日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第2期 北関東プロリーグ 

タイトル戦情報

第2期 北関東プロリーグ  

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 相沢 かおる 69.9 93.8 67.4 12.6   243.7
2 ジェン 64.1 34.8 29.8 ▲ 2.2   126.5
3 大川 哲哉 9.5 30.7 14.7 65.5   120.4
4 田中 隆次 ▲ 2.6 42.9 101.3 ▲ 43.6   98.0
5 吾妻 さおり 25.5 9.4 ▲ 29.7 84.6   89.8
6 小川 尚哉 43.4 31.7 ▲ 17.5 31.3   88.9
7 太田 優介 33.4 17.6 2.9 8.8   62.7
8 岩井 茜 ▲ 14.9 0.7 14.1 50.7   50.6
9 藤崎 智 ▲ 50.3 44.1 23.1 28.6   45.5
10 元木 伸明 ▲ 23.8 ▲ 6.4 11.4 48.3   29.5
11 沢崎 誠 5.9 ▲ 22.5 2.8 35.0   21.2
12 門垣 寛 35.1 ▲ 26.6 10.9 0.0   19.4
13 河井 保国 ▲ 23.6 53.4 ▲ 69.2 49.9   10.5
14 高橋 信夫 26.6 ▲ 63.8 72.7 ▲ 29.9   5.6
15 天音 まこと ▲ 6.9 43.5 ▲ 33.4 0.0   3.2
16 小暮 一志 38.9 ▲ 2.8 ▲ 35.9 0.0   0.2
17 石橋 薫 4.2 ▲ 3.9 ▲ 50.3 34.8   ▲ 15.2
18 吉田 幸雄 ▲ 54.3 ▲ 6.9 13.2 0.0   ▲ 48.0
19 伊賀 則夫 ▲ 17.4 ▲ 4.2 48.7 ▲ 91.2   ▲ 64.1
20 内田 美乃里 ▲ 36.8 ▲ 55.7 9.5 13.9   ▲ 69.1
21 室伏 理麻 ▲ 7.9 ▲ 54.8 14.4 ▲ 39.7   ▲ 88.0
22 吉田 直 ▲ 23.0 ▲ 19.6 3.6 ▲ 58.5   ▲ 97.5
23 荒牧 冬樹 ▲ 80.0 18.5 70.5 ▲ 107.7   ▲ 98.7
24 清水 香織 26.3 ▲ 28.6 ▲ 85.3 ▲ 12.4   ▲ 100.0
25 岸部 智彦 ▲ 18.6 23.1 ▲ 100.0 ▲ 21.7   ▲ 117.2
26 稲川 晶満 ▲ 31.3 ▲ 11.5 ▲ 79.8 0.0   ▲ 122.6
27 武石 絵里 ▲ 35.1 ▲ 57.9 ▲ 6.1 ▲ 36.3   ▲ 135.4
28 須長 正和 ▲ 26.2 ▲ 37.5 ▲ 95.4 ▲ 33.8   ▲ 192.9
決定戦進出ライン:順位枠内に表示

<第4節レポート:高橋 信夫> 

みなさんあけましておめでとうございます。
…といってももう2月になっちゃいましたね。

さて、新年ご挨拶??はおいといて、北関東プロリーグ第4節といきましょう。

残り2節となった今節は、各選手決勝へ向けてラストスパートといったところ。
今節は別日対局もあってか、20人中9人が女流という華やかな対局となった。

自分の対局者も、相沢、岩井、天音と、女流3人に囲まれる形となった。
これは集中できるのか心配である。

なんとか雑念を振り払い、冷静に対局者を分析、3人とも何度か対局しているので過去のデータを思い出す。
相沢は同期生で、現在特別昇級リーグでも一緒に戦っていて、強さは身にしみるほどよくわかっている。
天音は、自分がリーグ戦デビューした2年前から同じC3リーグで何度か対局しており、自分のことはよく知られている。
岩井はこの中では一番対局は少ないのだが、1半荘に2度も頭ハネされたことがあり、やりづらいイメージしかない。
なんだか不安材料しかない…。

それでもスパートかけていこうと気持ちを切りかえ1回戦に臨むと、開局、岩井がダブ東を仕掛けテンパイ気配、自分もタンヤオ七対子で追い付く。
あまり手応えもなく、打ち切れずに残ってしまったタンキだがおそらく勝負手になっていたであろう天音からこぼれる。
「ロン」
「ロン」
またですか〜。
岩井の必殺技?頭ハネ5,800であった。

結局、この半荘はノーホーラで沈み3着。
2回戦目も初アガリこそあったが、またも沈み3着。
じわじわポイントを削られる。

決勝へ望みをつなぐため前に出ると決めた3回戦目は、開局の親番で3,900オールを先制。
東4局でも、2,000・4,000。
南1局でも、仕掛けて高目12,000のテンパイをいれると、南家・相沢の8,000にズドン。
そのまま相沢にまくられ、浮きの2着をキープするのが精一杯。

そして、最終4回戦、自分らしくないことをして放銃してしまう。
南場の親番で、南家・相沢からのリーチ。
さらに、北家・天音からも追っかけリーチ。
ここに自分も追い付く。

 リーチ ドラ

そして、この形でリーチ。

賛否両論あると思うが、自分はこの形は先手をとっていても普段リーチは打たない。
不確定でも、高目3色に手変わるまでフタをしないようにしていた。
完全に、自分の中で焦ったリーチであった。

結果は、手変わり牌のを持ってきて、天音のカンドラ3枚にジャストミート。
何とも後味の悪い放銃である。
自分の信念は、曲げてはいけないという麻雀の神様からのお告げのような気がした。

当然この半荘はラス。トータルも、今節30P近いマイナスで決勝はかなり厳しいポジションになってしまった。
しかし、今回は3人からいい香りがして、メロメロにされたのでしょうがない……。

さて、くだらない言い訳はほっといて全体を見てみましょう。
1位は相沢、さすがに決勝は鉄板か。

残り3席の争いは熾烈。
ジェン、大川、田中と続いているが逃げ切るか?後続が押し上げてくるのか?

自分はかなり厳しくなってしまったが、泣いても笑っても後1節。
悔いのないように全力でぶつかりたい。




第1回北関東リーグ(プロアマ混合)

 
名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 橋本 健 アマ 20.6 31.6 9.8 77.5   139.5
2 杉本 和重 アマ ▲ 5.1 42.2 63.2 17.6   117.9
3 岩井 茜 プロ ▲ 19.0 23.8 90.1 17.9   112.8
4 石橋 薫 プロ ▲ 11.4 8.1 61.7 33.0   91.4
5 太田 優介 プロ 100.9 ▲ 13.7 ▲ 4.8 1.5   83.9
6 大林 幸正 アマ 12.1 59.3 12.4 0.0   83.8
7 境野 公太 アマ 57.8 21.5 68.8 ▲ 76.8   71.3
8 高橋 信夫 プロ 6.7 39.0 ▲ 0.3 20.0   65.4
9 大川 哲哉 プロ ▲ 4.9 23.1 99.3 ▲ 56.5   61.0
10 境野 陽介 アマ ▲ 60.7 52.7 ▲ 18.3 83.2   56.9
11 ジェン プロ 24.3 80.7 ▲ 22.1 ▲ 26.1   56.8
12 浜 正彦 アマ 92.9 ▲ 18.1 15.7 ▲ 34.8   55.7
13 沢崎 誠 プロ 16.0 ▲ 48.4 76.9 10.5   55.0
14 吉田 幸雄 プロ 9.7 ▲ 2.9 28.2 0.0   35.0
15 須長 正和 プロ 18.1 ▲ 61.9 18.4 59.9   34.5
16 田中 隆次 プロ ▲ 17.1 62.1 ▲ 21.0 0.0   24.0
17 松村 孝 アマ 5.1 6.4 23.6 ▲ 13.5   21.6
18 上畑 裕介 アマ ▲ 9.2 40.2 2.4 ▲ 14.1   19.3
19 伊賀 則夫 プロ 29.9 ▲ 19.9 ▲ 34.2 42.3   18.1
20 高柳 真也 アマ 10.8 ▲ 15.6 6.2 0.0   1.4
21 小暮 一志 プロ 48.6 ▲ 27.9 ▲ 25.8 0.0   ▲ 5.1
22 武石 絵里 プロ 0.0 ▲ 35.8 ▲ 78.9 87.7   ▲ 27.0
23 小林 晃 アマ 18.4 ▲ 1.7 ▲ 7.2 ▲ 41.8   ▲ 32.3
24 吉田 直 プロ 52.1 4.1 ▲ 92.9 0.0   ▲ 36.7
25 元木 伸明 プロ ▲ 39.1 ▲ 49.5 ▲ 28.3 74.9   ▲ 42.0
26.0 斉藤 麻衣子 アマ ▲ 37.5 24.9 ▲ 31.1 0.0   ▲ 43.7
27 中島 正教 アマ ▲ 22.3 ▲ 46.4 22.8 ▲ 12.3   ▲ 58.2
28 荒牧 冬樹 プロ ▲ 49.7 5.8 ▲ 10.1 ▲ 7.6   ▲ 61.6
29 宮崎 雅行 アマ ▲ 4.5 ▲ 21.7 43.1 ▲ 78.9   ▲ 62.0
30 浜島 浩之 アマ ▲ 2.0 ▲ 2.8 ▲ 63.8 0.0   ▲ 68.6
31 中西 達郎 アマ ▲ 60.4 29.9 ▲ 35.2 ▲ 18.1   ▲ 83.8
32 藤崎 智 プロ 24.4 ▲ 73.0 ▲ 44.5 0.0   ▲ 93.1
33 小川 尚哉 プロ ▲ 47.6 31.0 ▲ 64.8 ▲ 21.2   ▲ 102.6
34 大竹 昌之 アマ ▲ 22.6 ▲ 34.0 ▲ 9.6 ▲ 37.2   ▲ 103.4
35 岸部 智彦 プロ 19.4 ▲ 29.1 ▲ 100.0 0.0   ▲ 109.7
36 安藤 達也 アマ ▲ 13.3 ▲ 46.9 ▲ 63.2 0.0   ▲ 123.4
37 稲川 晶満 プロ ▲ 60.9 ▲ 19.1 ▲ 35.3 ▲ 85.7   ▲ 201.0

準決勝進出ライン :順位枠内に表示
※プロ、アマ各4位まで準決勝に進出

<第4節レポート:荒牧 冬樹> 

北関東プロアマリーグも4節目が終わり、残すところ後1節。
ご無沙汰しています荒牧冬樹です。

今節のレポートも宜しくお願いします。

その日わたしは、妙な気分でプロアマリーグの始まりを待っていました。
・・・と言うのも、その日行われたプロリーグで、人の煩悩の数ほどマイナスを叩きだし、除夜の鐘さながらに打ち付けられたからでして(遠い目)

そんな訳で、今日はどれだけのマイナス記録が出てしまうのかと、いささかファンキーな思考回路になってしまった次第でした(涙)


しかしながら、今回プロアマリーグにはゲストが!
その人は『緻密な仕事師』藤原隆弘プロ!!

これで、レポートのテーマは藤原プロに決まりだなぁ・・・などと安易な考え煩悩一杯のわたしがそう思ったのが災いしたのかそうでないのか、
わたしの対局が終わる頃には藤原プロは終わっている次第…。

1回戦…2回戦…3回戦と観戦できないまま迎えた4回戦、なんと幸いなことに藤原プロと銅鐸…じゃなかった同卓!

よし、ここで藤原プロをラスに出来たら絶好のネタだ(にやり)
そんな邪な思考回路に至ったのは、プロアマリーグの開始前に、

『荒牧とあたったらとりあえずラスはないな〜(笑)』

と言う暖かい励ましのお言葉を頂いたからでして(泣)そんなこんなで対局開始。
対局者は武石絵里プロ、藤原隆弘プロ、大竹昌之アマ、わたし。

仕事師に仕事をさせない方法など知る由も無いけれど、とにかくアガれるときは息を殺してアガりに行き、
守るときは徹底して守るように自分の肝に命じ対局スタート。

東場はゆるやかなすべりだしでした。藤原プロのリーチが入った時は、わたし以外が軽いアガりでリーチを捌ける展開。
私は東3局の親番で、トップに立って浮かれていたら、大竹アマに2,000・4,000をツモられしょんぼり。
まだ望みはあると張り切ったのはいいけど、東4局、南1局と全くアガりに絡めず・・・。
しかし、南1局に藤原プロが、2,000点クラスを放銃し瞬間的にラスに。

さぁ、ここでボンクラ荒牧また浮かれました。
この南2局の藤原プロの親番を流せさえすれば〜…などとたわけたことを思っていたらここで必殺仕事人!

リーチと言う糸をキリキリと引っ張り、ツモと言ってピーンと糸を鳴らせば、わたしの3万点と言うクビは落ちてしまい、
仕事人の背中が遠く霞んでいきましたとさ(無念)

だけど負けるもんか!親番がある!と、意気込んだは良いけど・・・
ダメでした・・

オーラス5,200条件でかかんに攻めましたが、藤原プロに2,000点で引導を渡されました。
そう、結果はラスです。

麻雀中は、煩悩を持たずピュアに戦うことが大事なんだろうなぁ…と勝手に思った高崎冬の陣でした。

来節こそは!
そして来期こそは!!
と燃えるわたしです。




 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。