日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 花岡 章生 45.8 ▲ 9.1 40.6 65.8 12.1 89.9 ▲ 8.0 ▲ 5.7     231.4
2 玉木 章司 ▲ 3.8 42.0 ▲ 16.3 41.6 ▲ 21.7 20.4 21.2 23.9     107.3
3 藤川 議次 67.3 11.0 23.2 24.4 6.5 ▲ 32.7 ▲ 44.0 40.8     96.5
4 貫上 洋志 ▲ 97.5 15.1 13.2 ▲ 2.1 40.1 43.6 51.6 3.3     67.3
5 中川 保 41.7 ▲ 14.5 15.8 ▲ 22.5 11.7 63.7 ▲ 22.5 ▲ 35.5     37.9
6 中田 一幸 17.8 1.9 ▲ 9.0 10.9 ▲ 12.1 ▲ 17.9 4.5 ▲ 31.6     ▲ 35.5
7 横山 毅 ▲ 0.3 26.5 ▲ 36.3 ▲ 30.0 5.0 ▲ 59.7 37.0 18.3     ▲ 39.5
8 佐々木 亮 ▲ 40.4 ▲ 12.0 ▲ 38.5 ▲ 54.2 ▲ 31.6 ▲ 47.6 134.2 45.2     ▲ 44.9
9 長野 靖憲 10.0 ▲ 16.4 ▲ 54.9 18.6 ▲ 3.3 ▲ 54.0 10.4 8.5     ▲ 81.1
10 上村 宜久 ▲ 44.7 ▲ 0.1 33.0 15.1 ▲ 52.6 28.4 ▲ 24.6 ▲ 54.4     ▲ 99.9
11 近野 理智男 40.4 ▲ 58.0 40.7 ▲ 26.7 14.9 ▲ 39.3 ▲ 93.1 3.7     ▲ 117.4
12 仁科 健一郎 ▲ 36.3 12.6 ▲ 13.5 ▲ 40.9 ▲ 2.0 5.2 ▲ 67.7 ▲ 37.5     ▲ 180.1


<第8節レポート:
花岡 章生

1年間という長いスパンのリーグ戦も佳境に入ってきた。
今節あたりで誰かがスパートをかけて突き抜けて、大きな変動があるかと思っていたが、
特に実力伯仲であるゆえに、体制にそれほど影響がなかった。

残り2節となり8半荘という対局数を考えると、上位3名という決定戦出場争いもだいぶ絞られてきた。
先頭は、リーグ戦中盤で1人突き抜けた花岡が、安定した状態を保ち決定戦はほぼ当確だろう。

2位集団には4人。
安定したプラスを積み重ねてきた玉木。
今期序盤戦からリーグ戦を引っ張ってきた藤川。
尻上がりに調子を上げてきた貫上。
毎年決定戦争いに絡んできている中川。

この中から残り2人がでるのが80%以上だろうが、その後方中団グループには、来節しだいでは一気にごぼう抜きできる力を持った選手がいる。
3年連続決定戦に出場している中田。
7期太閤位でもある横山。最後方から一気にまくってきた佐々木。
次節はこの7選手によるサバイバル戦になってきそう。

最終節は、順位卓による直接対決もあるが50P以内なら射程距離になろうが、これだけ混戦になると100p差を捲るのはかなり難しくなる。
それを踏まえると、次節は大事な一戦になってくる。
最後に9節の対局カ-ドと展望をすれば、

1卓(花岡・貫上・中田・仁科)
2卓(中川・佐々木・上村・近野)
3卓(玉木・藤川・横山・長野)

注目は、3卓2位・玉木と3位・藤川の直接対決と、この2人を食えば一気に浮上できる横山。
2人が牽制しあうようだと、横山にも大チャンスがある。爆発力があるだけに、気の緩みはできない。
1卓では、中田が4年連続の決定戦に向け勝負がけになってくるので、こちらも、レベルの高い力のある対局になりそうである。

 

 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 坂本 健二 45.7 98.3 1.4 37.0 20.3 ▲ 51.9 38.8 ▲ 31.4     158.2
2 明山 博史 43.8 25.2 15.6 ▲ 2.0 54.5 89.5 16.4 ▲ 87.9     155.1
3 原田 保正 10.8 ▲ 10.6 26.3 29.2 ▲ 22.2 32.5 1.3 71.5     138.8
4 岡崎 有 21.0 7.6 9.7 ▲ 7.5 22.3 78.2 ▲ 32.1 15.5     114.7
5 辻本 翔哉 73.9 7.4 ▲ 30.9 24.5 ▲ 38.8 56.8 ▲ 14.0 20.5     99.4
6 掛樋 忠雄 ▲ 9.1 59.3 52.1 ▲ 2.1 2.5 ▲ 51.8 69.6 ▲ 38.6     81.9
7 筒井 宏晶 4.0 ▲ 28.8 24.7 ▲ 40.8 44.5 46.9 ▲ 21.5 ▲ 0.8     28.2
8 冨田 淳一 ▲ 81.5 ▲ 4.5 ▲ 25.0 45.2 47.1 ▲ 24.7 30.5 33.0     20.1
9 西原 佳隆 ▲ 28.7 ▲ 35.4 36.5 ▲ 5.1 3.2 6.4 ▲ 6.4 17.2     ▲ 12.3
10 延原 明美 3.7 ▲ 62.4 85.3 ▲ 34.7 21.3 ▲ 18.1 28.0 ▲ 39.6     ▲ 16.5
11 稲森 英子 ▲ 23.8 39.2 ▲ 28.7 30.2 5.4 ▲ 14.2 ▲ 47.6 ▲ 6.2     ▲ 45.7
12 坂本 誠裕 34.8 ▲ 22.0 ▲ 58.8 ▲ 50.8 ▲ 5.7 39.5 14.9 ▲ 35.3     ▲ 83.4
13 米川 基紀 ▲ 77.1 25.0 ▲ 34.1 35.9 ▲ 2.8 ▲ 48.4 ▲ 8.0 1.0     ▲ 108.5
14 勝間 伸生 ▲ 42.0 ▲ 23.8 ▲ 52.2 ▲ 79.1 ▲ 4.3 ▲ 33.6 ▲ 7.6 83.8     ▲ 158.8
15 樫村 昭裕 1.3 ▲ 28.5 19.4 ▲ 24.7 ▲ 103.5 ▲ 23.0 ▲ 23.9 ▲ 60.7     ▲ 243.6
16 堀 昭義 ▲ 18.8 ▲ 48.0 ▲ 44.3 23.8 ▲ 46.8 ▲ 126.1 ▲ 38.4 38.0     ▲ 260.6


<第8節レポート:
明山 博史

前節、上位の明山、坂本(健)2人がポイントを伸ばしたことで、昇級がまた一歩近くなったか?
そう思えた。
しかし、終盤戦を迎えた8節目、麻雀は何が起こるかわからない展開になってきた。

<原田、西原、筒井、明山>の対戦。
ここまで大きなマイナスが無かった明山だが、今回は1人大きく沈むことになった。
この卓でもっともポイントを伸ばしたのが原田。2連勝で迎えた3回戦オーラス。

西原(40,500)1着目、原田(33,400)2着目。

 ロン  ドラ

この上記の手をヤミテンに構えて、他家から出アガリして逆転、西原を捲る。
4回戦も勢い衰えず4連勝として、トータルポイントも大きく伸ばした。

<坂本(健)、延原、冨田、堀>の対戦。
坂本(健)は、ここでポイントを伸ばして昇級を当確させたかったところだが、結果はポイントを減らす事になってしまった。
変わって富田がポイントを伸ばしてきた。
次節もまた、大きくポイントを伸ばしてくれば展開がまた変わってきそうである。

<勝間、岡崎、掛樋、樫村>の対戦。
勝間がここにきて大きく奮起すれば、逆に掛樋、樫村が大きく沈む展開となった。
また、その中でも岡崎がポイントを少しプラスとして、上位とのポイント差を縮めた。

今節は上位者がポイントを大きく減らして、中団位者がポイントを伸ばしたことで、
昇級争いがまったくわからなくなった。後2節しかないと思うのか、まだ2節あると思うのかは、
人それぞれだが、混戦となったことで、自分の信念を持っているものが昇級すると私は思います。

 





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 吉田 哲史 83.8 28.6 ▲ 14.8     97.6
2 山里 剛司 7.3 17.9 34.9     60.1
3 大森 孝太郎 10.8 42.3 ▲ 11.7     41.4
4 吉武 朋宏 18.5 1.3 3.4     23.2
5 藤原 仙三 ▲ 6.8 ▲ 23.3 46.4     16.3
6 辻田 弥生 8.2 5.1 0.6     13.9
7 山中 翼 53.0 ▲ 67.2 27.9     13.7
8 岡本 博 ▲ 19.9 ▲ 23.9 52.4     8.6
9 藤沢 周平 25.5 11.8 ▲ 32.1     5.2
10 小松 ユキナ 18.4 ▲ 23.2 2.1     ▲ 2.7
11 原田 潤次 ▲ 82.0 53.3 25.9     ▲ 2.8
12 三好 直幸 3.7 12.6 ▲ 21.6     ▲ 5.3
13 中野 孝治 38.1 ▲ 10.1 ▲ 56.5     ▲ 28.5
14 高柳 将史 ▲ 1.2 ▲ 30.7 ▲ 17.8     ▲ 49.7
15 道見 駿 ▲ 86.3 ▲ 8.3 ▲ 6.2     ▲ 100.8
16 中安 武尊 ▲ 91.1 13.8 ▲ 32.9     ▲ 110.2


<後期第3節レポート:
辻田 弥生

プロリーグ第3節。そろそろこの辺りから昇級に向けて、各々の目標が見えてきた頃だと思います。
成績のちょうど真ん中にいる私としては、計画的にマイナスをプラスへ変え、必死に追いかけてくる者たちをかわして、
ポイントを伸ばしたいと思っているのですが。

1卓(山中・高柳・中野・藤原)
暫定トータルマイナスの選手だけで組まれた卓だけに、いかに高い手に仕立て上げてアガるかという気迫が感じられました。

 リーチ ロン ドラ

1回戦では山中が場にが3枚ずつ飛んだ状態で単騎リーチという奇襲攻撃で、高柳からドラ3の手をアガってトップ。
食らいついてきたのは藤原で、これでもかと3,900をアガリ続けます。
リーチ合戦では中野も負けてはいませんでしたが、このリーチがことごとく他者のリーチと待ちが被り、しかも運の悪いことにツモ負け。
先制リーチでゲームメイクし、己の手で対局の流れを作ったとしても、成績に反映するかは、また別問題というのが麻雀の辛いところでもありましょう。

2卓(吉田・原田・辻田・大森)
私が原田と最後に打ったのはC1への昇級枠をかけて争った最終節の時。苦戦させられた記憶が新しいだけに気が抜けません。
4回戦全てに共通したことは、オーラスで原点ギリギリの争いが多かったことです。
吉田と大森はトータル1位と2位なので、誰を押さえつけるかは考えどころ。

シビアだったのは4回戦目の原田。吉田が30,200点、私が30,400点、生殺与奪権はもはやトップ目の原田にある状況下において彼は、
「全員まとめて押えつけたいところだったけど、できないなら1人沈みにしますよ」と、ダンラスの大森から出アガってあっさりゲーム終了。
暫定1位と2位の勢いを止めることができました。

3卓(山里・藤沢・吉武・道見)
幸先よくトップから始まった山里。しかし同卓者がそのまま楽に打たせてくれるわけもなく、迎えた3回戦で窮地を迎えました。
東場ですでに20,000点を下回るラス目の状態。
親番で七対子のテンパイを取るより、暗刻を残して四暗刻を目指したのが功を奏したのか、
その局は上家に流されるものの次局は、ツモり四暗刻の形を下家から仕留めて、点数をほぼ原点まで戻すことができました。

 ロン

その後、山里に一通が狙える手が入ります。

 ツモ

から始まり、次のツモが
場を見るとソーズが安く、無理に一通を狙うよりは、タンヤオ三色の方がいいと判断してもう1枚のを切りました。
ソーズの2度受けにしたのが良かったのか、すぐにを引き入れてリーチ。
このアガリでラス目から逃れ、今節トータルトップを取ることになりました。

4卓(岡本・中安・三好・小松)
場況を読みながらバランス良く打ちまわしたのは岡本。
三好も押し引きのバランスがしっかりしているが、今回は岡本に運が巡ってきたようです、
+50Pほどの大きなポイントで前節までのマイナスを全て帳消しした。

反対に三好が、この対局によりポイントを喪失しました。
トータルが岡本の1人浮きの状態にしないように健闘したのは小松。
中安は今期調子がでないようで、大きなマイナスが目立ちます。

上位陣のポイントの変動が大きく、また下位陣の追い上げも凄まじく、前節と今節で順位に大きな変動が生まれました。
残り2節、大きなトップを取れば多くの選手がまだ昇級枠に届く位置にいるだけに、激しい争いが予想されます。
私も未だ大きなプラスも取っていない状態なので、次は大きなプラスを叩けるよう攻撃的に打って出たいと思います。

 




太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 木下 恭子 1.4 87.8 ▲ 11.4     77.8
2 三歩一 隆介 9.8 ▲ 3.1 52.3     59.0
3 谷上 脩平 43.8 ▲ 1.0 0.6     43.4
4 田村 豊 10.2 65.7 ▲ 55.5     20.4
5 丸山 安那 ▲ 8.4 56.9 ▲ 29.7     18.8
6 阪井 紀行 42.8 ▲ 18.1 ▲ 7.2     17.5
7 佃 真己斗 16.2 ▲ 43.4 43.5     16.3
8 山室 太二 29.0 16.3 ▲ 38.2     7.1
9 高藤 英樹 9.6 ▲ 80.2 42.6     ▲ 28.0
10 後藤 俊孝 ▲ 46.0 ▲ 0.8 ▲ 2.6     ▲ 49.4
11 高瀬 真濃 ▲ 55.4 ▲ 10.4 10.2     ▲ 55.6
12 丸山 直 ▲ 30.3 ▲ 40.5 ▲ 6.7     ▲ 77.5
13 中山 千鶴 ▲ 17.4 ▲ 39.1 ▲ 38.9     ▲ 95.4
14 粟津 裕貴 ▲ 5.3 8.9 ▲ 111.0     ▲ 107.4


後期第3節レポート:
丸山 晏那

<田村、小室、高瀬、佃、粟津>卓での4回戦。
開局早々、高瀬は見事な6,000オールを決めました。
東1局東家、

 ポン ツモ ドラ

親番が続き、3本場を迎え、東場で既に5万点を超えるトップ。
しかし、ここで粟津からの攻めが入ります。東1局3本場、北家、

 ツモ ドラ

この3,000、6,000をツモ。そして東2局でも以下の手を決めました。

 リーチ ツモ ドラ

ここでも3,000、6,000をツモ。ドラを生かした勝負手を安定してアガり続けました。
また5回戦でもピンフ一通リーチの7,700を決めれば、迎えたオーラスの親番でも、役牌ドラ3の11,600をアガるなど見事でした。

<高藤、丸山(直)、阪井、丸山(晏)>卓
ここでも高藤が的確な状況判断で安定したアガりを重ねました。
卓内では、誰も高い役を決めることが少なかった中、印象的なのが4回戦です。

東4局、西家、

 ポン ポン ポン ドラ

字牌が3枚鳴かれた時点では2枚切られていました。
しかし、小四喜や字一色の可能性はありますし、三元牌はまだ残っておりに至っては生牌です。
ここで丸山(直)が3枚目のを切り、続き阪井もを切りました。
は不用意にも私が切ってしまいましたが、幸運にも当たらずに済みました。
しかし、今後はこういった状況ではもっと慎重にならなくてはいけないと思います。

結果、終盤で高藤がをツモり2,000、4,000のアガリとなりました。
ここで、丸山(直)がを切ったことや、当たり牌のを止めていた読みの深さは流石だと思います。
それが、攻防のバランスが取れているように思えるでしょうか。

私はフリコミが多く4回戦オーラスの時点でラス。
南4局東家、

 ドラ

8巡目に上家からが出て鳴こうか迷ったものの、純チャンでも2,900。
待ってみるとその後ツモが良く、以下の手牌でリーチする事が出来ました。

 リーチ

無事をツモり、6,000オール。ここで4位から2位まで持ち込みました。
しかし追い付けず2位で終了。まだまだ読みや引き際の見定めが甘いようです。

今回、佃は+43.5Pの好成績を残し大きく順位が変わりそうです。
三歩一も卓内で圧倒的な強さを見せました。

残すところあと2節。私は今回のマイナスが痛いところですが、
レポート作成を通し、振り返りながら皆さんの良いところを見習い、成長していきたいと思います。




歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
第9期
板川 和俊
花岡 章生
近野 理智男
中田 一幸
第10期
?
?
?
?
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。