日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 藤岡 治之 28.4 48.6                 77.0
2 中村 政時 19.7 54.3                 74.0
3 新谷 翔平 15.3 39.2                 54.5
4 藤原 英司 28.6 ▲ 5.9                 22.7
5 小川 善章 22.9 ▲ 6.6                 16.3
6 青木 胤道 28.9 ▲ 33.5                 ▲ 4.6
7 ジャガー 真鍋 ▲ 50.9 36.5                 ▲ 14.4
8 藤本 敬三 ▲ 39.2 20.5                 ▲ 18.7
9 柿元 裕介 ▲ 20.3 ▲ 8.0                 ▲ 28.3
10 浜上 文吾 ▲ 6.6 ▲ 38.9                 ▲ 45.5
11 安東 裕允 1.0 ▲ 57.3                 ▲ 56.3
12 流水 聖人 ▲ 27.8 ▲ 52.9                 ▲ 80.7

<第2節レポート:新谷 翔平>

A卓(柿本×藤原×小川×藤本)
B卓(浜上×新谷×流水×藤岡)
C卓(中村×安東×青木×J真鍋)

第2節のレポートを担当する24期生の新谷翔平です。よろしくお願いします。

春とはいえぬ陽気な天気の中、九州リーグ第2節が福岡で開催された。
第1節にプラスした者、マイナスした者、それぞれの思いを持って今日という日を待ちわびただろう。

私はというと第10期には苦汁を飲まされており、「今年こそは必ず決勝の舞台に乗る!」という気持ちでいっぱいだ。
第1節は悪くないスタートだったので、今節はポイントを伸ばしたいという思いであった。

今回の私の対戦相手は、浜上、流水、藤岡。
1回戦目、東3局2本場までは大きな点棒移動はなく、迎えた東3局3本場。

西家である私の河は、

それに対し、南家・浜上の牌姿は、

ここから7巡目にをツモ切り。そのに私はロンの声をかける。

 ロン

浜上からしてみたら不幸な出来事である。

その後、2、3回戦と3者に苦しめられ、ラス、沈み2着となり、4回戦。

4回戦は私に手が入り、南4局1本場で58,000点。他の3人は20,000点前後。

親の浜上、7巡目。

 ドラ

この手が入り、

ツモ
捨て リーチ


         

対して北家の私、9巡目。

 ツモ

ここで打とする。
リーチが入った直後、をツモり空切り、次巡をツモり切りで「回ったふり打法」をする。
心の中では「早くリーチ者のスジで誰か切ってよぉ〜!」と思っていたのだが…

そんな思いもむなしく、13巡目に六で6,000は6,100オールをツモられてしまう。
次局は全員ノーテンで流局し、なんとかトップを死守。

浜上は今節マイナスしたが、国士無双を放銃してもいつも通り打てていたメンタルの強さは見習わなければならないと感じさせた。

他の卓は、A卓では昨年、王位戦で準決勝まで勝ち残った藤本が1人浮き。
しかし、他の3人もマイナス一桁なので負けたなんて思っていないはず。
C卓は前年度優勝者、安東が、そして微差ながら前節まで首位の青木がいる。
だが、両者ともマイナス。やはり目立つ存在という者はマークされてしまうのか。

成績表全体をみると、前節首位だった青木が6位、最下位だったJ真鍋が7位に浮上している。
第1節がまだダンゴであったこともあるが、混戦になって激しく順位が変動していることがうかがえる。

10節中まだ2節が、1周目1ターンマークを回っただけだ。
あきらめているものなんてまだいるわけもない。
中村、藤岡が馬群から抜け出すのか、それとも後方から流水、安東、浜上が追い上げてくるのか。
まだまだどうなるかわからないが、来節は私が首位に立つ!

 



Bリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 石原 忠道 アマ 70.7 63.2       133.9
2 川崎 行広 プロ 40.5 40.0       80.5
3 藤田 竜三 アマ 54.5 17.7       72.2
4 高木 祐 プロ ▲ 12.5 52.0       39.5
5 筒井 久美子 プロ 49.0 ▲ 13.0       36.0
6 三井 聡志 プロ 25.4 ▲ 3.3       22.1
7 小車 祥 プロ 27.9 ▲ 14.9       13.0
8 塚本 将之 プロ 14.8 ▲ 17.4       ▲ 2.6
9 久保 由美 プロ ▲ 4.7 ▲ 1.5       ▲ 6.2
10 福田 正道 プロ 25.5 ▲ 43.1       ▲ 17.6
11 木村 栄希 アマ ▲ 79.4 54.5       ▲ 24.9
12 福田 譲二 プロ ▲ 29.9 ▲ 1.7       ▲ 31.6
13 吉武 みゆき プロ ▲ 48.8 4.1       ▲ 44.7
14 哀河 斗南 プロ ▲ 39.0 ▲ 23.4       ▲ 62.4
15 大和田 篤史 プロ ▲ 1.3 ▲ 67.4       ▲ 68.7
16 藤原 琢 プロ ▲ 56.0 ▲ 12.9       ▲ 68.9
17 安永 敏郎 アマ ▲ 97.7 ▲ 33.9       ▲ 131.6
18 土肥 裕貴 プロ ▲ 100.0 ▲ 100.0       ▲ 200.0

<第2節レポート:福田 正道>

A卓(石原×塚本×大和田×安永×木村)
B卓(藤原×三井×藤田×久保)
C卓(高木×福田正道×吉武×筒井)
D卓(哀河×小車×福田譲二×川崎)

いつもの気持ちよい挨拶から始まり、今日は先日行われたマスターズ決勝本戦の結果にも触れ、
その中で同じBリーグに所属する小車プロのベスト16を讃える一幕もあった。
当の本人は勿論、ベスト16という結果に満足はしていないだろうが、以下のようなコメントを残してくれた。

小車『自分達が日頃やっていることは間違いではなかった。次回は是非九州の地にG汽織ぅ肇襪鮖ち帰りたい!その為にまた皆さん一緒に頑張りましょう。』

実体験から得た気持ちを述べていただき、「私もやるぞ!」と会場全体に熱が入ったのが肌から伝わる。

今回のリーグ戦第1節で各々優勝するために与えられたスタートライン。
あれから早、1ヶ月。早くも第2節の幕開けである。

前回私はというと、+25,5P。今節もプラスさせてぼちぼち圏内に近づきたいところだ。

卓組【筒井・高木・吉武・福田正道】

1回戦に序盤から今日一番フットワークが軽い高木に7,700を放銃した私は、今日の自分の状態を知り、
なんとかプラスでまとめようと試みたが、(誰がさせるかっ)と先輩Bリーガーの洗礼を真正面から受ける結果となってしまった。

自分の状態が悪い時、皆さんはいかにして対処し、打破するのだろうか?
無論状態が悪くなくとも、常に75%はアガれないものなので、アガれない局の打ち方が非常に大事なはずだ。
しかし、状態が悪くとも前に出なければならない局面もある。頭ではわかっていても今日の私は、指先が思うようにいうことを聞いてくれなかった。

思い返してみるとこのような場面がある。

南2局、西家・23200持ち7巡目。

 ツモ ドラ

場況にそれほど偏りはなく、強いて言うなら-が2枚づつ切れているぐらい。
は共に2枚切れの安牌。7をツモってきた私は、678の三色に照準を絞り、打としてしまう。
ここは間違いなく西か北どちらかに手をかけるべきである。
それは、ドラのツモでから打とし、ソウズで2面子構成の移行も踏まえた上で手牌進行しなければならなかったからだ。
しかし、状態が悪いときは得てしてこのように無意識に消極的な打牌をしてしまっていることがある。
与えられた未知なる牌姿を、最高の形に仕上げるのはプロ冥利であるが、それを追い求めることをやめてしまった人間に女神が微笑むことはなかった。
こんな簡単な選択を誤ってしまった私に待っていたのは、▲43.1という結果。

「あなたはまだまだです。技術も精神も、もっともっと鍛えましょう」と女神に言われたみたいだ。

別卓を見て回ると、前回も大きく叩いた石原さん(アマ)がまたもや大叩きをして逃げ切り態勢に入る。
それを追うプロ一番手は川崎プロの+80Pだ。

前回もお話したがBリーグは全5節しかない。
ゆえに第3節、マイナスの者は普段より一歩も二歩もインファイトになるし、ポイントを持っている者は有利に闘える。
第2節▲43,1Pの私も落ち込んでいる暇などない。大事なことは、落ち込むことでなく、反省と目的意識と向上心だ。
今度は私の心が女神に微笑んでもらえるように、自分自身をきちんと見つめながら、一歩一歩成長していこう。

「最大の敵は自身だと」その日の私は心に言った。

 



Cリーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 福島 清子 プロ 12.9 84.5       97.4
2 上田 悟史 アマ 59.4 31.0       90.4
3 西原 亨 プロ 66.0 22.0       88.0
4 中島 行泰 アマ 72.6 0.3       72.9
5 楊井 康二 プロ 13.9 52.2       66.1
6 名倉 徹 プロ 44.0 2.2       46.2
7 菊池 豪 アマ ▲ 11.4 27.0       15.6
8 佐藤 健治 プロ ▲ 12.1 20.5       8.4
9 筒井 晶士 プロ 6.4 ▲ 1.5       4.9
10 西田 弘輝 プロ 18.7 ▲ 17.1       1.6
11 古林 千寿 プロ 45.9 ▲ 49.7       ▲ 3.8
12 相本 長武 アマ ▲ 5.1 ▲ 36.6       ▲ 41.7
13 金子 恭子 アマ ▲ 91.8 49.1       ▲ 42.7
14 古川 真弥 プロ ▲ 43.6 ▲ 4.3       ▲ 47.9
15 矢野 拓郎 プロ ▲ 35.3 ▲ 26.4       ▲ 61.7
16 服部 学 アマ ▲ 46.7 ▲ 18.3       ▲ 65.0
17 甲斐 鳳洲 アマ 7.7 ▲ 82.2       ▲ 74.5
18 榎島 賢了 プロ ▲ 42.8 ▲ 31.8       ▲ 74.6
19 川畑 美樹 アマ ▲ 61.7 ▲ 40.9       ▲ 102.6
 

<第2節レポート:筒井 晶士

A卓(福島×服部×甲斐×中島×古川)
B卓(榎島×筒井×楊井×西原×川畑)
C卓(上田×相本×西田×矢野×金子)
D卓(佐藤×古林×菊池×名倉)

五月も半ば、世間はゴールデンウイークが終わり早一週間。
九州リーグでは第2節が行われた。

朝、私が会場へ入ると、この日の為に体調を整えた選手達で賑やかだった。
そろそろ26期生も緊張がほぐれてきたんではないかと思った。
その中私は、情けないことに体調を整えきれず風邪気味。そんなコンディションのまま対局はスタートした。
すると、あたりの空気は一変。場は静まり返り、緊迫した状況、闘争心で溢れる会場となった。

まずはC卓。前節下位の金子さんが怒涛の勢いを見せ、+49,1Pをたたき、次へと首をつなげる。
そこで私が目を見張ったのが上田さんである。+31,0Pとさらに加点し、上位を維持しているあたりアマと言えど目が離せない人物である。

次にD卓。上位にいる古林、名倉。ここは踏ん張り所。結果、残念ながら古林は後退してしまうも名倉は着実にプラスを叩いていた。
名倉は前回での屈辱を晴らすかの如く、より一層腕に磨きをかけてきたと思われる。

そして私がいるB卓。定評のある西原に待ったをかけることができるのか。
1戦目になんとか西原にラスを押し付けるが、そんなことには動じず、卓内2位でまとめており、力強さを実感させられた。
さらに、この戦いで西原を抑え、卓内トップである楊井に一目置こうと思う。

最後にA卓。ここでついに頭角を現してきた福島に驚いた!
+84,5Pと今期一番のポイントをたたき、一気に首位へと名を挙げた。
前回の福島とくらべ、すばらしい成長をみせていた。そんな彼女に成長のキッカケを聞いた。
福島は九州本部の先輩方にアドバイスを受け、それを意識し対局に挑んだのこと。
特に、さまざな局面での対応について攻める時は攻める。守る時は守る。絞る時には絞る。
自分に自信を持って打つこと!と、返事をいただいた。

言われてみればと思うがそう簡単にはできないだろう。福島はたゆまぬ鍛錬を積んだからこそ実力を発揮したんだなと思う。
その点私は、あやふやな一面があり、勉強不足を痛感させられた。
しかし、このまま終わる私ではない。
今回のことをバネに、次節では私の成長した姿を見せたいと思う。

 







第11期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 羽山 真生 アマ 56.1 72.7 21.2     150.0
2 ジャガー 真鍋 プロ 63.8 10.5       74.3
3 柿元 裕介 プロ 53.2 22.4 ▲ 2.8     72.8
4 中島 行泰 アマ 22.5 46.5       69.0
5 安永 敏郎 アマ 41.3 26.4       67.7
6 西原 亨 プロ 64.5 ▲ 0.4       64.1
7 矢野 拓郎 プロ ▲ 1.5 48.4       46.9
8 大和田 篤史 プロ 38.9 2.2       41.1
9 小車 祥 プロ ▲ 24.3 64.1       39.8
10 塚本 将之 プロ 28.3         28.3
11 福田 正道 プロ 20.8 5.3       26.1
12 中村 政時 プロ 24.2 ▲ 5.8       18.4
13 安東 裕允 プロ ▲ 14.9 28.6       13.7
14 氏家 義成 アマ ▲ 17.0 30.0       13.0
15 松本 路也 アマ ▲ 5.7 13.2       7.5
16 関口 真純 アマ 41.0 ▲ 41.7       ▲ 0.7
17 筒井 久美子 プロ ▲ 1.4 ▲ 0.5       ▲ 1.9
18 大山 天 アマ ▲ 2.7         ▲ 2.7
19 高木 祐 プロ ▲ 6.1         ▲ 6.1
20 藤岡 治之 プロ ▲ 68.8 59.3       ▲ 9.5
21 浜上 文吾 プロ 19.0 ▲ 29.3       ▲ 10.3
22 木村 栄希 アマ ▲ 11.3         ▲ 11.3
23 古林 千寿 プロ ▲ 21.1         ▲ 21.1
24 青木 胤道 プロ ▲ 36.8         ▲ 36.8
25 吉武 みゆき プロ ▲ 38.7         ▲ 38.7
26 錦辺 卓三 アマ ▲ 8.4 ▲ 32.5       ▲ 40.9
27 阿部 紀彦 アマ ▲ 36.0 ▲ 7.8       ▲ 43.8
28 服部 学 アマ ▲ 1.6 ▲ 52.0       ▲ 53.6
29 石原 忠道 アマ ▲ 17.5 ▲ 53.3       ▲ 70.8
30 名倉 徹 プロ ▲ 57.2 ▲ 38.3       ▲ 95.5
31 水町 慎一 アマ ▲ 90.4 ▲ 12.1       ▲ 102.5
32 川畑 美樹 アマ ▲ 81.1 ▲ 26.4       ▲ 107.5
33 新谷 翔平 プロ ▲ 55.9 ▲ 72.1       ▲ 128.0


年間活動予定

2010年4月
11 (日) 第11期九州リーグ 第1節
18 (日) 第11回ばってんリーグ 第1節
5月
16 (日) 第11期九州リーグ 第2節
30 (日) 第11回ばってんリーグ 第2節
6月
13 (日) 第11期九州リーグ 第3節
27 (日) 第11回ばってんリーグ 第3節
7月
11 (日) 第11期九州リーグ 第4節
25 (日) 第11回ばってんリーグ 第4節
8月
22 (日) 第11期九州リーグ 第5節
29 (日) 第11回ばってんリーグ 第5節
9月
18 (土) 第11回ばってんリーグ 決勝
19 (日) 第5回九州グランプリ
26 (日) 九州本部 第27期プロテスト


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 安東 裕允 中村 政時 ジャガー真鍋 浜上 文吾
第11期 2010  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
 
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革    
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村    
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介    
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木    
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東  
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治  
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
 
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
 
第9期 2009 小車 祥
東谷 達矢
浜上 文吾
安東 裕允
塚本 将之
 
第10期 2009 水町 慎一 吉武 みゆき 安東 裕允 小車 祥
羽山 真生
第11期 2010  


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 筒井 久美子 矢野 拓郎 阿部 紀彦 小車 祥 成績
第5期
2009 高木 祐 浜上 文吾 筒井 久美子 大和田 篤史 成績
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。