日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 浜上 文吾 ▲ 6.6 ▲ 38.9 90.7 ▲ 13.3 27.1 43.3 27.1       129.4
2 藤原 英司 28.6 ▲ 5.9 ▲ 15.3 3.9 1.3 24.3 48.8       85.7
3 新谷 翔平 15.3 39.2 13.9 ▲ 22.5 34.6 ▲ 23.8 8.6       65.3
4 中村 政時 19.7 54.3 7.5 ▲ 5.5 8.9 14.3 ▲ 36.1       63.1
5 流水 聖人 ▲ 27.8 ▲ 52.9 64.8 ▲ 3.5 ▲ 32.7 70.0 ▲ 16.9       1.0
6 青木 胤道 28.9 ▲ 33.5 ▲ 55.8 50.8 ▲ 28.5 ▲ 9.5 46.9       ▲ 0.7
7 藤本 敬三 ▲ 39.2 20.5 ▲ 20.0 24.1 21.8 ▲ 46.8 30.9       ▲ 8.7
8 ジャガー 真鍋 ▲ 50.9 36.5 ▲ 30.4 24.9 66.0 ▲ 49.6 ▲ 19.8       ▲ 23.3
9 安東 裕允 1.0 ▲ 57.3 ▲ 13.9 ▲ 34.0 ▲ 30.8 52.5 30.6       ▲ 51.9
10 小川 善章 22.9 ▲ 6.6 ▲ 7.5 ▲ 3.6 ▲ 8.5 ▲ 34.7 ▲ 23.0       ▲ 61.0
11 藤岡 治之 28.4 48.6 6.3 ▲ 15.6 ▲ 36.5 ▲ 49.0 ▲ 54.8       ▲ 72.6
12 柿元 裕介 ▲ 20.3 ▲ 8.0 ▲ 40.3 ▲ 5.7 ▲ 23.7 9.0 ▲ 43.3       ▲ 132.3

<第7節レポート:小車 祥 >

A卓(藤原×中村×安東×柿元)
B卓(藤本×藤岡×青木×小川)
C卓(J真鍋×流水×浜上×新谷)

5節20半荘のB・Cリーグでは第2節。
その対局が行われている横で、10節40半荘のAリーグでは第7節の対局が行われていた。
どちらも当日を含め残り4節であることに違いはないのに、最終節までの意識には大きな違いが生まれるのが特徴的だ。

私はまだ10節の戦いというものを経験したことがない。
だがどのような意識が必要とされるかは、想像に容易い。
たとえばポイントを持っている者が「もう後半なのだから無理する必要はないだろう」と手を緩めれば、すぐに足元を掬われるだろう。
逆にポイントを持たぬ者が「もう後半なのだからもっと攻撃的に得点を重ねなければ」と焦るならば、やはりどん底へと落ちていく。

リーグ戦というのはマラソンのようなもので、最後まで集中力を切らさないことが鍵なのだ。
残り少ない距離だからとピッチを上げれば必ず息切れする。勝機は全ての者に残っている。
今回は比較的、このマラソンにおけるベテラン選手が卓上を制す場面が多く見られた。

その代表格の浜上は、前節首位に躍り出たが、今節も抜かりない麻雀を徹頭徹尾(てっとうてつび)貫いた。
彼の独走を止める相手は、こちらもベテランのJ真鍋に流水。
そしてAリーグ2年目にして決勝に手が届く位置にいる新谷。
マークされる浜上は当然苦戦するのだが、1回戦からきちんクビを確保し、粘り強さを見せる。
卓上を立体的に見る能力に長ける浜上に手牌が味方すると、もう誰も彼を止められない。
2回戦、3回戦と連勝し、大幅に得点を稼ぐ。
これ以上得点させるわけにはいかない包囲網は、なんとか4回戦目に彼を4着につかせたが、浜上はとても価値のある27,1Pを得た。
トータル3位の新谷もなんとか少し加点し、決勝への布石をまた一つ積んだと言えるだろう。

藤岡、小川、藤本、青木の卓は、少し異様な緊張感に包まれていた。
4名とも、かなり近い位置で走っている選手同士だった。
この日の戦いは中盤辺りでの直接対決。
つまりは、決勝を狙える位置へ抜ける者と、もっと苦戦を強いられる位置へ下がる者とを、非情に分ける戦いなのだ。
この戦いは、藤本と青木のアガり合戦になっていた。
藤岡、小川も2人を止めたいのだが、積まれた牌山は藤本と青木に味方する展開が多かった。
1回戦は藤本の独走にしがみつくように、青木がオーラスに小川のリーチをかわしつつ2,000・3,900をツモアガり、2着とクビを確保。
2回戦は逆に青木を追う展開になるが、繊細に攻撃に対応した青木がそのまま逃げ切り。しっかり2着には藤本。
3回戦はまた藤本の独走。藤本と共に絶好調の青木は、しっかり1人浮きのトップを阻止してクビと2着を死守。
4回戦は絶好調の2人になんとか反撃する藤岡と小川。
1着から4着まで2,9Pしか差がつかなかった激戦を制したのは青木。2着には藤岡。
この戦いにより、決勝を狙える位置へ出たのは青木と藤本。
反面、藤岡と小川はかなり苦しい位置へと下がってしまったが、打撃力に定評のある打ち手だ。このまま終わるとは思えない。

前節、僅差で首位を奪われてしまった中村。
前節最下位から脱却してエンジン全開の皇帝位・安東。
着実に加点し、常に好位置をキープしている藤原。
この3名のベテランAリーガーに、Aリーグ1年目の柿元の卓。
1回戦目から安東が飛ばす。
そのアガりはまるで、復調を自らの力で誇示するかのように見えた。
2回戦には中村と藤原の両ベテラン選手がやり返す。安東はなんとか3着にしがみつく。
じりじりと牽制し合うような展開が長く続いた。
2回戦から4回戦の途中まで、ずっと決め手が出なかったように思う。
ギリギリのところでかわして戦う姿は、それぞれのスタイルが垣間見え、「流石」という一言が私の脳裏に描かれた。
このまま大幅な動きはなく終わるのかと思った4回戦オーラス。
最後の親番で、一気に爆発したのが藤原。
一打一打、ジャブのような攻撃が、確実にダメージを蓄積し、1人浮きのトップを獲得。
藤原が増やし続ける積み棒をなんとか止めた柿元も、これ以上の失点を防ぐのがやっとだった。
卓内トップは藤原。トータル2位へ、その頭角を現す。
安東もしっかり加点し、怒涛の追い上げ続行中。

対局を終えた浜上に声をかけてみた。
「もう決勝は当確ですかね?」
もちろん、少し吹っかけ気味の発言である。
私の期待を裏切らない答えが返ってきた。
「とんでもない。まだまだ得点しなければ……」
言葉だけ見れば貪欲に見えるかもしれない。
そうではない。逆なのだ。いつ待っているかわからない落とし穴に不安が消えないのだ。
浜上副本部長という男はそういう男である。
一見臆病に見えるこの思考の名は『繊細』以外の何物でもない。
繊細さは、確実に彼の雀力の基盤を作っており、それこそが脅威なのである。

浜上を追う、力あるAリーガー達。
ぶつかり合うそれぞれの思惑。胸を締め付けるような息苦しさ。
自分は出ておらず観戦して好きにレポートを書く立場だからこそ、あえて無責任な文章を書こう。

これほどわくわくする戦いなど、そうはない。
確実にゴールは近づいてくる。
各選手がどう戦うのか、次節が楽しみで仕方がないのである。



 



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 大和田 篤史 プロ 59.6 26.8       86.4
2 塚本 将之 プロ ▲ 2.6 70.8       68.2
3 福田 正道 プロ ▲ 6.4 49.3       42.9
4 久保 由美 プロ 60.1 ▲ 22.0       38.1
5 筒井 久美子 プロ 83.9 ▲ 53.1       30.8
6 福島 清子 プロ ▲ 33.6 64.0       30.4
7 中島 行泰 アマ 0.0 19.8       19.8
8 吉武 みゆき プロ 62.9 ▲ 50.0       12.9
9 高木 祐 プロ 4.3 ▲ 3.2       1.1
10 西原 亨 プロ ▲ 44.5 27.4       ▲ 17.1
11 石原 忠道 アマ ▲ 50.0 21.2       ▲ 28.8
12 名倉 徹 プロ ▲ 30.2 ▲ 16.7       ▲ 46.9
13 藤田 竜三 アマ ▲ 0.4 ▲ 50.0       ▲ 50.4
14 福田 譲二 プロ ▲ 15.1 ▲ 48.4       ▲ 63.5
15 羽山 真生 アマ ▲ 47.2 ▲ 31.1       ▲ 78.3
16 川崎 行広 プロ ▲ 50.0 ▲ 37.9       ▲ 87.9
17 上田 悟史 アマ ▲ 61.0 ▲ 50.0       ▲ 111.0
18 三井 聡志 プロ ▲ 52.8 ▲ 71.9       ▲ 124.7

<第2節レポート:高木 祐

A卓(西原×久保×石原×福田譲二×中島)
B卓(羽山×福田正道×筒井×塚本×川崎)
C卓(名倉×大和田×高木×三井×福島)

季節の流れは速いもので、気がつけば秋から冬へと移ってしまった。
今では熱かった夏も終わり、外は寒空が広がっている。

そんな中、ただ1つ熱気が衰えない場所が九州リーグだ。
我々の自己表現の舞台である九州リーグの熱だけは、外の寒さとは不釣合いに過熱する一方だ。

今回で2節目を迎える九州リーグ。見所が多い対局となった今節も、やはり一番の注目は羽山の卓だ。
前節で首位の筒井、私が何度も言ってきたもう1人の強者・塚本、新人ながら実績がついてきた福田(正)、攻撃力には定評のある川崎。
この5人打ちだったのだが、結果から言うと羽山は今節も周りの厳しいマークに合い沈みで終わってしまう。
あの羽山をもってしても、そう簡単にはプラスを叩かせない現Bリーガー達。そのプライドのぶつかり合いは見ている側を興奮させる。

変わりに大叩きを見せた塚本。羽山の上家に座ると、常に羽山の動向を探り、甘い牌は一切降ろさないという徹底ぶり。
一つ一つのアガリはもちろん、仕掛けやリーチの精度が高く、見ている誰もが引き込まれる繊細さを持ち合わせている。
それでも本人は1回戦のラスを対局後に強く反省していた。この結果だけに拘らないクレバーさは、若手みんなに見習ってほしいと思う。
もし若手で競技麻雀に悩んだ時は、塚本の麻雀を観戦する事をお勧めする。といっても、私もまだまだ若手なのだが(笑)
彼の麻雀を一言で言うと、「無駄」がないのである。
私は数年前から彼の麻雀を見続け、共に対局を多くしてきた第一人者だ。今の私の麻雀の根幹にもなっているので、これは声を大にして言えることだ。

変わって、首位の筒井もきついマークに合い大きく後退。
この卓もう1人の大叩きである福田(正)に上手く抑えられてしまう。
この福田なのだが、最近滅法強くなったように思う。
新人王では5位入賞、先日行なわれた最強戦では準決勝において今大会優勝した板川プロと最後まで死闘を演じていた。
彼にはいつもいい刺激を貰っている。私も先輩として負けられないと強く感じた。

その私だが、今節は泣かず飛ばずであった。といっても、最初の2回戦までは大きな浮きを確保していたにもかかわらず、
同卓者の大和田、女流の福島に後半のまれてしまった。
大和田にいたっては、入りの1回戦で前節のプラスの3分の2を吐き出すという大きなラスにもかかわらず、
残りの3回戦でプラスに持っていく胆力はさすがの一言。
また卓内トップの福島も公式戦で1年振りくらいだったのだが、吉武・筒井を思わせる力強い麻雀だった。

もう1人の実力者である女流の久保は、西原、福田(譲)、石原さん、中島さんとの戦いでマイナスしてしまい、
変わりに西原が卓内で力を見せつけ堂々の卓内トップ。
さすがにここは西原が強いか。常に安定した内容で、後半戦へ向けて十分狙える位置につけた。

今回の後期リーグで感じたことは、九州女流の雀力が軒並上がったことだ。
プロクイーン2年連続惜しくもベスト16だったが、中央でも十分戦えている吉武、女流桜花参戦中の筒井、福島。
遠くは鹿児島から参戦の実力派である久保。私はどの女流も強くなったと感じている。そしてこれからももっと強くなるであろう。
もっとも、私達も負けられないのは当然である。今期はなんといっても羽山がいる。
彼は今大きなマイナスと出遅れてはいるものの、必ず残り3節で上位に上がってくると思っている。

またトータルマイナスの者にとっては来節がかなり重要な勝負となる。
来節の出来次第では降級も見えてくるため、今まで以上にシビアな戦いが予想されるだろう。

ここで足踏みなどしていられない。まだまだ先は長い。長いうえに終わりもない。
一歩一歩を踏みしめながら、しっかり上を目指して歩いていく。

麻雀プロとういものは、その繰り返しなのだから。


 



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 安永 敏郎 アマ 85.6 89.4       175.0
2 相本 長武 アマ 48.2 21.9       70.1
3 高島 功一郎 アマ 43.8 18.9       62.7
4 東谷 達矢 アマ 53.5 9.0       62.5
5 藤原 琢 プロ 28.8 21.5       50.3
6 氷室 哀華 アマ 8.6 33.0       41.6
7 藤川 大志 アマ 22.8 12.8       35.6
8 古林 千寿 プロ 9.8 20.5       30.3
9 古賀 進 アマ 18.6 ▲ 2.3       16.3
10 東 博文 アマ ▲ 14.0 26.4       12.4
11 服部 学 アマ ▲ 21.4 27.4       6.0
12 筒井 晶士 プロ ▲ 21.2 24.0       2.8
13 佐藤 健治 プロ 31.9 ▲ 34.8       ▲ 2.9
14 菊池 豪 アマ ▲ 0.8 ▲ 2.1       ▲ 2.9
15 田中 朋希 アマ ▲ 2.2 ▲ 16.1       ▲ 18.3
16 水町 慎一 アマ ▲ 32.2 10.8       ▲ 21.4
17 渡辺 楽 アマ ▲ 50.0 19.3       ▲ 30.7
18 山本 江利香 アマ 13.5 ▲ 46.7       ▲ 33.2
19 榎島 賢了 プロ ▲ 18.1 ▲ 15.4       ▲ 33.5
20 楊井 康二 プロ 24.5 ▲ 60.7       ▲ 36.2
21 新井 龍太 アマ ▲ 44.2 ▲ 4.2       ▲ 48.4
22 西田 弘輝 プロ ▲ 40.9 ▲ 8.0       ▲ 48.9
23 中尾 多門 アマ ▲ 65.2 11.2       ▲ 54.0
24 下田 健吾 アマ ▲ 9.9 ▲ 50.0       ▲ 59.9
25 中島 天 アマ ▲ 50.0 ▲ 24.6       ▲ 74.6
26 茂谷 優樹 アマ ▲ 55.2 ▲ 20.9       ▲ 76.1
27 矢野 拓郎 プロ ▲ 50.0 ▲ 32.4       ▲ 82.4
28 渡部 湖仁 アマ ▲ 42.5 ▲ 50.0       ▲ 92.5
29 末吉 悠香 アマ ▲ 54.8 ▲ 50.0       ▲ 104.8
30 田中 大志 アマ ▲ 50.0 ▲ 88.9       ▲ 138.9
 

<第2節レポート:渡辺 楽>

A卓(筒井×佐藤×藤川×西田)
B卓(服部×楊井×水町×藤原)
C卓(高島×榎島×新井×古賀)
D卓(中尾×田中朋希×中島×東谷×古林)
E卓(渡辺×山本×茂谷×相本×東)
F卓(菊池×矢野×安永×氷室×田中大志)

今月九州リーグの第2節が行われました。
自分にとっては、前回欠場したため、初めての九州リーグでの対局となりました。
会場の雰囲気は緊張感が漂っていましたが、自分は不思議とリラックスした気持ちでこの日を迎えることができました。

初の九州リーグは抜け番からのスタートでした。
同卓者達の対局を見ていてふと思ったのですが、最初の抜け番というのは他の対局者の打ち筋や、クセなどを観察できるので、
少しだけ有利なのではないかと感じました。
私の卓組は、相本さん、茂谷、山本、東、渡辺でした。私の抜け番の東2局、東が5巡目に四暗刻テンパイ。はやくも波瀾の予感…。
結局その四暗刻は茂谷の5,200にかわされたものの、その後も何度も本手が入る東を止める事は出来ず、1回戦は東のトップで終局しました。
2回戦は渡辺が東1局に2,000・4,000、東2局に4,000オールをツモアガリ、リードを保ったままオーラスに突入。オーラスでは相本さんが先制リーチ。
ロン牌を見逃しての700・1,300をツモりきっちりと30,000点超えのクビ確保。
このへんの条件に合わせた手づくりはさすがだと感じました。
4回戦を終えたところで山本が1人大きく沈んでいたが、最後の5回戦で見事トップをとりマイナスを最小限でとどめました。

今回の九州リーグ第2節では、運よくプラスで終えたもののいろいろと課題の残る内容でした。
参加者のほとんどがそういう反省点を次回までに修正してくるだろうと思うので、
周りより一歩でも先に進むという気持ちで1ヶ月間準備しておきたいと思います。







第12期九州リーグ(プロアマ混合):福岡会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 藤川 大志 アマ 50.9         50.9
2 矢野 拓郎 プロ 41.0         41.0
3 羽山 真生 アマ 38.9         38.9
4 服部 学 アマ 37.5         37.5
5 中島 行泰 アマ 36.3         36.3
6 福田 正道 プロ 26.1         26.1
7 水町 慎一 アマ 22.6         22.6
8 筒井 久美子 プロ 22.5         22.5
9 一本 達郎 アマ 16.2         16.2
10 浜上 文吾 プロ 5.9         5.9
11 ジャガー 真鍋 プロ 3.9         3.9
12 小車 祥 プロ 19.4 ▲ 17.2       2.2
13 高木 祐 プロ ▲ 0.5         ▲ 0.5
14 西原 亨 プロ ▲ 5.0         ▲ 5.0
15 錦辺 卓三 アマ ▲ 5.0         ▲ 5.0
16 藤岡 治之 プロ ▲ 8.4         ▲ 8.4
17 中村 政時 プロ ▲ 16.6         ▲ 16.6
18 柿元 裕介 プロ ▲ 33.5         ▲ 33.5
19 大和田 篤史 プロ ▲ 36.9         ▲ 36.9
20 安東 裕允 プロ ▲ 60.1         ▲ 60.1
21 渡辺 楽 アマ ▲ 68.7         ▲ 68.7
22 新谷 翔平 プロ ▲ 70.3         ▲ 70.3


第12期九州リーグ(プロアマ混合):鹿児島会場


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 青木 胤道 プロ 79.2         79.2
2 柿元 裕介 プロ 56.1         56.1
3 田中 泰隆 アマ 53.0         53.0
4 久保 秀樹 アマ 47.4         47.4
5 安東 裕允 プロ 38.9         38.9
6 森下 幸人 アマ 36.7         36.7
7 田中 朋希 アマ 33.1         33.1
8 前田 弘 アマ 31.7         31.7
9 小車 祥 プロ 31.5         31.5
10 川畑 美樹 アマ 23.3         23.3
11 吉武 みゆき プロ 18.1         18.1
12 谷口 昌幸 アマ 14.7         14.7
13 尾之上 博寿 アマ 9.7         9.7
14 大和田 篤史 プロ 7.7         7.7
15 東 博文 アマ 5.5         5.5
16 城間 隆宏 アマ 0.6         0.6
17 福田 正道 プロ 0.0         0.0
18 茶圓 暁 アマ ▲ 6.4         ▲ 6.4
19 有満 喜明 アマ ▲ 7.2         ▲ 7.2
20 有村 峰樹 アマ ▲ 16.4         ▲ 16.4
21 三堂 雄大 アマ ▲ 20.8         ▲ 20.8
22 江野口 祐弥 アマ ▲ 26.8         ▲ 26.8
23 久保 由美 プロ ▲ 32.5         ▲ 32.5
24 浜上 文吾 プロ ▲ 33.1         ▲ 33.1
25 高木 祐 プロ ▲ 57.3         ▲ 57.3
26 児玉 広和 アマ ▲ 59.4         ▲ 59.4
27 茂谷 優樹 アマ ▲ 70.3         ▲ 70.3
28 湯江 真己 アマ ▲ 81.7         ▲ 81.7
29 鮫島 猛 アマ ▲ 116.3         ▲ 116.3



年間活動予定

2010年4月
11 (日) 第11期九州リーグ 第1節
18 (日) 第11回ばってんリーグ 第1節
5月
16 (日) 第11期九州リーグ 第2節
30 (日) 第11回ばってんリーグ 第2節
6月
13 (日) 第11期九州リーグ 第3節
27 (日) 第11回ばってんリーグ 第3節
7月
11 (日) 第11期九州リーグ 第4節
25 (日) 第11回ばってんリーグ 第4節
8月
22 (日) 第11期九州リーグ 第5節
29 (日) 第11回ばってんリーグ 第5節
9月
18 (土) 第11回ばってんリーグ 決勝
19 (日) 第5回九州グランプリ
26 (日) 九州本部 第27期プロテスト


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010 羽山 真生 柿元 裕介 西原 亨 中島 行泰 塚本 将之  


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。