日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 九州プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 九州プロリーグ

Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 安東 裕允 49.8 27.3                 77.1
2 中野 啓輔 ▲ 61.1 120.3                 59.2
3 土肥 裕貴 15.6 37.4                 53.0
4 中村 政時 35.1 16.0                 51.1
5 藤原 英司 ▲ 7.8 45.4                 37.6
6 藤本 敬三 18.1 ▲ 12.4                 5.7
7 哀河 斗南 16.3 ▲ 14.8                 1.5
8 藤岡 治之 30.8 ▲ 35.1                 ▲ 4.3
9 ジャガー 真鍋 ▲ 54.9 28.2                 ▲ 26.7
10 浜上 文吾 ▲ 28.9 ▲ 29.4                 ▲ 58.3
11 新谷 翔平 ▲ 13.0 ▲ 70.4                 ▲ 83.4
12 藤原 琢 ▲ 50.0 ▲ 55.1                 ▲ 105.1
13 流水 聖人 ▲ 100.0 ▲ 59.4                 ▲ 159.4

<第2節レポート> 執筆:安東 裕允

A卓(藤原琢×中野×安東×流水×藤岡)
B卓(藤本×藤原英司×土肥×新谷)
C卓(浜上×哀河×中村×J真鍋)

初戦は緊張もあったのだろうか、今節は昇級組みの活躍が目立った。
A卓は中野が4連勝を飾り、一気に2位に浮上!
前節の不調はなんだったのだろうか?自分も同卓者として、その強さを肌で感じることが出来たのは言うまでもない。
Bリーグをぶっちぎりで優勝し、Aリーグに駆け上がってきた彼の実力は、本物だと認めざるを得ないだろう。

B卓も、藤原英司が3連勝を飾り、卓内トップを奪っていた。
藤本を押さえ込んでのトップは、ポイント云々は関係なく評価すべきことと思う。
土肥もプラスポイントを重ねており、以前よりも安定感が増してきたように感じる。

C卓は、J真鍋の復活の兆しが早くも見られる。
3着、4着で前半こそ振るわなかったが、後半戦は2連勝で終わってみれば卓内トップ!
ポイントはさほど叩いてはいないが、今後の戦いにおいては手ごたえあり!というとろだろう。

一方、手応えを失ってしまったのは、浜上。初戦トップだが、結果は卓内ラス。
2節連続でのマイナスポイントは珍しい。
当人も、過去に経験したことの無いもどかしさを感じていると思う。

順位が激しく変動した第2節。
勢いづいた者・失速した者たちが、来節をどのように戦うのか?
また、それを受ける人間の戦いぶりにも注目したい。

 



Bリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 安永 敏郎 11.7 46.0       57.7
2 大和田 篤史 ▲ 1.4 43.8       42.4
3 青木 胤道 40.3 ▲ 18.1       22.2
4 筒井 久美子 9.5 ▲ 6.5       3.0
5 三井 聡志 7.2 ▲ 8.6       ▲ 1.4
6 柿元 裕介 ▲ 35.4 28.9       ▲ 6.5
7 西原 亨 ▲ 17.8 6.3       ▲ 11.5
8 麻生 征吾 1.6 ▲ 34.4       ▲ 32.8
9 佐藤 健治 4.3 ▲ 43.4       ▲ 39.1
10 森永 勇治 ▲ 19.9 ▲ 24.2       ▲ 44.1
11 島崎 総一 ▲ 31.1 ▲ 29.8       ▲ 60.9
12 中嶋 崇人 ▲ 50.0 ▲ 50.0       ▲ 100.0

<第2節レポート> 執筆:青木 胤道

A卓(西原×大和田×佐藤×三井×青木)
B卓(森永×麻生×島崎×筒井×柿元×安永)

今回、レポートを担当する青木胤道です。よろしくお願いします。

九州リーグ第2節を迎え、緊張感も多少ほぐれた様子で、各々が対局に挑んでいるように感じられた。
A卓では、青木(私)が幸先よくトップスタートを切るも、1着・4着・2着・4着とポイントを失い、△18.1P。

対して、大和田プロが終始安定した対局でポイントを上積みし、卓内トップとなる。
西原プロも、先輩Bリーガーとしての意地を見せ、手堅くプラスポイントにまとめた。

一方、2卓では、暫定2位スタートの安永が大物手を連発させた。
負けじと柿本プロ、筒井プロも追いすがるが、安永が貯金を生かし卓内トップ。
トータルでも首位に立つ。

第2節では、各卓で集中力の欠如が多く見られた。非常に残念に思える。
厳しいようではあるが、初心に立ち返り奮起を期待したい。

 



Cリーグ


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 吉武 みゆき 16.7 52.3       69.0
2 川崎 行広 ▲ 2.2 54.7       52.5
3 福田 譲二 ▲ 6.5 37.9       31.4
4 高木 祐 ▲ 19.6 47.6       28.0
5 小川 善章 ▲ 29.8 57.2       27.4
6 小車 祥 35.8 ▲ 11.9       23.9
7 福本 辰朗 19.3 1.4       20.7
8 上田 悟史 1.4 16.1       17.5
9 塚本 将之 11.8 ▲ 7.7       4.1
10 中島 行泰 55.9 ▲ 66.1       ▲ 10.2
11 木村 栄希 8.7 ▲ 47.4       ▲ 38.7
12 田中 宣行 11.7 ▲ 100.0       ▲ 88.3
13 榎島 賢了 10.4 ▲ 99.6       ▲ 89.2
14 早田 和成 ▲ 55.4 ▲ 50.0       ▲ 105.4
15 相本 長武 ▲ 58.2 ▲ 60.5       ▲ 118.7
 

<第2節レポート> 執筆:高木 祐

A卓(中島×上田×吉武×小川×相本)
B卓(榎島×高木×川崎×塚本)
C卓(小車×福本×木村×福田)

Cリーグも早2節。今節は、まだ必要以上にポイント差を気にせずに対局ができるので、比較的に自由に打つことができる。
早速だが今節の結果を見てみると、前節の上位陣と下位陣がガラリと入れ替わった。
その中で、前節プラス組だった吉武が唯一大きくプラスを叩き前進。

続いて、前節マイナスの川崎が大きくポイントを叩き、吉武を追う展開。

大きなプラスで首位にたった吉武は、持ち前の攻撃力でプラスしたかのと思いきや、1回のトップと大きな浮きの2着で+52.3Pという結果。
いかに我慢をしながら、状況を把握していたのかが窺える内容だった。

私は自分の対局の合間に吉武の対局を観戦していたのだが、安定感はCリーグの中で、はるかに抜きん出ているように思う。
ただ、トップを取ることで大きなプラスを叩くというよりも、ラスを引かずに2着でしのぐプラスの方が、同卓者にとっては安定感が強いと印象に残るだろう。
今後もプラスを伸ばしてくると思われるので、直接対決の時には私にとって一番の強敵となりそうである。

現在、トータルマイナスの者も、次節以降の爆発の可能性もあり、なかなか盛り上がってきた。
私も前節のマイナスを大幅に上回るプラスという結果で、暫定4位となりなかなかの好感触であった。

次節も、今節のような内容で打つことができれば、昇級も十分狙えると思っている。
早くも次の対局が楽しみである。







第9期九州リーグ(プロアマ混合)


順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 浜上 文吾 55.9 96.1 13.1     165.1
2 小車 祥 34.4 45.1       79.5
3 中村 政時 13.5 28.9       42.4
4 高木 祐 15.5 ▲ 35.4 60.1     40.2
5 柿元 裕介 29.3 1.7       31.0
6 吉武 みゆき 20.2 10.0       30.2
7 西原 亨 ▲ 22.5 42.0 ▲ 4.8     14.7
8 阿部 紀彦 5.3 0.3       5.6
9 矢野 拓郎 8.2 ▲ 9.4       ▲ 1.2
10 安東 裕允 ▲ 10.9 8.3       ▲ 2.6
11 東谷 達矢 ▲ 6.3         ▲ 6.3
12 中嶋 行泰 3.0 ▲ 15.5       ▲ 12.5
13 塚本 将之 ▲ 14.1         ▲ 14.1
14 新谷 翔平 25.6 ▲ 65.2       ▲ 39.6
15 ジャガー 真鍋 16.8 ▲ 62.1       ▲ 45.3
16 松永 悟志 ▲ 58.3         ▲ 58.3
17 木村 栄希 ▲ 59.0 ▲ 12.1       ▲ 71.1
18 青木 胤道 ▲ 76.5         ▲ 76.5
19 水町 慎一 ▲ 24.9 ▲ 58.3       ▲ 83.2


年間活動予定

2009年1月
11 (日) 第8回ばってんリーグ 最終節
18 (日) 第9期九州リーグ 最終節
2月
(日) 第8回ばってんリーグ 決勝
14 (土) 第9期九州リーグ 皇帝位戦決勝(初日)
15 (日) 第9期九州リーグ 皇帝位戦決勝(最終日)
22 (日) 入れ替え戦(11:00〜)
3月
8 (日) 第3回九州グランプリ
4月
12 (日) 第10期九州リーグ 第1節
19 (日) 第9回ばってんリーグ 第1節
5月
17 (日) 第10期九州リーグ 第2節
24 (日) 第9回ばってんリーグ 第2節
6月
14 (日) 第10期九州リーグ 第3節
28 (日) 第9回ばってんリーグ 第3節
7月
12 (日) 第10期九州リーグ 第4節
26 (日) 第9回ばってんリーグ 第4節
8月
9 (日) 第10期九州リーグ 第5節
23 (日) 第9回ばってんリーグ 第5節


九州プロリーグ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2001
大川 哲哉
G 浜上
シャーク 安東
清水 香織
 
第2期
2001
シャーク 安東
ジラフ 中村
清水 香織
G 浜上
 
第3期
2002
清水 香織
G 浜上
シャーク 安東
タイガー 中島
 
第4期
2003
ジャガー 真鍋
中山 寿
上瀧 宏
清水 香織
 
第5期
2004
シャーク 安東
橋口 広幸
G 浜上
ジャガー 真鍋
 
第6期
2005
ジラフ 中村
田口 哲也
ジャガー 真鍋
木村 広二
第7期
2006
藤岡 治之
ジラフ 中村 哀河 斗南 G 浜上  
第8期 2007 RYUJI ジャガー 真鍋 哀河 斗南 藤原 武徳
第9期 2008 財津 洋介 浜上 文吾 ジャガー真鍋 安東 裕允
第10期 2009 ? ? ? ?  

◆九州プロリーグ Aリーグは年間10節 Bリーグ以下は前期・後期制(前期は2月〜6月開催、後期は7月〜11月)


九州リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
5位
第1期
2005 ジャガー 真鍋 佐伯 嘉康 藤岡 治之 古川 革  
第2期
2005 ジャガー 真鍋 山田 田 哀河 斗南 ジラフ 中村  
第3期
2006 西原 亨 ジャガー 真鍋 福本 辰朗 財津 洋介  
第4期
2006 シャーク 安東 G 浜上 松本 悠 高木  
第5期
2007 財津 洋介 岡崎 有 阿部 紀彦 ジャガー 真鍋 シャーク 安東
第6期 2007 G 浜上 財津 洋介 大澤 博 ジャガー 真鍋 鷹尾 哲治
第7期 2008 ジャガー 真鍋 財津 洋介 伊藤 大善 高木 祐
藤田 祥司
第8期 2008 中村 政時 阿部 紀彦 西原 亨 塚本 将之
矢野 拓郎
第9期 2009 ? ? ? ?
?


九州グランプリ過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2007          
第2期
2008 中嶋 崇人 筒井 久美子 島崎 隆政 弘中 栄司 成績
第3期
2008 青木 胤道 門垣 寛 土肥 裕貴 島崎 隆政 成績
第4期
2009 ? ? ? ?  
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。