日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 花岡 章生 45.8 ▲ 9.1 40.6 65.8 12.1 89.9         245.1
2 藤川 議次 67.3 11.0 23.2 24.4 6.5 ▲ 32.7         99.7
3 中川 保 41.7 ▲ 14.5 15.8 ▲ 22.5 11.7 63.7         95.9
4 玉木 章司 ▲ 3.8 42.0 ▲ 16.3 41.6 ▲ 21.7 20.4         62.2
5 貫上 洋志 ▲ 97.5 15.1 13.2 ▲ 2.1 40.1 43.6         12.4
6 中田 一幸 17.8 1.9 ▲ 9.0 10.9 ▲ 12.1 ▲ 17.9         ▲ 8.4
7 上村 宜久 ▲ 44.7 ▲ 0.1 33.0 15.1 ▲ 52.6 28.4         ▲ 20.9
8 近野 理智男 40.4 ▲ 58.0 40.7 ▲ 26.7 14.9 ▲ 39.3         ▲ 28.0
9 仁科 健一郎 ▲ 36.3 12.6 ▲ 13.5 ▲ 40.9 ▲ 2.0 5.2         ▲ 74.9
10 横山 毅 ▲ 0.3 26.5 ▲ 36.3 ▲ 30.0 5.0 ▲ 59.7         ▲ 94.8
11 長野 靖憲 10.0 ▲ 16.4 ▲ 54.9 18.6 ▲ 3.3 ▲ 54.0         ▲ 100.0
12 佐々木 亮 ▲ 40.4 ▲ 12.0 ▲ 38.5 ▲ 54.2 ▲ 31.6 ▲ 47.6         ▲ 224.3


<第6節レポート:
花岡 章生

後半戦のスタ-トになる今節対局カ-ドは次のようになって、
1卓(花岡・近野・中田・藤川)
2卓(玉木・長野・仁科・上村)
3卓(中川・横山・佐々木・貫上)

自分の卓は現在の1、2、5、6位と全員がプラス者。
今期好調の藤川と去年の決定戦に残った3。
どんな対局になるかなと思っていたが、開局早々東1局、親・藤川、7巡目リーチと好調な雰囲気を見せる。
これに対して、中田が珍しく無スジを連打。
これは、中田にドラが固まっている、と注意しながら見ていると、10巡目に中田も追っかけリーチ。
そして、2人の一騎打ちの軍配は藤川の4,000オール。

 ドラ ツモ

続く一本場ここも中田が攻める。ポン、ポンと仕掛け、ドラがなのであれば高そうだ。
親・藤川も、ツモ切りが続き1シャンテンぐらいだろうか? 対して花岡は12巡目で苦しい2シャンテン。

ここにを引いてきて、当然切れず。七対子でテンパイ取れるかなと思っていると16巡目にが重なり次巡ツモ。

 ツモ 
  
2,100・4,100ツモ、選択ミスがなかったもののラッキーなアガリで、だいぶ楽になった。
その後は小場が続きオーラス 花岡が1人テンパイの後2,000オ-ルをつもりトップで終了。

続く2回戦今度は、1回戦目大人しかった近野がリーチ。
親・藤川が仕掛けて応戦するも近野がツモ

 ツモ ドラ

3,000・6,000。藤川にとっては痛い親かぶりとなった。
こんな時は不調なのか、親花岡に9,600を打ち込む。
また、これが、花岡に火を付けることになり、6本場まで一気に60,000点アガられる。
2、3回戦も花岡がトップ。4回戦は中田が踏みとどまりトップをとるも90ポイント奪取し、ほぼ決定戦当確であろうか。
藤川は今期初マイナスで3位のボーダーも上がってきたので来節からシビアな戦いになるだろう。
中田、近野はマイナスを最小限に抑えまだ狙える位置に踏みとどまった。

別卓の結果をみてみると、2卓では玉木がプラスで終え上位との差を詰めてきた。
決定戦に出ると言っていた上村もプラスでまだまだ狙える位置にいる。

3卓では自分の予想通りではあったが、中川が3トップをとり今年はやはり違うなと思わせてくれた。
60ポイントプラスし一気に2位・藤川を捉えている。
そしてもう1人プラスで終えたのが貫上。
1節目同卓したときにいきなり100ポイントのマイナスを食らって今年大丈夫かと思っていたが、
その後、5節コツコツとプラスを重ねついにトータルプラスまで持ってきた。
現在5位、上との差も近いためこの調子でいけば初の決定戦も可能である。

前節とうって変わって大きく変動があった今節だが、残り4節太閤位戦への切符3つを手にいれるのは誰か?
非常に楽しみである。

 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 明山 博史 43.8 25.2 15.6 ▲ 2.0 54.5 89.5         226.6
2 坂本 健二 45.7 98.3 1.4 37.0 20.3 ▲ 51.9         150.8
3 岡崎 有 21.0 7.6 9.7 ▲ 7.5 22.3 78.2         131.3
4 辻本 翔哉 73.9 7.4 ▲ 30.9 24.5 ▲ 38.8 56.8         92.9
5 掛樋 忠雄 ▲ 9.1 59.3 52.1 ▲ 2.1 2.5 ▲ 51.8         50.9
6 筒井 宏晶 4.0 ▲ 28.8 24.7 ▲ 40.8 44.5 46.9         50.5
7 原田 保正 10.8 ▲ 10.6 26.3 29.2 ▲ 22.2 0.0         33.5
8 稲森 英子 ▲ 23.8 39.2 ▲ 28.7 30.2 5.4 0.0         22.3
9 延原 明美 3.7 ▲ 62.4 85.3 ▲ 34.7 21.3 ▲ 18.1         ▲ 4.9
10 冨田 淳一 ▲ 81.5 ▲ 4.5 ▲ 25.0 45.2 47.1 0.0         ▲ 18.7
11 西原 佳隆 ▲ 28.7 ▲ 35.4 36.5 ▲ 5.1 3.2 6.4         ▲ 23.1
12 坂本 誠裕 34.8 ▲ 22.0 ▲ 58.8 ▲ 50.8 ▲ 5.7 39.5         ▲ 63.0
13 米川 基紀 ▲ 77.1 25.0 ▲ 34.1 35.9 ▲ 2.8 ▲ 48.4         ▲ 101.5
14 樫村 昭裕 1.3 ▲ 28.5 19.4 ▲ 24.7 ▲ 103.5 ▲ 23.0         ▲ 159.0
15 勝間 伸生 ▲ 42.0 ▲ 23.8 ▲ 52.2 ▲ 79.1 ▲ 4.3           ▲ 201.4
16 堀 昭義 ▲ 18.8 ▲ 48.0 ▲ 44.3 23.8 ▲ 46.8 ▲ 126.1         ▲ 260.2


<第6節レポート:
明山 博史

後半戦突入となる第6節。この日の前日、近畿圏内は台風12号の影響により天候が荒れていた。
そして、対局日を迎え天気は晴天とはいかないが、台風が去ったことで涼しい感じとなり、リーグ戦が開始された。

Aリーグに昇級できる者は、上位2名。皆がこの2名という少ない枠を目指し前半戦を戦ってきた。
そして後半戦となる今節、1卓が別日での開催となり、残りの3卓が先に開始することになったのですが、どの卓も今節は荒れる展開となった。

まずは、前半戦首位独走の坂本健と3位の掛樋、辻本、筒井の対戦。
この卓では、前半戦皆がトータルプラスということで、上位者同士のぶつかり合いとなった。
ここまでの状態から坂本健が突っ走ると予想していたが、結果は、坂本健と掛樋が共にマイナス50程度となり、
上位2名が大きくポイントをマイナスとした。
そして、辻本がプラス56.8P、筒井がプラス46.9Pとポイントを大きく伸ばした。

次に前半戦2位の明山、延原、樫村、米川の対戦。
明山は、1回戦を1人浮きのトップを取ると、以降も終始、手が落ちなくポイントを大きく伸ばした。

今節は、勝負手で先攻して誰かとぶつかり合うことがほとんどなく、他家の勝負手に後手になった時は、無理に勝負する展開にならなく、
押し引きの減り張りをはっきりできていたのが良かったのだろう。
正直この日は、あまり考えるような難しい牌姿があまりなかったことからもついていた感じが否めない。
私が少し悩んだ局を紹介します。

3回戦、南場、親番で11巡目下記の牌姿となった。

 ツモ  ドラ

このとき場の状況は、マンズの下が河に殆ど出ていなく、ソーズの上が2枚1枚ずつ場にでていては生牌、
は1枚場にでていて、が生牌という状況。
字牌は鳴けないだろうという考えから、を落としてヘッドとした。しかし次巡のツモ牌が
結局テンパイ止まりとなり、痛い選択ミスとなった。こうした選択ミスでのアガリ逃しをなくしていかないと今後痛い目にあいそうだ。

続いて前半戦4位の岡崎、西原、坂本誠、堀の対戦。
この卓で、一番ポイントを伸ばしたのが岡崎。プラス78.2Pとしてトータルポイントを大きく伸ばした。

岡崎は、昨年Bリーグ3位と惜しくも昇級を逃したことからも今期の意気込みはBリーグの中でも強い思いを持って望んでいる。
安定感抜群で大きくポイントを崩さない持ち味からも次節以降の昇級争いがますますわからなくなってきた。

今節を終えて感じた事は、今後の対局で何が起きてもおかしくないということだ。
半期のリーグ戦と違い年間でのリーグ戦だと倍の対局がある分ポイントの変動も多くなってくる。
半分終了したと言っても、残りまだ5節もある。
1節で100ポイントの差が縮まる展開もあることからもまだまだ誰が昇級するかわからない。
次節以降もどうなっていくか楽しみです。






太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 吉田 哲史 83.8         83.8
2 山中 翼 53.0         53.0
3 中野 孝治 38.1         38.1
4 藤沢 周平 25.5         25.5
5 吉武 朋宏 18.5         18.5
6 小松 ユキナ 18.4         18.4
7 大森 孝太郎 10.8         10.8
8 辻田 弥生 8.2         8.2
9 山里 剛司 7.3         7.3
10 三好 直幸 3.7         3.7
11 高柳 将史 ▲ 1.2         ▲ 1.2
12 藤原 仙三 ▲ 6.8         ▲ 6.8
13 岡本 博 ▲ 19.9         ▲ 19.9
14 原田 潤次 ▲ 82.0         ▲ 82.0
15 道見 駿 ▲ 86.3         ▲ 86.3
16 中安 武尊 ▲ 91.1         ▲ 91.1


<前期第1節レポート:
辻田 弥生

今期、C1のレポートを担当させて頂くことになりました辻田弥生です。
よろしくお願いします。

1卓(山里・中安・山中・大森)
前期、昇級争いに食い込んだ山里が1回戦から勢いよくアガリを重ね、気がつけば東2局目にして60,000点を越えていました。
C2から昇級したばかりの大森が初めてのC1での対局に緊張していたことや、いつもは攻撃的な山中と中安がかなり慎重だったことが要因でしょうか。
それでもなんとかオーラスで大森がアガリ、トップの山里に詰め寄りました。

 ポン チー ツモ

山中は6,000点を割るダントツのラスからのスタートとなりましたが、嶺上開花でソーズのホンイツをアガリ、
このアガリのおかげで、最終的には2着争いできるまで、ツモの流れを自分に引き寄せることができたと思います。

 アンカン ポン ツモ

2卓(岡本・吉武・辻田・藤原)
私はレポートを書くのが始めてなので、せめてレポートに書けるくらい美しい手を作ろうと頑張りました。
1回戦南場、親の跳満ツモの後の1本場。
調子が乗ってきたのか、私に理想的なピンフ純チャン三色の手が入りました。

はすでに場に2枚切れ。これならば確実に拾えるだろうと上家の吉武から出たを見逃すと、すぐに対面の藤原からを討ち取りました。
このおかげで良いスタートダッシュをきれた私でした。

しかし、なかなか楽に打たせてくれなかったのが吉武。
大きなアガリはないものの、細かく刻みに刻んで積み棒を増していく。するとチャンスが訪れた4回戦南場。

 ドラ
 
この手牌で親の吉武がリーチをかけて、難なくをツモ、トータルトップに躍り出ました。

3卓(高柳・吉田・道見・三好)

今回、一番高い手が飛び交っていたのはこの卓であろうと思います。
1回戦、吉田の配牌。

これに無駄ヅモがなく、最終的にダブ東を払っての高目タンピン三色ドラ1の手に変化。

この手をダマでしたたかに高柳から出アガれば、三好は吉田からマンズのメンホン七対子を吉田から奪取。
もちろん高い手をアガる者達の中には、不運にもジョーカーを引かされる者もいます。

親の高柳が3巡目にリーチ。
それに吉田が攻めるならここしかないとばかりにを切り飛ばし追っかけリーチをかける。
高柳が牌をツモ切った後、筋を頼りに道見が打。だが、これが高柳のロン牌。

 ロン

その放銃で運が吸い取られてしまったかのように、道見の切る牌がことごとくロン牌になり、大きく沈む結果となりました。

4卓(原田・中野・小松・藤沢)
この卓で、まず始めに流れを掴んだのが藤沢でした。

 ドラ ツモ

もう局も終わろうかという終盤15巡目にしてのリーチで、一発でツモ牌を引きあてました。
親の跳満で全員を大きく沈ませ、傍目にも好調だということが分かります。

そこへ前期のC2リーグ昇級者である小松が、Aルールでは滅多とお目にかかれない高目三倍満の手をテンパイ。

 ドラ

誰かに一色手が入れば、誰かにも違う色の一色手ができやすくなるのは当然のことで、
その時に原田がピンズのホンイツないしチンイツまで手を伸ばそうと決心しました。

 ツモ

を切った次巡にツモらされたにとてつもなく嫌な予感がしつつも、
最後にはドラのを切る覚悟で攻めている原田にそのを止めることはできませんでした。

そんな好調・不調の波がある中、中野が一定のペースを保っていました。
そして4回戦中、一度もトップをとることなくトータルトップを取ったその堅実さにはさすがと言わざるを得ません。

後期C1リーグ戦は始まったばかりです。
今期大きなプラスを得た者はそれを維持できるかどうか、大きなマイナスを取った者はそれをどう追い上げるのか、
まだまだ先が楽しみです。

 




太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 谷上 脩平 43.8         43.8
2 阪井 紀行 42.8         42.8
3 山室 太二 29.0         29.0
4 佃 真己斗 16.2         16.2
5 田村 豊 10.2         10.2
6 三歩一 隆介 9.8         9.8
7 高藤 英樹 9.6         9.6
8 木下 恭子 1.4         1.4
9 粟津 裕貴 ▲ 5.3         ▲ 5.3
10 丸山 晏那 ▲ 8.4         ▲ 8.4
11 中山 千鶴 ▲ 17.4         ▲ 17.4
12 丸山 直 ▲ 30.3         ▲ 30.3
13 後藤 俊孝 ▲ 46.0         ▲ 46.0
14 高瀬 真濃 ▲ 55.4         ▲ 55.4


前期第1節レポート:
丸山 晏那

後期より半年間、C2リーグのレポートを担当させていただく事になりました、27期生の丸山晏奈です。
まだまだ未熟で恐縮ですが宜しくお願いします。

今回(後藤、田村、木下、阪井、丸山(晏))卓ではトイツ場になる事が多く、
私は七対子と三暗刻で迷う局面が多かったのですが、この迷いが結果に多々影響しました。

南場・北家。
 
 ドラ

2戦目、私はオーラスで3位。プラスになるためには跳満以上が必要で、ここで本来ならテンパイを崩してを切り、ホンイツをみるべきだったのですが、
アガれずに素点を下げてしまうよりは、と考えこのままリーチしてしまいました・・・
8が出て6,400点でアガる事ができましたが、順位も変わらず持点も沈んでしまう結果に。

また5戦目のオーラスでは、南場・東家。 

 ドラ

このときトップでオーラスを迎えていたところに他家でリーチが入り、無理せずオリるべきだったものを、アガリに向かってしまいドラスジのヂ任琶銃。
トップのまま終了できたものの、持ち点を下げてしまい、マイナスのスタートとなってしまいました。
この卓のトップは、無理せず浮に心掛けた阪井。へこみ無しの4連勝で後期をどのように戦っていくか、また、佃もいい位置につけています。

前期の昇級に僅か届かなかった三歩一も、まずまずのスタートで、雪辱を晴らしたいところでしょう。
それどれの思いが上手くマッチングできたらいいね。そう思いながら次節に臨みたいと思います。


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
第9期
板川 和俊
花岡 章生
近野 理智男
中田 一幸
第10期
?
?
?
?
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。