日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 浜上 文吾 ▲ 6.6 ▲ 38.9 90.7 ▲ 13.3 27.1 43.3         102.3
2 中村 政時 19.7 54.3 7.5 ▲ 5.5 8.9 14.3         99.2
3 新谷 翔平 15.3 39.2 13.9 ▲ 22.5 34.6 ▲ 23.8         56.7
4 藤原 英司 28.6 ▲ 5.9 ▲ 15.3 3.9 1.3 24.3         36.9
5 流水 聖人 ▲ 27.8 ▲ 52.9 64.8 ▲ 3.5 ▲ 32.7 70.0         17.9
6 ジャガー 真鍋 ▲ 50.9 36.5 ▲ 30.4 24.9 66.0 ▲ 49.6         ▲ 3.5
7 藤岡 治之 28.4 48.6 6.3 ▲ 15.6 ▲ 36.5 ▲ 49.0         ▲ 17.8
8 小川 善章 22.9 ▲ 6.6 ▲ 7.5 ▲ 3.6 ▲ 8.5 ▲ 34.7         ▲ 38.0
9 藤本 敬三 ▲ 39.2 20.5 ▲ 20.0 24.1 21.8 ▲ 46.8         ▲ 39.6
10 青木 胤道 28.9 ▲ 33.5 ▲ 55.8 50.8 ▲ 28.5 ▲ 9.5         ▲ 47.6
11 安東 裕允 1.0 ▲ 57.3 ▲ 13.9 ▲ 34.0 ▲ 30.8 52.5         ▲ 82.5
12 柿元 裕介 ▲ 20.3 ▲ 8.0 ▲ 40.3 ▲ 5.7 ▲ 23.7 9.0         ▲ 89.0

<第6節レポート:小車 祥

A卓(新谷×青木×柿元×藤原)
B卓(藤本×浜上×藤岡×安東)
C卓(小川×中村×J真鍋×流水)

前期、念願のBリーグ優勝を果たし、来期よりAリーグで戦うことになる小車です。
今までは、Bリーグでレポートを書くことが多かった私ですが、初めてAリーグでのレポートを担当させて頂くこととなりました。
改めて、よろしくお願い致します。

10節40半荘と長丁場のAリーグ。
その半分が終わり、先頭に立つのは中村本部長。
まだまだ若手の好きにはさせないと言わんばかりに、周囲を牽制しながら前期を終えている。
続いて、中村に僅差で2位につけているのがAリーグ2期目の新谷。
彼のストイックな麻雀への姿勢は素晴らしく、現在の位置にいることも頷ける。
そして、ほぼ毎年皇帝位戦の決勝へ勝ち残っている浜上、真鍋と続いている。

また、昨年度の皇帝位である安東は、誰も予想だにしなかった最下位にいる。
前期の彼に何が起こっていたのかまでは知る由もない。
だが、もう5節も戦っているのだ。
そろそろ「展開に恵まれなかった」という言葉だけでは済まされないことを、本人もわかっているはずである。

まずは首位の中村の卓。
打撃力には定評のある流水が、前期での失点を全て取り返すほどの大暴れ。
その濁流に飲まれてしまったのが真鍋と小川。
しっかりと足場を確保して岸へ上り危険を回避したのが中村。
きっちり加点しているあたりが、中村の強さを物語っている。

新谷は1人浮きのトップスタートと好調を見せる。
2回戦も30,000点ちょうどで終え、クビ確保の3人沈みの同点2着という成績。
ここで首位に躍り出るかと思いきや、3回戦4回戦と痛恨の2連続4着。
同卓者全員が彼の独走を許さなかった。
気がつけば新谷は卓内ラス。
果敢な攻めで藤原と柿元が得点を重ねる結果となった。

3位につける浜上と、昨年度の皇帝位安東の対決。
彼らを迎え撃つのは藤岡と藤本。
「このまま終わるわけにはいかないんだよ!」
そんな台詞はもちろんなかったが、安東の思いはそうだったに違いない。
1回戦、安東は55,400点持ちのトップ。
ワリを食ったのが浜上で、5,600点持ちのラス。
だが、浜上は何も気負わず、自分の麻雀で跳ね返した。
「ツモ、6,000は6,400オール」浜上の声は会場全体に響き渡る。
「安東、早く上がって来い。決勝の舞台でしか、昨年度の雪辱は果たせないのだから」
昨年度、決勝で涙を呑んだ浜上にはそんな思考があるのではないかと、私は勝手に推測した。
終わってみれば、安東が+52,5Pで浜上が+43,3Pだった。

首位に躍り出た浜上。僅差で続く中村。
ギラリと目を光らせる新谷。最下位から脱却し、一気に追う姿勢に入った安東。
上から下まで、まだまだ誰が決勝に残るかわからない。

残すところ4節16半荘。
ただ言えるのは、一打一打に神経を研ぎ澄まさなければ、望むような結果は待っていてくれないということ。

季節は冬になろうとしている今であっても、九州の頂上決戦においては熱が下がりそうにない。
まだまだまだまだまだまだまだまだ!
目が離せないのである!

 



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 筒井 久美子 プロ 83.9         83.9
2 吉武 みゆき プロ 62.9         62.9
3 久保 由美 プロ 60.1         60.1
4 大和田 篤史 プロ 59.6         59.6
5 高木 祐 プロ 4.3         4.3
6 中島 行泰 アマ 0.0         0.0
7 藤田 竜三 アマ ▲ 0.4         ▲ 0.4
8 塚本 将之 プロ ▲ 2.6         ▲ 2.6
9 福田 正道 プロ ▲ 6.4         ▲ 6.4
10 福田 譲二 プロ ▲ 15.1         ▲ 15.1
11 名倉 徹 プロ ▲ 30.2         ▲ 30.2
12 福島 清子 プロ ▲ 33.6         ▲ 33.6
13 西原 亨 プロ ▲ 44.5         ▲ 44.5
14 羽山 真生 アマ ▲ 47.2         ▲ 47.2
15 川崎 行広 プロ ▲ 50.0         ▲ 50.0
16 石原 忠道 アマ ▲ 50.0         ▲ 50.0
17 三井 聡志 プロ ▲ 52.8         ▲ 52.8
18 上田 悟史 アマ ▲ 61.0         ▲ 61.0

<第1節レポート:福田 正道>

A卓(名倉×上田×久保×筒井×三井)
B卓(羽山×塚本×高木×大和田×福田譲二)
C卓(藤田×西原×福田正道×福島)

断言しよう。今の九州BリーグはAリーグに負けるとも劣らないほど面白い。
そのBリーグを面白くしてしまった原因の一つに、今年プロ試験を受けた羽山の存在がある。
連盟員なら誰もが目指す王位を2連覇している彼は、仕事の都合で昨年九州の地に降り立った。
そしてプロ試験で見事に正規合格を果たし、特例でBからのスタートとなったのである。

今、九州本部は改革の時だ。
舵取りをする浜上・安東・真鍋の18期生Aリーガー、通称三羽烏の年齢層を見て頂いたらわかるように、全体的に非常に若い集団である。
その三羽烏の背中を見つめ、追いつき追い越そうと志高く取り組む若手の台頭がBには多く存在するのだ。

勝負の世界である以上、これから起こる新たな九州本部の歴史の一端を担おうとするならば、まずはAリーガーになることが自分達の目指す第一歩であり、
そうすることで下から押し上げる力を見せつけて先輩方にも頑張って頂く、そんな気概も個人的にはある。

前のレポートでもお話したように、Bリーグは半期ごとの開催で全5節しかない。
そして、無条件でAリーガーになるための椅子は、優勝した者しか座れないのだから大変だ。
読んで頂いている皆様もお察しの通り、今回行われた第1節には誰しもが大きなマイナスはしたくないし、
出来ることなら大きなプラスを叩き、アドバンテージをもって次節以降に弾みをつけたいのだが・・・。

A卓、筒井久美子・三井・名倉・久保・上田さん。
私の卓の隣での対局だった為、見に行かずとも、誰がどのぐらいアガリの発声をしているかで、あらかた想像がついた。
確認しようと観戦した時、南場で親番の上田さん(3着目)が仕掛けを入れ、それを交わそうと名倉(ラス目)も仕掛けたところだった。
ここはトップ目の久保は、静観するのだろうと観戦していると、まさかのリーチを打った。手役はメンホン七対子。
上田さんは、名倉には打ってでも前に出る局面であり、名倉は親の打点次第で押す牌、引く牌を決めているはずである。
そんな2人の争いに久保がリーチを打った意味を、少しずつ進化したい久保の気持ちが入った渾身のリーチだと、私なりに理解した。
そしてA卓は、そんな久保と筒井が共に大きくプラス。『2人揃って仲がいいね〜。』ではすまされないぞ!男性陣!

B卓、塚本・大和田・高木・福田譲二・羽山
B卓はいきなりの鉄火場。雀力で飛び抜ける羽山に、迎え撃つは対応力のある面子。
別会場だった為、全く観戦出来なかったが戻ってきた時の大和田と高木の表情で予測はついた。予想外は羽山のマイナスの数字。
彼は普段から休みの日には家族サービスをし、その合間をぬっては私達若手のセットにも嫌な顔一つせず付き合ってくれる。
そして、実力をもって私達に何が足りないかを教えてくれる。
いくら訓練のセットとはいえ、あんなにマイナスした羽山を私は初めてみた。羽山は言わずもがな台風の目だ。
羽山と卓を囲む時は、必ず他の打ち手から一番手のマークを受ける。
当然そういった中でも成績を残してきた彼だが、果たして今回はどうだったのだろうか?
私には対局者の肌から感じる熱が羽山に襲いかかってきたことが容易に想像出来る。
そしてその熱は今回の第1節だけでなく、全ての節、全ての局に現れると私は思う。
これを如何に守り、如何に闘うか?が今後も最大の見所になるであろう。

C卓、西原・吉武・福島・藤田さん・福田正道(私)
私が対局したC卓で、私は最高のスタートを切った。
東1局、西原の親の11,600リーチの宣言牌を打ち取り12,000の出アガリスタートである。
それにも関わらず、1回戦で吉武にトップを譲るどころか、マイナスにまで転落し、その後の戦い方にも影響が出て、マイナスポイントで終わってしまう。
反対にしっかりと自分の麻雀を打ち、卓内のプラスポイントを独り占めしたのは吉武。
もしも九州リーグに興味のある方がいらっしゃれば、一度、彼女の押し引きを見てもらいたい。
私の目から見て、彼女の強さの秘密は押し引きのバランスが非常にいいところだと思う。
そして、彼女の押し引きは打点を元にしている訳ではないところも私には素晴らしく思える。

兎にも角にも、若手メインによるデスマッチは始まってしまった。
また1ヶ月後、誰かの笑顔と誰かの悔しそうな顔が交差するが、私はそのどれからも目を背けずにBの頂点を見据えていきたいと思う。


 



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 安永 敏郎 アマ 85.6         85.6
2 東谷 達矢 アマ 53.5         53.5
3 相本 長武 アマ 48.2         48.2
4 高島 功一郎 アマ 43.8         43.8
5 佐藤 健治 プロ 31.9         31.9
6 藤原 琢 プロ 28.8         28.8
7 楊井 康二 プロ 24.5         24.5
8 藤川 大志 アマ 22.8         22.8
9 古賀 進 アマ 18.6         18.6
10 山本 江利香 アマ 13.5         13.5
11 古林 千寿 プロ 9.8         9.8
12 金子 恭子 アマ 8.6         8.6
13 菊池 豪 アマ ▲ 0.8         ▲ 0.8
14 田中 朋希 アマ ▲ 2.2         ▲ 2.2
15 下田 健吾 アマ ▲ 9.9         ▲ 9.9
16 東 博文 アマ ▲ 14.0         ▲ 14.0
17 榎島 賢了 プロ ▲ 18.1         ▲ 18.1
18 筒井 晶士 プロ ▲ 21.2         ▲ 21.2
19 服部 学 アマ ▲ 21.4         ▲ 21.4
20 水町 慎一 アマ ▲ 32.2         ▲ 32.2
21 渡部 湖仁 アマ ▲ 42.5         ▲ 42.5
22 西田 弘輝 プロ ▲ 40.9         ▲ 40.9
23 新井 龍太 アマ ▲ 44.2         ▲ 44.2
24 矢野 拓郎 プロ ▲ 50.0         ▲ 50.0
25 古川 真弥 プロ ▲ 50.0         ▲ 50.0
26 渡辺 楽 アマ ▲ 50.0         ▲ 50.0
27 末吉 悠香 アマ ▲ 54.8         ▲ 54.8
28 茂谷 優樹 アマ ▲ 55.2         ▲ 55.2
29 中尾 多門 アマ ▲ 65.2         ▲ 65.2
 

<第1節レポート:筒井 晶士>

A卓(西田×楊井×田中×古賀)
B卓(山本×筒井×新井×佐藤)
C卓(下田×渡部×菊池×相本)
D卓(中尾×金子×高島×古林)
E卓(安永×服部×藤川×水町×末吉)
F卓(東谷×藤原×茂谷×榎島×東)

今年の一大イベントの1つであるプロ試験が行われて早2週間。九州リーグが行われた。
朝、私が会場へ着くなり、ものすごい熱気に包まれた。それもそのはず!!
今回九州リーグ後期では27期生の研修生やプロ合格した新たな精鋭達がいるからである。
27期生達はドキドキ、ワクワクといった表情を浮かべ会場にいる。
もちろん、プロの先輩方は先輩として威厳や闘志が伝わってきた。
さて、対局開始だ!!

私のいる卓は、『 筒井、佐藤、山本、新井 』の2人の新人を迎えて対局。
開始早々、新人の山本が勢いを見せ、1戦目トップ、2戦目トップと2戦で+42,6Pほど叩いていた。
このまま山本に走らせるわけにはいかないと、3戦目では筒井、新井、佐藤が足止めにかかる。
3人の意思が通じあったのか、山本は厳しいマークに力を出し切れず、1人沈みのラスを喰らわせられた。
そして4回目。ここまでいいところがない新井が動き出した。だが時すでに遅し。
+35,3Pと力を見せるも卓内ラスに終わり終局。
終わってみれば忍者のように打っていた佐藤が卓内トップを取り、先輩である実力を見せていた。
今回の対局において私は、佐藤に注目していこうと思う。
また、新人の山本、新井は27期生の中でマナーに関してよくできている印象を受けた。
私は山本、新井の成長に期待していきたいと思う。
次に今節Cリーグでトータルトップの安永さんに私は注目した。
安永さんは前回Bリーグから降級したものの、アマチュアの中では実力のある打ち手であり、これからの動きに目を光らせておく必要がある人物だ。
そして最後に、私は今回から先輩という立場。威厳やマナー、実力のある模範的な先輩として精進していこうと思う。








第11期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 羽山 真生 アマ 56.1 72.7 21.2 37.1 6.4 193.5
2 中島 行泰 アマ 22.5 46.5 11.9 53.2 49.0 183.1
3 西原 亨 プロ 64.5 ▲ 0.4 ▲ 47.3 45.2 63.7 125.7
4 塚本 将之 プロ 28.3 28.0 38.0 21.4 ▲ 2.5 113.2
5 柿元 裕介 プロ 53.2 22.4 ▲ 2.8 22.8 16.6 112.2
6 安東 裕允 プロ ▲ 14.9 28.6 42.3 12.7 22.1 90.8
7 浜上 文吾 プロ 19.0 ▲ 29.3 79.6 13.5 7.5 90.3
8 大山 天 アマ ▲ 2.7 ▲ 9.0 ▲ 32.7 107.5 6.3 69.4
9 吉武 みゆき プロ ▲ 38.7 40.8 29.1 8.4 18.0 57.6
10 高木 祐 プロ ▲ 6.1 53.0 9.2 ▲ 2.0 0.4 54.5
11 藤岡 治之 プロ ▲ 68.8 59.3 ▲ 36.7 38.2 57.3 49.3
12 小車 祥 プロ ▲ 24.3 64.1 20.4 ▲ 16.2 2.9 46.9
13 矢野 拓郎 プロ ▲ 1.5 48.4 26.3 ▲ 20.4 ▲ 10.0 42.8
14 ジャガー 真鍋 プロ 63.8 10.5 ▲ 2.7 38.6 ▲ 69.6 40.6
15 筒井 久美子 プロ ▲ 1.4 ▲ 0.5 ▲ 17.9 7.0 51.0 38.2
16 大和田 篤史 プロ 38.9 2.2 38.8 ▲ 0.2 ▲ 45.5 34.2
17 氏家 義成 アマ ▲ 17.0 30.0 47.3 ▲ 22.2 ▲ 9.4 28.7
18 藤田 竜三 アマ 17.9 20.0 ▲ 37.0 6.7 5.0 12.6
19 中村 政時 プロ 24.2 ▲ 5.8 8.0 10.8 ▲ 35.9 1.3
20 安永 敏郎 アマ 41.3 26.4 ▲ 24.0 ▲ 68.6 ▲ 21.4 ▲ 46.3
21 阿部 紀彦 アマ ▲ 36.0 ▲ 7.8 ▲ 61.8 ▲ 42.8 90.0 ▲ 58.4
22 石原 忠道 アマ ▲ 17.5 ▲ 53.3 15.6 ▲ 14.3 0.9 ▲ 68.6
23 福田 正道 プロ 20.8 5.3 ▲ 72.9 ▲ 6.3 ▲ 63.2 ▲ 116.3
24 新谷 翔平 プロ ▲ 55.9 ▲ 72.1 ▲ 37.0 52.3 ▲ 17.2 ▲ 129.9
25 名倉 徹 プロ ▲ 57.2 ▲ 38.3 ▲ 5.7 ▲ 1.3 ▲ 31.8 ▲ 134.3
26 松本 路也 アマ ▲ 5.7 13.2 ▲ 37.3 ▲ 58.6 ▲ 64.1 ▲ 152.5
27 服部 学 アマ ▲ 1.6 ▲ 52.0 ▲ 68.8 ▲ 18.5 ▲ 46.8 ▲ 187.7


年間活動予定

2010年4月
11 (日) 第11期九州リーグ 第1節
18 (日) 第11回ばってんリーグ 第1節
5月
16 (日) 第11期九州リーグ 第2節
30 (日) 第11回ばってんリーグ 第2節
6月
13 (日) 第11期九州リーグ 第3節
27 (日) 第11回ばってんリーグ 第3節
7月
11 (日) 第11期九州リーグ 第4節
25 (日) 第11回ばってんリーグ 第4節
8月
22 (日) 第11期九州リーグ 第5節
29 (日) 第11回ばってんリーグ 第5節
9月
18 (土) 第11回ばってんリーグ 決勝
19 (日) 第5回九州グランプリ
26 (日) 九州本部 第27期プロテスト


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010 羽山 真生 柿元 裕介 西原 亨 中島 行泰 塚本 将之  


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。