日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 中村 政時 35.1 16.0 ▲ 35.0 ▲ 48.3 136.4 6.1 ▲ 16.6 3.2 80.7   177.6
2 安東 裕允 49.8 27.3 19.5 27.2 ▲ 2.4 ▲ 26.8 ▲ 7.1 31.1 54.1   172.7
3 浜上 文吾 ▲ 28.9 ▲ 29.4 46.8 31.2 72.8 21.0 13.8 ▲ 95.0 18.0   50.3
4 ジャガー 真鍋 ▲ 54.9 28.2 4.1 22.5 45.8 ▲ 26.8 ▲ 41.4 50.3 5.9   33.7
5 藤岡 治之 30.8 ▲ 35.1 52.9 ▲ 7.7 ▲ 48.5 16.3 58.4 10.4 ▲ 70.6   6.9
6 藤本 敬三 18.1 ▲ 12.4 ▲ 59.0 33.6 6.7 ▲ 56.1 32.1 ▲ 27.8 46.7   ▲ 18.1
7 中野 啓輔 ▲ 61.1 120.3 ▲ 59.6 ▲ 7.8 4.1 24.5 11.6 ▲ 0.3 ▲ 50.0   ▲ 18.3
8 土肥 裕貴 15.6 37.4 ▲ 50.0 43.1 ▲ 15.1 32.9 ▲ 50.0 0.0 ▲ 50.0   ▲ 36.1
9 新谷 翔平 ▲ 13.0 ▲ 70.4 14.9 20.6 ▲ 110.4 26.6 ▲ 2.2 ▲ 4.8 ▲ 40.4   ▲ 179.1
10 流水 聖人 ▲ 100.0 ▲ 59.4 46.4 ▲ 36.6 ▲ 71.1 25.5 ▲ 22.7 30.9 ▲ 23.7   ▲ 210.7
11 藤原 英司 ▲ 7.8 45.4 ▲ 25.2 ▲ 56.0 13.4 ▲ 44.2 ▲ 40.9 ▲ 50.0 ▲ 71.7   ▲ 237.0

<第9節レポート:青木 胤道> 

A卓(流水×中村×新谷×藤原×安東)
B卓(藤本×J真鍋×藤岡×浜上)

九州リーグも今節を含め残り2節。決勝卓に座れるのは上位4名のみ。

A卓では暫定1,2位の安東・中村の直接対決。
結果からいうと、安東の着順は2,1,2,1と安定感をみせ、さらにポイントを上乗せした。
一方、中村も呼応するように、1,1,2,1とまとめ+80,7Pを叩き、安東を上回って暫定首位となった。
圧巻だったのは5回戦。中村は子で跳満を連続でアガり、迎えた親番で4,000オールと加点し、自身に有利な展開を演出した。
やはり、ポイントに余裕があると打牌選択の幅が大いに広がり、攻守ともに安定するものである、と両プロに再認識させられた。

B卓では暫定3,4,6,8位の対局。
こちらも上位4名に踏みとどまろうとする者、上位に食い込もうとする者の熾烈な争いとなった。
前節好調だったJ真鍋が1回戦50,000点オーバーの1人浮きのトップ。
今節も好調を維持するかと思いきや、2回戦以降は藤本が追い上げ、結果として卓内トップは藤本となった。

今回、私はB卓の中でも、前節に今までにない不調のどん底にあえいだ浜上が、今節どのように立て直しを図るのかを見ていた。
1回戦では本手がことごとくかわされ、今回も不調の波から抜け出せないかと思わせた2回戦のオーラス。
24,600点持ちでピンフのみの手でテンパイを維持していると、他家からリーチ棒がでたところでハイテイツモにかけリーチ。見事にツモりあげてクビを確保した。
それが功を奏したのか、3回戦でも浮きの2着で終えた。
徐々に調子をあげていった4回戦のラス前。

このテンパイをはたし、下家のJ真鍋より河に放たれた
しかし、その手牌は開けられることはなく、藤本の七対子の単騎にかわされた。
藤本のロンの発声と同時に、浜上が視線を天井に移したのが非常に印象的であった。
しかし、次局オーラスで、2,000・4,000をアガり、念願の初トップでこの日の対局を終えた。

残すは最終節。見どころ満載の対局が期待できそうである。


 



Bリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 麻生 征吾 7.8 60.3 12.7 24.5   105.3
2 柿元 裕介 54.4 ▲ 31.7 ▲ 16.9 82.6   88.4
3 塚本 将之 20.3 96.3 ▲ 29.4 ▲ 20.5   66.7
4 小車 祥 14.5 ▲ 60.4 64.8 26.5   45.4
5 小川 善章 ▲ 31.4 15.9 29.2 22.2   35.9
6 吉武 みゆき 21.8 55.3 ▲ 67.9 24.4   33.6
7 安永 敏郎 14.1 2.0 8.2 ▲ 3.5   20.8
8 川崎 行広 6.9 ▲ 10.8 1.4 17.3   14.8
9 大和田 篤史 21.1 ▲ 38.7 ▲ 5.1 6.3   ▲ 16.4
10 森永 勇治 4.5 ▲ 24.5 9.1 ▲ 30.3   ▲ 41.2
11 三井 聡志 ▲ 11.5 ▲ 33.1 ▲ 6.9 ▲ 64.0   ▲ 115.5
12 筒井 久美子 ▲ 53.4 0.8 ▲ 70.3 ▲ 21.1   ▲ 144.0
13 佐藤 健治 ▲ 79.1 ▲ 73.4 44.1 ▲ 75.4   ▲ 183.8

<第4節レポート:小車 祥> 

A卓(吉武×筒井×塚本×佐藤×柿元)
B卓(小川×川崎×麻生×三井)
C卓(森永×大和田×安永×小車)

「とても大事な第4節」と誰もが自然と言葉にした。
第4節までの戦いを1つと捉え、第5節スタート時のポールポジションを獲得するための予選だと考える人もいるかもしれない。
そういう意味では、結果次第で最終節の戦い方や心構えを大きく左右する第4節は、大事な戦いだと言えよう。
好位置につけたいという願いを動機に、確かに私も今節は慎重に臨んだ。
しかし振り返っても、全ての対局において慎重さを失ったことはない。
そう思うと、強張っていた闘争心もほどよく緩み、良い緊張感と集中力を持って対局することができた。
「いつも通り、自分の麻雀をするだけだ」

やはり、首位を走る塚本の動向が気になる。
どうか誰も大きくプラスすることなく、緩やかな動きで終わってくれと願ったA卓は、そんな私の願いを嘲笑するかのように柿元がアガり続けた。
柿元は、第3節終了時7位から、一気に2位まで浮上。
柿元大暴れの中、きっちり得点を確保する吉武。失点を最小限に抑える塚本。

B卓で、一度も1着を獲らずに卓内トップになった麻生が首位に躍り出る。
Bリーガーで唯一3桁のポイントを持ってポールポジションを掴む。
とにかく大崩れしない麻生は、本当に強敵だと言わざるを得ない。
小川、川崎も負けじと好位置につける。

C卓での対局は、私にとって非常に有意義な対局となった。
前節に続いて、連戦することとなった大和田。
彼は私と同期で、私がプロテストを受ける時に、私から声をかけた人物である。
私と彼は随分前から友人であり、お互いに麻雀について語り合い、刺激し合い、上達を見守り合った仲だ。
お互いの打ち筋を熟知しており、はっきり言って対局中はひどく鬱陶しい。
一歩も譲れぬ真剣勝負で、お互いのプライドをかけて戦った。
私の親のリーチに、彼が追いかけリーチを打ち、私が放銃した瞬間、私は思った。
「5年前から、この感覚は変わらないな」彼はもう何度、私の邪魔をしたかわからない。
結果は、僅かながら私が得点を多く獲得できたのだが、対局後はほっとしたというのが正直なところだ。
彼とは今後も刺激し合い、またお互いに認め合っていくのだろう。

麻雀を打つ者は、麻雀に、牌に、点棒に、何かしらの思いを託す。
私は、目に見えるもの以外信じないタイプの人間だが、私にも感情はある。
ならば私も乗せよう。
点棒に、牌に、麻雀に、私という一人の小さな人間が、ただ勝ちたいという単純で我儘な感情を。

4位。
最終節は、順位の近い者同士での対局となる。
ギリギリA卓に入れたことは、私にとって大きい。
勝ちたい。Aリーグに上がりたい。強いと思わせたい。これはもはや悲痛な叫びである。
さあ、泣いても笑ってもあと1節。やはり私の言葉は決まっている。

「いつも通り、自分の麻雀をするだけだ」


 



Cリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 藤田 竜三 106.2 91.0 ▲ 2.9 ▲ 27.6   166.7
2 木村 栄希 25.2 78.3 ▲ 2.0 6.1   107.6
3 石原 忠道 41.3 1.7 59.8 3.8   106.6
4 高木 祐 ▲ 9.4 ▲ 24.1 106.5 27.8   100.8
5 福田 正道 63.5 38.3 ▲ 18.2 5.9   89.5
6 仲井 由美 16.9 ▲ 40.9 47.4 41.8   65.2
7 榎島 賢了 12.0 32.7 10.9 3.5   59.1
8 古川 真弥 ▲ 11.2 32.4 26.6 8.1   55.9
9 福田 譲二 37.8 ▲ 24.3 19.4 16.5   49.4
10 楊井 康二 3.3 54.5 ▲ 38.2 29.2   48.8
11 西村 紘 15.5 22.6 ▲ 3.1 11.6   46.6
12 川畑 美樹 33.6 ▲ 46.0 33.7 11.7   33.0
13 井上 結世 ▲ 19.6 114.1 ▲ 45.0 ▲ 33.8   15.7
14 福本 辰朗 20.5 ▲ 50.0 0.0 44.7   15.2
15 矢野 拓郎 0.7 4.5 12.3 ▲ 4.8   12.7
16 服部 学 ▲ 0.3 ▲ 42.2 ▲ 13.4 67.5   11.6
17 相本 長武 6.0 78.6 ▲ 50.0 ▲ 50.0   ▲ 15.4
18 松藤 円香 12.8 ▲ 40.8 ▲ 8.8 17.7   ▲ 19.1
19 松尾 元気 ▲ 32.2 ▲ 50.4 ▲ 17.0 47.2   ▲ 52.4
20 上田 悟史 ▲ 36.5 13.0 39.6 ▲ 69.8   ▲ 53.7
21 名倉 徹 62.7 ▲ 48.3 ▲ 51.3 ▲ 37.2   ▲ 74.1
22 大田 誠 ▲ 1.6 ▲ 60.1 ▲ 50.0 0.0   ▲ 111.7
23 古林 千寿 ▲ 39.3 ▲ 37.0 ▲ 16.5 ▲ 53.6   ▲ 146.4
24 筒井 晶士 ▲ 61.2 ▲ 6.2 ▲ 40.2 ▲ 40.8   ▲ 148.4
25 西田 弘輝 ▲ 71.2 ▲ 54.3 ▲ 25.9 0.0   ▲ 151.4
26 中島 行泰 ▲ 69.6 ▲ 33.7 7.6 ▲ 62.2   ▲ 157.9
27 福島 清子 ▲ 31.8 ▲ 50.0 ▲ 49.1 ▲ 50.0   ▲ 180.9
28 甲斐 鳳洲 ▲ 52.8 ▲ 68.8 ▲ 44.5 ▲ 17.4   ▲ 183.5
29 玉田 朗久 ▲ 50.0 ▲ 71.0 ▲ 72.7 ▲ 15.9   ▲ 209.6
 

<第4節レポート:高木 祐

A卓(井上×服部×榎島×名倉)
B卓(上田×福田譲二×木村×松尾)
C卓(古川×高木×古林×松藤)
D卓(福本×西村×福田正道×中島)
E卓(矢野×筒井×石原×仲井)
F卓(玉田×甲斐×川畑×楊井×藤田)

最終節を見据えた大事な第4節。
最終節は順位順の卓組となるので、優勝争いに絡むためにも上位4名の中には入っておきたいところ。
各々が最終戦に好位置につけたい思惑が見え隠れする中、ここまで首位を走っていた藤田が2桁のマイナス。
「そう簡単にはプラスを叩かせない!!」といった同卓者の想いが実ったかのような結果となった。

別卓にいた上位陣の木村・石原・福田そして私を含めた4人は、一鞭入れれば届きそうな位置になったため今節はより力が入る。
しかし、それを許すまいと下位陣が奮起。前節の上位陣は1桁のプラスとあまり揮わなかった。
かろうじて、2桁のプラスを確保できた私は、前節4位の福田と入れ替わり最終節は滑り込みで決勝卓へ。
変わった福田は、勢いもあり打点力に定評がある女流の仲井、私と同期で非常に丁寧で冷静な榎島、そして今節私と同卓だった鋭い麻雀を打つ若手の古川との対局。
この中から誰が決勝卓の4人を追う一番手になるのだろうか。

別卓では、服部が最終局親番で12,000オールをツモアガり、1半荘で+60Pを越えるポイントを叩き出した。
この一撃を来節も叩き出せば十分昇級は可能であろう。
服部と同卓だった若手の名倉・井上もこれには堪らず今節マイナスしてしまうも、ただ一人浮きに回っていた榎島の冷静さが印象的だった。
同期として頑張っている姿を見て、「お前も頑張っているみたいだが、追いついてみせるぞ!!!」という強い意志を感じた。

同期のほとんどがBリーグへ昇級した中、アマチュアや研修生たちの中で頑張っている姿を見せられるとやはり心強いものだ。
今期の昇級枠を狙える位置としては、現在トータルプラスの服部までが現実的か。
残すはあと4半荘。泣いても笑っても半年間の結果が出る。
マイナスしている者も含め、全員に半年間の集大成を期待したい。
さぁ、今日からまた興奮の冷めない一ヶ月の始まりだ。








第10期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 小車 祥 56.7 75.5 18.0     150.2
2 矢野 拓郎 81.3 26.3 7.4 15.5   130.5
3 羽山 真生 83.1 ▲ 9.2 52.2     126.1
4 水町 慎一 21.7 54.2 30.9     106.8
5 ジャガー 真鍋 ▲ 56.6 117.7 25.7     86.8
6 安東 裕允 ▲ 3.6 11.3 72.1     79.8
7 名倉 徹 10.6 21.9 ▲ 1.6 38.6   69.5
8 中村 政時 41.8 ▲ 12.2 17.4     47.0
9 吉武 みゆき ▲ 6.1 ▲ 17.6 34.7 26.5   37.5
10 石原 忠道 1.2 48.0 ▲ 17.9     31.3
11 浜上 文吾 ▲ 4.9 40.8 ▲ 7.5     28.4
12 田中 朋希 ▲ 16.3 27.9 29.6 ▲ 35.6   5.6
13 服部 学 ▲ 6.2 21.0 ▲ 21.2     ▲ 6.4
14 新谷 翔平 15.8 ▲ 25.1 15.0 ▲ 17.5   ▲ 11.8
15 筒井 久美子 ▲ 18.5 16.7 ▲ 18.7     ▲ 20.5
16 塚本 将之 36.4 ▲ 26.1 ▲ 45.1     ▲ 34.8
17 柿元 裕介 6.1 ▲ 64.5       ▲ 58.4
18 青木 胤道 8.7 ▲ 30.2 ▲ 45.1     ▲ 66.6
19 安永 敏郎 ▲ 92.8 ▲ 50.5 15.0 53.2   ▲ 75.1
20 中島 行泰 ▲ 36.8 10.4 ▲ 63.8     ▲ 90.2
21 阿部 紀彦 ▲ 27.1 ▲ 35.4 ▲ 43.5     ▲ 106.0
22 高木 祐 ▲ 14.4 10.1 ▲ 75.8 ▲ 50.0   ▲ 130.1
23 甲斐 鳳洲 ▲ 49.4 ▲ 41.0 ▲ 53.0     ▲ 143.4
24 比嘉 勇人 ▲ 79.4 ▲ 51.0 ▲ 30.8     ▲ 161.2


年間活動予定

4月
12 (日) 第10期九州リーグ 第1節
19 (日) 第9回ばってんリーグ 第1節
5月
17 (日) 第10期九州リーグ 第2節
24 (日) 第9回ばってんリーグ 第2節
6月
14 (日) 第10期九州リーグ 第3節
28 (日) 第9回ばってんリーグ 第3節
7月
12 (日) 第10期九州リーグ 第4節
26 (日) 第9回ばってんリーグ 第4節
8月
9 (日) 第10期九州リーグ 第5節
23 (日) 第9回ばってんリーグ 第5節
9月
19 (土) 第9回ばってんリーグ 決勝
20 (日) 第4回九州グランプリ
27 (日) 九州本部 第26期プロテスト
10月
11 (日) 第10期九州リーグ 第6節
18 (日) 第35期王位戦 福岡予選
25 (日) 第10回ばってんリーグ 第1節
11月
15 (日) 第10期九州リーグ 第7節
29 (日) 第10回ばってんリーグ 第2節
12月
13 (日) 第10期九州リーグ 第8節
20 (日) 第10回ばってんリーグ 第3節
2010年1月
17 (日) 第10期九州リーグ 第9節
31 (日) 第10回ばってんリーグ 第4節
2月
14 (日) 第10期九州リーグ 最終節
28 (日) 第10回ばってんリーグ 最終節
3月
6 (土) 第10回ばってんリーグ 決勝
7 (日) 第5回九州グランプリ
13 (土) 第10回皇帝位戦決勝(初日)
14 (日) 第10回皇帝位戦決勝(最終日)


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 ? ? ? ?  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革  
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村  
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介  
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木  
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
第9期 2009 ? ? ? ?
?


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 ? ? ? ?  
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。