日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 安東 裕允 49.8 27.3 19.5               96.6
2 藤岡 治之 30.8 ▲ 35.1 52.9               48.6
3 中村 政時 35.1 16.0 ▲ 35.0               16.1
4 藤原 英司 ▲ 7.8 45.4 ▲ 25.2               12.4
5 土肥 裕貴 15.6 37.4 ▲ 50.0               3.0
6 中野 啓輔 ▲ 61.1 120.3 ▲ 59.6               ▲ 0.4
7 浜上 文吾 ▲ 28.9 ▲ 29.4 46.8               ▲ 11.5
8 ジャガー 真鍋 ▲ 54.9 28.2 4.1               ▲ 22.6
9 哀河 斗南 16.3 ▲ 14.8 ▲ 50.0               ▲ 48.5
10 藤本 敬三 18.1 ▲ 12.4 ▲ 59.0               ▲ 53.3
11 新谷 翔平 ▲ 13.0 ▲ 70.4 14.9               ▲ 68.5
12 藤原 琢 ▲ 50.0 ▲ 55.1 ▲ 5.8               ▲ 110.9
13 流水 聖人 ▲ 100.0 ▲ 59.4 46.4               ▲ 113.0

<第3節レポート> 執筆:安東 裕允

A卓(流水×新谷×J真鍋×中野×藤原琢)
B卓(藤本×藤岡×安東×浜上×中村×藤原英司)

A卓では、新谷が1回戦で7万点弱のマルAトップでスタート。
前節の中野を思い起こさせる勢いだったが、その後が乗り切れず3、4、3着。
プラスポイントではあったものの本人にしてみれば、力負けした感じは否めないだろう。

新谷を押し返したのはやはりJ真鍋。
1、 2回戦のマイナスをそっくり4、5回戦で新谷にお返ししている。
また、藤原琢もラスを初戦に味わうも、トータルは一桁のマイナスポイントで終了。
リーグ戦における経験が彼らを支えたのかもしれない。

卓内トップは流水。
1回戦は抜け番の為、新谷の煽りを喰らっておらず、オールプラスでまとめた。
逆に中野はオールマイナスで前節の貯金を吐き出してしまった。


B卓は藤本の乱調が目を引く。
抜け番のときに後ろで観ていて、気になった局面があった。
3回戦 東1局2本場 北家 30.000点 4巡目、

 ツモ ドラ

状況としては、親の藤岡が細かいアガりで連荘している。
ここで藤本は打とするのだが、瞬間的に違和感を感じた。
いま改めてみると決しておかしくは無い。
というより同じ打牌選択をする人間は多いと思うし、正着のひとつかもしれない。
しかし、テンパイスピードで言えば打だと思う。

結果として、その後のツモはを即座に持ってきており最速のテンパイを逃していた。
中盤にを引いて1シャンテンになったところで、親の藤岡にカンのツモのみをアガリされて連荘を許してしまう。
おそらく先制リーチをしていれば、簡単に連荘されることは無かっただろう。
この一局が全てとは言わないが、その後の藤本に手が入ることはなく一人沈みのラスを2度引かされていた。

対して藤岡は好調。沈みなしで卓内トップを奪う。
浜上はようやく復調の兆しが見えたようで、1回戦はラスだがその後は3連勝でプラスポイントを刻む。

今期はめまぐるしく順位が入れ替わり抜け出すに抜け出せない。
現在首位にいる自分自身、いつ巻き込まれるかが少々不安になることもある。
次節も追う者、追われる者の緊張感溢れる闘牌を期待したい。

 



Bリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 青木 胤道 40.3 ▲ 18.1 46.9     69.1
2 柿元 裕介 ▲ 35.4 28.9 73.0     66.5
3 安永 敏郎 11.7 46.0 ▲ 0.4     57.3
4 大和田 篤史 ▲ 1.4 43.8 ▲ 15.9     26.5
5 筒井 久美子 9.5 ▲ 6.5 17.4     20.4
6 島崎 総一 ▲ 31.1 ▲ 29.8 54.0     ▲ 6.9
7 三井 聡志 7.2 ▲ 8.6 ▲ 32.5     ▲ 33.9
8 西原 亨 ▲ 17.8 6.3 ▲ 50.0     ▲ 61.5
9 麻生 征吾 1.6 ▲ 34.4 ▲ 43.8     ▲ 76.6
10 森永 勇治 ▲ 19.9 ▲ 24.2 ▲ 43.6     ▲ 87.7
11 佐藤 健治 4.3 ▲ 43.4 ▲ 55.1     ▲ 94.2
12 中嶋 崇人 ▲ 50.0 ▲ 50.0 ▲ 100.0     ▲ 200.0

<第3節レポート> 執筆:筒井久美子

A卓(佐藤×大和田×筒井×島崎×安永)
B卓(森永×三井×麻生×柿元×青木)

ちょうど折り返し点となる第3節。
対局会場に40分前に到着。
一番乗りかと思ったら、青木プロ、大和田プロの2名のBリーガーは既に来ていた。
対局前から麻雀に対する姿勢がすばらしい。

今節は2卓での対戦。
A卓からは柿元、青木の声しか聞こえてこない。順当にプラスを重ね上位に名を連ねた。

一方私はB卓での対局。
結果的には+17.4Pではあったが、自分の麻雀に自信が持てない内容だった。
7月には初めてプロクイーンに参戦する。迷いを断ち切って勝ち上がりたい。

 



Cリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 小車 祥 35.8 ▲ 11.9 79.1     103.0
2 高木 祐 ▲ 19.6 47.6 35.6     63.6
3 吉武 みゆき 16.7 52.3 ▲ 12.6     56.4
4 上田 悟史 1.4 16.1 23.5     41.0
5 小川 善章 ▲ 29.8 57.2 12.2     39.6
6 塚本 将之 11.8 ▲ 7.7 15.0     19.1
7 福田 譲二 ▲ 6.5 37.9 ▲ 39.5     ▲ 8.1
8 川崎 行広 ▲ 2.2 54.7 ▲ 69.8     ▲ 17.3
9 福本 辰朗 19.3 1.4 ▲ 50.0     ▲ 29.3
10 木村 栄希 8.7 ▲ 47.4 2.0     ▲ 36.7
11 田中 宣行 11.7 ▲ 50.0 ▲ 50.0     ▲ 88.3
12 中島 行泰 55.9 ▲ 66.1 ▲ 82.5     ▲ 92.7
13 榎島 賢了 10.4 ▲ 99.6 ▲ 6.1     ▲ 95.3
14 相本 長武 ▲ 58.2 ▲ 60.5 22.1     ▲ 96.6
15 早田 和成 ▲ 55.4 ▲ 50.0 ▲ 50.0     ▲ 155.4
 

<第3節レポート> 執筆:高木 祐

A卓(吉武×小車×塚本×中島)
B卓(榎島×相本×上田×福田)
C卓(川崎×小川×木村×高木)

今回は第3節。
第3節はちょうど折り返し地点となり、後半戦に向けてプラス者とマイナス者の命運がキッチリ別れてくる。
今節は、前節の上位陣4名の命運が別れた。

吉武・川崎・福田がそろってマイナス。ただ一人プラスの私が2位につけた。
吉武は少ないマイナスで踏みとどまっているものの、反対に川崎・福田が大きく後退。
来節以降に望みをつなぐ。

その間をスッと抜けてきたのが現在首位の小車。
+79.1Pと大叩きし、残りの2節をかなり有利に戦える位置につけた。

そんな中、私が注目したのは小車の大暴れの中を、ただ一人プラスを叩いた塚本。
彼は現在6位と出遅れてはいるものの、この状況を計算していたかのように耽々と好位置をキープ。
大きく沈むことがないため、爆発してしまうとすぐにでも追いつかれてしまうのでは?と思ってしまう。
前回ばってんリーグ決勝進出者でもある彼が、優勝戦に絡まないことはまず考えられない。

今節の結果でマイナス者にとっては来節が勝負となってしまった。
最終節で戦える位置をキープできるように、来節の奮起を期待したい。

私の上には現在1人だけ。ここを交わせば優勝も見えてくる。
来節まで眠れぬ日が続きそうである。







第9期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 浜上 文吾 55.9 96.1 13.1     165.1
2 小車 祥 34.4 45.1       79.5
3 中村 政時 13.5 28.9       42.4
4 高木 祐 15.5 ▲ 35.4 60.1     40.2
5 柿元 裕介 29.3 1.7       31.0
6 吉武 みゆき 20.2 10.0       30.2
7 西原 亨 ▲ 22.5 42.0 ▲ 4.8     14.7
8 阿部 紀彦 5.3 0.3       5.6
9 矢野 拓郎 8.2 ▲ 9.4       ▲ 1.2
10 安東 裕允 ▲ 10.9 8.3       ▲ 2.6
11 東谷 達矢 ▲ 6.3         ▲ 6.3
12 中嶋 行泰 3.0 ▲ 15.5       ▲ 12.5
13 塚本 将之 ▲ 14.1         ▲ 14.1
14 新谷 翔平 25.6 ▲ 65.2       ▲ 39.6
15 ジャガー 真鍋 16.8 ▲ 62.1       ▲ 45.3
16 松永 悟志 ▲ 58.3         ▲ 58.3
17 木村 栄希 ▲ 59.0 ▲ 12.1       ▲ 71.1
18 青木 胤道 ▲ 76.5         ▲ 76.5
19 水町 慎一 ▲ 24.9 ▲ 58.3       ▲ 83.2


年間活動予定

2009年1月
11 (日) 第8回ばってんリーグ 最終節
18 (日) 第9期九州リーグ 最終節
2月
(日) 第8回ばってんリーグ 決勝
14 (土) 第9期九州リーグ 皇帝位戦決勝(初日)
15 (日) 第9期九州リーグ 皇帝位戦決勝(最終日)
22 (日) 入れ替え戦(11:00〜)
3月
8 (日) 第3回九州グランプリ
4月
12 (日) 第10期九州リーグ 第1節
19 (日) 第9回ばってんリーグ 第1節
5月
17 (日) 第10期九州リーグ 第2節
24 (日) 第9回ばってんリーグ 第2節
6月
14 (日) 第10期九州リーグ 第3節
28 (日) 第9回ばってんリーグ 第3節
7月
12 (日) 第10期九州リーグ 第4節
26 (日) 第9回ばってんリーグ 第4節
8月
9 (日) 第10期九州リーグ 第5節
23 (日) 第9回ばってんリーグ 第5節


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 ? ? ? ?  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革  
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村  
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介  
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木  
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
第9期 2009 ? ? ? ?
?


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 ? ? ? ?  
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。