日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 浜上 文吾 ▲ 6.6 ▲ 38.9 90.7 ▲ 13.3 27.1 43.3 27.1 72.7     202.1
2 中村 政時 19.7 54.3 7.5 ▲ 5.5 8.9 14.3 ▲ 36.1 ▲ 4.4     58.7
3 新谷 翔平 15.3 39.2 13.9 ▲ 22.5 34.6 ▲ 23.8 8.6 ▲ 8.1     57.2
4 藤原 英司 28.6 ▲ 5.9 ▲ 15.3 3.9 1.3 24.3 48.8 ▲ 30.6     55.1
5 流水 聖人 ▲ 27.8 ▲ 52.9 64.8 ▲ 3.5 ▲ 32.7 70.0 ▲ 16.9 49.4     50.4
6 ジャガー 真鍋 ▲ 50.9 36.5 ▲ 30.4 24.9 66.0 ▲ 49.6 ▲ 19.8 ▲ 1.1     ▲ 24.4
7 青木 胤道 28.9 ▲ 33.5 ▲ 55.8 50.8 ▲ 28.5 ▲ 9.5 46.9 ▲ 47.3     ▲ 48.0
8 藤本 敬三 ▲ 39.2 20.5 ▲ 20.0 24.1 21.8 ▲ 46.8 30.9 ▲ 43.9     ▲ 52.6
9 柿元 裕介 ▲ 20.3 ▲ 8.0 ▲ 40.3 ▲ 5.7 ▲ 23.7 9.0 ▲ 43.3 74.7     ▲ 57.6
10 安東 裕允 1.0 ▲ 57.3 ▲ 13.9 ▲ 34.0 ▲ 30.8 52.5 30.6 ▲ 18.5     ▲ 70.4
11 小川 善章 22.9 ▲ 6.6 ▲ 7.5 ▲ 3.6 ▲ 8.5 ▲ 34.7 ▲ 23.0 ▲ 23.6     ▲ 84.6
12 藤岡 治之 28.4 48.6 6.3 ▲ 15.6 ▲ 36.5 ▲ 49.0 ▲ 54.8 ▲ 19.3     ▲ 91.9

<第8節レポート:小車 祥 >

A卓(中村×流水×藤本×J真鍋)
B卓(安東×浜上×小川×藤原)
C卓(柿元×青木×新谷×藤岡)

第8節。
私は第6節から半年間対局がなく、あくまで第三者としてAリーグのレポートを書いてきた。
だからこそ、よくわかることがある。
1節1節消化していく度に、状況はめまぐるしく変化し、選手はどんどん追い込まれていくということ。
Aリーガー12名の12の視点。それぞれの位置から見える景色。突きつけられる条件。
あくまで自分の視点から戦略を練るしかない選手の立場であれば、私はその現実に気付けたかわからない。

結論から書くと、今回のAリーグは大荒れだった。
ポイントをプラスで終えた者を勝者と、そうでないものを敗者と仮定するならば、12名の内、勝者はたったの3名だった。
つまり、3卓あった卓の各卓1名だけが勝者。残りの者はその荒波に飲まれたということである。

まずは首位で独走中の浜上の卓。
1回戦目から浜上が止められない。

 ドラ

このテンパイがたったの5巡目なのだから恐ろしい。
あっという間にをツモって3,900オール。

1回戦目をトップで終え、2回戦目も藤原に攻められながらも浮きの3着で終えた浜上。
安定しているなぁなどと考えていた3回戦目。安東がリーチ。
早々にを仕掛けていた藤原がドラをポン。
受けに回るべき立場の浜上も、この時ばかりは受けきれる牌姿ではなかった。

浜上が放銃してもおかしくない牌姿。
ところが放銃するどころか、数巡後にはこんなテンパイになっていた。

そしてすぐにをツモり、浜上は牌をそっと卓の上に置いた。
4回戦目も難なくプラスに終えた浜上は、なんとトータル+202,1P。
さすがに決勝の席が1つは決まったと言っていいだろう。

トータル3位の中村の卓。
1回戦目、やはり中村のトップスタート。
このまま1位の浜上へ猛追をかけるのかと思った矢先、流水の怒涛の攻撃開始。
2回戦、3回戦と共に55,000点以上のトップを取り、周囲を蹴散らす。
4回戦目はジャガー真鍋の1人浮きトップ。
中村とジャガー真鍋はなんとか少ない失点で凌いだというところか。

トータル2位新谷の卓。
こちらも1回戦目は上位の新谷がトップスタート。
新谷の「今年こそは決勝に」という意気込みを感じる1回戦だったが、それを許さない男が1人。

今期、ずっと思うような展開に恵まれず、辛酸を舐め続けていた柿元である。
「あんたたちのためだけに、点棒があるんじゃないっちゃけんねー!」
若干コミカルタッチになってしまうレポートをお許し頂きたい。

私にはアガり続ける柿元の背中から、そんな言葉を発しそうなオーラを感じたのは事実なのだ。
2回戦目、66,300点の1人浮きトップ。
3回戦目、新谷が譲らずトップを逃すも、柿元は36,700点の2着。
4回戦目、47,800点のトップ。
道中、柿元がこんなテンパイを入れた。

 ドラ

リーチはしないのだろうなと思って見ていたら、柿元は意気揚々とその発声をした。
そして2巡後、あっさりをツモった時には、私は彼の勢いを感じずにはいられなかった。
「どけ!うるさい!俺がツモる!」
これは私がコミカルタッチに書いているのではなく、本当に柿元が対局後に言っていた言葉だ。
柿元はトータル順位を、最下位からなんと3つも上げた。

独走していた浜上は雲の上。最下位だった柿元は急浮上。
この状況の意味することがわかるだろうか?

そう、大混戦なのである。当然、決勝卓へ進むためのボーダーラインは下がる。
その肝心のボーダーライン付近のポイントを持っている選手がうじゃうじゃしている。
たとえ今マイナスの者でも、あと2節でボーダーラインまで浮上できる可能性は現実的。
2位以降、誰も安心していなければ、誰も諦めていない。
精神論だけでなく、数学的にそういう状況なのである。

こんなに面白い戦いなど、滅多に見られない。
もしこのレポートを読んでくださっている方の中で、観戦に来ることが可能な方には是非オススメしたい。
喜びと悔しさが入り混じる会場での選手たちの一打一打を、是非肌で感じてほしい。

また1節、ゴールへ進む日は年明けの1月16日(日)。
「もうい〜くつね〜る〜と〜♪」
お正月が過ぎても歌わなければならないのは、必然なのである。




 



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 久保 由美 プロ 60.1 ▲ 22.0 91.9     130.0
2 福田 正道 プロ ▲ 6.4 49.3 46.6     89.5
3 大和田 篤史 プロ 59.6 26.8 ▲ 16.2     70.2
4 中島 行泰 アマ 0.0 19.8 41.2     61.0
5 吉武 みゆき プロ 62.9 ▲ 50.0 19.2     32.1
6 福島 清子 プロ ▲ 33.6 64.0 ▲ 9.1     21.3
7 塚本 将之 プロ ▲ 2.6 70.8 ▲ 58.8     9.4
8 名倉 徹 プロ ▲ 30.2 ▲ 16.7 54.2     7.3
9 高木 祐 プロ 4.3 ▲ 3.2 1.9     3.0
10 西原 亨 プロ ▲ 44.5 27.4 16.8     ▲ 0.3
11 石原 忠道 アマ ▲ 50.0 21.2 ▲ 14.5     ▲ 43.3
12 筒井 久美子 プロ 83.9 ▲ 53.1 ▲ 87.3     ▲ 56.5
13 藤田 竜三 アマ ▲ 0.4 ▲ 50.0 ▲ 50.0     ▲ 100.4
14 羽山 真生 アマ ▲ 47.2 ▲ 31.1 ▲ 23.0     ▲ 101.3
15 上田 悟史 アマ ▲ 61.0 ▲ 50.0 ▲ 1.2     ▲ 112.2
16 福田 譲二 プロ ▲ 15.1 ▲ 48.4 ▲ 58.8     ▲ 122.3
17 三井 聡志 プロ ▲ 52.8 ▲ 71.9 ▲ 4.9     ▲ 129.6
18 川崎 行広 プロ ▲ 50.0 ▲ 37.9 ▲ 50.0     ▲ 137.9

<第3節レポート:名倉 徹

A卓(上田×塚本×西原×中島)
B卓(福田譲二×名倉×筒井×久保)
C卓(大和田×高木×吉武×三井)
D卓(羽山×石原×福田正道×福島)

折り返し地点となる第3節。ここからは昇級と降級のポイントを意識しなければならなくなる。
前回までトータル▲46,9Pの私としては今回もマイナスだとかなり厳しくなる。絶対に負けないという思いを胸に卓に着いた。

今回の同卓者は、筒井、久保、福田(譲)。
1回戦目をプラスでまとめ、2回戦目に大きめのトップをとり、トータルをプラスにした私は
『今日はこのままいけそうだな』と思い、心に隙を作ってしまった。
それが卓上にでてしまい、最悪の結果になったのが3回戦目である。

南3局、久保の親番。自風のドラのをポンしている福田(譲)。場は16巡目。
オりに入っていた私は福田(譲)と親の久保の現物である7を切ると、久保にチーされてテンパイを入れさせてしまう。
そこから久保の親がなかなか落ちない。気が付けば6万点を超えられ、4本場でやっと流局し親が流れる。

オーラス、何とか3万点を確保しようとテンパイを入れた7巡目、筒井が切ったに久保がロンの声。

 ロン ドラ

ダントツから、止めの一撃でこの半荘だけで+69,5Pとなりこの日のトータル+91,9Pと現在首位を走っている。
きっかけはやはり南3局であると思う。
7を鳴かれたのは結果論と思われるかもしれないが、あそこで鳴かれる牌を切ってしまうのは自分の実力不足で、
もっと場を見ていれば他に切る牌があったはずである。

一打一打集中して打たなければもっと上で戦っている人たちには勝つことなんてできない。
自分の甘さを再認識した半荘でした。

他の卓を見てみると、前回首位だった大和田は周りの包囲網にあいながらもマイナスを最小限に抑え3位に踏みとどまり、
福田(正)も安定してポイントを稼ぎ、久保を追う一番手になった。

今年最後のリーグ戦が終了し、来年は勝負掛けとなる第4節。
残り2節しかないがまだ優勝は諦めていないので、日々精進しようと思う。



 



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 東 博文 アマ ▲ 14.0 26.4 105.0     117.4
2 安永 敏郎 アマ 85.6 89.4 ▲ 63.8     111.2
3 高島 功一郎 アマ 43.8 18.9 21.4     84.1
4 藤原 琢 プロ 28.8 21.5 27.7     78.0
5 相本 長武 アマ 48.2 21.9 4.0     74.1
6 古林 千寿 プロ 9.8 20.5 31.1     61.4
7 服部 学 アマ ▲ 21.4 27.4 49.6     55.6
8 東谷 達矢 アマ 53.5 9.0 ▲ 13.4     49.1
9 水町 慎一 アマ ▲ 32.2 10.8 60.6     39.2
10 藤川 大志 アマ 22.8 12.8 1.3     36.9
11 古賀 進 アマ 18.6 ▲ 2.3 20.3     36.6
12 中尾 多門 アマ ▲ 65.2 11.2 90.1     36.1
13 菊池 豪 アマ ▲ 0.8 ▲ 2.1 29.3     26.4
14 佐藤 健治 プロ 31.9 ▲ 34.8 18.8     15.9
15 氷室 哀華 アマ 8.6 33.0 ▲ 28.3     13.3
16 筒井 晶士 プロ ▲ 21.2 24.0 ▲ 53.4     ▲ 50.6
17 渡辺 楽 アマ ▲ 50.0 19.3 ▲ 37.2     ▲ 67.9
18 新井 龍太 アマ ▲ 44.2 ▲ 4.2 ▲ 24.8     ▲ 73.2
19 田中 朋希 アマ ▲ 2.2 ▲ 16.1 ▲ 60.0     ▲ 78.3
20 楊井 康二 プロ 24.5 ▲ 60.7 ▲ 50.0     ▲ 86.2
21 榎島 賢了 プロ ▲ 18.1 ▲ 15.4 ▲ 62.0     ▲ 95.5
22 矢野 拓郎 プロ ▲ 50.0 ▲ 32.4 ▲ 16.5     ▲ 98.9
23 下田 健吾 アマ ▲ 9.9 ▲ 50.0 ▲ 50.0     ▲ 109.9
24 山本 江利香 アマ 13.5 ▲ 46.7 ▲ 79.8     ▲ 113.0
25 西田 弘輝 プロ ▲ 40.9 ▲ 8.0 ▲ 67.0     ▲ 115.9
26 中島 天 アマ ▲ 50.0 ▲ 24.6 ▲ 50.0     ▲ 124.6
27 渡部 湖仁 アマ ▲ 42.5 ▲ 50.0 ▲ 50.0     ▲ 142.5
28 末吉 悠香 アマ ▲ 54.8 ▲ 50.0 ▲ 50.0     ▲ 154.8
29 田中 大志 アマ ▲ 50.0 ▲ 88.9 ▲ 50.0     ▲ 188.9
 

<第3節レポート:田中 朋希>

A卓(高島×矢野×古林×山本×佐藤)
B卓(榎島×中尾×古賀×相本×筒井)
C卓(服部×西田×安永×東×新井)
D卓(藤原×氷室×水町×田中朋希)
E卓(菊池×渡辺×東谷×藤川)

毎年この時期は曇り空が多くなる福岡も、今日だけは我々を優しく迎えるように真っ青に晴れ渡った。
その一方で、リーグ戦の開始を今か今かと待ちわびた会場内が、セーターを脱いでしまうほど暑かったのは、
60人近い大所帯である九州のプロたちの人いきれや、暖房の効きすぎではなかったはずだ。

Cリーグは折り返しとなる第3節。
上位陣が足固めをするのか、はたまた下位陣が奮起するのか、対局前から火花散る様相となった。
私も含めて、Cリーグの人間が注目していたのは、前節まで175,0Pを持っていた安永さんである。
経験・実力ともに群を抜く彼に同卓者が必死に食らいついた。
特に私と同期になる東・服部は安永さん1人にマークを絞り、安永さんとの差を大きく縮めるどころか、
東に至っては安永さんに代わって暫定首位に立ち、昇級の見える位置まで登りつめた。

服部もリーグ戦後に「一矢打ちこんだ」と満面の笑みで語っていたところを見ると、安永さんの対局中の苦しさは相当なものだったと想像できる。
一方の私は、▲60,0Pと大きく後退した。
水町・氷室はプロテスト3回戦の同卓者でもあり、今回はリターンマッチと意気込んだが、私1人が空回りして対局に水を差してしまったと反省している。
そんな私を横目に、別卓では下位者の大叩きなど、悲喜交々な対局となったようである。

プロ雀士にとってプロリーグは自己表現の場。
私のように福岡以外に住む者にとっては、本当の意味での晴れ舞台であるが、
4半荘という短い期間で思った通りの成績を残せなかったときの疲労感や虚しさ、悲しさは計り知れないと思う。
とは言え、勝敗は下駄を履くまで分からない。麻雀という競技だからこそ、残り2節を最後まで諦めず戦っていきたい。

それではみなさん、よいお年をお迎えください。









第12期九州リーグ(プロアマ混合):福岡会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 東谷 達矢 アマ 41.8 74.6       116.4
2 ジャガー 真鍋 プロ 3.9 77.9       81.8
3 高木 祐 プロ ▲ 0.5 73.2       72.7
4 藤川 大志 アマ 50.9 14.4       65.3
5 服部 学 アマ 37.5 26.0       63.5
6 中島 行泰 アマ 36.3 17.5       53.8
7 矢野 拓郎 プロ 41.0 1.5       42.5
8 西原 亨 プロ ▲ 5.0 39.2       34.2
9 松本 悠 アマ 62.4 ▲ 32.9       29.5
10 羽山 真生 アマ 38.9 ▲ 10.9       28.0
11 水町 慎一 アマ 22.6 ▲ 6.0       16.6
12 中尾 多門 アマ ▲ 8.1 23.1       15.0
13 大和田 篤史 プロ ▲ 36.9 ▲ 26.8 68.8     5.1
14 福田 正道 プロ 26.1 ▲ 24.3       1.8
15 藤岡 治之 プロ ▲ 8.4 5.3       ▲ 3.1
16 浜上 文吾 プロ 5.9 ▲ 12.3       ▲ 6.4
17 小車 祥 プロ 19.4 ▲ 17.2 ▲ 14.8     ▲ 12.6
18 阿部 紀彦 アマ ▲ 14.4         ▲ 14.4
19 石原 忠道 アマ ▲ 14.9         ▲ 14.9
20 錦辺 卓三 アマ ▲ 5.0 ▲ 33.0 20.8     ▲ 17.2
21 安東 裕允 プロ ▲ 60.1 31.1       ▲ 29.0
22 筒井 久美子 プロ 22.5 27.6 ▲ 79.6     ▲ 29.5
23 中林 猛 アマ ▲ 37.4         ▲ 37.4
24 一本 達郎 アマ 16.2 ▲ 74.0       ▲ 57.8
25 新谷 翔平 プロ ▲ 70.3 ▲ 18.8       ▲ 89.1
26 渡辺 楽 アマ ▲ 68.7 ▲ 25.5       ▲ 94.2
27 中村 政時 プロ ▲ 16.6 ▲ 89.0       ▲ 105.6
28 柿元 裕介 プロ ▲ 33.5 ▲ 84.5       ▲ 118.0


第12期九州リーグ(プロアマ混合):鹿児島会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 ジャガー 真鍋 プロ 79.2 52.3       131.5
2 田中 朋希 アマ 33.1 51.1       84.2
3 柿元 裕介 プロ 56.1 15.3       71.4
4 久保 秀樹 アマ 47.4 20.7       68.1
5 浜上 文吾 プロ ▲ 33.1 82.5       49.4
6 安東 裕允 プロ 38.9 7.7       46.6
7 久保 由美 プロ ▲ 32.5 75.2       42.7
8 森下 幸人 アマ 36.7 ▲ 2.4       34.3
9 小車 祥 プロ 31.5         31.5
10 田中 泰隆 アマ 53.0 ▲ 26.9       26.1
11 川畑 美樹 アマ 23.3         23.3
12 吉武 みゆき プロ 18.1         18.1
13 前田 弘 アマ 31.7 ▲ 18.8       12.9
14 有満 喜明 アマ ▲ 27.2 38.3       11.1
15 谷口 昌幸 アマ 14.7 ▲ 11.2       3.5
16 東 博文 アマ 5.5 ▲ 3.6       1.9
17 大和田 篤史 プロ 7.7 ▲ 14.9       ▲ 7.2
18 三堂 雄大 アマ ▲ 20.8 ▲ 1.9       ▲ 22.7
19 尾之上 博寿 アマ 9.7 ▲ 34.1       ▲ 24.4
20 茶圓 暁 アマ ▲ 6.4 ▲ 19.0       ▲ 25.4
21 江野口 祐弥 アマ ▲ 26.8 ▲ 1.7       ▲ 28.5
22 有村 峰樹 アマ ▲ 16.4 ▲ 15.2       ▲ 31.6
23 城間 隆宏 アマ 0.6 ▲ 41.8       ▲ 41.2
24 児玉 広和 アマ ▲ 59.4 5.6       ▲ 53.8
25 高木 祐 プロ ▲ 57.3         ▲ 57.3
26 湯江 真己 アマ ▲ 81.7 ▲ 11.7       ▲ 93.4
27 茂谷 優樹 アマ ▲ 70.3 ▲ 37.4       ▲ 107.7
28 鮫島 猛 アマ ▲ 116.3 ▲ 130.1       ▲ 246.4



年間活動予定

2010年4月
11 (日) 第11期九州リーグ 第1節
18 (日) 第11回ばってんリーグ 第1節
5月
16 (日) 第11期九州リーグ 第2節
30 (日) 第11回ばってんリーグ 第2節
6月
13 (日) 第11期九州リーグ 第3節
27 (日) 第11回ばってんリーグ 第3節
7月
11 (日) 第11期九州リーグ 第4節
25 (日) 第11回ばってんリーグ 第4節
8月
22 (日) 第11期九州リーグ 第5節
29 (日) 第11回ばってんリーグ 第5節
9月
18 (土) 第11回ばってんリーグ 決勝
19 (日) 第5回九州グランプリ
26 (日) 九州本部 第27期プロテスト


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010 羽山 真生 柿元 裕介 西原 亨 中島 行泰 塚本 将之  


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。