日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 岡崎 有 3.8 80.9 38.0 33.7             156.4
2 藤川 議次 ▲ 29.2 ▲ 13.4 89.3 50.5             97.2
3 佐々木 亮 1.9 21.2 9.0 28.6             60.7
4 花岡 章生 31.1 30.4 14.7 ▲ 17.7             58.5
5 貫上 洋志 53.7 ▲ 11.5 1.5 10.5             54.2
6 中川 保 48.6 ▲ 9.1 ▲ 38.4 1.8             2.9
7 坂本 健二 43.7 5.9 ▲ 31.7 ▲ 32.5             ▲ 14.6
8 中田 一幸 ▲ 52.4 34.0 ▲ 21.7 22.8             ▲ 17.3
9 仁科 健一郎 30.2 ▲ 20.0 ▲ 8.0 ▲ 30.5             ▲ 28.3
10 上村 宜久 ▲ 45.6 ▲ 7.1 ▲ 8.3 ▲ 38.8             ▲ 99.8
11 玉木 章司 ▲ 31.5 ▲ 90.0 14.7 0.2             ▲ 106.6
12 横山 毅 ▲ 54.3 ▲ 21.3 ▲ 59.1 ▲ 49.6             ▲ 184.3

<第4節レポート:岡崎 有

ついこの前まで、リーグ戦はまだまだ始まったばかりだと思っていたが、早くも今回が第4節目である。
中盤のこの時点で、誰もが今後の展開を有利に運べるようなポジションにいたいと思っていることであろう。

今回、私の同卓者は花岡、中田、上村。

2回戦

 ドラ

上記のような手牌から打。ソーズ面子の可能性を拒否した。

 ツモ

結果、上記の手牌をリーチして終盤に高目をツモった。
対局後、この局の内容について、ソーズに手をかける前に打でないかとアドバイスを受ける。
たしかに今回、特別にソーズが場に高いわけでもなく、先に打でタンピンの可能性をギリギリまで残すべきであったかと打ち筋を回想してみた。
孤立牌から見える手役の可能性を最大限に追い、高打点をアガリきれる繊細な打ち回しもできたかと思う。

別卓では仁科のアガリ逃しから、親の藤川のアガリを呼びこんでしまった。

続く連荘の局面で、藤川は上記の手牌。
ドラの無いこの手では当然打牌がかと思えば、マンズに手がかかる。
あれ?と思いながら、河の状況を見渡し納得。場にマンズが高く、対面の横山がホンイツ気味の捨て牌状況であった。
この選択が良く、みごとにアガリを決め、さらに連荘を重ねる。

最終的には、親番で30,000点近くを稼ぎ出し、この半荘をトップで終える。
何とも麻雀の一打の怖さを思い知らされる展開であった。
藤川は、今節のトータルポイントも+50.5P。第4節終了時点のトータルポイントも2番手に上がってきた。

私自身、第4節終了の時点では結果は良い方向に出ているが、結果に内容が付いてくるのではなく、
内容に結果が付いてくるような打牌、これがきちんとできるよう心がけたいと思う。


 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 勝間 伸生 10.7 64.8 27.1 38.2             140.8
2 堀 昭義 ▲ 50.1 65.9 40.7 23.1             79.6
3 米川 基紀 ▲ 12.6 8.6 91.3 ▲ 16.3             71.0
4 富田 淳一 31.3 37.2 32.0 ▲ 51.8             48.7
5 筒井 宏晶 43.4 ▲ 34.0 ▲ 16.2 37.8             31.0
6 辻本 翔哉 10.3 23.4 11.4 ▲ 14.2             30.9
7 坂本 誠裕 ▲ 7.1 56.3 ▲ 27.0 ▲ 4.0             18.2
8 掛樋 忠雄 ▲ 23.3 43.1 ▲ 45.5 31.8             6.1
9 吉田 哲史 ▲ 4.6 ▲ 38.0 0.2 14.6             ▲ 27.8
10 延原 明美 ▲ 6.4 ▲ 36.3 8.2 3.2             ▲ 31.3
11 原田 保正 ▲ 12.1 ▲ 12.8 ▲ 40.8 29.6             ▲ 36.1
12 西原 佳隆 ▲ 4.8 ▲ 24.3 ▲ 21.6 8.5             ▲ 42.2
13 大森 孝太郎 ▲ 25.4 ▲ 109.2 34.2 ▲ 2.4             ▲ 102.8
14 近野 理智男 19.5 ▲ 57.3 ▲ 24.2 ▲ 56.3             ▲ 118.3
15 青山 智哉 ▲ 12.1 ▲ 27.4 ▲ 69.8 ▲ 43.8             ▲ 153.1


<第4節レポート:
掛樋 忠雄

第4節、大勝も大負けもない淡々とした対局になった。
1卓、<西原、青山、吉田、大森、堀>
若手にまだまだ負けてはいない堀が、好調にスコアを伸ばして、上位に浮上。
このまま、好調を維持したいところである。

反対に、青山の不調はついにMAXにいたる。
これからに期待したい。

2卓、<掛樋、辻本、富田、勝間、坂本>
3節マイナス無しの勝間が、またアップして他の者を寄せ付けない。
今の彼には安定、充実感がある。このまま走り続けるか?

3卓、<近野、原田、延原、筒井、米川>
筒井が緊迫した中で、ツモアガリがタイミング良く出て、高いテンパイ者のアガリを阻止。
トータルをプラスにして後半戦で静かに上位を狙う。

また、原田にようやくエンジンがかかり出した。
半分沈みを返して、これから上がってくる気配を感じます。

ここでも、チグハグになってしまった近野。次は奮起してほしい。
前半から中盤、構図は変わってくるのか?まだまだ頑張っていけるはずである。

 





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 藤沢 周平 83.4 ▲ 10.3 14.4 94.7   182.2
2 古林 千寿 ▲ 4.7 65.7 58.5 2.5   122.0
3 樫村 昭裕 13.9 ▲ 0.4 49.5 31.6   94.6
4 山中 翼 20.3 ▲ 9.9 67.4 ▲ 50.6   27.2
5 中野 孝治 43.8 ▲ 86.8 2.3 55.5   14.8
6 粟津 裕貴 ▲ 66.9 35.2 ▲ 8.7 54.1   13.7
7 山里 剛司 ▲ 24.4 ▲ 20.6 76.7 ▲ 34.3   ▲ 2.6
8 三好 直幸 16.3 43.0 ▲ 58.5 ▲ 11.0   ▲ 10.2
9 中安 武尊 ▲ 21.1 29.2 ▲ 58.1 38.4   ▲ 11.6
10 藤原 仙三 26.6 ▲ 42.4 ▲ 27.8 27.3   ▲ 16.3
11 原田 潤次 ▲ 37.8 14.6 ▲ 20.9 13.0   ▲ 31.1
12 田村 豊 ▲ 22.2 3.1 16.9 ▲ 33.6   ▲ 35.8
13 岡本 博 47.2 8.9 ▲ 55.2 ▲ 58.3   ▲ 57.4
14 谷上 脩平 36.3 11.7 ▲ 4.3 ▲ 112.1   ▲ 68.4
15 山室 太二 29.3 ▲ 26.4 ▲ 67.5 ▲ 11.8   ▲ 76.4
16 近野 弥生 ▲ 94.8 0.9 ▲ 6.7 ▲ 7.4   ▲ 108.0


<第4節レポート:山中 翼>

早くも次節でリーグ戦も最終ということで、皆さん力が入っている様子でした。
リーグ戦の結果は、山中を除く上位人が加点に成功し三つ巴で最終節に挑む形となりました。

94.7Pの驚異的なポイントゲットで、ほぼ手中に収めたかのような藤沢。
続く古林は持ちポイントを必死で守った。

また、もう1節も守らなければならない1番しんどい位置いる。
そして、古林を追うのは樫村。31.6Pゲットで、足元が見えてきた。
1期でBリーグに返り咲きは実現するのでしょうか?

山中は沈んで、中野はポイントを上げたが、ほど遠い感じがします。
藤沢、古林、樫村3人での争奪戦になりそうで、次節が楽しみでもあります。

降級争いも混戦模様です。
結果は、神のみぞ知るC1リーグ戦。
次節が最終節、皆さん悔いを残さぬよう頑張って行きましょう。
山中は悔いが少し残っています。





太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 大橋 慶一郎 28.4 25.8 19.7 74.2   148.1
2 後藤 俊孝 14.2 ▲ 23.5 45.0 96.0   131.7
3 上村 政雄 ▲ 32.0 45.3 42.1 47.6   103.0
4 宮田 豊夢 1.6 66.4 ▲ 22.6 50.0   95.4
5 永田 知也 28.8 89.7 ▲ 29.1 ▲ 21.6   67.8
6 丸山 直 ▲ 11.9 ▲ 0.7 71.7 ▲ 14.5   44.6
7 高柳 将史 ▲ 4.1 ▲ 29.7 74.4 3.9   44.5
8 山本 善嗣 37.7 45.2 ▲ 5.2 ▲ 45.2   32.5
9 中山 千鶴 51.6 ▲ 66.3 3.3 25.1   13.7
10 森下 恭好 ▲ 6.4 ▲ 0.8 17.8 ▲ 3.2   7.4
11 赤木 由実 14.4 ▲ 47.4 9.5 30.6   7.1
12 吉本 卓矢 ▲ 21.5 22.8 ▲ 7.9 13.0   6.4
13 木下 恭子 ▲ 14.6 61.0 ▲ 29.4 ▲ 50.4   ▲ 33.4
14 西村 友和 ▲ 1.9 25.7 ▲ 33.9 ▲ 33.0   ▲ 43.1
15 森元 直哉 ▲ 31.0 ▲ 21.3 8.8 ▲ 10.3   ▲ 53.8
16 土田 小緒里 ▲ 61.5 60.4 5.7 ▲ 66.1   ▲ 61.5
17 高瀬 真濃 ▲ 35.2 ▲ 74.3 ▲ 58.5 ▲ 65.8   ▲ 233.8
18 長野 恵美 3.9 ▲ 104.8 ▲ 71.5 ▲ 64.3   ▲ 236.7


<第4節レポート:
中山 千鶴>

C2リーグも残すところ今節含めあと2節。
昇級を果たすのは誰になるか、明暗が分かれる第4節となりました。

3卓 (高瀬・中山・宮田・森元)

3回戦、南2局 親の森元の配牌

 ドラ

この手から10巡目にのチー、そして高瀬から打ち出されたでロン。

 チー ロン

小三元・チャンタの12,000のアガリとなり、この半荘をトップで終了。
配牌からは想像もつかないアガリ形ですが、決して良いとは言えない配牌から高打点の手を生み出したのはさすがでした。

4回戦南1局、中盤に親の高瀬からリーチが入る。
南家の宮田はドラ色のピンズの染め手模様。その時、私の手牌。

 ドラ

ここでイーペーコーが確定してくれることを願っていたが、ツモは
1巡前に宮田がを勝負していて、打でテンパイをとりました。
しかし、親リーチに対してドラ無しリーチのみでは勝負にならないためヤミテン。

その直後、親の高瀬からが出るが、これは仕方が無い。
そして次巡、持ってきたのが。親の安牌も苦し紛れの筋牌もない。
ピンフでの復活もあるかと、私が手をかけたのはトイツの、しかしこれが宮田の、

メンホン・一通・白・ドラ3の倍満に放銃してしまいました。
親に対し押していたのはわかっていたのですが、窮地に立たされた焦りと、
フーロしていない染め手に対してまだだろうという都合の良い解釈により、カラテンのはずの宮田に最悪の放銃をしてしまいました。

その後、オーラスで満貫を2着目の森元からアガリ2着になるも原点には届かず、宮田の1人浮きトップで終了となりました。

観戦していた先輩から、自分の手牌から確実にオリることが出来ないこの状況ならば相手の打点を読むべきだった、とアドバイスを頂きました。
冷静な判断が出来ず場況が見えていない、これは反省せざるを得ません。

この日のトータルは、高瀬▲65.8P、中山+25.1P、宮田+50.0P、森元▲10.3Pという結果となり、宮田が+95.4Pとトータル第4位まで浮上。

他の卓では、大橋、後藤、上村の順でトータル+100Pを越える結果となり、昇級のボーダー、第5位が+67.8Pで永田となっています。

最終節は上位者同士が直接対決となります。
私は+13.7Pで第9位とポイント差はありますが、最後まで諦めずに頑張りたいと思います。

 



歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
第9期
板川 和俊
花岡 章生
近野 理智男
中田 一幸
第10期
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。