 44.5 27.4 16.8 10.7 ▲ 15.0 ▲ 4.6
9 中島 行泰 アマ 0.0 19.8 41.2 ▲ 21.1 ▲ 45.7 ▲ 5.8
10 高木 祐 プロ 4.3 ▲ 3.2 1.9 ▲ 0.5 ▲ 15.4 ▲ 12.9
11 福島 清子 プロ ▲ 33.6 64.0 ▲ 9.1 ▲ 20.6 ▲ 34.9 ▲ 34.2
12 石原 忠道 アマ ▲ 50.0 21.2 ▲ 14.5 ▲ 27.5 6.2 ▲ 64.6
13 羽山 真生 アマ ▲ 47.2 ▲ 31.1 ▲ 23.0 43.2 ▲ 40.4 ▲ 98.5
14 筒井 久美子 プロ 83.9 ▲ 53.1 ▲ 87.3 ▲ 20.5 ▲ 39.3 ▲ 116.3
15 上田 悟史 アマ ▲ 61.0 ▲ 50.0 ▲ 1.2 ▲ 16.2 ▲ 19.0 ▲ 147.4
16 川崎 行広 プロ ▲ 50.0 ▲ 37.9 ▲ 50.0 ▲ 4.0 ▲ 50.0 ▲ 191.9
17 藤田 竜三 アマ ▲ 0.4 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 200.4
18 福田 譲二 プロ ▲ 15.1 ▲ 48.4 ▲ 58.8 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 222.3



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 東谷 達矢 アマ 53.5 9.0 ▲ 13.4 116.2 ▲ 21.1 144.2
2 古林 千寿 プロ 9.8 20.5 31.1 39.6 19.2 120.2
3 安永 敏郎 アマ 85.6 89.4 ▲ 63.8 ▲ 39.2 42.9 114.9
4 藤原 琢 プロ 28.8 21.5 27.7 ▲ 32.9 40.1 85.2
5 東 博文 アマ ▲ 14.0 26.4 105.0 2.2 ▲ 42.0 77.6
6 氷室 哀華 アマ 8.6 33.0 ▲ 28.3 42.9 0.0 56.2
7 古賀 進 アマ 18.6 ▲ 2.3 20.3 0.4 5.4 42.4
8 服部 学 アマ ▲ 21.4 27.4 49.6 ▲ 12.6 ▲ 12.3 30.7
9 菊池 豪 アマ ▲ 0.8 ▲ 2.1 29.3 ▲ 5.1 5.9 27.2
10 相本 長武 アマ 48.2 21.9 4.0 ▲ 50.0 2.2 26.3
11 中尾 多門 アマ ▲ 65.2 11.2 90.1 ▲ 50.0 39.3 25.4
12 水町 慎一 アマ ▲ 32.2 10.8 60.6 18.9 ▲ 33.2 24.9
13 佐藤 健治 プロ 31.9 ▲ 34.8 18.8 ▲ 48.5 22.1 ▲ 10.5
14 渡辺 楽 アマ ▲ 50.0 19.3 ▲ 37.2 ▲ 2.9 49.3 ▲ 21.5
15 藤川 大志 アマ 22.8 12.8 1.3 ▲ 14.1 ▲ 47.4 ▲ 24.6
16 高島 功一郎 アマ 43.8 18.9 21.4 ▲ 40.3 ▲ 100.0 ▲ 56.2
17 スカルリーパーA-ji アマ ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 50.0 46.7 36.4 ▲ 66.9
18 筒井 晶士 プロ ▲ 21.2 24.0 ▲ 53.4 2.0 ▲ 21.0 ▲ 69.6
19 矢野 拓郎 プロ ▲ 50.0 ▲ 32.4 ▲ 16.5 55.1 ▲ 35.0 ▲ 78.8
20 新井 龍太 アマ ▲ 44.2 ▲ 4.2 ▲ 24.8 ▲ 24.1 ▲ 20.4 ▲ 117.7
21 榎島 賢了 プロ ▲ 18.1 ▲ 15.4 ▲ 62.0 ▲ 31.5 0.0 ▲ 127.0
22 下田 健吾 アマ ▲ 9.9 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 50.0 24.9 ▲ 135.0
23 西田 弘輝 プロ ▲ 40.9 ▲ 8.0 ▲ 67.0 ▲ 26.1 ▲ 7.5 ▲ 149.5
24 田中 朋希 アマ ▲ 2.2 ▲ 16.1 ▲ 60.0 ▲ 85.3 8.4 ▲ 155.2
25 山本 江利香 アマ 13.5 ▲ 46.7 ▲ 79.8 7.6 ▲ 63.2 ▲ 168.6
 







第12期九州リーグ(プロアマ混合):福岡会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 中島 行泰 アマ 36.3 17.5 57.9 58.4   170.1
2 服部 学 アマ 37.5 26.0 29.0 68.7   161.2
3 東谷 達矢 アマ 41.8 74.6 ▲ 34.0 24.0   106.4
4 藤岡 治之 プロ ▲ 8.4 5.3 60.5 33.1   90.5
5 松本 悠 アマ 62.4 ▲ 32.9 ▲ 2.8 44.9   71.6
6 西原 亨 プロ ▲ 5.0 39.2 5.7 27.0   66.9
7 ジャガー 真鍋 プロ 3.9 77.9 7.6 ▲ 26.9   62.5
8 藤川 大志 アマ 50.9 14.4 15.8 ▲ 23.1   58.0
9 阿部 紀彦 アマ ▲ 14.4 13.3 22.8 26.7   48.4
10 羽山 真生 アマ 38.9 ▲ 10.9 57.0 ▲ 42.5   42.5
11 高木 祐 プロ ▲ 0.5 73.2 ▲ 33.7 0.8   39.8
12 水町 慎一 アマ 22.6 ▲ 6.0 54.5 ▲ 64.6   6.5
13 石原 忠道 アマ ▲ 14.9 ▲ 29.2 26.3 19.5   1.7
14 安東 裕允 プロ ▲ 60.1 31.1 33.2 ▲ 4.4   ▲ 0.2
15 中林 猛 アマ ▲ 37.4 6.2 ▲ 19.6 47.2   ▲ 3.6
16 福田 正道 プロ 26.1 ▲ 24.3 ▲ 13.1 ▲ 4.5   ▲ 15.8
17 大和田 篤史 プロ ▲ 36.9 ▲ 26.8 68.8 ▲ 29.6   ▲ 24.5
18 筒井 久美子 プロ 22.5 27.6 ▲ 79.6 1.6   ▲ 27.9
19 矢野 拓郎 プロ 41.0 1.5 ▲ 59.7 ▲ 10.8   ▲ 28.0
20 浜上 文吾 プロ 5.9 ▲ 12.3 ▲ 19.5 ▲ 22.4   ▲ 48.3
21 小車 祥 プロ 19.4 ▲ 17.2 ▲ 14.8 ▲ 48.0   ▲ 60.6
22 中尾 多門 アマ ▲ 8.1 23.1 ▲ 79.1     ▲ 64.1
23 錦辺 卓三 アマ ▲ 5.0 ▲ 33.0 20.8 ▲ 54.4   ▲ 71.6
24 一本 達郎 アマ 16.2 ▲ 74.0 ▲ 24.8 5.3   ▲ 77.3
25 新谷 翔平 プロ ▲ 70.3 ▲ 18.8 36.8 ▲ 28.9   ▲ 81.2
26 渡辺 楽 アマ ▲ 68.7 ▲ 25.5 ▲ 15.6 ▲ 1.2   ▲ 111.0
27 柿元 裕介 プロ ▲ 33.5 ▲ 84.5 28.0 ▲ 56.0   ▲ 146.0
28 ジラフ 中村 プロ ▲ 16.6 ▲ 89.0 ▲ 34.1 ▲ 43.7   ▲ 183.4


第12期九州リーグ(プロアマ混合):鹿児島会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 久保 秀樹 アマ 47.4 20.7 48.1 23.5   139.7
2 田中 泰隆 アマ 53.0 ▲ 26.9 29.9 61.0   117.0
3 青木 胤道 プロ 79.2 52.3 8.6 ▲ 32.2   107.9
4 江野口 祐弥 アマ ▲ 26.8 ▲ 1.7 39.7 80.1   91.3
5 森下 幸人 アマ 36.7 ▲ 2.4 46.1     80.4
6 田中 朋希 アマ 33.1 51.1 ▲ 8.8     75.4
7 浜上 文吾 プロ ▲ 33.1 82.5 14.9 ▲ 4.2   60.1
8 柿元 裕介 プロ 56.1 15.3 5.9 ▲ 17.3   60.0
9 有村 峰樹 アマ ▲ 16.4 ▲ 15.2 12.8 63.5   44.7
10 小車 祥 プロ 31.5 ▲ 22.3 25.0     34.2
11 東 博文 アマ 5.5 ▲ 3.6 ▲ 47.0 70.1   25.0
12 吉武 みゆき プロ 18.1 6.2 ▲ 4.2     20.1
13 有満 喜明 アマ ▲ 27.2 38.3 ▲ 3.4     7.7
14 久保 由美 プロ ▲ 32.5 75.2 ▲ 0.6 ▲ 37.1   5.0
15 大和田 篤史 プロ 7.7 ▲ 14.9 ▲ 63.0 72.2   2.0
16 前田 弘 アマ 31.7 ▲ 18.8 ▲ 10.6 ▲ 8.4   ▲ 6.1
17 谷口 昌幸 アマ 14.7 ▲ 11.2 ▲ 19.8     ▲ 16.3
18 三堂 雄大 アマ ▲ 20.8 ▲ 1.9 1.2     ▲ 21.5
19 福田 正道 プロ ▲ 50.0 ▲ 0.1 24.1     ▲ 26.0
20 安東 裕允 プロ 38.9 7.7 ▲ 29.0 ▲ 62.1   ▲ 44.5
21 茶圓 暁 アマ ▲ 6.4 ▲ 19.0 ▲ 27.5 ▲ 6.9   ▲ 59.8
22 川畑 美樹 アマ 23.3 ▲ 0.5 ▲ 90.0     ▲ 67.2
23 城間 隆宏 アマ 0.6 ▲ 41.8 ▲ 27.0     ▲ 68.2
24 児玉 広和 アマ ▲ 59.4 5.6 ▲ 34.9     ▲ 88.7
25 高木 祐 プロ ▲ 57.3 3.0 ▲ 37.1     ▲ 91.4
26 尾之上 博寿 アマ 9.7 ▲ 34.1 ▲ 69.7     ▲ 94.1
27 湯江 真己 アマ ▲ 81.7 ▲ 11.7 6.0 ▲ 60.6   ▲ 148.0
28 鮫島 猛 アマ ▲ 116.3 ▲ 130.1 10.1 7.3   ▲ 229.0



年間活動予定

2010年4月
11 (日) 第11期九州リーグ 第1節
18 (日) 第11回ばってんリーグ 第1節
5月
16 (日) 第11期九州リーグ 第2節
30 (日) 第11回ばってんリーグ 第2節
6月
13 (日) 第11期九州リーグ 第3節
27 (日) 第11回ばってんリーグ 第3節
7月
11 (日) 第11期九州リーグ 第4節
25 (日) 第11回ばってんリーグ 第4節
8月
22 (日) 第11期九州リーグ 第5節
29 (日) 第11回ばってんリーグ 第5節
9月
18 (土) 第11期 九州 プロアマリーグ 決勝
19 (日) 第6回九州 グランプリ
27 (日) 第27期 プロテスト
10月
10 (日) 第11期 九州 プロリーグ 第6節
17 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(鹿児島会場) 第1節
31 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(福岡会場) 第1節
11月
14 (日) 第11期 九州 プロリーグ 第7節
28 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(福岡会場) 第2節
28 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(鹿児島会場) 第2節
12月
12 (日) 第11期 九州 プロリーグ 第8節
19 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(鹿児島会場) 第3節
26 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(福岡会場) 第3節

2011年

1月
16 (日) 第11期 九州 プロリーグ 第9節
30 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(福岡会場) 第4節
30 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(鹿児島会場) 第4節
2月
13 (日) 第11 期 九州 プロリーグ  最終節
20 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(鹿児島会場)  第5節
27 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(福岡会場)  最終節
3月
6 (日) 第12期 九州 プロアマリーグ(鹿児島会場)  最終節
19 (土) 第11期 九州 プロリーグ  決勝 (初日)
20 (日) 第11期 九州 プロリーグ  決勝 (最終日)
26 (土) 第12期 九州 プロアマリーグ 決勝
27 (日) 第7回九州グランプリ


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010 羽山 真生 柿元 裕介 西原 亨 中島 行泰 塚本 将之  


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。