日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第2期 北関東プロリーグ 

タイトル戦情報

第2期 北関東プロリーグ  

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 相沢 かおる 69.9 93.8 67.4     231.1
2 田中 隆次 ▲ 2.6 42.9 101.3     141.6
3 ジェン 64.1 34.8 0.0     98.9
4 小川 尚哉 43.4 31.7 ▲ 17.5     57.6
5 大川 哲哉 9.5 30.7 14.7     54.9
6 太田 優介 33.4 17.6 2.9     53.9
7 高橋 信夫 26.6 ▲ 63.8 72.7     35.5
8 吾妻 さおり 25.5 9.4 0.0     34.9
9 伊賀 則夫 ▲ 17.4 ▲ 4.2 48.7     27.1
10 藤崎 智 ▲ 50.3 44.1 23.1     16.9
11 荒牧 冬樹 ▲ 80.0 18.5 70.5     9.0
12 門垣 寛 35.1 ▲ 26.6 0.0     8.5
13 小暮 一志 38.9 ▲ 2.8 ▲ 35.9     0.2
14 岩井 茜 ▲ 14.9 0.7 14.1     ▲ 0.1
15 天音 まこと ▲ 6.9 0.0 0.0     ▲ 6.9
16 沢崎 誠 5.9 ▲ 22.5 2.8     ▲ 13.8
17 元木 伸明 ▲ 23.8 ▲ 6.4 11.4     ▲ 18.8
18 河井 保国 ▲ 23.6 53.4 ▲ 69.2     ▲ 39.4
19 吉田 直 ▲ 23.0 ▲ 19.6 0.0     ▲ 42.6
20 川田 景子 32.8 ▲ 28.5 ▲ 48.4     ▲ 44.1
21 吉田 幸雄 ▲ 54.3 ▲ 6.9 13.2     ▲ 48.0
22 室伏 理麻 ▲ 7.9 ▲ 54.8 14.4     ▲ 48.3
23 石橋 薫 4.2 ▲ 3.9 ▲ 50.3     ▲ 50.0
24 内田 美乃里 ▲ 36.8 ▲ 55.7 9.5     ▲ 83.0
25 清水 香織 26.3 ▲ 28.6 ▲ 85.3     ▲ 87.6
26 岸部 智彦 ▲ 18.6 23.1 ▲ 100.0     ▲ 95.5
27 武石 絵里 ▲ 35.1 ▲ 57.9 ▲ 6.1     ▲ 99.1
28 稲川 晶満 ▲ 31.3 ▲ 11.5 ▲ 79.8     ▲ 122.6
29 須長 正和 ▲ 26.2 ▲ 37.5 ▲ 95.4     ▲ 159.1
決定戦進出ライン:順位枠内に表示

<第3節レポート:高橋 信夫> 

北関東プロリーグもちょうど折り返しとなる第3節。
今節の組み合わせは、

〜蠡堯⊂暮、川田、岩井、沢崎
⊂川、大川、河井、藤崎、伊賀
B静帖田中、石橋、清水、元木
す盒供稲川、武石、吉田(幸)
ス嗚辧⊆蕊、須長、内田

自分は前節大きくマイナスしたため、ここで大きくプラスにして決勝への望みをつないでおきたいところ。
北関東プロリーグは1リーグ制で降級ということはないが、後半戦にむけプラスにもっていきたい。
そのことはわかって各選手対局に臨んだであろう。

1回戦は、なんと第一打に切ってあるフリテンのカン8をツモアガり、1,300、2,600。
この浮きをオーラスまでキープするが、そのオーラスの親番で、北家・吉田幸雄支部長が、カンから仕掛ける。

ドラは6で、自分の手牌にはない。まず2枚か3枚持っての仕掛けだろう。
自分の持ち点は31,300。2枚以上ならツモられただけで沈みの3着まで転落、一人浮きのトップをとられてしまう。

そこにアガリトップの武石も参戦。これでノーテンでも沈みが確定的。
しかし、横移動なら浮きの2着。ここは2人でやり合ってもらおうと撤退。
そして、この2人の争いは、武石→吉田で決着。やはりドラドラの3,900であった。

2回戦以降は、1回戦目で浮きに回れたのが良かったのか、席順が2、3、4回戦で全く変わらなかったのが良かったのか、かなり手が入った。
Aルールではなかなかお目にかかれない、ツモトリプルの手が2回も入る。
しかも、2回とも同じ待ちであった。

‥譯俺 、東家。

 ポン ドラ


南1局 、南家。

 リーチ ドラ


当然出るわけはなく、1人テンパイで2つ合わせて6,000点の収入となるのだが、2回目のリーチはやりすぎか。
対局終了後、支部長に「リーチはやりすぎだんべ〜。高いのバレバレで出る牌も出なくなるよ〜。」とのお言葉。

確かにその通りである。1シャンテンでこの形、

を引いたらヤミテン、ヤミテンと、ドキドキしながら卓の下で指を折っていた。
そして、10巡目にを引いて、そのまま即リーチをかけてしまった。

その瞬間、出るかもしれない12,000か16,000の手は、ツモるしかない6,000、12,000の手に変わってしまった。
もちろん、ヤミテンでもダブをツモれば、6,000・12,000になるのだから、
確実にポイントを上乗せしておきたいリーグ戦なら、リーチはやりすぎという感じは否めない。

しかし、この手は成就しなかったものの、今節は+72,7Pと後半戦に向け望みをつないだ。

全体を見てみると、全卓タテ長の結果に。プラスもマイナスも50P以上の選手が多い。

やはり後半戦に向け、アクセルを踏み込んだ選手が多かったのであろう。
そして、現在首位は相沢。第1節から独走である。

さすがに決勝のイスは確定か。

そして2位には、今節の勝ち頭田中。
3ケタオーバーのプラスで一気にジャンプアップ。

そしてジェン、小川と続く。
別日対局もあり、多少の順位変動はありそうだが、決勝のイス争いは混戦模様である。






第1回北関東リーグ(プロアマ混合)

 
順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 大川 哲哉 プロ ▲ 4.9 23.1 99.3     117.5
2 ジェン プロ 24.3 80.7 0.0     105.0
3 岩井 茜 プロ ▲ 19.0 23.8 90.1     94.9
4 浜 正彦 アマ 92.9 ▲ 18.1 15.7     90.5
5 大林 幸正 アマ 12.1 59.3 12.4     83.8
6 太田 優介 プロ 100.9 ▲ 13.7 ▲ 4.8     82.4
7 境野 公太 アマ 57.8   21.5     79.3
8 橋本 健 アマ 20.6 31.6 9.8     62.0
9 石橋 薫 プロ ▲ 11.4 8.1 61.7     58.4
10 吉田 直 プロ 52.1 4.1 0.0     56.2
11 高橋 信夫 プロ 6.7 39.0 ▲ 0.3     45.4
12 田中 隆次 プロ ▲ 17.1 0.0 62.1     45.0
13 沢崎 誠 プロ 16.0 ▲ 48.4 76.9     44.5
14 杉本 和重 アマ ▲ 5.1 42.2 0.0     37.1
15 松村 孝 アマ 5.1 6.4 23.6     35.1
16 吉田 幸雄 プロ 9.7 ▲ 2.9 28.2     35.0
17 上畑 裕介 アマ ▲ 9.2 40.2 2.4     33.4
18 宮崎 雅行 アマ ▲ 4.5 ▲ 21.7 43.1     16.9
19 伊賀 則夫 プロ 0.0 29.9 ▲ 19.9     10.0
20 小林 晃 アマ 18.4 ▲ 1.7 ▲ 7.2     9.5
21 高柳 真也 アマ 10.8 0.0 ▲ 15.6     ▲ 4.8
22 小暮 一志 プロ 48.6 ▲ 27.9 ▲ 25.8     ▲ 5.1
23 須長 正和 プロ 18.1 ▲ 61.9 18.4     ▲ 25.4
24 境野 陽介 アマ ▲ 60.7 52.7 ▲ 18.3     ▲ 26.3
25 斉藤 麻衣子 アマ ▲ 37.5 0.0 0.0     ▲ 37.5
26 荒牧 冬樹 プロ ▲ 49.7 5.8 ▲ 10.1     ▲ 54.0
27 大竹 昌之 アマ ▲ 22.6 ▲ 34.0 0.0     ▲ 56.6
28 尾池 崇文 アマ ▲ 46.6 0.0 ▲ 16.0     ▲ 62.6
29 中西 達郎 アマ ▲ 60.4 29.9 ▲ 35.2     ▲ 65.7
30 浜島 浩之 アマ ▲ 2.0 ▲ 2.8 ▲ 63.8     ▲ 68.6
31 中島 正教 アマ ▲ 22.3 ▲ 46.4 0.0     ▲ 68.7
32 稲川 晶満 プロ ▲ 60.9 0.0 ▲ 19.1     ▲ 80.0
33 小川 尚哉 プロ ▲ 47.6 31.0 ▲ 64.8     ▲ 81.4
34 元木 伸明 プロ ▲ 39.1 ▲ 49.5 0.0     ▲ 88.6
35 藤崎 智 プロ 24.4 ▲ 73.0 ▲ 44.5     ▲ 93.1
36 川田 景子 プロ ▲ 65.3 0.0 ▲ 40.2     ▲ 105.5
37 岸部 智彦 プロ 19.4 ▲ 29.1 ▲ 100.0     ▲ 109.7
38 武石 絵里 プロ 0.0 ▲ 35.8 ▲ 78.9     ▲ 114.7
39 安藤 達也 アマ ▲ 13.3 ▲ 46.9 ▲ 63.2     ▲ 123.4

準決勝進出ライン :順位枠内に表示
※プロ、アマ各4位まで準決勝に進出

<第3節レポート:荒牧 冬樹> 

メリークリスマス…
そんな時期に浮かれること無く、麻雀に勤しむ新人D3の荒牧冬樹です。
今節も北関東プロアマ混合リーグのレポート、お付き合いください。

クリスマス前でしたが、今回の北関東も盛り上がりました。

私事ではありますが、私荒牧は、本部リーグも参加しております。
度々上位リーグの方々の麻雀を観戦しに行ったりもしており、その度に、ギャラリーを背負うプロはスゴいとか、羨ましいとか、
そしてプレッシャーもあるのだろうな…などと感じておりました。

北関東プロアマリーグも自分の対局が終わり、次の組み合わせになるまでの時間に、別卓の観戦をすることはしばしばあります。
大体ギャラリーを背負うのは、沢崎誠プロ、吉田幸雄プロ、藤崎智プロが多く、小暮一志プロや大川哲哉プロもアマチュアの方や、
他のプロの面々からとギャラリーを背負います。
いつか自分も、ギャラリーを背負える魅力的な打ち手になりたい…そう思っております。

そして、その日観戦した対局も色々思うことのある対局でした。
観戦をし始めた対局はすでにラス前で、親が岩井茜プロ。須長プロが南家。
しかし、時間打ちきりで最後の一局と言う場面でした。

恥ずかしながら、詳しい牌姿は覚えていないのですが、

マンズの形が、 こうで、ドラが
ピンズの56に7を入れて三色崩れのタンヤオテンパイ。

点棒状況的には、2,000・3,900をアガれば原点復帰するかどうかというところ。
須長プロが取った選択は、切リーチ。

をツモりに行く決断でした。
そして、その須長プロのリーチを受け、親の岩井プロが少考。
その決断は、追っかけリーチ。

-待ちの、なら高めタンヤオイーぺーコー付きのピンフ手。

捲り合いが続く中、16巡目に岩井プロが、須永プロのアガり逃しとなるを河に置き、次巡のツモも通過。
そして須長プロのハイテイ牌。

アガれば原点復帰…。

しかし、引いてきたのは岩井プロの高めとなる。12,000の放銃…。
アガれていた1,300・2,600と放銃となってしまった12,000。

選択は常にあり、その時々ではあるが人の目もある。

私は先輩に、リーグ戦は瞬間の勝ち負けではなく、5節20半荘の長い戦いと考えれば選ぶアガりが変わる時があると言われたことがあります。
しかし、その意味理屈は理解しているが、かように観戦者を背負った時に自分がいつも通りの選択ができるかは良くわからない気がします。

対局が終わった先輩プロの視線を感じながら、対局が出来る北関東リーグ、刺激的です。

来節も楽しみです。



 
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。