日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 浜上 文吾 ▲ 28.9 ▲ 29.4 46.8 31.2 72.8 21.0 13.8       127.3
2 中村 政時 35.1 16.0 ▲ 35.0 ▲ 48.3 136.4 6.1 ▲ 16.6       93.7
3 安東 裕允 49.8 27.3 19.5 27.2 ▲ 2.4 ▲ 26.8 ▲ 7.1       87.5
4 藤岡 治之 30.8 ▲ 35.1 52.9 ▲ 7.7 ▲ 48.5 16.3 58.4       67.1
5 中野 啓輔 ▲ 61.1 120.3 ▲ 59.6 ▲ 7.8 4.1 24.5 11.6       32.0
6 土肥 裕貴 15.6 37.4 ▲ 50.0 43.1 ▲ 15.1 32.9 ▲ 50.0       13.9
7 ジャガー 真鍋 ▲ 54.9 28.2 4.1 22.5 45.8 ▲ 26.8 ▲ 41.4       ▲ 22.5
8 藤本 敬三 18.1 ▲ 12.4 ▲ 59.0 33.6 6.7 ▲ 56.1 32.1       ▲ 37.0
9 藤原 英司 ▲ 7.8 45.4 ▲ 25.2 ▲ 56.0 13.4 ▲ 44.2 ▲ 40.9       ▲ 115.3
10 新谷 翔平 ▲ 13.0 ▲ 70.4 14.9 20.6 ▲ 110.4 26.6 ▲ 2.2       ▲ 133.9
11 流水 聖人 ▲ 100.0 ▲ 59.4 46.4 ▲ 36.6 ▲ 71.1 25.5 ▲ 22.7       ▲ 217.9

<第7節レポート:安東 裕允> 

A卓(藤岡×流水×J真鍋×安東×新谷)
B卓(藤本×中村×中野×浜上×藤原)

終盤に向けての重要な意味合いを持つ第7節。
プラスポイントの者全員が決勝へのチャンスを残す状況で、大きく浮上してきたのは藤岡。
前節で借金の支払も終わり、今節もポイントを積み重ねて気付けば決勝ボーダーにいる。
また、藤本も復活の兆しをみせており、後半戦はこの二人の戦いぶりが鍵になりそうな予感がする。

上位陣の顔ぶれは変わっていないもの、誰一人として抜け出しきれていない。
この停滞状態がいつまで続くのか…。
さらに混戦模様が濃くなってきた第7節。残り3節を悔いなく戦って欲しい。


 



Bリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 塚本 将之 20.3 96.3       116.6
2 吉武 みゆき 21.8 55.3       77.1
3 麻生 征吾 7.8 60.3       68.1
4 柿元 裕介 54.4 ▲ 31.7       22.7
5 安永 敏郎 14.1 2.0       16.1
6 川崎 行広 6.9 ▲ 10.8       ▲ 3.9
7 小川 善章 ▲ 31.4 15.9       ▲ 15.5
8 大和田 篤史 21.1 ▲ 38.7       ▲ 17.6
9 森永 勇治 4.5 ▲ 24.5       ▲ 20.0
10 三井 聡志 ▲ 11.5 ▲ 33.1       ▲ 44.6
11 小車 祥 14.5 ▲ 60.4       ▲ 45.9
12 筒井 久美子 ▲ 53.4 0.8       ▲ 52.6
13 佐藤 健治 ▲ 79.1 ▲ 73.4       ▲ 152.5

<第2節レポート:小車 祥> 

A卓(吉武×小車×川崎×小川)
B卓(塚本×大和田×三井×森永)
C卓(柿本×佐藤×筒井×安永×麻生)

全体的に緩やかな動きとなった前節が春風なら、今節は吹き荒れる嵐といったところか。
大きくプラスする者が引き起こした、津波の犠牲者が複数名出ることとなった。

まずは、全員に追われる立場である柿元がいるA卓。
前節も同卓している麻生が、その借りを返すかのように反撃した。
思い描いた絵通りに展開が進んだのだろう。
麻生の親番中、国士無双を僅か8巡でテンパイした局面があった。
成就こそしなかったものの、彼はこの日、手が付けられないほど好調であることを知るには十分だった。
その麻生に負けじと、安永も持ち前の攻撃力で攻め続け、良い成績を残している。

B卓は全員、前期までCリーグにいた者。
つまりは、全員勢いに乗って駆け上がっている最中の者同士である。
激しくぶつかり合うことが予想される。
吉武が強い。押し引きが噛み合ったのだろう。
放銃が少なく、アガりたい手をきっちりものにしているという印象だった。

私は対照的で、勝負手はかわされ、なんとか点数を確保しても簡単に大物手をツモられ奪われていく。
己の未熟さを、改めて思い知らされることとなる。

そして圧巻のC卓。
今節の台風の目は間違いなく塚本だった。
次々に周囲にある建造物や自然をなぎ倒していくような、まさに台風のような強さ。
同卓者全員が大きなマイナスになってしまい、塚本は一気にトップへと躍り出た。

まずい。一番ポイントを与えてはいけない人間に走らせてしまった。
おそらく、そう思ったのは私だけではないだろう。
それほどに、誰もが塚本の実力を認めている。このポイントをそう簡単に吐き出すとは思えない。

私を含め、当然誰も諦めてなどいない。
追う者、守る者、個々の視点からの様々な戦略。
これだけの動きがありながら、まだ第2節が終わったところなのだ。
まだまだ一波乱も二波乱も待っていそうである。
我々の戦いを、どうか最後まで見届けてほしい。


 



Cリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 藤田 竜三 106.2 91.0       197.2
2 木村 栄希 25.2 78.3       103.5
3 福田 正道 63.5 38.3       101.8
4 井上 結世 ▲ 19.6 114.1       94.5
5 相本 長武 6.0 78.6       84.6
6 楊井 康二 3.3 54.5       57.8
7 榎島 賢了 12.0 32.7       44.7
8 石原 忠道 41.3 1.7       43.0
9 西村 紘 15.5 22.6       38.1
10 古川 真弥 ▲ 11.2 32.4       21.2
11 名倉 徹 62.7 ▲ 48.3       14.4
12 福田 譲二 37.8 ▲ 24.3       13.5
13 矢野 拓郎 0.7 4.5       5.2
14 川畑 美樹 33.6 ▲ 46.0       ▲ 12.4
15 上田 悟史 ▲ 36.5 13.0       ▲ 23.5
16 仲井 由美 16.9 ▲ 40.9       ▲ 24.0
17 松藤 円香 12.8 ▲ 40.8       ▲ 28.0
18 福本 辰朗 20.5 ▲ 50.0       ▲ 29.5
19 高木 祐 ▲ 9.4 ▲ 24.1       ▲ 33.5
20 服部 学 ▲ 0.3 ▲ 42.2       ▲ 42.5
21 大田 誠 ▲ 1.6 ▲ 60.1       ▲ 61.7
22 筒井 晶士 ▲ 61.2 ▲ 6.2       ▲ 67.4
23 古林 千寿 ▲ 39.3 ▲ 37.0       ▲ 76.3
24 福島 清子 ▲ 31.8 ▲ 50.0       ▲ 81.8
25 松尾 元気 ▲ 32.2 ▲ 50.4       ▲ 82.6
26 中島 行泰 ▲ 69.6 ▲ 33.7       ▲ 103.3
27 玉田 朗久 ▲ 50.0 ▲ 71.0       ▲ 121.0
28 甲斐 鳳洲 ▲ 52.8 ▲ 68.8       ▲ 121.6
29 西田 弘輝 ▲ 71.2 ▲ 54.3       ▲ 125.5
 

<第2節レポート:榎島 賢了>

A卓(上田×木村×松尾×仲井)
B卓(西村×川畑×桑田×古林)
C卓(古川×甲斐×石原×榎島)
D卓(筒井×高木×相本×名倉)
E卓(福田正道×中島×大田×楊井)
F卓(服部×藤田×矢野×西田)
G卓(松藤×井上×玉田×福田譲二)


寒空が広がる朝。悴んだ手を擦りながら会場へ入る。そこは外とは全く逆の世界。
人の熱気とはこれほどまでに熱いものだったか…。

今節はほとんどの卓が打撃戦だった。
それを象徴するように70ポイント越えが4人もいる。
連盟Aルールで50P叩くことは難しいのだが、それを上回る高得点には正直驚かされる。

今回大叩きした藤田・木村・井上・相本。
井上は研修生だが、他の三人はなんとアマチュア。特に藤田はもう昇級確実といってもいいほどである。
こうして考えると、アマチュアのレベルもここ数年で軒並上がってきたように思う。

我々プロも負けていられないというのが本音だが、私も含め正直まだまだ実力不足である。
プロもアマチュアも各々が個性を出して対局に臨むことが一番意味のあることであり、それによって切磋琢磨できる部分もある。
こうやって皆で九州リーグを盛り上げていきたいと改めて思った。

さて、私はというと何とも不甲斐ないマイナスという結果で終わった。
今節、大叩きのアマチュアである相本に完全に力負け。
他に同卓であった研修生と合わせ、相本一人に叩き潰されたといってもいい内容であった。
相本とは初めて対局したのだが、彼はマナー面をしっかり考えており対局の中で疑問に思ったことを常に私に聞いてきてそれを実践していた。
競技者としてすばらしい心構えだと感じた反面、新人プロにも見習って欲しいと強く思った。

基本的にプロとは、アマチュアの方に対局を見られて恥ずかしくないよう努めるべきものだと私は考えている。
競技麻雀をもっともっと楽しんでいただくためにも、私達プロが今以上の努力が必要だと強く感じた。

早くも来節の対局が楽しみである。








第10期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 羽山 真生 83.1         83.1
2 矢野 拓郎 81.3         81.3
3 小車 祥 56.7         56.7
4 中村 政時 41.8         41.8
5 塚本 将之 36.4         36.4
6 新谷 翔平 15.8         15.8
7 名倉 徹 10.6         10.6
8 青木 胤道 8.7         8.7
9 石原 忠道 1.2         1.2
10 安東 裕允 ▲ 3.6         ▲ 3.6
11 浜上 文吾 ▲ 4.9         ▲ 4.9
12 吉武 みゆき ▲ 6.1         ▲ 6.1
13 服部 学 ▲ 6.2         ▲ 6.2
14 高木 祐 ▲ 14.4         ▲ 14.4
15 田中 朋希 ▲ 16.3         ▲ 16.3
16 筒井 久美子 ▲ 18.5         ▲ 18.5
17 中島 行泰 ▲ 36.8         ▲ 36.8
18 ジャガー 真鍋 ▲ 56.6         ▲ 56.6
19 比嘉 勇人 ▲ 79.4         ▲ 79.4
20 安永 敏郎 ▲ 92.8         ▲ 92.8


年間活動予定

4月
12 (日) 第10期九州リーグ 第1節
19 (日) 第9回ばってんリーグ 第1節
5月
17 (日) 第10期九州リーグ 第2節
24 (日) 第9回ばってんリーグ 第2節
6月
14 (日) 第10期九州リーグ 第3節
28 (日) 第9回ばってんリーグ 第3節
7月
12 (日) 第10期九州リーグ 第4節
26 (日) 第9回ばってんリーグ 第4節
8月
9 (日) 第10期九州リーグ 第5節
23 (日) 第9回ばってんリーグ 第5節
9月
19 (土) 第9回ばってんリーグ 決勝
20 (日) 第4回九州グランプリ
27 (日) 九州本部 第26期プロテスト
10月
11 (日) 第10期九州リーグ 第6節
18 (日) 第35期王位戦 福岡予選
25 (日) 第10回ばってんリーグ 第1節
11月
15 (日) 第10期九州リーグ 第7節
29 (日) 第10回ばってんリーグ 第2節
12月
13 (日) 第10期九州リーグ 第8節
20 (日) 第10回ばってんリーグ 第3節
2010年1月
17 (日) 第10期九州リーグ 第9節
31 (日) 第10回ばってんリーグ 第4節
2月
14 (日) 第10期九州リーグ 最終節
28 (日) 第10回ばってんリーグ 最終節
3月
6 (土) 第10回ばってんリーグ 決勝
7 (日) 第5回九州グランプリ
13 (土) 第10回皇帝位戦決勝(初日)
14 (日) 第10回皇帝位戦決勝(最終日)


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 ? ? ? ?  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革  
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村  
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介  
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木  
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
第9期 2009 ? ? ? ?
?


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 ? ? ? ?  
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。