日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 中村 政時 19.7 54.3 7.5 ▲ 5.5             76.0
2 藤岡 治之 28.4 48.6 6.3 ▲ 15.6             67.7
3 新谷 翔平 15.3 39.2 13.9 ▲ 22.5             45.9
4 浜上 文吾 ▲ 6.6 ▲ 38.9 90.7 ▲ 13.3             31.9
5 藤原 英司 28.6 ▲ 5.9 ▲ 15.3 3.9             11.3
6 小川 善章 22.9 ▲ 6.6 ▲ 7.5 ▲ 3.6             5.2
7 青木 胤道 28.9 ▲ 33.5 ▲ 55.8 50.8             ▲ 9.6
8 藤本 敬三 ▲ 39.2 20.5 ▲ 20.0 24.1             ▲ 14.6
9 流水 聖人 ▲ 27.8 ▲ 52.9 64.8 ▲ 3.5             ▲ 19.4
10 ジャガー 真鍋 ▲ 50.9 36.5 ▲ 30.4 24.9             ▲ 19.9
11 柿元 裕介 ▲ 20.3 ▲ 8.0 ▲ 40.3 ▲ 5.7             ▲ 74.3
12 安東 裕允 1.0 ▲ 57.3 ▲ 13.9 ▲ 34.0             ▲ 104.2

<第4節レポート:ジャガー真鍋>

A卓(安東×浜上×青木×流水)
B卓(藤本×新谷×中村×藤原)
C卓(小川×藤岡×柿元×J真鍋)

今回レポートを担当させていただく、ジャガー真鍋です宜しくお願いします。

九州リーグも第4節を迎え、BリーグとCリーグは終盤戦で、麻雀で言うところのラス前と言ったところ。
上位と下位の差も離れて上位の者は優勝、もしくは昇級を目指し、下位では降級をしないようになどの考えを持って対局に臨んでいるだろう。
しかし、Aリーグは1年間10節の戦い!まだまだ半荘にたとえるなら東4局ぐらいなのでまだまだ誰が決勝に残るのか分からない局面です。

Aリーグの順位を見ると第3節迄の上位陣が全員沈んだ為、大混戦となっている。
中でも、前節迄10位だった青木が+50Pを叩き、もう少しでプラスのところ迄来ている。

さて、私はと言うと、ラス目の1回戦目のオーラスの親番、3巡目ドラで下記の牌姿。

この形から最終的に、

 ツモ

こうなり2,600オールをアガリトップ目に立つ。
ここで「今日は結構行けるかも知れない!」と思ったがサクッと次局に巻くられる。
だが、今回の対局ではラスが無く、次節以降に繋げられるポイントを残せたので良しとしよう。

まだまだ中盤戦!最終的に上位4人の中に入れば決勝の舞台に座れるので、叩けるチャンスがあれば一気に狙います!!


 



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/ アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 小車 祥 プロ 27.9 ▲ 14.9 84.6 92.2   189.8
2 石原 忠道 アマ 70.7 63.2 ▲ 1.1 3.6   136.4
3 三井 聡志 プロ 25.4 ▲ 3.3 79.8 3.8   105.7
4 藤田 竜三 アマ 54.5 17.7 23.4 ▲ 9.4   86.2
5 塚本 将之 プロ 14.8 ▲ 17.4 ▲ 10.4 67.6   54.6
6 高木 祐 プロ ▲ 12.5 52.0 64.1 ▲ 49.7   53.9
7 福田 正道 プロ 25.5 ▲ 43.1 2.3 64.8   49.5
8 川崎 行広 プロ 40.5 40.0 ▲ 50.6 12.6   42.5
9 久保 由美 プロ ▲ 4.7 ▲ 1.5 15.8 ▲ 57.7   ▲ 48.1
10 吉武 みゆき プロ ▲ 48.8 4.1 ▲ 9.7 ▲ 2.6   ▲ 57.0
11 筒井 久美子 プロ 49.0 ▲ 13.0 ▲ 26.7 ▲ 71.0   ▲ 61.7
12 哀河 斗南 プロ ▲ 39.0 ▲ 23.4 ▲ 46.2 42.6   ▲ 66.0
13 福田 譲二 プロ ▲ 29.9 ▲ 1.7 ▲ 27.7 ▲ 19.6   ▲ 78.9
14 藤原 琢 プロ ▲ 56.0 ▲ 12.9 ▲ 46.0 ▲ 0.2   ▲ 115.1
15 大和田 篤史 プロ ▲ 1.3 ▲ 67.4 ▲ 36.3 ▲ 13.8   ▲ 118.8
16 木村 栄希 アマ ▲ 79.4 54.5 ▲ 57.0 ▲ 50.0   ▲ 131.9
17 安永 敏郎 アマ ▲ 97.7 ▲ 33.9 41.7 ▲ 63.2   ▲ 153.1

<第4節レポート:小車 祥>

A卓(石原×藤原×塚本×筒井)
B卓(安永×藤田×福田譲二×小車)
C卓(三井×吉武×大和田×川崎)
D卓(高木×哀河×久保×福田正道)

第3節終了時点で、トップの石原を追う4名が100ポイント前後の位置につけているという混戦模様。
最終節へと繋ぐ大事な節。
誰しもが、できる限り好位置につけることを目標としているはずだ。
それぞれの思いが交錯する中、対局が始まる。

石原さんはマークされる中で、1回戦をきっちりトップで終える。
まずい、このままでは石原さんを捕まえられなくなる。
石原さんの動向が特に気になる4名は全て別卓。
4位につけていた私を含め、他の者も頻繁に石原さんの卓の様子を窺っていた。

私も1回戦を大きめのトップで終えていたのだが、石原さんの結果を見て少し萎えてしまった。
点差が全く縮まっていなかったのだ。
5位の藤田さんと私は同卓で直接対決だったのだが、その藤田さんも浮きの2着に終えており
、いくらトップを取ったとはいえ、上位へほんの一歩前進した程度の感覚でしかなかった。

3位の三井だけが別会場だったため、そちらの様子はわからなかった。
見えない敵と戦うような不安も、私の心に芽生え始めていた。

私は高い手をアガった時、わざと高木と石原さんに聞こえるように、点数申告の声のボリュームを上げた。
目の前の3名と戦いながらも、別卓の2名を牽制していた。
「小車がよくアガっている」
そんな印象を与えられれば、少しばかりのメンタル攻撃へと繋がるはずだ。

石原さんの独走を止めたのは塚本だった。
第3節まではトータルポイントが少しマイナスで、まだいいところがあまりなかった塚本。
繊細な対応力と、時に対局者を赤子のように無抵抗にさせてしまうような豪腕を持ち合わせた彼が、このまま大人しくしているはずがなかった。
石原さんは、1回戦での得点をジリジリと吐き出し、少しだけプラスで終える形となった。
これは本人に確認していないので定かではないが、おそらく高木は焦っていたのだろう。
すぐ隣で石原さんと私が好調にアガっているというのに、自分は思うような展開に恵まれない。
「12,000は12,300」
私は容赦なく高木に聞こえるように点数申告をする。
それによって、高木の戦い方に変化が起きたとまでは思わないが、結果的に高木は少し躓いてしまう。
高木の同卓者、福田の情熱が実を結んだのか、元Aリーガーの哀河がさすがといったところか。

私は順風だった。
これが私の実力だと驕るつもりは毛頭ない。
私は私がやれることをやっただけで、結果はたまたま良い方へ出ただけなのだ。

別会場にいた三井も好位置につけたようである。
最終節を首位で迎えることができたことは、私にとって非常に大きい。
しかし、点差があるとはいえ、最終節は苦しい戦いになるだろう。

麻雀とはとても悲しい競技である。
他人を蹴落とすことでしか、幸せや喜びが生まれない。
蹴落とされた者は歯を食いしばり己を責める。

得点を持つ者は、失点者の悔しさの上に立つ。
ならばヘラヘラ笑い、浮かれている場合ではない。
第4節が終わった瞬間から最終節は始まっている。

戦いはクライマックス。
哀しい戦いを制すために、いざ戦場へ。
悲しみの果てに何が見えるのか、それを確かめるために。


 



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 福島 清子 プロ 12.9 84.5 58.0 6.8   162.2
2 中島 行泰 アマ 72.6 0.3 51.4 ▲ 11.9   112.4
3 西原 亨 プロ 66.0 22.0 69.3 ▲ 50.8   106.5
4 上田 悟史 アマ 59.4 31.0 6.4 ▲ 8.3   88.5
5 名倉 徹 プロ 44.0 2.2 ▲ 6.8 20.3   59.7
6 佐藤 健治 プロ ▲ 12.1 20.5 51.0 ▲ 9.8   49.6
7 楊井 康二 プロ 13.9 52.2 ▲ 77.0 25.1   14.2
8 菊池 豪 アマ ▲ 11.4 27.0 43.4 ▲ 50.5   8.5
9 古林 千寿 プロ 45.9 ▲ 49.7 ▲ 64.4 76.2   8.0
10 金子 恭子 アマ ▲ 91.8 49.1 33.5 5.4   ▲ 3.8
11 相本 長武 アマ ▲ 5.1 ▲ 36.6 ▲ 8.9 25.2   ▲ 25.4
12 西田 弘輝 プロ 18.7 ▲ 17.1 ▲ 45.8 ▲ 13.8   ▲ 58.0
13 筒井 晶士 プロ 6.4 ▲ 1.5 ▲ 97.9 30.6   ▲ 62.4
14 矢野 拓郎 プロ ▲ 35.3 ▲ 26.4 0.9 ▲ 7.1   ▲ 67.9
15 甲斐 鳳洲 アマ 7.7 ▲ 82.2 3.9 ▲ 2.5   ▲ 73.1
16 服部 学 アマ ▲ 46.7 ▲ 18.3 28.7 ▲ 48.5   ▲ 84.8
17 古川 真弥 プロ ▲ 43.6 ▲ 4.3 0.0 ▲ 50.0   ▲ 97.9
18 榎島 賢了 プロ ▲ 42.8 ▲ 31.8 ▲ 16.0 ▲ 30.3   ▲ 120.9
19 川畑 美樹 アマ ▲ 61.7 ▲ 40.9 ▲ 32.7 13.9   ▲ 121.4
 

<第4節レポート:西原 亨

A卓(西原×金子×榎島×楊井×筒井)
B卓(甲斐×名倉×服部×福島×川畑)
C卓(古林×菊池×西田×中島)
D卓(矢野×相本×佐藤×上田)

最終節をどう迎えるかという意味では大事な第4節。
前節まで中位につけていた名倉、菊池さん、佐藤の3名は是非とも直接対決に持ち込む為に、少しでもスパートをかけておきたいところであろう。

名倉の思いが全面に出た1回戦、オーラスに12,000オールをツモり、全員を沈める。
この中には暫定首位の福島も同卓している事も、名倉の中では理想的に終われた半荘だったのではないだろうか。
その後の3戦はマイナスを刻むものの最少失点に抑え、次に繋いだ感がある。

佐藤、上田さんも一度ずつラスを引くも、現状を硬くキープした。
2人とも昇級ラインを見越した展開回しだったように思われる。

個人的に注目しているのが、現在7位の楊井。
何度となく後ろで観戦したのだが、打ち回しも丁寧で押し引きがハッキリしている。
最終節に大叩きがあれば、昇級戦線に喰い込んで来ることも考えられるであろう。

最終戦を前に、まずは福島が抜け出した。
それを追いかける2位のアマチュアの中島さんとは約50P差。
セイフティリードとは言えないだけに、最終節はいろんな思惑が飛び交う対局になりそうだ。見所満載である。







第11期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 羽山 真生 アマ 56.1 72.7 21.2 37.1 6.4 193.5
2 柿元 裕介 プロ 53.2 22.4 ▲ 2.8 22.8   95.6
3 中島 行泰 アマ 22.5 46.5 11.9     80.9
4 大和田 篤史 プロ 38.9 2.2 38.8     79.9
5 矢野 拓郎 プロ ▲ 1.5 48.4 26.3     73.2
6 ジャガー 真鍋 プロ 63.8 10.5 ▲ 2.7     71.6
7 浜上 文吾 プロ 19.0 ▲ 29.3 79.6     69.3
8 氏家 義成 アマ ▲ 17.0 30.0 47.3     60.3
9 小車 祥 プロ ▲ 24.3 64.1 20.4     60.2
10 塚本 将之 プロ 28.3 28.0       56.3
11 高木 祐 プロ ▲ 6.1 53.0 9.2     56.1
12 安東 裕允 プロ ▲ 14.9 28.6 42.3     56.0
13 古林 千寿 プロ ▲ 21.1 69.0       47.9
14 吉武 みゆき プロ ▲ 38.7 40.8 29.1     31.2
15 中村 政時 プロ 24.2 ▲ 5.8 8.0     26.4
16 藤田 竜三 アマ 17.9         17.9
17 西原 亨 プロ 64.5 ▲ 0.4 ▲ 47.3     16.8
18 松本 路也 アマ ▲ 5.7 13.2       7.5
19 錦辺 卓三 アマ ▲ 8.4 ▲ 32.5 42.0     1.1
20 関口 真純 アマ 41.0 ▲ 41.7       ▲ 0.7
21 大山 天 アマ ▲ 2.7 ▲ 9.0       ▲ 11.7
22 筒井 久美子 プロ ▲ 1.4 ▲ 0.5 ▲ 17.9     ▲ 19.8
23 安永 敏郎 アマ 41.3 26.4 ▲ 24.0 ▲ 68.6   ▲ 24.9
24 青木 胤道 プロ ▲ 36.8 3.7       ▲ 33.1
25 藤岡 治之 プロ ▲ 68.8 59.3 ▲ 36.7     ▲ 46.2
26 福田 正道 プロ 20.8 5.3 ▲ 72.9     ▲ 46.8
27 石原 忠道 アマ ▲ 17.5 ▲ 53.3 15.6     ▲ 55.2
28 名倉 徹 プロ ▲ 57.2 ▲ 38.3       ▲ 95.5
29 阿部 紀彦 アマ ▲ 36.0 ▲ 7.8 ▲ 61.8     ▲ 105.6
30 服部 学 アマ ▲ 1.6 ▲ 52.0 ▲ 68.8     ▲ 122.4
31 木村 栄希 アマ ▲ 11.3 ▲ 79.1 ▲ 40.0     ▲ 130.4
32 水町 慎一 アマ ▲ 90.4 ▲ 12.1 ▲ 43.4     ▲ 145.9
33 新谷 翔平 プロ ▲ 55.9 ▲ 72.1 ▲ 37.0     ▲ 165.0
34 川畑 美樹 アマ ▲ 81.1 ▲ 26.4 ▲ 62.0     ▲ 169.5


年間活動予定

2010年4月
11 (日) 第11期九州リーグ 第1節
18 (日) 第11回ばってんリーグ 第1節
5月
16 (日) 第11期九州リーグ 第2節
30 (日) 第11回ばってんリーグ 第2節
6月
13 (日) 第11期九州リーグ 第3節
27 (日) 第11回ばってんリーグ 第3節
7月
11 (日) 第11期九州リーグ 第4節
25 (日) 第11回ばってんリーグ 第4節
8月
22 (日) 第11期九州リーグ 第5節
29 (日) 第11回ばってんリーグ 第5節
9月
18 (土) 第11回ばってんリーグ 決勝
19 (日) 第5回九州グランプリ
26 (日) 九州本部 第27期プロテスト


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010  


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。