日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第4期 北関東リーグ(プロアマ混合) 決勝

タイトル戦情報

第4期 北関東リーグ(プロアマ混合) 準決勝&決勝

観戦記:高橋 信夫

   
準決勝 半荘3回戦(各卓 上位2名勝ち上がり)

1卓(関口・境野・吉田・小川)
1回戦
東場で持ち点を50,000点までのばした関口がリードを守る。
オーラスでラス目の小川が3,000・6,000をツモアガり吉田をかわし浮きの2着へ。

2回戦
吉田がオーラスまでトップで迎えるが、関口がリーチ、ツモ、三暗刻を親の吉田にカブせ2連勝、決勝当確となる。

3回戦
吉田、小川、境野の2つ目のイス争いとなるが終始浮きを守った吉田が勝ち上がり。
第1期、第2期優勝の境野、第3期優勝の小川は無念の敗退。


2卓(植松・福田・大竹・大川)

1回戦
積極的に仕掛けた福田が先制するも、面前で高打点を仕上げきっちりアガりきった植松がトップ。

2回戦
小場で進み100点差で逃げ切った大竹がトップ。
2連続沈みの福田は苦しくなったか。

3回戦
福田が攻め続け1人浮きの状態で迎えた南2局、親の大竹が福田のリーチに飛び込み7,700。
これで大竹がこの半荘のラスに落ち大混戦に。トータルトップであったのでここは抑えても良かったか。
そして、オーラスは全員が勝ち上がりチャンス。
福田が連荘してねばるも、最後は大竹が自分で決めて植松と共に勝ち上がり。



決勝戦(全4回戦)


関口真純
初参加ながら予選はプロを抑えての1位通過、準決勝も歴代覇者を抑えて余裕の1位。
後ろで観戦していても安定感抜群である。

吉田幸雄
A2リーグ。
ご存知、北関東支部長。支部長の意地を見せられるか。

大竹昌之
D2リーグ。
準決勝はヒヤヒヤの勝ち上がりだったが、初の決勝舞台で力を出し切れるか。

植松直樹
前回に引き続き、2期連続の決勝の快挙。
前回4位の雪辱なるか。


1回戦(起家から、吉田・関口・大竹・植松)

東1局、ファーストリーチは植松。

 リーチ ドラ

これをものにして主導権を握りたいところ。
しかし同順、植松の現物待ちで追いついた関口が、大竹からピンフのみの1000点。
そしてここからリーチ合戦が始まる。

東2局も先制リーチは植松。

 リーチ ドラ

北家・吉田もドラを暗刻の1シャンテンで押すが、またもアガリは関口。
親のタンヤオ、イーペーコーで3,900をリーチ者の植松から。
東2局1本場、またも先制リーチは植松。

 リーチ ドラ

今度こそのリーチは親、関口から安目ながら1でロン。
前局の失点を取り返す。

東3局は関口の先制リーチ。

 リーチ ドラ

これに吉田が追いつきリーチ。

 リーチ

決着は2巡後。 関口のツモアガリで1,000・2,000 。

東4局は吉田の先制リーチ。

 リーチ ドラ

しかし、ここは親の植松が仕掛けてホンイツをツモアガり1,300オール。
1本場、今度は俺だと大竹の先制リーチも流局。
2本場は、関口がリーチ、七対子、ドラドラを吉田からアガる。

ここまで東場は毎局リーチと観戦記者泣かせの展開である 。
南場に入りまたまたリーチは親の吉田 。

リーチのみだが、ファーストテンパイカンの即リーチ。
そして、そのを数巡後に「ツモ」と発声したのは関口。
同テンのカンを役なしながらツモアガる。

南2局 これがこの半荘初のリーチのない局。
親、関口が吉田からのみをヤミテンで2,000。

1本場はまたも吉田リーチ。
今度はドラ暗刻でテンパイの植松から討ち取る。

オーラスは吉田のドラドラテンパイも実らず。初戦は関口が制する。
1回戦成績
関口+31.1P  植松+7.5P  吉田▲9.1P  大竹▲29.5P


2回戦 (起家から吉田・大竹・関口・植松)

東場は小場で進み、ここまで我慢が続いた大竹が南1局、植松からメンピン三色の7,700をアガる。
1回戦の借金返済となるか。

しかし南3局、親・関口の先制リーチにドラドラ持ちの四暗刻1シャンテンから2枚目をポンテン。
ここで切った生牌のが御用となり、9,600を献上して逆に苦しくなってしまう。

そして迎えたオーラス。
配牌で七対子1シャンテンの吉田。2巡目には四暗刻の1シャンテンに。

しかし1巡目に植松が、大竹がを切っており四暗刻にはちょっと苦しいか。

4巡後を引き不本意ながら?リーチ。
きっちりをツモアガり、準決勝のお返しとばかりにトップをもぎとり関口の2連勝を阻止する。

2回戦成績
吉田+21.9P  関口+10.9P  植松▲13.6P  大竹▲19.2P

2回戦終了時
関口+42.0P  吉田+12.8P  植松▲6.1P  大竹▲48.7P


3回戦(起家から植松・関口・吉田・大竹)

流局が続き、迎えた東3局3本場、植松が、

 リーチ ツモ

ドラが1枚で2,000・4,000。しかし、この後得点が伸びず、こまめにアガリを拾った関口がトップ目に。
そしてオーラス、どうしてもトップをとり最終戦にむけ、関口との差を詰めたい植松が、3巡目にドラのをリリース。
場に緊張が走る。その植松の手は、

しかしここからなかなかテンパイが入らない。
そして10巡目、一通確定のとはいかなかったもののを引き入れリーチ。
そこに、親・大竹が追いつきリーチ。

 リーチ

こちらもをツモると6,000オールで、一気にこの半荘のトップに立つ。
大竹、最後のツモ。引いたのは
植松はスルー・・・
そして植松のハイテイは
大竹がリーチ棒を出したため、ハイテイならツモでも逆転トップ。見逃してハイテイのツモアガリにかける。
結果は辛いものとなってしまったが、悔いは無かったであろう。
あくまで優勝にこだわった、植松の選択は称賛に値すると思う。

こうなると大竹の爆発かと思いきや、最後は関口が冷静に自分でアガりきる。


3回戦成績
関口+19.0P  大竹+8.6P  吉田▲10.2P  植松▲17.4P

3回戦終了時
関口+61.0P  吉田+2.6P  植松▲23.5P  大竹▲40.1P


最終戦、連盟の規定によりトータルトップの関口がオーラスの親となる。
(起家から、吉田・植松・大竹・関口)

東1局 吉田に本手が入る。

 リーチ ドラ

ノータイムでリーチ。
これをツモれば、一気に差を縮めることができる渾身のリーチも不発に終わる。
1本場は仕掛けて1,500を関口からアガりきり粘る。
関口は焦ったように感じたが、次局以降すぐ冷静さを取り戻す。
2本場は植松が先制リーチ。

  リーチ ドラ

これを吉田、大竹が共にドラを待ちにして3人テンパイ。
もう関口に焦りは感じられない。
3本場は植松が関口からアガる。
既に関口は局回しを意識しているのだろう。この辺りはプロも顔負けである。

そして東3局、親大竹が2巡目リーチ。

 リーチ

ドラが絡まないのが他家にとっての救いか。
しかし、この時点で高目は山に4枚、安目の-が合わせて3枚と大物手を予感させる。
さすがにドラも見えていないこのリーチには誰も前にいけず1人旅に。

そうなると、あとは高目を誰が引くのか、それとも大竹が安目を先に引くのか。
3人は完全撤退の為、振り込む事は無い。そして1枚目のが吉田に吸収されるやいなや、大竹の手元にはが。
ここから大竹の猛追が始まる。

南3局の親番までに55,000まで持ち点を増やす。
そして、最後の親でも12,000をアガり3本場まで連チャン。
2着吉田までこの時点で0.6P差まで肉薄。

しかし、この猛攻に耐えた関口が最後はきっちりツモアガリ優勝を手中にした。

最終戦成績
大竹+46.4P  吉田+7.3P  関口▲16.3P  植松▲37.4P

最終成績
関口+44.7P  吉田+9.9P  大竹+6.3P  植松▲60.9P

優勝した関口さんは終始安定していた。
トータルトップで迎えた最終戦も、しっかり打っていたように思う。
対局者、観戦者共に納得の優勝であった。

関口さんおめでとうございます。


(観戦記:高橋 信夫 文中敬称略)



第4期北関東リーグ(プロアマ混合)

 
順位 名前   1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 関口 真純 アマ ▲ 20.1 25.0 18.4 49.4 37.5 110.2
2 大竹 昌之 プロ 25.8 47.8 0.0 ▲ 27.1 60.1 106.6
3 吉田 幸雄 プロ 27.3 6.9 ▲ 11.3 69.1 10.6 102.6
4 大川 哲哉 プロ 89.8 ▲ 67.2 71.5 ▲ 13.7 22.1 102.5
5 小川 尚哉 プロ ▲ 9.6 25.9 48.8 ▲ 7.6 44.4 101.9
6 小暮 一志 プロ 5.9 26.7 35.3 ▲ 22.1 40.7 86.5
7 植松 直樹 アマ 40.4 27.3 ▲ 2.4 ▲ 66.0 72.7 72.0
8 境野 公太 アマ ▲ 7.0 14.7 50.9 ▲ 47.9 52.5 63.2
9 河井 保國 プロ ▲ 1.6 107.8 ▲ 16.5 ▲ 37.3 2.7 55.1
10 福田 栄司 アマ 11.0 ▲ 2.8 ▲ 34.1 ▲ 21.5 67.1 19.7
11 浜 正彦 アマ ▲ 46.0 18.7 25.4 21.8 ▲ 1.9 18.0
12 小林 晃 アマ ▲ 2.1 ▲ 14.4 51.6 ▲ 12.5 ▲ 7.7 14.9
13 藤崎 智 プロ 12.4 1.2 ▲ 49.4 25.9 6.7 ▲ 3.2
14 芝 文広 アマ ▲ 39.9 ▲ 30.9 29.4 30.3 5.6 ▲ 5.5
15 橋本 健 アマ 0.0 35.1 ▲ 84.0 60.9 ▲ 28.5 ▲ 16.5
16 須長 正和 プロ 30.9 ▲ 1.7 ▲ 12.5 25.9 ▲ 70.8 ▲ 28.2
17 安藤 達也 アマ 25.3 ▲ 3.3 ▲ 14.2 ▲ 29.8 ▲ 31.3 ▲ 53.3
18 塚越 裕次郎 アマ ▲ 60.7 11.1 ▲ 2.7 44.5 ▲ 64.1 ▲ 71.9
19 稲川 晶満 プロ 42.9 ▲ 61.0 20.3 ▲ 32.2 ▲ 50.0 ▲ 80.0
20 荒牧 冬樹 プロ 72.1 ▲ 59.5 ▲ 20.3 ▲ 48.6 ▲ 50.0 ▲ 106.3
21 ガース プロ ▲ 61.1 ▲ 92.5 ▲ 57.9 63.8 ▲ 38.7 ▲ 186.4
22 斎藤 麻衣子 プロ 0.0 ▲ 62.3 ▲ 11.8 ▲ 55.7 ▲ 79.9 ▲ 209.7
23 村田 昌代 アマ ▲ 63.6 ▲ 6.8 14.1 ▲ 66.2 ▲ 94.7 ▲ 217.2


北関東 準決勝 ・ 決勝戦  3 月 27 日  12:00より  
    
準決勝 1 卓
関口 真純 (アマ1 位 )VS 境野 公太 (アマ3 位 )VS 吉田 幸雄 (プロ2 位 )VS 小川 尚哉 (プロ4 位 )

準決勝 2 卓
植松 直樹 (アマ2 位 )VS 福田 栄司 (アマ4 位 )VS 大竹 昌之 (プロ1 位 )VS 大川 哲哉 (プロ3 位 )

  * 準決勝 半荘3回戦 上位2名が決勝戦へ進出  決勝 半荘4 回戦



活動予定

2010年10月
10 (日) 第4期北関東プロリーグ 第1節
    第4期北関東リーグ 第1節
11月
14 (日) 第4期北関東プロリーグ 第2節
    第4期北関東リーグ 第2節
12月
12 (日) 第4期北関東プロリーグ 第3節
    第4期北関東リーグ 第3節
2011年1月
16 (日) 第4期北関東プロリーグ 第4節
    第4期北関東リーグ 第4節
2月
13 (日) 第4期北関東プロリーグ 第5節
    第4期北関東リーグ 第5節


会場:北関東事務局「まいなすよんど−4℃」

住所:群馬県高崎市岩押町7-13松井ビル2F 
電話番号:027-330-4649 担当:大川






北関東プロリーグ過去の成績


年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2009
岸部 智彦
元木 伸明
大木 裕介
清水 香織
第2期
2009
田中 隆次
相沢 かおる
大川 哲哉
太田 優介
第3期
2010
藤崎 智
清水 香織
吉田 直
高橋 信夫
第4期
2010
小暮 一志
藤崎 智
田中 隆次
沢崎 誠

北関東リーグ(プロアマ混合)過去の成績

年度
優勝
2位
3位
4位
備考
第1期
2009 境野 公太 小川 尚哉 浜 正彦 松村 孝 準決勝 決勝
第2期
2009
境野 公太
大川 哲哉
杉本 和重
橋本 健
第3期
2010
小川 直哉
藤崎 智
荒巻 冬樹
植松 直樹
第4期
2010
関口 真純
吉田 幸雄
大竹 昌之
植松 直樹



 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。