日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第9期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第9期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 中田 一幸 42.2 64.5 ▲ 20.7 20.3 30.8 30.6 46.4 38.0 7.2   259.3
2 近野 理智男 63.9 67.6 19.9 ▲ 73.0 18.1 14.1 106.3 ▲ 45.6 45.4   216.7
3 花岡 章生 29.0 21.4 ▲ 35.5 37.3 35.3 ▲ 36.4 12.2 114.2 29.3   206.8
4 中川 保 30.3 ▲ 12.5 13.5 ▲ 22.0 9.3 86.1 ▲ 22.4 37.4 ▲ 42.8   76.9
5 長野 靖憲 ▲ 12.6 ▲ 31.8 8.0 49.7 23.6 ▲ 19.2 12.4 ▲ 3.1 24.9   51.9
6 佐々木 亮 73.3 ▲ 22.7 118.2 12.8 ▲ 19.8 ▲ 65.5 ▲ 27.9 ▲ 10.6 ▲ 10.7   47.1
7 横山 毅 3.5 ▲ 22.1 2.1 19.1 ▲ 10.6 131.6 ▲ 70.9 ▲ 3.4 ▲ 77.4   ▲ 28.1
8 玉木 章司 ▲ 60.7 ▲ 53.0 ▲ 20.9 41.1 58.1 ▲ 22.8 ▲ 30.9 22.4 ▲ 14.6   ▲ 81.3
9 藤川 議次 ▲ 27.1 ▲ 32.4 33.6 39.4 ▲ 34.2 ▲ 76.0 43.2 ▲ 69.2 25.3   ▲ 97.4
10 貫上 洋志 ▲ 79.0 63.4 ▲ 10.5 ▲ 49.0 ▲ 13.3 ▲ 51.6 2.5 ▲ 12.2 10.1   ▲ 139.6
11 勝間 伸生 ▲ 64.2 ▲ 44.5 ▲ 3.0 ▲ 32.7 ▲ 46.3 60.3 ▲ 23.3 ▲ 68.9 3.3   ▲ 219.3
12 宮前 克馬 ▲ 38.6 2.1 ▲ 104.7 ▲ 44.0 ▲ 52.0 ▲ 51.2 ▲ 48.6
---
---
---
▲ 337.0


<第9節レポート:近野 理智男>

10節に渡って行われる対局も残すところ2節となった太閤位プロリーグ。
第9期の9節という数字が2つも続けば大変苦しい展開が予想されるが、プロ雀士にとってはそれが自身を鍛えるマラソンコースのようなもの。
今節も対局は二手に分かれて激しいデッドヒートを見せた。

A1卓、佐々木 亮、 勝間 伸生、 藤川 議次、 中川 保、 長野 靖憲、(5回戦抜け番1名)

1回戦は藤川がうまく場を回してリードすると、2回戦からは現在4位と好位置をキープする中川が卓につく。
しかし、一周走ってきた選手との温度差を感じたのか、ここでは動きが少し硬い印象を受けた。  

それに対して体の温まってきた長野は熱く攻める。
東4局でドラ2の愚形リーチを軽くツモりあげると、南2局に以下のアガリを決めて安全圏へ。

 ポン ツモ ドラ

オーラス、難しい局面を迫られたのは28,600点で3着目の佐々木。
のリャンカン形からが先に入って三色の目がなくなると、必然的に入るのが安いテンパイ。
しかも、ラス目の中川からドラポンが入って、ここで引かされたのが納得のいかないツモである。

 ツモ ドラ

普通ならここで場を静かに終わらせることもあろうが、佐々木はここで当然とばかりに、に手をかけフリテンリーチ。
数巡後に難なくツモりあげた。

3回戦、抜きつ抜かれつの攻防が続いて、今度は佐々木がラスを引かされると、4回戦はその佐々木が抜け番。
残り4者がぶつかり合う中、ここでもやはり長野が熱い。
自身の体を当てて入れるような激しい攻めを見せて、南3局で再び4万点超えしても、親番では勝間、中川の仕掛けに対して一歩も譲らず、 
手牌を見れば門前三色のテンパイ。

 ドラ

ここは最終的に、勝間への放銃となってしまったが、普段の長野らしからぬ勝負魂に意気込みの強さを感じた。

5回戦、トータルでは落ち着いた麻雀で藤川がトップを走っていたが、最後は勝間が意地を見せる。
多少強引な仕掛けで最後の親番を二度死守すると、ピンチの後にはチャンスあり、全員を降ろすリーチで親満をツモりあげ、さらに連荘。
たった1回戦でこの日の負債を払いきるところに、ベテランAリーガーの底力を見た。

終わって見れば、最後まで体の温まりきらなかった中川が後退した結果となったが、ポイントを持つほどに体が硬くなるということは多分にある。
ゴールはまだ先にある事を理解している打ち手であることは間違いない。


A2卓、横山 毅、花岡 章生、中田 一幸、玉木 章司、貫上 洋志、近野 理智男(6回戦、抜け番2名)

リーグ戦の上位が固まる卓だけに、誰もがレースの生き残りも必死になるはずだ。
1回戦、開幕の親番の花岡。

 チー ドラ ロン

さらりとした両面チーに捕まるのは近野。
ここ2節では花岡に対してロン牌が止まらない展開が続く。
しかし、ここで簡単に倒れるようでは太閤位への挑戦切符は一生手に入らない。
近野は親番のペン7でリーチせず、ドラ単騎に受け変えてもリーチせず、じっと好機を待つ。

 ツモ ドラ

ここでようやくのリーチに対してドラが3枚見えた状態で、貫上から高めが出た。

しかし、花岡がまだ近野の首根っこを離さない。
花岡5巡目の早いリーチに対して強いを叩き切った近野に視線が光る。
貫上がを通したあと、近野にもテンパイが入って安堵でを降ろすと、これが刺さる。

 ツモ ドラ

 リーチ ロン 

麻雀で一番辛いと感じる時は、自身の恐怖心に縛られる時である。
これだけ捕まるとさすがに息も絶え絶えになるが、走る体力が底をついたとしても息をしている限り、前を走り続ける姿勢が大事なのだろう。

2回戦、近野が抜けて今度はリーグ戦トップの中田が卓につく。
東1局1本場の中田。

 ツモ ドラ

ここからをツモ切ると、たて続けにを4枚引いて異常な捨て牌が並んだ。
手組を大事にする中田にとって苦手な場面かもしれないと感じると、この試合は貫上が魅せた。
南1局1本場、

 ツモ ドラ 

何を切るに出てもおかしくない問題だが、貫上がここで選択した牌はドラ表示牌の切り。
ドラトイツでこの選択ができる選手は少ないと思うが、ここから打点の高いアガリに結び付くところが麻雀の面白いとこである。

 アンカン ポン ツモ   

魅せた貫上が6満点超えのトップを取り、中田がトイツ場のあおりを食らってか、大きなラスを引かされた。

3回戦も花岡に対する失点の止まらない近野。東4局。 
花岡の7巡目リーチに対して、1シャンテンの近野。
たて続けにを引いて、ここは危険信号とばかりに現物のを落とすが、
親の横山が万を通してリーチに入った時点で再びテンパイが取れる形になるから恐ろしい。
は2枚しか見えていないが、ここはうがった牌を切る。

 ツモ ドラ 

麻雀の選択に絶対はないが、一度止めた牌をもう一度勝負するという行為が正解だった記憶があまりない。

 ロン

麻雀は1局の選択で優劣をつけがたい競技だが、成績として結果が残る。
花岡は着実に結果を積み重ねることで、優劣がつける事のできる打ち手である。
最後は近野が意地だけ前に突き進んだ結果となったが、トータルプラスで終えた中田こそさすがだと言わざるを得ない。

プロリーグも残すところをあと1節とし、中田、近野、花岡の上位3名の成績が飛びぬけた感じだが、まだ誰もがゴール地点のテープを切った訳ではない。
最後まで何が起きるかわからないのが、プロリーグ戦というマッチレースの醍醐味であろう。

9という数字は「苦」に例えられて敬遠されがちだが、苦しくても、苦しくても、ゴールを目指す頂きまで、皆が駆け抜ける喜びを負うのがプロの使命だろう。
第9期の9節まで駆け続けたならば、最後は皆でハイになって走り続けるしかない。


 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 仁科 健一郎 7.9 34.0 33.3 15.8 ▲ 5.4 43.2 40.6 54.3 ▲ 2.4   221.3
2 上村 宜久 35.1 13.8 22.0 8.4 ▲ 47.3 42.3 13.7 27.1 14.1   129.2
3 岡崎 有 18.0 ▲ 6.9 ▲ 3.3 30.1 ▲ 18.1 42.1 ▲ 16.5 39.9 27.2   112.5
4 西原 佳隆 ▲ 34.6 ▲ 10.2 ▲ 2.2 39.2 35.7 44.6 29.1 47.0 ▲ 51.2   97.4
5 原田 保正 29.4 56.9 ▲ 19.8 61.4 64.6 ▲ 41.5 ▲ 4.3 ▲ 16.2 ▲ 60.5   70.0
6 稲森 英子 ▲ 47.3 ▲ 60.1 36.1 ▲ 10.0 ▲ 11.8 47.3 ▲ 1.7 21.3 36.5   10.3
7 堀 昭義 54.6 27.4 ▲ 21.0 ▲ 9.6 14.4 ▲ 11.1 ▲ 37.8 16.9 ▲ 49.2   ▲ 15.4
8 延原 明美 ▲ 18.5 0.7 33.7 ▲ 98.4 ▲ 10.4 ▲ 48.9 66.7 11.1 0.2   ▲ 63.8
9 米川 基紀 ▲ 9.3 4.1 ▲ 39.4 3.8 ▲ 32.6 0.9 11.9 ▲ 20.0 12.1   ▲ 68.5
10 坂本 誠裕 ▲ 57.2 ▲ 0.5 ▲ 27.5 0.5 44.2 ▲ 40.5 53.6 ▲ 50.2 ▲ 2.0   ▲ 79.6
11 辻本 翔哉 ▲ 21.3 ▲ 21.3 ▲ 8.4 18.4 44.7 ▲ 10.7 ▲ 43.5 ▲ 15.2 ▲ 23.5   ▲ 80.8
12 冨田 淳一 ▲ 17.3 3.6 31.2 21.2 ▲ 22.4 ▲ 45.7 ▲ 37.5 ▲ 40.6 11.2   ▲ 96.3
13 岡本 博 59.8 ▲ 51.4 17.8 ▲ 25.8 ▲ 56.2 24.2 ▲ 74.3 ▲ 75.4 65.5   ▲ 115.8


<第9節レポート:岡崎 有>

2010年ももう少しで終わろうとしている。
そして1年間を費やして戦ってきたリーグ戦も同じように最終節を迎えようとしている。
この9節で上位陣は昇級を狙える位置、また下位陣は降級を避ける位置に是が非でも付けておきたい所である。
今回、私の卓は2つのダブルリーチが飛び出す激しい展開となった。しかも1つは地和チャンスの下記の手である。

 ドラ

そして、これを一発でツモりあげた岡本はトータル+65,5で最下位には変わらずとも、しっかり最終節をおもしろくしてくれた。
また、上位陣の結果は明暗を分ける形となり、首位の仁科は2位と約100ポイントの差で、ほぼ昇級の当確ランプが点灯したと言って良いだろう。

それに続く2位〜5位は約50ポイントの差。逆に下位陣の8位〜最下位も約50ポイントの差であり、最終節までまだまだ結果は分からない。
これで最終節は上位陣と下位陣でそれぞれ昇級、降級を賭けた熱い戦いが繰り広げられることは間違いないだろう。
BリーグもAリーグに負けないくらい最後まで目が離せない。

 





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 明山 博史 48.1 84.9 29.4 24.9   187.3
2 青山 智哉 ▲ 4.7 10.4 66.9 63.3   135.9
3 中川 由佳梨 34.5 9.3 17.7 42.8   104.3
4 筒井 宏晶 1.6 81.5 14.6 ▲ 2.1   95.6
5 中安 武尊 3.1 ▲ 21.2 32.9 ▲ 4.9   9.9
6 藤沢 周平 20.8 ▲ 28.7 ▲ 32.5 36.5   ▲ 3.9
7 吉田 哲史 ▲ 29.6 34.8 ▲ 49.0 28.7   ▲ 15.1
8 三歩一 隆介 0.1 ▲ 4.0 6.5 ▲ 18.5   ▲ 15.9
9 吉武 朋宏 ▲ 4.8 54.7 ▲ 38.6 ▲ 28.7   ▲ 17.4
10 小西 輝彦 ▲ 6.6 44.8 ▲ 11.6 ▲ 50.5   ▲ 23.9
11 中野 孝治 ▲ 24.2 ▲ 35.0 ▲ 0.6 23.9   ▲ 35.9
12 山里 剛司 52.8 11.2 ▲ 78.1 ▲ 24.9   ▲ 39.0
13 山中 翼 ▲ 35.2 ▲ 59.8 29.2 26.7   ▲ 39.1
14 高柳 将史 24.8 ▲ 75.2 53.8 ▲ 60.8   ▲ 57.4
15 山口 恭平 ▲ 38.4 ▲ 75.6 ▲ 8.5 ▲ 12.1   ▲ 134.6
16 井上 智子 ▲ 43.3 ▲ 32.1 ▲ 36.1 ▲ 46.3   ▲ 157.8


<後期第4節レポート:高柳 将史

半期リーグ戦には大事な第四節。各人が上位になる意気込みで開始された。
依然として暫定一位の明山は小西、山中、筒井と対戦し、難関突破の
20P程度プラスだった。これはもう逃げ切り濃厚だろうと思われる。

 続いて、二位に上がってきたのが中安、井上、山口と打った青山だ。
相変わらずの粘り強い麻雀で和了を重ねてプラス60P台!
四回戦目は一人浮きで明山との差をグーと縮めた。

 三位に上がってきたのは紅一点の中川由佳梨。
同卓は三歩一、藤沢、高柳であったが、今回は高い得点を連発した。
ドラ暗刻を巧についこなして、しかも立直してツモる。絶好の
場面が幾度も見られた。三回戦までで70Pを超えるプラスだったが
四回戦は苦しい状況、オーラスでダマテンの子に12000を放銃してしまうなど惜しまれる展開もあったが、それでも40台のプラス。見事に三位にランクインである。

 そして、三節まで二位をキープしていた筒井はどうだったか?
立ち上がりが苦しく二回戦までで▲30P台。しかし三回戦だけでプラスに戻したが、
四回戦目では手痛いラス。100P以下のスコアになり少し後退する形になった。

 最終節を向かえるあたって
この四人が明らかに昇級が見える位置にいる。中安を除く11人は
▲の成績で完全に明暗がわかれてしまった。

 上位は昇級を目指し下位は降級しないように少しでも勝ちを目指したい。
誰しもがもっと上を目指してきたのだから負けられない。
その思いで打っていく、各人がその決意です。

 





太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 原田 潤次 ▲ 31.4 43.4 61.3 7.6   80.9
2 道見 駿 ▲ 32.8 33.9 27.8 32.9   61.8
3 辻田 弥生 24.8 14.4 ▲ 10.9 25.8   54.1
4 谷上 脩平 20.4 42.9 ▲ 30.5 7.9   40.7
5 後藤 俊孝 7.4 36.0 1.8 ▲ 12.1   33.1
6 木下 恭子 3.6 45.1 ▲ 32.7 6.7   22.7
7 丸山 直 66.4 ▲ 122.3 26.6 29.6   0.3
8 山室 太二 45.1 ▲ 11.3 ▲ 49.6 12.5   ▲ 3.3
9 山本 善嗣 24.9 12.5 ▲ 21.7 ▲ 29.6   ▲ 13.9
10 三好 直幸 ▲ 52.9 68.9 7.3 ▲ 75.4   ▲ 52.1
11 高瀬 真濃 10.4 ▲ 39.1 ▲ 19.9 ▲ 8.7   ▲ 57.3
12 田村 豊 ▲ 47.5 ▲ 18.3 ▲ 6.5 ▲ 35.8   ▲ 108.1
13 高藤 英樹 ▲ 58.4 ▲ 111.1 47.0 ▲ 1.4   ▲ 123.9


後期第4節レポート:
高瀬 真濃

C2リーグもいよいよ第四節となり、残るは最終節のみ。

暫定1位の原田が頭一つ抜けているが、抜けていると言っても2位の後藤との差は28,1P。
4位(今期、昇級は三位まで)の道見とは44,4Pと、まだまだ息をつけるポイント差ではない。
3位から6位の差も10P以内と、上位陣はかなりひしめき合っている。

そんな状況下、今節の注目卓はやはり3卓の木下・谷上・三好・後藤・道見の、五人回しのこの卓だろう。

第3節終了時点で2位の後藤、3位の谷上、4位の道見の直接対決。
三好と木下も6位と7位でまだまだ昇級を狙える位置にいる。ここで大きくプラスを叩ければ、最終戦がかなり有利になる。と各人、意識していたことだろう。
だが逆に、ここで大きく沈んでしまうと、最終戦は厳しい戦いを強いられることになる。

それを考えてか、暫定2位の後藤はいつも以上に慎重だった。


五回戦。抜け番は三好。

南1局2本場でドラ
北家の後藤は丁寧に手を進め、中盤に、



このテンパイとなった。
タンピン高め三色のこの手牌。

私ならリーチをかけ、安めのでもあがるところだが、ヤミテンに構え高めのみ出アガリする人もいるだろうし、
リーチかダマか、安めをあがるかあがらないか、選択は人それぞれだろう。

後藤はどうしたかというと、ヤミテンに構え親の道見からを出アガリした。
あとで本人にこの時の事を尋ねると「チャンス手だが、好調の道見の親を蹴る為に、確実にあがることを優先した。」とのこと。

この日の道見は三回戦、オールトップで三連勝。
四回戦のこの局の道見はまだラス目だったが、全員の点棒状況は平たい。
調子のいい道見をこれ以上連荘させてはいけないと、冷静に判断したのだ。
この4回戦、道見はラスとなり、後藤は浮きの2着だった。
そして、後藤、谷上は共に+7.9P。道見は+32.9P。木下は+26.7Pと、三好以外はポイントを伸ばした。

1卓は、5位の辻田が+28.3Pとプラスを叩き3位へと順位を上げた。
「丸山君がかわし手を多用し今節は苦しかった。」と話した2卓の原田は、苦しいと言いつつも+7.6Pでしっかりと1位を死守。
上位陣はほとんどが今節もプラスの成績を残した。
最終節は二か月後。誰が昇級できるかは最後まで全くわからない。
                             


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。