日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 花岡 章生 45.8 ▲ 9.1 40.6 65.8             143.1
2 藤川 議次 67.3 11.0 23.2 24.4             125.9
3 玉木 章司 ▲ 3.8 42.0 ▲ 16.3 41.6             63.5
4 中田 一幸 17.8 1.9 ▲ 9.0 10.9             21.6
5 中川 保 41.7 ▲ 14.5 15.8 ▲ 22.5             20.5
6 上村 宜久 ▲ 44.7 ▲ 0.1 33.0 15.1             3.3
7 近野 理智男 40.4 ▲ 58.0 40.7 ▲ 26.7             ▲ 3.6
8 横山 毅 ▲ 0.3 26.5 ▲ 36.3 ▲ 30.0             ▲ 40.1
9 長野 靖憲 10.0 ▲ 16.4 ▲ 54.9 18.6             ▲ 42.7
10 貫上 洋志 ▲ 97.5 15.1 13.2 ▲ 2.1             ▲ 71.3
11 仁科 健一郎 ▲ 36.3 12.6 ▲ 13.5 ▲ 40.9             ▲ 78.1
12 佐々木 亮 ▲ 40.4 ▲ 12.0 ▲ 38.5 ▲ 54.2             ▲ 145.1


<第4節レポート:
花岡 章生

リーグ戦も中盤に差し掛かりポイントも差がつき始め、まだ少し早いがゴ-ルを見据えて各自思惑がでてくる頃である。
卓組は、
1卓(花岡・近野・佐々木・上村)
2卓(中田・中川・横山・玉木)
3卓(藤川・長野・貫上・仁科)

2卓は全員がポイント的に中段に位置しおり、拮抗した試合展開になるかと思いきや、
1、2回戦は中田が、3回戦は玉木がトップをとり、中川、横山は少し苦しい展開になった。

4回戦に入ると、横山が東1局に中田から6,400を出アガリ、持ってきた親番で50,000点オーバー。
一気に突き抜ける勢いであったが、玉木の冷静な一撃が状況を変えた。

7巡目からこのテンパイとなり、親番で点棒を稼ぎたい横山から、ペンチャン外しにいったを捕らえた。
ピンズの下は場に安く、格好の狙い目であった。
これを打ち取り横山の勢いを止めると、きっちり点棒を加算しプラス40ポイントと中段から一歩抜ける形となった。

他の卓の状況は、1卓では花岡が、3卓では藤川がポイントを加えて少し抜け出し始めている。

ここから回が進むに連れ、痺れる戦いの連続になる。
対局者だけでなく、見ている者まで熱くなるような戦いをしていきたいし、
若手の皆にも見てもらい参考になる対局をしていきたいと思う。


 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 坂本 健二 45.7 98.3 1.4 37.0             182.4
2 掛樋 忠雄 ▲ 9.1 59.3 52.1 ▲ 2.1             100.2
3 明山 博史 43.8 25.2 15.6 ▲ 2.0             82.6
4 辻本 翔哉 73.9 7.4 ▲ 30.9 24.5             74.9
5 原田 保正 10.8 ▲ 10.6 26.3 29.2             55.7
6 岡崎 有 21.0 7.6 9.7 ▲ 7.5             30.8
7 稲森 英子 ▲ 23.8 39.2 ▲ 28.7 30.2             16.9
8 延原 明美 3.7 ▲ 62.4 85.3 ▲ 34.7             ▲ 8.1
9 樫村 昭裕 1.3 ▲ 28.5 19.4 ▲ 24.7             ▲ 32.5
10 西原 佳隆 ▲ 28.7 ▲ 35.4 36.5 ▲ 5.1             ▲ 32.7
11 筒井 宏晶 4.0 ▲ 28.8 24.7 ▲ 40.8             ▲ 40.9
12 米川 基紀 ▲ 77.1 25.0 ▲ 34.1 35.9             ▲ 50.3
13 冨田 淳一 ▲ 81.5 ▲ 4.5 ▲ 25.0 45.2             ▲ 65.8
14 堀 昭義 ▲ 18.8 ▲ 48.0 ▲ 44.3 23.8             ▲ 87.3
15 坂本 誠裕 34.8 ▲ 22.0 ▲ 58.8 ▲ 50.8             ▲ 96.8
16 勝間 伸生 ▲ 42.0 ▲ 23.8 ▲ 52.2 ▲ 79.1             ▲ 197.1


<第4節レポート:
明山 博史

今節もポイントをプラスとした、坂本健。Bリーグの中でも、頭1つ抜けた存在となりつつある。
次節もポイントを伸ばす様だと、昇級がかなり近くなってくるので、楽に打つ様な展開は避けたい。

今節、私は、勝間、米川、富田との対戦となった。
対戦者はまだ第3節終わったばかりなので、トータルポイントがマイナスということもあり攻めてくると思っていた。
なので私は、今節は守りに比重を置き、勝負手以外は、できるだけ突っ込まないでいこうと決めて対局に挑んだ。

1回戦、東1局、全員ノーテンとなり、初戦だから皆様子見かなと思ったが、半荘4回で全員ノーテンが5回もあった。
対局を終え、終盤にきての生牌が皆に1枚ずつ持っていて誰も河に置けない展開が何回かあり、終始、場が重いと感じた。

私は、1回戦を少しマイナスで迎えた2回戦。
富田にアガリを続けられる展開となり、私の持ち点が10,100点、ラス目で迎えた北家オーラス。
この時、3着目の米川が18,800点。

私は下記の手で、リーチを打った。

 暗カン リーチ ツモ

リーチ前、は場に1枚も見えていない状況で、まだ、牌は眠っていると思っていた。
そして、この手をツモアガリなんとかラスは逃れた。
この時、他家からアガリ牌が出ても見逃してツモアガにかけようと考えていた。

先輩プロに、私がこの時「他家からアガる事を考えていなかった。アガリ牌が出ても見逃していた。」と自分の考えを伝えると、
「もしアガリ牌を見逃して、親に放銃して更に点棒が減る事を考えたら、見逃しはどうかと思う。」
私が、自分のアガリばかり考えているから、この考えになっていたのかと、改めて思いしらされた。
これが、トーナメント戦等の対戦で、ここでツモらないと勝ちアガれないという状況なら、ツモアガリを狙うのもいいが、
先のあるリーグ戦なら、ここで無理する必要性があまりないと思いなおさせられた。
今回はたまたま、他家より先にツモることができたが、もう少し状況を考えて判断していかなければと思った。


他に、少し後悔の残る1局があったので紹介します。
4回戦、南3局、西家で下記の配牌。

ここから7巡目に下記の手に。



そこにが出て鳴いてしまった。
この時、私は、持ち点が19,300点の3着目で、この勝負手をなんとか決めたいと焦ってしまった。
この後はというと、有効牌はしか引けず、三元牌は場に1枚も出なく、この手を決める事が出来なかった。
他家が勝負にきてぶつかりあう形になると、また展開は変わったのかもしれないが、
序盤に仕掛けた事で、生牌の字牌を絞られ、他家が前に出てきにくい展開になってしまった。
この日の対戦者が終始字牌を絞っていたのだから、私のこの仕掛けは無謀に近かった。
どんな展開になっても焦らず、冷静な判断ができる様にならないといけないなと感じた。





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 中川 由佳梨 14.9 94.6 37.7 ▲ 11.4   135.8
2 青山 智哉 ▲ 6.1 ▲ 9.6 73.8 60.6   118.7
3 岡本 博 26.1 ▲ 22.5 ▲ 26.7 82.9   59.8
4 山里 剛司 ▲ 61.6 ▲ 20.5 62.6 76.5   57.0
5 原田 潤次 23.3 1.2 ▲ 27.3 46.8   44.0
6 高柳 将史 19.6 41.9 ▲ 2.4 ▲ 37.4   21.7
7 中安 武尊 ▲ 31.8 ▲ 29.1 92.0 ▲ 15.3   15.8
8 山中 翼 37.0 ▲ 52.6 21.1 ▲ 7.1   ▲ 1.6
9 吉武 朋宏 ▲ 21.6 ▲ 20.6 39.4 ▲ 2.3   ▲ 5.1
10 道見 駿 47.1 ▲ 47.5 ▲ 65.9 38.0   ▲ 28.3
11 吉田 哲史 ▲ 25.0 82.0 ▲ 21.3 ▲ 68.6   ▲ 32.9
12 辻田 弥生 12.7 9.7 ▲ 62.8 ▲ 10.4   ▲ 50.8
13 三歩一 隆介 24.2 7.4 ▲ 14.0 ▲ 76.0   ▲ 58.4
14 井上 智子 ▲ 73.9 ▲ 27.5 ▲ 8.6 23.3   ▲ 86.7
15 藤沢 周平 20.5 0.0 ▲ 67.2 ▲ 54.7   ▲ 101.4
16 中野 孝治 ▲ 6.4 ▲ 8.9 ▲ 50.4 ▲ 44.9   ▲ 110.6


<第4節レポート:
高柳 将史

半期リーグには大事な第4節。
前節も波乱の展開だったが、今回もまたすごい結果が待っていた。

1卓(青山・井上・中安・吉田)
前節、3位まで上がってきた青山。得意の粘る麻雀で1日のトータル+70P近く稼ぐ。
C1在籍以来、常に上位で昇級争いをしている。ここでも負けられないだろう。

2卓(辻田・中川・藤沢・山里)
今節までラスが無い絶好調の中川。
断トツのトップだけに注目が集まっていた。

南1局、親・辻田。

 ロン ドラ

ヤミテンで7巡目、中川がここに放銃し、大きく失点することになった。
1回戦目から▲40Pと、初めてのラスが点棒を借りるほどの大きなラスになった。

この大事な場面で、今までやってきたことを無駄にしてはならないと、2回戦目は時間を置いてリフレッシュ。
普通ならこのマイナススタートで気持ちが負けて、散々な結果に成りかねないところだが、そこはトップを独走している中川、今節は▲10P程度に抑えた。
この結果には、昇級への執念が見えてくる。

この卓でトータルトップは山里。
4戦目オーラス、親・山里。
50,000点を超えて楽勝モードの中川に、16,000点もなかった山里。
とにかく連荘を心掛け、3連荘で逆転。中川をおさえて勝利をものにした。
今回も上位に食い込み昇級争いに名乗りをあげた。

3卓(高柳・原田・吉武・山中)
原田、山中が1、2回戦と好調。だが3戦目、高柳、吉武が逆襲する。
3戦目も浮きの3着で終えた原田。

4戦目、原田が大物手を連発!東3局、西家・原田。

 ロン ドラ

親の高柳が、原田からドラをポンの後、高柳の現物を吉武が切って12,000を放銃。

続いて南2局、

 ドラ

ここからなんとを引き切りでテンパイ。
ツモで4,000、8,000をアガリ大きな勝利を飾った。
これで原田にも昇級が見えた!

4卓(岡本・道見・中野・三歩一)
初回から岡本が絶好調。道見が追いかけるも届かず。岡本が+80P近い結果を残した。
しばらく不調で、苦しく成績を下げていた岡本だったが雌伏の時を乗り越えた。

来月は泣いても笑っても最終節、悔いは残さないように
自分自身に負けないように。皆が最高の闘いをします!






太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 小松 ユキナ 11.7 57.2 12.9 43.3   125.1
2 永田 知也 ▲ 7.8 32.9 38.1 53.0   116.2
3 三好 直幸 30.8 ▲ 12.5 46.2 39.6   104.1
4 藤原 仙三 24.9 32.4 26.2 ▲ 2.5   81.0
5 大森 孝太郎 11.4 47.5 ▲ 51.4 71.9   79.4
6 後藤 俊孝 20.5 29.4 ▲ 32.7 25.0   42.2
7 粟津 裕貴 ▲ 16.1 61.2 ▲ 26.2 8.4   27.3
8 谷上 脩平 68.9 ▲ 57.7 47.5 ▲ 33.8   24.9
9 丸山 安奈 ▲ 26.4 65.9 ▲ 6.1 ▲ 43.2   ▲ 9.8
10 山室 太二 31.8 ▲ 7.3 12.1 ▲ 58.2   ▲ 21.6
11 木下 恭子 ▲ 13.1 ▲ 51.0 57.2 ▲ 17.3   ▲ 24.2
12 丸山 直 ▲ 14.2 ▲ 33.1 51.6 ▲ 33.1   ▲ 28.8
13 田村 豊 ▲ 16.1 9.4 ▲ 42.7 16.5   ▲ 32.9
14 高瀬 真濃 ▲ 22.1 ▲ 1.5 ▲ 56.7 34.8   ▲ 45.5
15 佃 真己斗 ▲ 40.4 ▲ 73.6 44.8 22.6   ▲ 46.6
16 山本 善嗣 15.8 ▲ 15.1 ▲ 8.6 ▲ 40.6   ▲ 48.5
17 中山 千鶴 1.7 ▲ 36.0 ▲ 36.9 16.7   ▲ 54.5
18 山口 恭平 ▲ 89.9 ▲ 22.7 46.9 ▲ 19.6   ▲ 85.3
19 高藤 英樹 ▲ 11.2 ▲ 26.7 ▲ 38.4 ▲ 57.1   ▲ 133.4
20 阪井 紀行 ▲ 21.2 ▲ 40.7 ▲ 85.8 ▲ 37.4   ▲ 185.1


<第4節レポート:
山口 恭平

第4節となるとC2リーグにとっては終盤戦にさしかかる。
何とか上位陣からポイントを奪い返したいところだが、現在トップの小松はこの日も安定した麻雀を打ち続ける。

(小松、丸山(直)、栗津、山口)
攻撃的な丸山から、小松はリーチやダマテンをうまく使いコツコツと点棒をためていく。
今節ほとんど3万点を切らずに安定した麻雀をすることができ、その結果、+43.3Pと首位を守りきった。

(山室、中山、田村、後藤)
4人とも競っている中で、南1局中山の親番でハイテイ前に中山が暗カンをする。
リンシャン牌の一をツモ切ると、

 ロン

山室この跳満に放銃する形となった。山越しのテンパイで手痛い放銃であった。
このアガリが大きかった山室、続く親番でも好牌配で4巡目には、三色確定のリーチをかけ、攻勢に転じた。

(永田、丸山(安)、木下、山本)
永田は常にプラスでむかえ最後の半荘も、

 ツモ

三色をアガリきり、+53.0Pと大きくポイントをゲットした。

C2リーグにとっては、第5節が最終節となる。
それぞれあきらめることなく最後まで目標や課題をもって臨みたい。

 


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
第9期
板川 和俊
花岡 章生
近野 理智男
中田 一幸
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。