日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 安東 裕允 49.8 27.3 19.5 27.2 ▲ 2.4 ▲ 26.8 ▲ 7.1 31.1     118.6
2 中村 政時 35.1 16.0 ▲ 35.0 ▲ 48.3 136.4 6.1 ▲ 16.6 3.2     96.9
3 藤岡 治之 30.8 ▲ 35.1 52.9 ▲ 7.7 ▲ 48.5 16.3 58.4 10.4     77.5
4 浜上 文吾 ▲ 28.9 ▲ 29.4 46.8 31.2 72.8 21.0 13.8 ▲ 95.0     32.3
5 中野 啓輔 ▲ 61.1 120.3 ▲ 59.6 ▲ 7.8 4.1 24.5 11.6 ▲ 0.3     31.7
6 ジャガー 真鍋 ▲ 54.9 28.2 4.1 22.5 45.8 ▲ 26.8 ▲ 41.4 50.3     27.8
7 土肥 裕貴 15.6 37.4 ▲ 50.0 43.1 ▲ 15.1 32.9 ▲ 50.0 0.0     13.9
8 藤本 敬三 18.1 ▲ 12.4 ▲ 59.0 33.6 6.7 ▲ 56.1 32.1 ▲ 27.8     ▲ 64.8
9 新谷 翔平 ▲ 13.0 ▲ 70.4 14.9 20.6 ▲ 110.4 26.6 ▲ 2.2 ▲ 4.8     ▲ 138.7
10 藤原 英司 ▲ 7.8 45.4 ▲ 25.2 ▲ 56.0 13.4 ▲ 44.2 ▲ 40.9 ▲ 50.0     ▲ 165.3
11 流水 聖人 ▲ 100.0 ▲ 59.4 46.4 ▲ 36.6 ▲ 71.1 25.5 ▲ 22.7 30.9     ▲ 187.0

<第8節レポート:青木 胤道> 

A卓(藤岡×中村×浜上×J真鍋×安東)
B卓(中野×新谷×流水×藤本)

安東副本部長の代わりに、私青木がAリーグ第8節のレポートを担当させて頂くことになりました。宜しくお願いします。

『われ神仏を畏敬するも、事にあたるときにそれにたのまず』

今節のAリーグを観戦していて、ふと思い出した言葉である。
真剣勝負をするときに神仏に頼らず実力のみで挑む、という意味合いを持つ、剣豪・宮本武蔵のなんとも力強い表現である。
勝負事においては「苦しい時の神頼み」という表現の方が想起されがちなのは私だけであろうか・・・。
リーグ戦もいよいよ佳境を迎え、上位の決勝進出争い、下位の残留争いが熾烈を極める対局が予想される。

A卓は、暫定1・2・3・4・7位者の対局(浜上、中村、安東、藤岡、J真鍋、各プロの5人打ち)
B卓は、暫定5・8・10・11位者の対局(中野、藤本、新谷、流水、各プロの4人打ち)

A卓では、1回戦東1局からJ真鍋プロがスタートダッシュを決め、そのままリードを守り切りトップ。
安東プロも要所でアガり、浮きの2着でまとめる。

2回戦以降もJ真鍋プロ・安東プロが安定し、ポイントを上積みしていく。
藤岡プロはラスを引きながらも4回戦でトップをとり、第8節をプラスポイントでまとめる。
中村プロもトップはないものの手堅くまとめ、こちらもプラスポイントで終える。

対照的であったのが暫定首位の浜上プロで、配牌は悪く、ツモもきかずに最悪の状態である。
1回戦終了時に「今日は大きなマイナスを押し付けられそう」と口にするほど、本人も不調を感じていたようだ。

その状態を象徴していたのが5回戦オーラス。
浜上プロ待望の親番であったが、北家の中村プロからダブルリーチが入り、たった2巡で終局した。

浜上プロの深いため息が聞こえてきそうであった。
やはりというべきか、終わってみれば浜上プロが卓内のマイナスを1人で被ってしまう結果となった。

B卓では、先日の王位戦7位入賞を果たした、同期の新谷プロを中心に観戦した。
王位戦での興奮冷めやらぬ対局を期待していると、開局早々に中野プロより5,200を出アガる。
更に期待は高まるが、後半は手が入らず終局してみると流水プロのトップ。

続く2回戦・3回戦でも新谷プロは防戦一方で、中野・藤本プロも本手が入るもアガりに結びつかず、流水プロの連勝を許してしまう。
この勢いのまま流水プロの4連勝かと思われたが、新谷プロが最終戦で東場に3000・6000をツモりアガり、その差を保ってトップをとった。
新谷プロは残留争いの中で流水プロが当面の相手となっているからか、4連勝を阻止できて安堵する表情が見て取れた。

今節の結果で、上位、下位ともに各々のテーマが色濃く打ち出されたのではないだろうか。
残り2節、先輩諸氏の対局を観戦し、来期Aリーグに参加する自分の糧にしていきたいと思う。

 



Bリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 塚本 将之 20.3 96.3 ▲ 29.4     87.2
2 麻生 征吾 7.8 60.3 12.7     80.8
3 安永 敏郎 14.1 2.0 8.2     24.3
4 小車 祥 14.5 ▲ 60.4 64.8     18.9
5 小川 善章 ▲ 31.4 15.9 29.2     13.7
6 吉武 みゆき 21.8 55.3 ▲ 67.9     9.2
7 柿元 裕介 54.4 ▲ 31.7 ▲ 16.9     5.8
8 川崎 行広 6.9 ▲ 10.8 1.4     ▲ 2.5
9 森永 勇治 4.5 ▲ 24.5 9.1     ▲ 10.9
10 大和田 篤史 21.1 ▲ 38.7 ▲ 5.1     ▲ 22.7
11 三井 聡志 ▲ 11.5 ▲ 33.1 ▲ 6.9     ▲ 51.5
12 佐藤 健治 ▲ 79.1 ▲ 73.4 44.1     ▲ 108.4
13 筒井 久美子 ▲ 53.4 0.8 ▲ 70.3     ▲ 122.9

<第3節レポート:小車 祥> 

A卓(川崎×筒井×塚本×佐藤×小川)
B卓(吉武×安永×大和田×小車)
C卓(麻生×森永×三井×柿元)

追う者、追われる者。立ち位置によって戦術を変える者、変えない者。
13名が抱えた、13種の野心の大きさは計り知れない。
我々Bリーガーが戦う別会場は、静けさの中に潜む熱意で空気がピリピリと痺れ、殺伐としていた。

第3節。
始まる前には「まだあと3節ある」なのに、終わった後では「あと2節しかない」と意識が大きく変わる、大切な節。
闘争心が剥き出しになることは必然だった。

首位の塚本がいるA卓。
塚本が大崩れしてポイントを吐き出すというイメージは、おそらく誰しもが持ち難かった。
A卓以外の人間も、この卓の動きは非常に気になるところだ。

1回戦、その塚本が1人浮きトップを取る。
今日も塚本がポイントを伸ばすのか。そんな空気が流れていた。

ところが、そう簡単に好きにさせるわけにはいかない同卓者。
小川、川崎、佐藤が次々と反撃。
塚本、筒井は防戦一方になってしまう。

B卓での対局は、私にとっては雪辱戦だった。
前節、吉武に好きなようにポイントをむしり取られ、11位まで陥落してしまったのだ。
今節こそやり返してやると意気込むのは当然である。

結果から書くと、前節とは逆で、ほとんどの展開が私に味方した。
4回戦全てトップを取ったのだが、大きなトップは一つもない。
吉武が展開に邪魔されているのは、誰の目から見ても明らかだった。
安永、大和田が食い下がりポイントを守ったといったところか。

C卓は面白い結果になった。
卓トップが+12.7Pと、動きが小さい。
それもそのはず。
麻生、柿元、三井、森永。全員が1、2、3、4着を1回ずつ取っている。
つまり順位ウマでのポイント移動が全くなかったということになる。
素点のみの移動と見ると、思いのほか動いているのだなという印象に変わる。

第2節までの結果で、1位と2位の者がポイントを吐き出す結果となった今節。
思っていた通り、やはり波乱が待ち受けていた。
誰が優勝するのかなど、まだ誰にもわからない。全ての者に可能性は残っている。

思考、技術、メンタル、それぞれの能力をあざけ笑うかのように、無作為に積まれる牌山。
同様に自分勝手に回る賽。
麻雀に対して、私達はなんと無力なのか。
ただ念じる。頼む。そこにいろ。いてくれ。と。

私達はそれでも自分を誇示する。
全てが終わった時、その結果は間違いなく、自分自身が出した結果だ。

目指すは頂のみ。
争う相手全てが同じ一点を見つめ走っているからこそ、面白いのだ。
また、野心は増大し、熱意は沸点に到達。
来節のことを考えると鳥肌が立つほど興奮するのである。


 



Cリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 藤田 竜三 106.2 91.0 ▲ 2.9     194.3
2 石原 忠道 41.3 1.7 59.8     102.8
3 木村 栄希 25.2 78.3 ▲ 2.0     101.5
4 福田 正道 63.5 38.3 ▲ 18.2     83.6
5 高木 祐 ▲ 9.4 ▲ 24.1 106.5     73.0
6 榎島 賢了 12.0 32.7 10.9     55.6
7 井上 結世 ▲ 19.6 114.1 ▲ 45.0     49.5
8 古川 真弥 ▲ 11.2 32.4 26.6     47.8
9 西村 紘 15.5 22.6 ▲ 3.1     35.0
10 相本 長武 6.0 78.6 ▲ 50.0     34.6
11 福田 譲二 37.8 ▲ 24.3 19.4     32.9
12 仲井 由美 16.9 ▲ 40.9 47.4     23.4
13 川畑 美樹 33.6 ▲ 46.0 33.7     21.3
14 楊井 康二 3.3 54.5 ▲ 38.2     19.6
15 矢野 拓郎 0.7 4.5 12.3     17.5
16 上田 悟史 ▲ 36.5 13.0 39.6     16.1
17 福本 辰朗 20.5 ▲ 50.0 0.0     ▲ 29.5
18 松藤 円香 12.8 ▲ 40.8 ▲ 8.8     ▲ 36.8
19 名倉 徹 62.7 ▲ 48.3 ▲ 51.3     ▲ 36.9
20 服部 学 ▲ 0.3 ▲ 42.2 ▲ 13.4     ▲ 55.9
21 古林 千寿 ▲ 39.3 ▲ 37.0 ▲ 16.5     ▲ 92.8
22 中島 行泰 ▲ 69.6 ▲ 33.7 7.6     ▲ 95.7
23 松尾 元気 ▲ 32.2 ▲ 50.4 ▲ 17.0     ▲ 99.6
24 筒井 晶士 ▲ 61.2 ▲ 6.2 ▲ 40.2     ▲ 107.6
25 大田 誠 ▲ 1.6 ▲ 60.1 ▲ 50.0     ▲ 111.7
26 福島 清子 ▲ 31.8 ▲ 50.0 ▲ 49.1     ▲ 130.9
27 西田 弘輝 ▲ 71.2 ▲ 54.3 ▲ 25.9     ▲ 151.4
28 甲斐 鳳洲 ▲ 52.8 ▲ 68.8 ▲ 44.5     ▲ 166.1
29 玉田 朗久 ▲ 50.0 ▲ 71.0 ▲ 72.7     ▲ 193.7
 

<第3節レポート:西村 紘>

A卓(藤田×川畑×甲斐×上田×西田)
B卓(井上×木村×矢野×仲井×玉田)
C卓(福田譲二×中島×福田正道×松藤)
D卓(高木×楊井×松尾×名倉)
E卓(服部×福島×榎島×古川)
F卓(筒井×西村×石原×古林)

12月となり、寒さも一段と増してきた今日この頃であるが、九州リーグの会場の熱気は下がる事を知らない。
Cリーグ第3節レポートは、後期よりリーグ戦に初参加させて頂いている西村が書くこととなりました。
初めてのレポートであるので駄文であることと思うが、ご容赦頂ければ有難く思います。

前回まで自分は9位につけており、出だしはまずまずといったところ。
今節は石原(敬称略)、古林、筒井との対戦であった。

1局目より積極的にリーチ攻勢をかけ、トップ目に立つが、石原の三暗トイトイの4,000オールでまくられる。
その後の2半荘目、3半荘目も石原のトップ。
昇級を目指す自分としては、一番ケアしていた相手だけに痛い結果であった。

また4半荘目も3着争いをしていた古林に競り負けて自分がラスとなってしまった。
次節に雪辱を期したく思う。

他の卓を見て回ると、前節まで1着5回、2着3回と抜群の成績を残して首位をひた走る藤田が、
わずかながらだがマイナスポイントを刻んでいるが大勢には影響ないだろう。

普段より麻雀を打つ機会の多い上田がよい成績をあげ、ポイントも一気にプラスに転じた。
彼は前期で昇級次点という悔しさを味わっているので、今期に掛ける思いは人一倍強いだろう。
藤田のカン八の三色イーペーコーのリーチに対しても、筋の八を切らない姿勢は、集中力の成せることと思う。

また榎島が3節も丁寧な麻雀でプラスを重ね、6位に浮上。
5巡目一通ドラ1の仮テンから出ず、変わらずで周りに仕掛けられ、5筒をとめたのは見事だったと思う。

そして福田譲二は、福田対決をラスなしトップなしでまとめ、卓内トップで終局。
そつなくまとめている印象だが、昇級を狙うには十分な位置取り。
後半戦の戦い方に注目したい。
 
残り2節、順位が大きく入れ替わったように思うのだが、その実上位陣はほとんど崩れてはいない。
また、高木のように100Pオーバーで浮上してくる人間も出てくることなどを考えると、まだまだわからない戦いが続く。

2010年の第4節の対局を楽しみにし、年末年始を過ごそうと思う。
皆様もどうぞよいお年を。







第10期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 小車 祥 56.7 75.5 18.0     150.2
2 矢野 拓郎 81.3 26.3 7.4     115.0
3 ジャガー 真鍋 ▲ 56.6 117.7 25.7     86.8
4 安東 裕允 ▲ 3.6 11.3 72.1     79.8
5 水町 慎一 21.7 54.2       75.9
6 羽山 真生 83.1 ▲ 9.2       73.9
7 中村 政時 41.8 ▲ 12.2 17.4     47.0
8 田中 朋希 ▲ 16.3 27.9 29.6     41.2
9 石原 忠道 1.2 48.0 ▲ 17.9     31.3
10 名倉 徹 10.6 21.9 ▲ 1.6     30.9
11 浜上 文吾 ▲ 4.9 40.8 ▲ 7.5     28.4
12 吉武 みゆき ▲ 6.1 ▲ 17.6 34.7     11.0
13 塚本 将之 36.4 ▲ 26.1       10.3
14 新谷 翔平 15.8 ▲ 25.1 15.0     5.7
15 筒井 久美子 ▲ 18.5 16.7       ▲ 1.8
16 服部 学 ▲ 6.2 21.0 ▲ 21.2     ▲ 6.4
17 柿元 裕介 6.1 ▲ 64.5       ▲ 58.4
18 青木 胤道 8.7 ▲ 30.2 ▲ 45.1     ▲ 66.6
19 高木 祐 ▲ 14.4 10.1 ▲ 75.8     ▲ 80.1
20 中島 行泰 ▲ 36.8 10.4 ▲ 63.8     ▲ 90.2
21 甲斐 鳳洲 ▲ 49.4 ▲ 41.0       ▲ 90.4
22 阿部 紀彦 ▲ 27.1 ▲ 35.4 ▲ 43.5     ▲ 106.0
23 安永 敏郎 ▲ 92.8 ▲ 50.5 15.0     ▲ 128.3
24 比嘉 勇人 ▲ 79.4 ▲ 51.0 ▲ 30.8     ▲ 161.2


年間活動予定

4月
12 (日) 第10期九州リーグ 第1節
19 (日) 第9回ばってんリーグ 第1節
5月
17 (日) 第10期九州リーグ 第2節
24 (日) 第9回ばってんリーグ 第2節
6月
14 (日) 第10期九州リーグ 第3節
28 (日) 第9回ばってんリーグ 第3節
7月
12 (日) 第10期九州リーグ 第4節
26 (日) 第9回ばってんリーグ 第4節
8月
9 (日) 第10期九州リーグ 第5節
23 (日) 第9回ばってんリーグ 第5節
9月
19 (土) 第9回ばってんリーグ 決勝
20 (日) 第4回九州グランプリ
27 (日) 九州本部 第26期プロテスト
10月
11 (日) 第10期九州リーグ 第6節
18 (日) 第35期王位戦 福岡予選
25 (日) 第10回ばってんリーグ 第1節
11月
15 (日) 第10期九州リーグ 第7節
29 (日) 第10回ばってんリーグ 第2節
12月
13 (日) 第10期九州リーグ 第8節
20 (日) 第10回ばってんリーグ 第3節
2010年1月
17 (日) 第10期九州リーグ 第9節
31 (日) 第10回ばってんリーグ 第4節
2月
14 (日) 第10期九州リーグ 最終節
28 (日) 第10回ばってんリーグ 最終節
3月
6 (土) 第10回ばってんリーグ 決勝
7 (日) 第5回九州グランプリ
13 (土) 第10回皇帝位戦決勝(初日)
14 (日) 第10回皇帝位戦決勝(最終日)


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 ? ? ? ?  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革  
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村  
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介  
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木  
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
第9期 2009 ? ? ? ?
?


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 ? ? ? ?  
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。