日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第10期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第10期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 藤川 議次 67.3 11.0 23.2               101.5
2 花岡 章生 45.8 ▲ 9.1 40.6               77.3
3 中川 保 41.7 ▲ 14.5 15.8               43.0
4 近野 理智男 40.4 ▲ 58.0 40.7               23.1
5 玉木 章司 ▲ 3.8 42.0 ▲ 16.3               21.9
6 中田 一幸 17.8 1.9 ▲ 9.0               10.7
7 横山 毅 ▲ 0.3 26.5 ▲ 36.3               ▲ 10.1
8 上村 宜久 ▲ 44.7 ▲ 0.1 33.0               ▲ 11.8
9 仁科 健一郎 ▲ 36.3 12.6 ▲ 13.5               ▲ 37.2
10 長野 靖憲 10.0 ▲ 16.4 ▲ 54.9               ▲ 61.3
11 貫上 洋志 ▲ 97.5 15.1 13.2               ▲ 69.2
12 佐々木 亮 ▲ 40.4 ▲ 12.0 ▲ 38.5               ▲ 90.9


<第3節レポート:
花岡 章生

今節の相手は、佐々木、玉木、貫上。
佐々木、玉木は面前手役派。打点力で言えば関西で1、2だろう。
貫上も攻撃的な打ち手である。

こういった、打点の高い選手とやるときは、一歩間違えると一気にもってかれるので、
本手をぶつけるかスピード重視で主導権とるか、状況に応じて変えていかなければならない。

東1局、親・花岡。7巡目、すんなり本手が入り。

 ドラ

引き付けてからぶつけようと思っていると、8巡目、玉木からリーチが入り、追っかけると2巡後 ツモで6,000オ-ルのアガリ。
いけるかと思ったが、なかなかそうは行かないのは全員のレベルが高い証拠。ここから満貫、跳満のツモリあいになり、

東1局1本場、玉木。

 ドラ ツモ 

東3局、またも玉木。

 ポン ポン ツモ ドラ

東4局は貫上。

 ツモ ドラ

結果、この半荘を制したのは玉木。
南1局、親・花岡のテンパイに、

 ポン チー ドラ

佐々木がタンピン系の捨て牌でリーチ。
全員がぶつかりあった局面となった。が、玉木からツモの声。

 ポン チー ツモ

きっちり止めたを引き上がり500 1,000。これが決めてとなった。

2回戦以降も、全員が手牌を作り上げ最後の一牌を止め手牌を作り直すと言った展開が続いたが、先に集中が途切れたのが貫上。
3回戦の東4局、親の花岡に12,000、8,000と手痛い振り込み。

最終的には、花岡がポイントを伸ばし佐々木が1回戦の煽りを食った分沈む結果となった。
どこで誰が抜けてもおかしくない白熱した対局であった。



2卓(藤川、近野、長野、中田)

1、 2回戦とも藤川がトップと、去年の決定戦組の中田 近野相手に連勝しており、内心今年の1人は藤川に決まりかなと思って4回戦目を見てみると、
近野が50ポイント以上を叩き藤川がラスとなって、近野が半荘1回で全てをひっくり返す展開となっていた。
終了後、近野 藤川にコメントをもらうと、
近野「甘い打牌が多く最後だけはなんとか上手くいった。けど反省すべき点が多過ぎました」
近野は一撃があるだけに、途中の劣勢をどこからでもひっくり返してくるので怖い選手である。

ト-タルトップの藤川は、
「前節 今節と4回戦目で大きく崩れるので修正していきたいですね」
実際もっと抜けていてもおかしくないだけに、今後接戦になった時に多少の不安は残りそうだ。

3卓(中川 横山 上村 仁科)
ト-タルをプラスまでもっていきたかったとコメントしてくれた上村。
序盤から終始リードした展開であったが、この中川の一撃。

 ツモ

「四暗刻をアガリ、なんとかプラスまで行けました」と笑顔で話してくれた。
上村と中川の2人浮きで終了。

中団の入れ替わりがまだまだ激しく、藤川が頭一つ出た形になったが、まだ3節どこから誰がでてくるのか次節以降も楽しみである。

 



 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 坂本 健二 45.7 98.3 1.4               145.4
2 掛樋 忠雄 ▲ 9.1 59.3 52.1               102.3
3 明山 博史 43.8 25.2 15.6               84.6
4 辻本 翔哉 73.9 7.4 ▲ 30.9               50.4
5 岡崎 有 21.0 7.6 9.7               38.3
6 延原 明美 3.7 ▲ 62.4 85.3               26.6
7 原田 保正 10.8 ▲ 10.6 26.3               26.5
8 筒井 宏晶 4.0 ▲ 28.8 24.7               ▲ 0.1
9 樫村 昭裕 1.3 ▲ 28.5 19.4               ▲ 7.8
10 稲森 英子 ▲ 23.8 39.2 ▲ 28.7               ▲ 13.3
11 西原 佳隆 ▲ 28.7 ▲ 35.4 36.5               ▲ 27.6
12 坂本 誠裕 34.8 ▲ 22.0 ▲ 58.8               ▲ 46.0
13 米川 基紀 ▲ 77.1 25.0 ▲ 34.1               ▲ 86.2
14 冨田 淳一 ▲ 81.5 ▲ 4.5 ▲ 25.0               ▲ 111.0
15 堀 昭義 ▲ 18.8 ▲ 48.0 ▲ 44.3               ▲ 111.1
16 勝間 伸生 ▲ 42.0 ▲ 23.8 ▲ 52.2               ▲ 118.0


<第3節レポート:
明山 博史

今節、私自身が対局中に感じた事をレポートさせて頂きます。
対戦者は、稲森、坂本健、岡崎との対戦です。
今節の対局では、終始、字牌の打牌するタイミングに悩まされる1日となりました。

まず、開始早々自分の手が行ける態勢でない時に役牌を鳴かせて、他家に先に進めさせたくないと思い、字牌を絞っていたら、
結局、中盤、終盤まで切れなくて手の中で孤立する形になってしまいその手は終了。
この時は、自分が行こうと思う手ではないので、切らなかった事に関して自分自信に納得がいく。

次に、自分がこの手は行くと決めた時、序盤で行くと決めた時は、迷いなく切れるのですが、中盤になってくると生牌、1枚切れの牌を切る事に、躊躇してしまう。
行くと決めても、リスクのある打牌はやはり避けたいものです。

そんな中、私は、対局中の岡崎が字牌や無筋の中張牌の打牌を、他家の切った後に合わせるのがほとんどだったのが印象的でした。
この様に、対処することがリスクのある打牌を少しでも避ける事になるのです。

今節、私は、自分でもダメだったと思う打牌が幾つかあったのですが、その1つを紹介します。
起家から、岡崎、稲森、坂本建、明山の対戦で1回戦南1局。
親の岡崎からリーチが入り、私は安全牌を切ってオリていったのですが、そこに稲森がポンポンと仕掛けていたところに、
私はリーチ者に通ったばかりのを打牌したが、そこで上家の稲森が前巡に手変わりで打としていたのに、私は安易にを打牌して稲森に放銃。

 ポン ポン ロン

勝負して打った打牌ではなく、オリて打った牌で放銃となりとても後悔しました。
今後、こうした打牌を無くしていかないと、上位進出は厳しいと思います。

次に、今節大きくポイントを伸ばした延原。その決め手となった局を紹介します。
起家から、勝間、筒井、延原、坂本誠の1回戦南3局。筒井が下記の手でリーチ。

 リーチ ドラ

しかし、この局を制したのは、筒井ではなく親の延原。ハイテイ間際で延原からツモの声が。

 ツモ

上記、四暗刻単騎をツモリ、一気にポイントを伸ばして、更にオーラスでも見せてくれた。

 ロン ドラ

上記の手をアガリ、100,000点超えの特大トップ。ドラを大切に使った手作りで今節プラス80P以上叩いた。

また別卓では、調子があまりよくなさそうな米川。
今節も3回戦までマイナスと沈んでいる状況での4回戦オーラスの紹介をします。

起家から堀、掛樋、原田、米川。
米川が42,400、トップ目で迎え、8巡目で下記の手でテンパイ。

 ドラ

ここからをツモりノータイムで打
メンホンのまま又は切りでも悪くはないと思うが切りで、打点が更に上がる一打でもあり、尚且つ、動きやすくもなる。
次にチーで再度テンパイ。

 チー ロン

そして、この手を他家からアガり50,000点超えのトップ。
10節あるリーグ戦のまだ3節が終わったばかり。ここから調子が上がってくる感じがします。
次節からますます楽しくなってきそうです。

 





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 中川 由佳梨 14.9 94.6 37.7               147.2
2 高柳 将史 19.6 41.9 ▲ 2.4               59.1
3 青山 智哉 ▲ 6.1 ▲ 9.6 73.8               58.1
4 吉田 哲史 ▲ 25.0 82.0 ▲ 21.3               35.7
5 中安 武尊 ▲ 31.8 ▲ 29.1 92.0               31.1
6 三歩一 隆介 24.2 7.4 ▲ 14.0               17.6
7 山中 翼 37.0 ▲ 52.6 21.1               5.5
8 原田 潤次 23.3 1.2 ▲ 27.3               ▲ 2.8
9 吉武 朋宏 ▲ 21.6 ▲ 20.6 39.4               ▲ 2.8
10 山里 剛司 ▲ 61.6 ▲ 20.5 62.6               ▲ 19.5
11 岡本 博 26.1 ▲ 22.5 ▲ 26.7               ▲ 23.1
12 辻田 弥生 12.7 9.7 ▲ 62.8               ▲ 40.4
13 藤沢 周平 20.5 0.0 ▲ 67.2               ▲ 46.7
14 中野 孝治 ▲ 6.4 ▲ 8.9 ▲ 50.4               ▲ 65.7
15 道見 駿 47.1 ▲ 47.5 ▲ 65.9               ▲ 66.3
16 井上 智子 ▲ 73.9 ▲ 27.5 ▲ 8.6               ▲ 110.0


<第3節レポート:
高柳 将史

半期戦おいては大事な中間点第3節が開始された。
早速、今節も各卓別に紹介していきます。

1卓(高柳・中川・三歩一・吉田)
なんとこの4人、前節の各卓トータルトップ。白熱の展開が予想された。
開局早々から起親の中川がツモアガリを連発する、相変わらず調子が良さそう。
1戦目には大きなアガリこそ無かったものの50,000点を超えるリード。

2戦目は三歩一がトップ。
リーチツモ、ドラドラ、チイトイツの3,000、6,000を開局早々にアガリ、南1局には、

 ポン ツモ ドラ

これが2戦目の決勝打となった。
4戦目、吉田が起親。東1局2本場、親・吉田のテンパイ。

 ロン ドラ

三歩一からアガって大量のリード。このまま逃げ切りたいところであるが。
東1局3本場、西家・高柳。

 ツモ ドラ

これをアガって2人が抜けた展開になるものの、東3局、北家・中川のリーチ。

 リーチ ツモ ドラ 

安めアガリとはいえ大きな原点復活。南1局、親・吉田は、

 ポン ポン ドラ

これに対して、南家・中川が、

ここから1枚目のは見逃し2枚目を鳴いてテンパイとした。
直後、をツモって逃げ切り濃厚に!しかし、南4局。

 ドラ

ダマテンの北家・高柳にを放銃してしまった。
行き過ぎたか?課題が残りそう。
それにしても、4戦トータルは中川のみがプラスとして、他者を引き離す結果となった。

2卓(道見・中安・藤沢・山中)
2節まで深いマイナスと不調の中安だったが、3節はアクセル全開。
+90P以上としてトータルを+30Pにした。

一方、これまでプラスで順調だった藤沢が▲60Pとして大きく後退し大きく明暗を分けてしまった。

3卓(井上・岡本・原田・山里)
今まで下位に甘んじていた山里にチャンスが到来した。東場1局。

 ドラ

このテンパイに、ツモとして初回から大きな流れを掴み
今節+60P以上を稼いだ。まだマイナスだが手ごたえを感じてるはずだ。

4卓(青山・辻田・中野・吉武)
3回戦、青山の配牌。

 ドラ

ダブルリーチのかけられる配牌だが、今までの2戦で好調を感じてか切りとした。
6巡目に絶好のを引いてリーチ。

 リーチ ロン

好調の青山は今節も+70Pを奪取して、全体のトータルで中川に次ぐ2着に浮上した。
今節まで、伸び悩み苦しんでいた選手達の下克上。断トツの中川を筆頭に団子状態と相成った。
群雄割拠を制するのは誰か!?負けられない闘いが次節も待っている。








太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 藤原 仙三 24.9 32.4 26.2               83.5
2 小松 ユキナ 11.7 57.2 12.9               81.8
3 三好 直幸 30.8 ▲ 12.5 46.2               64.5
4 永田 知也 ▲ 7.8 32.9 38.1               63.2
5 谷上 脩平 68.9 ▲ 57.7 47.5               58.7
6 山室 太二 31.8 ▲ 7.3 12.1               36.6
7 丸山 安奈 ▲ 26.4 65.9 ▲ 6.1               33.4
8 粟津 裕貴 ▲ 16.1 61.2 ▲ 26.2               18.9
9 後藤 俊孝 20.5 29.4 ▲ 32.7               17.2
10 大森 孝太郎 11.4 47.5 ▲ 51.4               7.5
11 丸山 直 ▲ 14.2 ▲ 33.1 51.6               4.3
12 木下 恭子 ▲ 13.1 ▲ 51.0 57.2               ▲ 6.9
13 山本 善嗣 15.8 ▲ 15.1 ▲ 8.6               ▲ 7.9
14 田村 豊 ▲ 16.1 9.4 ▲ 42.7               ▲ 49.4
15 山口 恭平 ▲ 89.9 ▲ 22.7 46.9               ▲ 65.7
16 佃 真己斗 ▲ 40.4 ▲ 73.6 44.8               ▲ 69.2
17 中山千鶴 1.7 ▲ 36.0 ▲ 36.9               ▲ 71.2
18 高藤 英樹 ▲ 11.2 ▲ 26.7 ▲ 38.4               ▲ 76.3
19 高瀬 真濃 ▲ 22.1 ▲ 1.5 ▲ 56.7               ▲ 80.3
20 阪井 紀行 ▲ 21.2 ▲ 40.7 ▲ 85.8               ▲ 147.7


<第3節レポート:
山口 恭平

第2節までの順位の上位3人は、いずれも27期生である。
新しい力がC2リーグを盛り上げていて、刺激しあえる闘いになっていると私自身は感じている。

第3節、三好、山口、大森、田村
現在2位につけている大森に、攻めっ気の強い三好、バランス重視の田村と山口の対局である。
いきなり大きく点棒を集めたのは攻めの姿勢を貫く三好だった。
大森の親リーチに対して無筋を押していく。
結果は、三好のツモアガリだったが、その時の手牌がこうである。

123のをチーしてテンパイ。

 チー ドラ

ここに、ツモの4,000・8,000である。
これで優位にたった三好である。それでも守りに入らずにリーチをかけ、攻め続ける。
3回戦まで3連勝で+70Pを超えていた。

4回戦で意地を見せたのが田村だった。
東1局親で、

 ポン

この7,700を三好からアガリきる。
三好は、この時も好調でドラをポンして7,700をテンパっての勝負だった。

そこから勢いに乗った田村が4,000オールをアガリ、点棒を積み上げ、三好をラスに押し付け一矢報いることができた。
あの振り込みで流れが変わってしまった気がすると言っていた三好。
でもこの第3節は三好が+46.2Pと大きく前進する形となった。

もう残り第4節と第5節の終盤戦に入ろうとしている。
最後まで誰が勝ち上がるかわからないが、悔いだけは残さずに頑張っていきたい。

 


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
第9期
板川 和俊
花岡 章生
近野 理智男
中田 一幸
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。