日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 花岡 章生 45.8 ▲ 9.1 40.6 65.8 12.1 89.9 ▲ 8.0       237.1
2 玉木 章司 ▲ 3.8 42.0 ▲ 16.3 41.6 ▲ 21.7 20.4 21.2       83.4
3 中川 保 41.7 ▲ 14.5 15.8 ▲ 22.5 11.7 63.7 ▲ 22.5       73.4
4 貫上 洋志 ▲ 97.5 15.1 13.2 ▲ 2.1 40.1 43.6 51.6       64.0
5 藤川 議次 67.3 11.0 23.2 24.4 6.5 ▲ 32.7 ▲ 44.0       55.7
6 中田 一幸 17.8 1.9 ▲ 9.0 10.9 ▲ 12.1 ▲ 17.9 4.5       ▲ 3.9
7 上村 宜久 ▲ 44.7 ▲ 0.1 33.0 15.1 ▲ 52.6 28.4 ▲ 24.6       ▲ 45.5
8 横山 毅 ▲ 0.3 26.5 ▲ 36.3 ▲ 30.0 5.0 ▲ 59.7 37.0       ▲ 57.8
9 長野 靖憲 10.0 ▲ 16.4 ▲ 54.9 18.6 ▲ 3.3 ▲ 54.0 10.4       ▲ 89.6
10 佐々木 亮 ▲ 40.4 ▲ 12.0 ▲ 38.5 ▲ 54.2 ▲ 31.6 ▲ 47.6 134.2       ▲ 90.1
11 近野 理智男 40.4 ▲ 58.0 40.7 ▲ 26.7 14.9 ▲ 39.3 ▲ 93.1       ▲ 121.1
12 仁科 健一郎 ▲ 36.3 12.6 ▲ 13.5 ▲ 40.9 ▲ 2.0 5.2 ▲ 67.7       ▲ 142.6


<第7節レポート:
花岡 章生

終盤戦に差し掛かる今節卓組は、

1卓(花岡・玉木・長野・上村)
2卓(中川・佐々木・藤川・仁科)
3卓(近野・中田・横山・貫上)

注目は2卓決定戦ボーダ-にいる2位・藤川と3位・中川の直接対決。
お互いかなり意識しあった対局になる事が予想され、見物だと思っていた。
が、今節の主役は上位陣の誰でもなく最下位に低迷し苦しんでいた佐々木だった。

対局前2人で話す時間があって、200を超えるマイナス、
まだプラスの節もなく実力がありながらも噛み合わず苦しい戦いが続いており、残り4節どう打とうか…?
そんな話をしていたが。

少しずつプラス重ねて降級逃れるポジションまでいけたら、と話していたが。
内心はそんな柔なものでは無かったようだ。

そして、終わって見ると、佐々木が上位陣を一蹴し4連勝、130Pオーバーの、今期のAリーグで初めての100Pオーバー。
順位も1節で降級ポジションから脱出した。

上位の藤川、中川はお互い意識し過ぎたのか両者ともポイントを削られて、中団グループにのまれる形になってしまった。

1卓では今節はどうしてもプラスで終え、上との差を縮めていきたい上村が1回戦から飛ばしていく。
東4局。
 
 ツモ ドラ

この6,000オ-ルを決めトップをとるも、2回戦安い手ながらも前に攻めていく上村を花岡、玉木、長野が捉え始め、1回戦のプラスを失う形に。
簡単にはワンサイドのゲームにはさせてくれない。2回戦は玉木が、

 ツモ ドラ

この3,000 6,000を決めトップに、その後も一進一退の攻防を繰り返し玉木が少しプラスで終え2位に浮上、
上位を狙った上村は少し後退する結果となった。

今節は上位がポイントを減らし下位がポイントをあげてきたためグッと煮詰まった形になった。
上を狙って失敗するとすぐ下が見えるため、どのポジションの選手も厳しい戦いになってきた。
次節も見ごたえのある対局になると思います。

 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 明山 博史 43.8 25.2 15.6 ▲ 2.0 54.5 89.5 16.4       243.0
2 坂本 健二 45.7 98.3 1.4 37.0 20.3 ▲ 51.9 38.8       189.6
3 掛樋 忠雄 ▲ 9.1 59.3 52.1 ▲ 2.1 2.5 ▲ 51.8 69.6       120.5
4 岡崎 有 21.0 7.6 9.7 ▲ 7.5 22.3 78.2 ▲ 32.1       99.2
5 辻本 翔哉 73.9 7.4 ▲ 30.9 24.5 ▲ 38.8 56.8 ▲ 14.0       78.9
6 原田 保正 10.8 ▲ 10.6 26.3 29.2 ▲ 22.2 32.5 1.3       67.3
7 筒井 宏晶 4.0 ▲ 28.8 24.7 ▲ 40.8 44.5 46.9 ▲ 21.5       29.0
8 延原 明美 3.7 ▲ 62.4 85.3 ▲ 34.7 21.3 ▲ 18.1 28.0       23.1
9 冨田 淳一 ▲ 81.5 ▲ 4.5 ▲ 25.0 45.2 47.1 ▲ 24.7 30.5       ▲ 12.9
10 西原 佳隆 ▲ 28.7 ▲ 35.4 36.5 ▲ 5.1 3.2 6.4 ▲ 6.4       ▲ 29.5
11 稲森 英子 ▲ 23.8 39.2 ▲ 28.7 30.2 5.4 ▲ 14.2 ▲ 47.6       ▲ 39.5
12 坂本 誠裕 34.8 ▲ 22.0 ▲ 58.8 ▲ 50.8 ▲ 5.7 39.5 14.9       ▲ 48.1
13 米川 基紀 ▲ 77.1 25.0 ▲ 34.1 35.9 ▲ 2.8 ▲ 48.4 ▲ 8.0       ▲ 109.5
14 樫村 昭裕 1.3 ▲ 28.5 19.4 ▲ 24.7 ▲ 103.5 ▲ 23.0 ▲ 23.9       ▲ 182.9
15 勝間 伸生 ▲ 42.0 ▲ 23.8 ▲ 52.2 ▲ 79.1 ▲ 4.3 ▲ 33.6 ▲ 7.6       ▲ 242.6
16 堀 昭義 ▲ 18.8 ▲ 48.0 ▲ 44.3 23.8 ▲ 46.8 ▲ 126.1 ▲ 38.4       ▲ 298.6


<第7節レポート:
明山 博史

今節が終わる頃には、今の自分のポイントを考えた目標にある程度定められるだけに、
中団位の者は、ポイントを伸ばして上位争いに食い込みたいところだ。

今節、私は、堀、稲森、掛樋との対戦となった。

1回戦、起家から掛樋、堀、明山、稲森。
東2局で私は下記の配牌。



この時私は、配牌を見て清老頭がいけるかもしれないと思った。
そして鳴ける牌は、1枚目から仕掛けていくことに決めて掛樋から、稲森からを仕掛けて8巡目に下記の手でテンパイ。

 ポン ポン ポン

ここまでの仕掛けに誰も老頭牌は切れないし、現物以外の字牌も切ってこないと思い、少なくとも他家は、前に出てきにくい展開だった。
しかし、掛樋は、生牌の字牌を切っていき、戦いにきた。

そして先にピンフで他家からアガリきった。
もし、字牌を抱えていたら、手が制限された状態で、場は進んでいくことになったと思うが、
失点を恐れることなく前に出てきたことが、結果良い方向に流れた。

それからも、掛樋は、他家が仕掛けると、自分もスピードで負けまいと積極的に仕掛けていき、先にアガる展開で、1回戦をトップとすると、
掛樋の流れは止まらず、2回戦、4回戦もトップで+69.6Pとポイントを大きく伸ばした。
今節は特に大きいアガリはなかったが、小刻みにアガリ続けて、この対局の半分以上は掛樋のアガリだった。

次に紹介するのが、冨田、樫村、筒井、坂本誠の対戦。
この卓では、1回戦東1局から親の富田が下記の牌姿。

 ツモ  ドラ

あまり嬉しくはないツモであるが、12巡目ということもあり切りリーチ。

 ツモ

しっかりこの手、6.000オールをアガリ1回戦1人浮きトップ。
そして2回戦でも、東場親番で、富田が下記の手。

 ツモ

この手も6.000オールをツモアガリ、1回戦に続いて2回戦もトップでここまでで大きくポイントを伸ばした。
しかし、本人も勿体ない事をしたという展開で、3、4回戦をラスとして+30.5Pまでポイントを下げてしまった。
冨田は第1節を大きくマイナスとしたが、ここ最近の成績はプラスとしているだけにここから上位に食い込んでくるかもしれない。

そして今節で1番の注目カード坂本健、岡崎、原田、米川の対戦。
坂本健と対局の合間で少しだけ話す機会があったのですが、
「今日は苦しい展開だよ。満貫の放銃を1回戦だけで2回もしてしまった。なんとかプラスに持っていけて良かったけど・・・」
この時、お互い1回戦を終えた後に話をしたのですが、今節ここからどんな展開になるのか、
先はまったくわからなかったですが、終わってみると、坂本健はオールプラスで卓内トップ。
苦しい展開でもプラスにするところを見ていると、やはり1人抜けた存在に感じてしまう。
ただ、この卓には、坂本健だけが強さを見せたのでは無かった。

4回戦オーラス。点棒状況は、坂本健(35,300)岡崎(31,400)米川(30,100)原田(23,200)
この時西家の米川は下記の配牌。

 ドラ

ここから岡崎がポンと仕掛けが入るが、米川は鳴かれない様に丁寧に打ち回し下記の手に。

 ロン

この高めを他家からアガリ米川が4回戦をトップ。
米川は、リーチを掛けると原点割れする為、リーチしにくい状況で、高めならどこからでもアガれるが、
安めだとトップ目からでないといけない、ツモなら問題はない、という感じで色々と制限されている中、見事高めでアガリトップとなった。

残り3節となりましたが、まだ何が起こるかわからない状況なので、次節以降も悔いのない様に、皆が自分自身納得する麻雀をしてほしいです。







太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 吉田 哲史 83.8 28.6       112.4
2 大森 孝太郎 10.8 42.3       53.1
3 藤沢 周平 25.5 11.8       37.3
4 中野 孝治 38.1 ▲ 10.1       28.0
5 山里 剛司 7.3 17.9       25.2
6 吉武 朋宏 18.5 1.3       19.8
7 三好 直幸 3.7 12.6       16.3
8 辻田 弥生 8.2 5.1       13.3
9 小松 ユキナ 18.4 ▲ 23.2       ▲ 4.8
10 山中  翼 53.0 ▲ 67.2       ▲ 14.2
11 原田 潤次 ▲ 82.0 53.3       ▲ 28.7
12 藤原 仙三 ▲ 6.8 ▲ 23.3       ▲ 30.1
13 高柳 将史 ▲ 1.2 ▲ 30.7       ▲ 31.9
14 岡本 博 ▲ 19.9 ▲ 23.9       ▲ 43.8
15 中安 武尊 ▲ 91.1 13.8       ▲ 77.3
16 道見 駿 ▲ 86.3 ▲ 8.3       ▲ 94.6


<前期第2節レポート:
辻田 弥生

1卓(吉武・山中・原田・三好)
この卓、1番調子が良かったのは原田。
前節に大きなマイナスを叩いたこともあり、遅れを取り戻す勢いで攻めに攻めたのが良かったのか、運を呼び込みました。
3回戦の南場で親を迎えた原田。ドラの發が暗刻の手を山中から出アガリした後も、まだまだ運は尽きません。

 ポン ドラ

4枚全てのドラを使い切ったこの手にを引いてきました。
本来なら多面張に受けたいところだが、三好がマンズの染め手をしているため、引いてきたをそのままツモ切り。
そして再び山中からピンをロン。2節目にして不運にも山中は前節に得た53.0Pの貯金を全て吐き出すことになりました。

2卓(吉田・山里・藤原・小松)
1回戦目に1人浮きのトップだった吉田。
その吉田を追いかけ始めたのが藤原。3回戦の南場で吉田から満貫を出アガリ、藤原にも1人浮きのチャンスが巡ってきました。

 ロン

オーラスの3本場。吉田の手はタンピン三色の跳満の1シャンテンまで伸びるも、親にツモられて点数は17,100点になった。
続く4本場は跳満を上がらなければ三万点を超えられない状況、何とかチートイドラドラの形でリーチとして、ツモに期待。そして、

 ツモ ドラ

これをアガリプラスを維持した吉田は、ずっと手が入らない苦しい状態から抜け出し、4回戦目は難なくトップ。
暫定1位の座を守りました。

3卓(岡本・中野・道見・大森)
運のいい時は好手が入るため、打牌選択にあまり迷うことはありません。
むしろ記憶に残るのは、「こんないい手をテンパイしたのにアガれずに終わった」というような悔しい時ではないでしょうか。
美しい、しかしアガれない手が多かったのが岡本。その中でも一番後悔したのがマンズのホンイツの時でした。

 ドラ

2回戦、南場での切り番、岡本は上家が切ったに合わせてを河に置き、待ちにしました。
しかし次の瞬間、道見の手の内より抜き切られた。そして、は1枚も出ることなく流局しました。
その後も、タンピンリャンペーコードラドラを300・500で下家に流され、悔しい場面も多々ありましたが、
やはり1番後悔したのは1枚切れのを狙わなかったそのホンイツだったかと思います。

4卓(中安・高柳・藤沢・辻田)
いつもAルールで痛感させられるのが原点の大事さです。
私は南3局の親でドラ3の手をリーチするも、藤沢にマンズのホンイツトイトイを振り込んで16,800点まで一気に転落しました。
そうして迎えた4回戦目のオーラス。
3着の中安は38,100点で、跳満を直撃するのは難しい。けれども小さな手を狙っている場合でもなく、ドラ色に手を染めました。

 ドラ

ようやく育ったこの手に満足した次巡、一発でをツモり、かろうじて浮きの3着を死守。
この日、4卓で一番打点の高い手でトータルプラスを維持しました。

前節プラスを取った者たちが次々とポイントを下げていく中、きっちりとプラスを維持した吉田が2位を突き放し独走状態。
その後を追いかける者たちにはまだまだ上位争いに食い込めるチャンスが残されています。
残り3節、私も上位争いをできる位置まで駆け上がりたいところです。

 




太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 木下 恭子 1.4 87.8       89.2
2 田村 豊 10.2 65.7       75.9
3 丸山 晏奈  ▲ 8.4 56.9       48.5
4 山室 太二 29.0 16.3       45.3
5 谷上 脩平 43.8 ▲ 1.0       42.8
6 阪井 紀行 42.8 ▲ 18.1       24.7
7 三歩一 隆介 9.8 ▲ 3.1       6.7
8 粟津 裕貴 ▲ 5.3 8.9       3.6
9 佃 真己斗 16.2 ▲ 43.4       ▲ 27.2
10 後藤 俊孝 ▲ 46.0 ▲ 0.8       ▲ 46.8
11 中山 千鶴 ▲ 17.4 ▲ 39.1       ▲ 56.5
12 高瀬 真濃 ▲ 55.4 ▲ 10.4       ▲ 65.8
13 高藤 英樹 9.6 ▲ 80.2       ▲ 70.6
14 丸山  直 ▲ 30.3 ▲ 40.5       ▲ 70.8


前期第2節レポート:
丸山 晏那

朝晩の冷え込みに秋を感じる10月、後期第2節をレポートさせていただきます。
<三歩一、高瀬、佃、丸山(晏)>卓では、私は1回戦ではラスも引きましたが3回戦目以降、親番でツモアガリを重ねることができ、
これをきっかけに少しずつ状況が好転しました。

3回戦東場・東家。
 
 ドラ

比較的早い巡目にを2枚切ってが出やすい場にしてからリーチ。
高目のではないもののを引いて2,600オールをアガる事が出来ました。
そこから調子を上げた事から、ツモに恵まれた第2節であったと思います。

<後藤、谷上、田村、山室、高藤>卓では5回戦オーラスで親・田村が10巡目にして下記の清一色18,000を見事に決めました。

5回戦南場・東家。 

 ロン ドラ

私だと安易にリーチしてしまいそうですが、巡目もまだ浅い事を考えると、ここは手変りも含めダマで構えるべきですね。
この局以外にも田村の一色手が多いのが印象的でした。

<木下、丸山(直)、栗津、中山、阪井>卓では大物手を多く決めた木下が圧倒的な強さを見せ、+87.8Pと後期第2節で最高得点を出しました。
いよいよ、チャンス到来とみて良いでしょう。

後期も第2節が終了。私はまだ廻して打つことが苦手で放銃が多い傾向にあります。
引き続き守備の強化を目標とし、次節に臨みたいです。

 


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
第9期
板川 和俊
花岡 章生
近野 理智男
中田 一幸
第10期
?
?
?
?
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。