日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第5期 北関東プロリーグ 

タイトル戦情報

第5期 北関東プロリーグ  

観戦記:小川 尚哉


8月14日、 第5期北関東プロリーグ最終節が行われ、決勝に進出する4名が決定した。
日程の都合上、当日に決勝戦が行われる運びとなった。

こうなると、その日の調子や体力が、大きく勝敗に左右しそうだ。
それでは、決勝進出者の紹介と試合前のコメントを簡単に。(予選成績順)

沢崎誠
言わずもがなの雀魔王。獲得タイトル多数のA1リーガー。
当然のごとく、2期連続で決勝戦にのってきた。総合力でも群を抜いており、誰もが認める大本命か。
「普通でいいだろー。小川がいないから、相手は楽じゃない?(笑)」……

ガース
持ち前の攻撃的な麻雀で2位通過。他3者に実績では劣るが、最終節の好調ぶりから、台風の目となること必死。初タイトルを目指す。
「Iam chanpion??!最近は間違いが正解。決勝でも上手く間違えられるかな?(笑)」……?

小暮一志
「牌理的に……」が口グセの理論派雀士。前期は沢崎、藤崎といった強豪達を押さえての大逆転優勝。北関東プロリーグ初の連覇なるか。
「連覇目指して勝ちにいきます。みっともない戦いだけはしない!」

吉田幸雄
我らが支部長。以外なことに、この北関東プロリーグは初決勝。
打点のある攻撃的麻雀で観るものを魅了する。打倒沢崎の一番手か。
「怪物沢崎を倒すのは俺しかいないんだんべぇ〓!」

こうしてみると、タイプは違えど、攻撃的な4人が揃った印象だ。
外は突然のゲリラ雷雨。なにやら、波乱の展開を予感させる。



1回戦(起家から、沢崎・吉田・小暮・ガース)

誰が先手を奪うのか、興味深い開局。

東1局、西家・小暮が仕掛け、

 ポン ドラ

この5,200テンパイ一番乗り。
それに待ったをかけたのが親・沢崎、ドラをたたき切りリーチ。

 リーチ ツモ

あっさり1,000オールツモ。
…ここから待ち受けていたのは沢崎の劇団ショーであった…

1本場、ガースから1,500は1,800。
2本場、またしても、沢崎と小暮がぶつかる。

沢崎
 ポン ポン ドラ

小暮

このテンパイからで放銃。11,600は12,200。

3本場、700は1,000オール。
4本場、テンパイ流局。
5本場、ガースから5,800は7,300。

6本場、好配牌を手にした沢崎だが、2巡目1シャンテンをテンパれず、中盤過ぎに渋々チーテンをいれるも、同巡に小暮のツモアガリ。
「あれがテンパれないんだから、状態はあんまり良くないと思ったよ」

30分を要し3万点を稼ぎ出した親番でも、冷静に自分の状態を把握している。これが沢崎の強さなのだろう。
この沢崎に追いすがったのが、珍しく?我慢に我慢を重ねた吉田だった。

東3局1本場、北家。

 ポン ポン ツモ

南3局2本場、

 リーチ ツモ  ドラ

この2発のアガリでしっかりと2着にまとめ上々のスタートを切った。


1回戦成績
沢崎 +34.9P 吉田 +15.0P 小暮 ▲21.4P ガース ▲28.5P



2回戦(起家から、沢崎・吉田・ガース・小暮)

東1局、北家・小暮が“らしい”手筋で、

 ロン ドラ

ガースから6,400。
東2局、北家・沢崎。

 ツモ ドラ

ピンフドラ1ではリーチを打たず、高めイーペーコーの型を作ってからのリーチで、しっかり高めをツモりあげるあたり、さすが沢崎である。
東3局、わずか6巡でテンパイをいれたガースが、沢崎から2,000。
このアガリが流れを変えたのか?

東3局1本場。

 ポン ポン ツモ ドラ

この6,000は6,100オール!
東3局2本場、

 リーチ ロン ドラ 

12,000は12,600を吉田から。
たった1回の親番で、今までの体勢をひっくり返してしまったガースの爆発力には脱帽である。

南2局3本場、親、吉田が魅せる。終盤、

ここからテンパイとらずの打。残りツモ2巡でリーチ!

 リーチ ロン ドラ

これに捕まったのが小暮。

この1シャンテンからノータイム放銃で、「ピンズは通ると思った」と言うが、私は“らしくない”放銃だと思った。

2回戦成績
ガース+29.1P 吉田 +5.4P 沢崎 +1.1P 小暮▲35.6P
2回戦終了時
沢崎 +36.0P 吉田+20.4P ガース+0.6P 小暮▲57.0P

小暮は早くも崖っ淵……



3回戦(起家から、沢崎・ガース・小暮・吉田)

2回戦同様、ガースが突っ走る!

東1局、

 ロン ドラ

この8,000を吉田から。
これを皮切りに、南場の親番で2,000、2,600は2,700オール、2,600は2,800オールと加点し、トップを不動のものとする。
小暮も、親番で

 ポン ポン ツモ

この4,000オールを引き当て、大きい2着とし、優勝争いになんとか踏みとどまった。


3回戦成績
ガース+31.0P 小暮+18.3P 吉田▲22.2P 沢崎▲27.1P
3回戦終了時
ガース+31.6P 沢崎+8.9P  吉田▲1.8P  小暮▲38.7P


ガースがこのままの勢いで、優勝するのか?
そんなムードが漂ってきた……



4回戦(起家から、吉田・小暮・ガース・沢崎)

東1局 ガースが早い巡目からリャンメンチー、そしてすぐに1,000点のタンヤオのみを出アガるのだが…。
このアガリをみて、沢崎、吉田2人とも「ガースは苦しくなるな」と思ったらしい。
その意は「せっかく好調なガースが、楽をして、しかも1,000点で、自分のアガリ番を1回使ってしまったから、後々響いてくるな」ということらしい。

それを証明するかのごとく、ガース包囲網が牙を剥く。
東2局、まずは北家・吉田。

 チー ポン ツモ ドラ

この2,000・4,000。

東3局、今度は沢崎。

 リーチ ロン ドラ

安めながら、ガースから5,200。


南1局、親・吉田。

 ドラ

この勝負手を即リーチ!
自分ならダマにしそうな局面だが、このリーチが吉田の強さの象徴なのかもしれない。
結果は1人テンパイ流局だったが…。
続く1本場、親・吉田が6巡目にしてこの仕上がり。

 ドラ

今度は慎重にダマテンを選択も、8巡目にガースからリーチが入ると、すかさず追いかけリーチ!
思惑通り?ガースからを討ち取る。ついにガースが捕まった…

2本場、北家・沢崎。

 リーチ ロン ドラ

仕掛けて5,800テンパイの吉田から8,000の出アガリ。
南3局 、順調に見えた沢崎に落とし穴が……
北家・小暮が12巡目、やや変則的な捨て牌でリーチ。

 リーチ ドラ

このリーチに対して早めにオリを選択した沢崎だが、ハイテイでまさかの完全安牌なし…
珍しく手が迷う…そして最後に手をかけたのが、ノーチャンスのだった…


4回戦成績
吉田+20.2P 小暮+12.5P 沢崎▲6.3P ガース▲26.4P
4回戦終了時
吉田+18.4P ガース+5.2P 沢崎+2.6P 小暮▲26.2P

3者大接戦…いや、気付けば小暮も着実に差を詰めてきていた!
4者に優勝の可能性を残した、観ている者にとっては非常に面白い最終戦となりそうだ。



最終5回戦(起家から、沢崎・ガース・小暮・吉田)

東2局、南家・小暮。

 ロン ドラ

これにトータルトップの吉田が放銃。優勝争いは混沌を極めようとしていた。
そしてこの男が息を吹き返す!ガースだ!!

東3局、小暮から2,300。
東4局、1人テンパイ。
南1局1本場 、吉田から2,600は2,900。
南2局、2,000オールツモ。

独壇場で加点し、優勝に大きく前進!
しかし、やっぱりこの男も黙っちゃいない…

南2局1本場、北家・沢崎わずか4巡でリーチ。

 リーチ ロン

吉田から高めロン。
ガースにぴったりと食らい付く。吉田はラス親がっているが、相当厳しい所まで追い込まれてしまった。

南3局、最後の小暮の親番を、小暮のテンパイ、吉田のリーチを掻い潜り、ガースが自力でアガリ切り、2番手沢崎に条件を突き付ける。

オーラス、沢崎は満貫ツモ条件。小暮は役満ツモ。
吉田はとにかく連荘。という条件となった。

支部長の意地?で吉田が粘る。

 リーチ ドラ

1人テンパイ流局。1本場、

 リーチ ツモ

この2,600は2,700オール

2本場、吉田の配牌は………無惨なほどにバラバラ…
それでも必死にテンパイを目指す吉田。

沢崎はあと一歩で満貫にたどり着かない…
吉田、最後のツモを残して1シャンまでこぎつけるが…
最後のツモを力なく、河に置いた瞬間、第5期北関東プロリーグの覇者が決定した。

最終戦成績
ガース+17.8P 沢崎+8.5P 小暮+3.6P 吉田▲29.9P
最終結果
ガース+23.0P 沢崎+11.1P 吉田▲11.5P 小暮▲22.6P


4位・小暮
「エンジンがかかるの遅すぎましたね…ま、次頑張りますよ」

3位・吉田
「4回戦だと優勝だったけど、あと1回もたなかった・・」

2位・沢崎
「今度はオリないで放銃しよう(笑)。まぁ今日は楽しかったよ」

優勝・ガース
「やっぱり、I am chanpion!!!初タイトル、初体験ワォー!!予定通り、間違えながら勝っちゃったネ、アハハ!
やっぱりガースらしく打っちゃった!でも、最後に頑張り過ぎなかったのが良かったのかもネ(笑)」

とにかくガースの破壊力には恐れいった。
この3人を相手に勝ち切ったことは、非常に価値が高く、大金星と言っても過言ではないだろう。

ガース優勝おめでとう!

 


(観戦記:小川 尚哉 文中敬称略)




順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 沢崎 誠 34.7 59.4 ▲ 27.4 80.0 53.0 199.7
2 ガース ▲ 19.5 43.0 43.9 51.8 15.5 134.7
3 小暮 一志 7.5 ▲ 7.5 ▲ 10.0 48.8 75.9 114.7
4 吉田 幸雄 6.9 11.4 25.3 23.7 15.8 83.1
5 河井 保国 22.0 ▲ 38.7 29.7 0.0 49.5 62.5
6 須長 正和 63.0 8.7 ▲ 15.4 1.4 ▲ 11.5 46.2
7 大竹 昌之 ▲ 43.2 ▲ 54.1 29.8 20.2 78.7 31.4
8 小川 尚哉 ▲ 13.5 38.0 6.0 ▲ 20.1 ▲ 12.6 ▲ 2.2
9 大川 哲哉 ▲ 26.2 ▲ 20.3 48.5 17.6 ▲ 30.6 ▲ 11.0
10 高橋 信夫 ▲ 27.1 ▲ 15.7 46.0 ▲ 35.4 13.2 ▲ 19.0
11 田中 隆次 48.1 6.8 38.8 ▲ 51.2 ▲ 62.9 ▲ 20.4
12 稲川 晶満 17.7 13.3 ▲ 16.6 ▲ 21.0 ▲ 21.8 ▲ 28.4
13 荒牧 冬樹 ▲ 26.0 14.5 7.6 ▲ 52.4 ▲ 69.2 ▲ 125.5
14 鈴木 翔悟 ▲ 29.0 0.6 ▲ 59.7 ▲ 50.4 ▲ 9.6 ▲ 148.1
15 吾妻 さおり ▲ 63.2 ▲ 5.5 ▲ 68.2 ▲ 23.6 3.3 ▲ 157.2
16 斎藤 麻衣子 ▲ 17.3 ▲ 54.5 ▲ 39.6 ▲ 20.4 ▲ 72.9 ▲ 204.7
17 清水 香織 ▲ 0.1 9.3 31.0 ▲ 150.0 欠場 欠場
プレーオフ進出ライン:順位枠内に表示




第5期北関東リーグ(プロアマ混合)

 
順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 大川 哲哉 プロ 64.5 22.0 43.3 66.1 ▲ 1.9 194.0
2 横井 則保 アマ 2.7 166.3 ▲ 38.8 ▲ 5.9 37.9 162.2
3 福田 栄司 アマ ▲ 22.0 46.9 45.9 86.1 ▲ 25.7 131.2
4 須長 正和 プロ 25.8 51.0 ▲ 44.0 19.3 52.2 104.3
5 佐藤 真弓 アマ 8.9 52.4 ▲ 34.9 30.7 46.8 103.9
6 関口 真純 アマ 1.1 36.6 29.1 47.1 ▲ 35.0 78.9
7 吉田 幸雄 プロ 44.9 26.7 19.7 ▲ 34.2 14.0 71.1
8 大竹 昌之 プロ 21.4 ▲ 52.9 82.2 27.1 ▲ 7.4 70.4
9 小林 晃 アマ 1.5 5.9 51.9 ▲ 34.2 27.8 52.9
10 松村 孝 アマ 44.3 ▲ 14.0 20.8 43.4 ▲ 47.4 47.1
11 小暮 一志 プロ 1.7 9.0 7.3 34.4 ▲ 5.5 46.9
12 荒牧 冬樹 プロ 32.7 15.4 ▲ 17.3 ▲ 14.5 ▲ 2.6 13.7
13 須永 光俊 アマ 35.7 32.3 ▲ 58.1 ▲ 38.8 36.2 7.3
14 小川 尚哉 プロ ▲ 48.1 30.6 34.5 ▲ 68.8 58.0 6.2
15 浜 正彦 アマ ▲ 26.5 29.1 17.7 40.3 ▲ 54.7 5.9
16 渡部 正 アマ ▲4.8 ▲ 45.7 8.7 68.1 ▲ 45.5 ▲ 14.4
17 沢崎 誠 プロ 24.4 ▲ 46.3 ▲ 7.2 3.6 欠場 ▲ 25.5
18 鈴木 翔悟 プロ 45.5 ▲ 39.6 ▲ 38.8 ▲26.7 欠場 ▲ 32.9
19 境野 公太 アマ 1.5 ▲ 31.2 ▲ 26.1 0.0 欠場 ▲ 55.8
20 高柳 真也 アマ ▲ 61.4 31.4 7.2 ▲ 18.5 ▲ 18.8 ▲ 60.1
21 塚越 裕次郎 アマ 18.5 ▲ 60.1 2.0 40.1 ▲ 89.4 ▲ 88.9
22 高橋 秀之 アマ ▲ 20.3 ▲ 40.4 12.4 ▲ 51.5 欠場 ▲ 99.8
23 植松 直樹 アマ ▲ 29.3 20.7 ▲ 10.6 ▲ 115.3 欠場 ▲ 134.5
24 斎藤 麻衣子 プロ ▲ 85.4 11.2 ▲ 12.3 ▲ 70.8 14.2 ▲ 143.1
25 村田 昌代 アマ ▲ 27.7 ▲ 68.9 ▲ 26.9 ▲ 39.1 ▲ 5.0 ▲ 167.6




活動予定

2011年4月
10 (日) 第5期北関東プロリーグ 第1節
    第5期北関東リーグ 第1節
5月
15 (日) 第5期北関東プロリーグ 第2節
    第5期北関東リーグ 第2節
6月
12 (日) 第5期北関東プロリーグ 第3節
    第5期北関東リーグ 第3節
7月
10 (日) 第5期北関東プロリーグ 第4節
    第5期北関東リーグ 第4節
8月
14 (日) 第5期北関東プロリーグ 第5節
    第5期北関東リーグ 第5節
20 (土) 第5期北関東プロリーグ 決勝
21 (日) 第5期北関東リーグ 決勝
9月
4 (日) 第6期北関東プロリーグ 第1節
    第6期北関東リーグ 第1節
10月
9 (日) 第6期北関東プロリーグ 第2節
    第6期北関東リーグ 第2節
11月
13 (日) 第6期北関東プロリーグ 第3節
    第6期北関東リーグ 第3節
12月
11 (日) 第6期北関東プロリーグ 第4節
    第6期北関東リーグ 第4節
2012年1月
15 (日) 第6期北関東プロリーグ 第5節
    第6期北関東リーグ 第5節
2月
4 (土) 第6期北関東プロリーグ 決勝
5 (日) 第6期北関東リーグ 決勝


会場:北関東事務局「まいなすよんど−4℃」

住所:群馬県高崎市岩押町7-13松井ビル2F 
電話番号:027-330-4649 担当:大川


北関東プロリーグ過去の成績


年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2009
岸部 智彦
元木 伸明
大木 裕介
清水 香織
第2期
2009
田中 隆次
相沢 かおる
大川 哲哉
太田 優介
第3期
2010
藤崎 智
清水 香織
吉田 直
高橋 信夫
第4期
2010
小暮 一志
藤崎 智
田中 隆次
沢崎 誠
第5期
2011
ガース
沢崎 誠
吉田 幸雄
小暮 一志

北関東リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2009 境野 公太 小川 尚哉 浜 正彦 松村 孝 準決勝 決勝
第2期
2009
境野 公太
大川 哲哉
杉本 和重
橋本 健
第3期
2010
小川 直哉
藤崎 智
荒巻 冬樹
植松 直樹
第4期
2010
関口 真純
吉田 幸雄
大竹 昌之
植松 直樹
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。