日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第11期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第11期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 岡崎 有 3.8 80.9                 84.7
2 花岡 章生 31.1 30.4                 61.5
3 坂本 健二 43.7 5.9                 49.6
4 貫上 洋志 53.7 ▲ 11.5                 42.2
5 中川 保 48.6 ▲ 9.1                 39.5
6 佐々木 亮 1.9 21.2                 23.1
7 仁科 健一郎 30.2 ▲ 20.0                 10.2
8 中田 一幸 ▲ 52.4 34.0                 ▲ 18.4
9 藤川 議次 ▲ 29.2 ▲ 13.4                 ▲ 42.6
10 上村 宜久 ▲ 45.6 ▲ 7.1                 ▲ 52.7
11 横山 毅 ▲ 54.3 ▲ 21.3                 ▲ 75.6
12 玉木 章司 ▲ 31.5 ▲ 90.0                 ▲ 121.5

<第2節レポート:岡崎 有

今節の同卓は、花岡、横山、玉木。
太閤位決勝戦を経験している3人相手にどうなることかと思ったが。
1半荘目は手牌にも恵まれて1人浮きトップ。幸先の良い展開である。
逆に、1半荘目に大きくマイナスした花岡だったが、決勝戦の常連がこのままズルズルといくはずもない。
次の半荘、東場の親で、

 ポン ポン チー ツモ ドラ

北家の玉木がチャンタ系の仕掛けということもあり、これをアガってすぐに追いついた。
私自身がB、Cリーグにいた時から彼の麻雀は見てきているが、場況の的確な読み、スピード、メンタルの強さといった麻雀に必要不可欠な能力を兼ね備えている。
いつでも同じスピード、所作で打つことができることから実際に卓に座り相手にすると、とてもやりにくいプレイヤーであるのは間違いない。
テクニック云々ではなく、滲み出る強さを感じるのである。彼が年間リーグで下位に沈む姿は想像できない。
さらに次の半荘でも、

 ロン ドラ

この手を玉木からアガリ大きく加点した。

さて、同卓した私はというと、終始バカツキ状態であった。
こうなると、恥ずかしながら誰が打っても勝てる状態だ。
ツモ四暗刻と四暗刻テンパイに始まり、隠れドラ暗刻が数回。

麻雀を始めたばかりの状態であれば、自分は強いと勘違いをしそうな手牌の嵐であった。
極みつけは、下記の手牌を親で出アガリ24,000。

 チー ドラ ロン

対局を終えたあと、貫上から今日はよだれ掛けがいらなかった?と、冗談で言われたがまさにそんな状態であった。
心構えとして、早々に今回のことは忘れ、3節以降の牌勢の反動に備えて気を引き締めていこうと思う。

これで勝てるほど麻雀は甘くないというのは身に染みて知っているつもりだ。
その逆に、同卓した横山、玉木は、手牌に恵まれていなかった。
年間10節、40半荘の勝負の中では牌勢の善し悪しが必ず出てくるし、単純に同じ条件での戦いではないことは分かっているつもりだ。

しかし、しかし、そんな理不尽な牌勢の中でも自分のやってきたことを信じて、卓上で全てをぶつけ合う。
そんな納得のいく勝負をしていくのがプロを名乗るものの宿命なのである。
まだまだ第2節が終わったばかり、これからも熱い勝負を皆でつくりあげていきたいと思います。


 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 勝間 伸生 10.7 64.8                 75.5
2 富田 淳一 31.3 37.2                 68.5
3 坂本 誠裕 ▲ 7.1 56.3                 49.2
4 辻本 翔哉 10.3 23.4                 33.7
5 掛樋 忠雄 ▲ 23.3 43.1                 19.8
6 堀 昭義 ▲ 50.1 65.9                 15.8
7 筒井 宏晶 43.4 ▲ 34.0                 9.4
8 米川 基紀 ▲ 12.6 8.6                 ▲ 4.0
9 原田 保正 ▲ 12.1 ▲ 12.8                 ▲ 24.9
10 西原 佳隆 ▲ 4.8 ▲ 24.3                 ▲ 29.1
11 近野 理智男 19.5 ▲ 57.3                 ▲ 37.8
12 青山 智哉 ▲ 12.1 ▲ 27.4                 ▲ 39.5
13 吉田 哲史 ▲ 4.6 ▲ 38.0                 ▲ 42.6
14 延原 明美 ▲ 6.4 ▲ 36.3                 ▲ 42.7
15 大森 孝太郎 ▲ 25.4 ▲ 109.2                 ▲ 134.6


<第2節レポート:
掛樋 忠雄

ゴールデンウイークの最後の日曜日、関西プロリーグ戦が行われた。

1卓(原田、西原、延原、勝間、米川)

勝間がいいアガリを連発させ+64.8Pとしてトータル首位に立った。
太閤位を取ったこともある攻撃力はさすがだ。

2卓(近野、辻本、富田、大森、堀)

富田が、

 ツモ

四暗刻を見事ツモアガリ、この日は+37.2Pとした。
それでも、この卓で一番アガったのは堀だった。
親で連荘をして、+65.9Pと第1節のマイナス分を挽回する。

3卓(掛樋、筒井、青山、吉田、坂本)

坂本がバランスの取れたいい麻雀を打っていた。
親番ではよく攻めポイントを稼ぎ、子の時は守備重要で、無駄打ちは避けてまわし打ち。
そして、+56.3Pとした。

麻雀の醍醐味は攻めにあると思う。そして親番の攻めは強い。攻撃の狼煙が上がった。
激しい攻防はこれからも、続いていくだろう。





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 藤沢 周平 83.4 ▲ 10.3       73.1
2 古林 千寿 ▲ 4.7 65.7       61.0
3 三好 直幸 16.3 43.0       59.3
4 岡本 博 47.2 8.9       56.1
5 谷上 脩平 36.3 11.7       48.0
6 樫村 昭裕 13.9 ▲ 0.4       13.5
7 山中 翼 20.3 ▲ 9.9       10.4
8 中安 武尊 ▲ 21.1 29.2       8.1
9 山室 太二 29.3 ▲ 26.4       2.9
10 藤原 仙三 26.6 ▲ 42.4       ▲ 15.8
11 田村 豊 ▲ 22.2 3.1       ▲ 19.1
12 原田 潤次 ▲ 37.8 14.6       ▲ 23.2
13 粟津 裕貴 ▲ 66.9 35.2       ▲ 31.7
14 中野 孝治 43.8 ▲ 86.8       ▲ 43.0
15 山里 剛司 ▲ 24.4 ▲ 20.6       ▲ 45.0
16 三歩一 隆介 ▲ 48.2 ▲ 15.5       ▲ 63.7
17 近野 弥生 ▲ 94.8 0.9       ▲ 93.9


<第2節レポート:
山中 翼>

5月になり気温も暖かくなってきましたが、まだ肌寒い日もあり、麻雀の配牌の様な季節だなと考える今日この頃。
GWで緩んだ頭を引き締め、昇級を目指し皆が挑むリーグ戦。
卓組はリーグ初戦に決められているのですが、今節は前節のプラス組、マイナス組だけの卓もあり、力が入っている卓が多いような気がしました。

C1―1 (順位)
山室(5) 藤原(6) 古林(10) 田村(12)
中間順位の集まるこの卓では、紅一点移籍してきた古林が前回のマイナスの憂さ晴らしと言わんばかりの、
1、3、1、1と、1位時は全て+30ポイント以上の+65.7Pとした。
上位争いに加わりたい山室、藤原は古林の波に飲まれ、▲26.4P、▲42.4P、田村は荒波の外を泳ぎきり+3.1Pとした。

C−1−3
中野(3) 三好(8) 中安(11) 原田(14)
三好、中安、原田共に上位の中野を包囲網にかけ、前節のプラスでは補きれない程の▲86.8P、4、4、4、4となり上位の中野が大きな負債を抱えてしまった。
三好は1、1、1、3の+43.0P。中安、3、2、3、1の+29.2P。原田、2、3、2、2+14.6Pと、皆で中野の点棒を分け合う結果になり三好が好位につけた。

C−1−4
山里(13) 三歩一(15) 粟津(16) 近野(17)
この卓は皆がマイナスの卓で、天使と悪魔の囁きが交差する、緊張漂う卓でした。
粟津が前節の洗礼をものともせず、安定感を見せ2、3、2、1の+35.2Pとした。
山里3、1、4、3▲20.6P、三歩一1、4、1、4▲15.5P、近野4、2、3、2+0.9Pとほぼ1人浮き。
天使は粟津に微笑んだ。

C−1−2
藤沢(1) 岡本(2) 谷上(4) 山中(7) 樫村(9)
この卓は皆がプラスで上位3名がひしめく卓となった。

藤沢は最後の抜け番となり、4、1、3、3▲10.3Pと少しスコアを下げてしまう。
5戦目までの順位を、
岡本1、4、4
谷上3、1、2
樫村3、3、2
山中2、4、1

としたオーラスに事件は起きた。
親・谷上22,000 山中53,400 樫村22,500 岡本22,100と、山中1人浮き、谷上以外は1人浮きを回避するため満貫条件となった。
樫村が序盤から国士、ピンズの染め手のような河で高打点を意識した打ち方。

岡本、谷上はツモが噛み合っていないような河で局が進み、山中が暗刻の形からポンとし数巡後の形、

 ポン ドラ

自分で1人浮きを取りに構えた。
岡本が考えながら手出しで、それを山中がポンで打とすると、岡本からロン32,000の発声。
対局が終了し観戦していた者達がざわめき、

 ロン

1人浮き状態の山中から32,000アガリ、岡本が逆転1人浮きの+36.1P、樫村▲8.5P、谷上▲11.0P、山中▲16.6P。
トータル、谷上+11.7P 岡本+8.9P 樫村▲0.4P 山中▲9.9P 藤沢▲10.3P。
次節も皆でより熱い闘牌をしましょう。
スッタン振り込む山中でした。





太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 永田 知也 28.8 89.7       118.5
2 山本 善嗣 37.7 45.2       82.9
3 大橋 慶一郎 28.4 25.8       54.2
4 西村 友和 ▲ 1.9 25.7       23.8
5 上村 政雄 ▲ 32.0 45.3       13.3
6 宮田 豊夢 1.6         1.6
7 吉本 卓矢 ▲ 21.5 22.8       1.3
8 土田 小緒里 ▲ 61.5 60.4       ▲ 1.1
9 森下 恭好 ▲ 6.4 ▲ 0.8       ▲ 7.2
10 米田 晃洋 34.1 ▲ 41.4       ▲ 7.3
11 後藤 俊孝 14.2 ▲ 23.5       ▲ 9.3
12 丸山 直 ▲ 11.9 ▲ 0.7       ▲ 12.6
13 木下 恭子 ▲ 14.6         ▲ 14.6
14 中山 千鶴 51.6 ▲ 66.3       ▲ 14.7
15 中村 誠 ▲ 18.6         ▲ 18.6
16 高木 由実 14.4 ▲ 47.4       ▲ 33.0
17 高柳 将史 ▲ 4.1 ▲ 29.7       ▲ 33.8
18 高瀬 真濃 ▲ 35.2         ▲ 35.2
19 森元 直哉 ▲ 31.0 ▲ 21.3       ▲ 52.3
20 長野 恵美 3.9 ▲ 104.8       ▲ 100.9


<第2節レポート:
中山 千鶴>

こんにちは、中山です。
初戦、好調なスタートをきることが出来た私でしたが、今回は波乱の展開となりました。

2卓(土田・永田・長野・中山)
1回戦 57,00点持ちで1人浮きの永田を追う展開の南3局。
連荘を狙う親の長野と、何としても浮きで終わりたいと思う土田と中山。
終局間近、皆の意志がぶつかり合う中で土田のツモの声。

 ツモ

残り2巡のところで、四暗刻の8,000・16,000のアガリ。
3万点近くあったトップとの差を一気に逆転して、オーラスに。
中山の親、浮きを目指そうと思っていた矢先、土田が4巡目にして役牌暗刻の1,300のアガリで終局となりました。

4回戦 東4局、この日も好調さを見せている永田が4巡目のリーチ。
誰からも声があがらず終盤、残りツモもわずかの所で永田がツモ。

 ツモ

なんと今日2度目の四暗刻。
この半荘、永田は1人浮きで7万点越えのトップとなり、この日のトータル+89.7Pというスコアを叩き出しました。
2節を終えて、トータルが+100Pを越えた永田、初戦のマイナスを大きく返済した土田、トータルマイナスとなってしまった長野と中山。
対局を終え、役満が出たことによるマイナスの部分以外で、もっとマイナスを抑えることは可能だったか、反省の材料になると思います。

次節までの時間でしっかり自己反省をし、次に繋げていきたいです。
まだ残り3節ありますので、最後まで昇格を目指して頑張りたいと思います。



歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
第9期
板川 和俊
花岡 章生
近野 理智男
中田 一幸
第10期
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。