日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第9期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第9期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 中田 一幸 42.2 64.5 ▲ 20.7 20.3 30.8 30.6 46.4 38.0     252.1
2 花岡 章生 29.0 21.4 ▲ 35.5 37.3 35.3 ▲ 36.4 12.2 114.2     177.5
3 近野 理智男 63.9 67.6 19.9 ▲ 73.0 18.1 14.1 106.3 ▲ 45.6     171.3
4 中川 保 30.3 ▲ 12.5 13.5 ▲ 22.0 9.3 86.1 ▲ 22.4 37.4     119.7
5 佐々木 亮 73.3 ▲ 22.7 118.2 12.8 ▲ 19.8 ▲ 65.5 ▲ 27.9 ▲ 10.6     57.8
6 横山 毅 3.5 ▲ 22.1 2.1 19.1 ▲ 10.6 131.6 ▲ 70.9 ▲ 3.4     49.3
7 長野 靖憲 ▲ 12.6 ▲ 31.8 8.0 49.7 23.6 ▲ 19.2 12.4 ▲ 3.1     27.0
8 玉木 章司 ▲ 60.7 ▲ 53.0 ▲ 20.9 41.1 58.1 ▲ 22.8 ▲ 30.9 22.4     ▲ 66.7
9 藤川 議次 ▲ 27.1 ▲ 32.4 33.6 39.4 ▲ 34.2 ▲ 76.0 43.2 ▲ 69.2     ▲ 122.7
10 貫上 洋志 ▲ 79.0 63.4 ▲ 10.5 ▲ 49.0 ▲ 13.3 ▲ 51.6 2.5 ▲ 12.2     ▲ 149.7
11 勝間 伸生 ▲ 64.2 ▲ 44.5 ▲ 3.0 ▲ 32.7 ▲ 46.3 60.3 ▲ 23.3 ▲ 68.9     ▲ 222.6
12 宮前 克馬 ▲ 38.6 2.1 ▲ 104.7 ▲ 44.0 ▲ 52.0 ▲ 51.2 ▲ 48.6 - - - ▲ 337.0


<第8節レポート:近野 理智男>

11人の開催となった関西プロAリーグ戦。
戦いも佳境を迎えた第8節は選手たちも更なる接近戦を強いられ、まるでプロレスのバトルロワイヤルを見るような波乱の幕開けとなった。

開始から焦って攻めるもの、じっと待ちかまえて勝機を伺うもの、王道をもって正攻法で戦うもの。
様々な選手が混在するから面白いのだろうが、この試合も各選手のもち味が存分に出る展開となった。
今節のレポートに注目して頂きたい。



A1卓、横山毅・勝間伸生・中田一幸・中川保・長野靖憲(各1名抜け番、全5回戦)

対局を盛り上げて紹介するなら、勢いを持って先頭を突っ走るエース中田を、歴代太閤位の横山、勝間がいかに抑え込むか?
また、中段から抜けたい中川、長野の両名も、気迫のこもった試合になるのではないだろうか。

1回戦、勝間、中田、中川、長野
初戦から少しでもリーグ戦リーダーの中田を叩き落として上にあがりたい勝間と長野。
しかし展開は逆に中川、中田のリードで終盤を迎えると、ドラポンの親の勝間と、三色リーチの長野がこの局の生き残りを強いられる結果となった。

 リーチロン ドラ

2回戦、横山、勝間、中田、中川
ここでも中川のリードが止まらない。しかし意地を見せたのは横山。

 リーチロン ドラ 

中田がワンチャンスを見て切った牌をとがめて子の満貫をアガルと、ここからエースにまったをかけて、真打ち登場といきたいところだが。

3回戦、横山 中田 中川 長野
それでも中田の姿勢を崩さない戦い方が素晴らしい。
極力相手をつかせずに場を流していきたい中田。まずはファン牌をしかけて軽いテンパイ。

 ポン 

これに対して対面の親からリーチが入ると、後手を踏むのが上位の麻雀だが、まずはを掴んで打ち。

 ポン 

この形からが切れるならソーズを伸ばすが、確実に危険度の高い選択を見切るか、最終まで粘って駄目なら面子を崩す。
これを当たり前のように全局を安定して行う事が難しいのが麻雀という競技である。
中田は動きが柔軟であるがゆえに怪我の少ないレスラーのようだ。

5回戦を終えてみれば中田が渾身の卓内トップを果たしてポイントを伸ばし、中川も悠々の浮きでポイントを加えた。
例えるならエースチームがタッグで勝利したような印象だが、これも今までの努力や積み重ねがあったからこその結果と言えるだろう。
特に、中川の順位率2.41でのこの成績には、深く頭を下げてしまう。


A2卓、佐々木亮・花岡章生・藤川議次・玉木章司・貫上洋志・近野理智男(各2名抜け番、全6回戦)

A1卓のメンバーをベビーフェイス(主役)に例えるなら、A2卓は明らかに曲者ぞろいのヒール側(悪役)に感じたのは筆者の印象。
麻雀はただ真っすぐ打つだけのスポーツではない。
そこに駆け引きや意図が含まれるから面白いだけに、曲者がいるほど試合が盛り上がるものだろう。

1回戦、藤川、玉木、貫上、近野
開幕から親で近野が連荘を重ねるも、うがった仕掛けから調子を崩すのが弱者のパターン。
配牌4トイツから早く捌きに行きたい気持ちはわかるが、面子が締まれば締まるほど、鳴く順番をはき違えると悲惨な結末にあう。 

 ポン ポン ドラ

結果的にここから玉木にリーチでアガられると、南場では藤川にもリーチ合戦で敗れ、南3局では南家、貫上に手痛い打ち込み。

 ツモ ドラ  

近野がを引きテンパイし、ここから切りリーチ。

 ポン ポン ロン

その貫上は上記の形でテンパイ。
玉木からも早い段階でリーチが入っており、貫上の勝負牌がであった時点で自分のアガリを優先してしまった近野が自爆した形となった。

2回戦、佐々木、花岡、玉木、貫上
試合開始から花岡の登場が華々しい。ポンから全て加カンするという、めったに見られないフーロを魅せると、
佐々木も負けじとポン、ポン、親の玉木はをポンして仕掛け合戦。

 加カン 加カン 加カン ドラ

 ポン ポン

 ポン

どうなることかと息を飲んだが、ここは佐々木に軍配があがる。
普通の打ち手なら好手をアガリ逃すとツキを落とすものだが、今日の花岡は違った。
開幕から手ごたえを感じた様子でガツガツと満貫クラスをアガリまくる。

 ツモ

これを花岡がアガリ、終わってみれば満貫を2回アガった佐々木ですら原点からそれほど浮いておらず、圧倒的な勢いを見せると、
これに留まらない展開が続いた。

4回戦、佐々木、花岡、貫上、近野 
東場は花岡が近野の遅い三色テンパイをしっかりとがめると、

 ポン ポン ロン

親でも6巡目にリーチし悠々ツモりあげる。

 ツモ ドラ

ここからは、もはや怒涛という言葉しか思いつかないほど、花岡の勢いはとまらなかった。

5回戦、花岡、玉木、藤川、近野
花岡を絶対にラスにしなければならない状況で、座順は、玉木、藤川、近野、花岡。
まずは玉木がトップを走る展開を作れば、浮きの2着でも上々の近野。
南場の親番までは理想のペースで運ぶが、ここで花岡から渾身のリーチが入った時の近野の手牌。

東家・近野 

 ドラ

花岡の現物がで、この筋を玉木・花岡から4枚も切られると、6枚目のを上家の藤川からチーせざるを得ないのだが、
結果的に「どこを見て打っているんだ」という、花岡のツモ。

 ツモ ドラ

A2卓は6回戦も申し分なくトップを決め、鬼神のような猛威を振るった花岡が、
全てのレスラーを倒してリングで勝利のガッツポーズを決める結果となった。

(ハイライトシーン)
抜け番の際に一番印象に残った局が1回戦の南2局だった。
点数の少ない貫上が国士無双の2シャンテンになれば、何を掴んでも必ず牌を前におくだろうという攻撃的な意識を感じると、
対面の花岡からさりげないチーが入った。

貫上手牌  

これで結果的に下家にが流れ、オリを強いられた上に終盤で手出しを切りだした花岡は以下の1人テンパイ。

 チー

麻雀にタラレバはないが、この仕掛けがなければ貫上の国士は十分にあり得たはずだ。
この時すでに花岡は、リング場の支配権を獲得していたのではないかと、気付くには遅すぎたリプレイとなった。

試合終了後、1年のレポートでそれぞれの選手に話を聞くコンセプトの中で、今回は「佐々木亮」に話を聞いてみた。

佐々木「麻雀でよく牌効率などと聞くけど、四人で行う競技なのだから、もっと立体的なものだと私は思っている。
関西の若い選手を含めて、手牌だけを見ての何を切る問題のような牌を切りすぎだね。
私から見て、花岡は手組や押し引きのはっきりした選手だけど、もっとシビアな目線から戦いを見ることのできるレベルの選手だよ。
理解しなきゃいけない事は、麻雀は厳しいし、楽しいゲームだということ。それは、本当に厳しい競技だからこそ楽しいのだと感じる。
今のポイント(+57,8P)は、過去に四暗刻単騎(過去レポート掲載)をアガってトップを取った結果だけが残っているんだよね。
ここから厳しいけど、まだまだ残りの試合も楽しんで挑戦していくよ。」

佐々木は私にとっても数少ない先輩の1人であり、尊敬できる姿勢を持っている選手である。
試合に絶対はないから厳しいもの、そして楽しいものである事を証名できる力を持っている。

最後に、第8節の「8」を使った例えに「七転び八起き」という言葉があるが、七回も転べば、それはたいがい痛くて苦しいものだ。
それでも、痛い苦しいを思いをするからまた立ちあがれるというのも人間らしいと感じる。

 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 仁科 健一郎 7.9 34.0 33.3 15.8 ▲ 5.4 43.2 40.6 54.3     223.7
2 西原 佳隆 ▲ 34.6 ▲ 10.2 ▲ 2.2 39.2 35.7 44.6 29.1 47.0     148.6
3 原田 保正 29.4 56.9 ▲ 19.8 61.4 64.6 ▲ 41.5 ▲ 4.3 ▲ 16.2     130.5
4 上村 宜久 35.1 13.8 22.0 8.4 ▲ 47.3 42.3 13.7 27.1     115.1
5 岡崎 有 18.0 ▲ 6.9 ▲ 3.3 30.1 ▲ 18.1 42.1 ▲ 16.5 39.9     85.3
6 堀 昭義 54.6 27.4 ▲ 21.0 ▲ 9.6 14.4 ▲ 11.1 ▲ 37.8 16.9     33.8
7 稲森 英子 ▲ 47.3 ▲ 60.1 36.1 ▲ 10.0 ▲ 11.8 47.3 ▲ 1.7 21.3     ▲ 26.2
8 辻本 翔哉 ▲ 21.3 ▲ 21.3 ▲ 8.4 18.4 44.7 ▲ 10.7 ▲ 43.5 ▲ 15.2     ▲ 57.3
9 延原 明美 ▲ 18.5 0.7 33.7 ▲ 98.4 ▲ 10.4 ▲ 48.9 66.7 11.1     ▲ 64.0
10 坂本 誠裕 ▲ 57.2 ▲ 0.5 ▲ 27.5 0.5 44.2 ▲ 40.5 53.6 ▲ 50.2     ▲ 77.6
11 米川 基紀 ▲ 9.3 4.1 ▲ 39.4 3.8 ▲ 32.6 0.9 11.9 ▲ 20.0     ▲ 80.6
12 冨田 淳一 ▲ 17.3 3.6 31.2 21.2 ▲ 22.4 ▲ 45.7 ▲ 37.5 ▲ 40.6     ▲ 107.5
13 岡本 博 59.8 ▲ 51.4 17.8 ▲ 25.8 ▲ 56.2 24.2 ▲ 74.3 ▲ 75.4     ▲ 181.3


<第8節レポート:岡崎 有>

今節プラスポイントを持っている上位陣がほぼプラスでまとめた。
残す所あと2節であるが、現在100ポイント以上持った者が4名。
まだまだ昇級争いの行く末は分からないままである。いずれにしろ、見ごたえのある対局にしてほしい。

今回、点棒状況により、どう打つか悩まされた局面が2つあったので紹介したい。
初戦の1半荘目に11,700点持ちのラスで迎えたオーラス。私以外は浮きの状態である。
そんな中、下記の手が5巡目にできあがった。

 ドラ

1人沈みの状況であったので、なんとか6,000オールに仕上げたい場面。即リーチの4,000オール狙いを拒否しての打
中盤に動きはなく、を先に引きゲームオーバーかと気を落としたが…。
その後と引き、結果は6,000オール。
結果的に手牌を高く仕上げることができたものの、こういう選択の場面では自分の点棒状況により打牌は当然変わってくるものだと思う。
私の場合、リード時は即リーチ、もしくはダマ。追いかける状況なら先ほどのように打つように心がけている。

もう1つ、頭を悩ませたオーラスの局面。

 ドラ

私は28,500点持ちの3着目。トップ目は35,800点、2着目は29,000点、ラス目は26,700点である。
目標は最低でも30,000点の浮きなので、出アガリで2,000点の手に仕上げたかったのだが、ドラが手牌になく厳しい状況。
一四待ちを選択したのであるが…。結果は、ドラのを掴んで、仕方なく単騎待ちに変更。
結果は、他家同士の点棒移動の沈み3着でオーラス終了。
この場合、リスクを冒してでも目の前の浮きを目指すのであれば、ドラを手放した方が可能性は高いように思う。





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 明山 博史 48.1 84.9 29.4     162.4
2 筒井 宏晶 1.6 81.5 14.6     97.7
3 青山 智哉 ▲ 4.7 10.4 66.9     72.6
4 中川 由佳梨 34.5 9.3 17.7     61.5
5 小西 輝彦 ▲ 6.6 44.8 ▲ 11.6     26.6
6 中安 武尊 3.1 ▲ 21.2 32.9     14.8
7 吉武 朋宏 ▲ 4.8 54.7 ▲ 38.6     11.3
8 高柳 将史 24.8 ▲ 75.2 53.8     3.4
9 三歩一 隆介 0.1 ▲ 4.0 6.5     2.6
10 山里 剛司 52.8 11.2 ▲ 78.1     ▲ 14.1
11 藤沢 周平 20.8 ▲ 28.7 ▲ 32.5     ▲ 40.4
12 吉田 哲史 ▲ 29.6 34.8 ▲ 49.0     ▲ 43.8
13 中野 孝治 ▲ 24.2 ▲ 35.0 ▲ 0.6     ▲ 59.8
14 山中 翼 ▲ 35.2 ▲ 59.8 29.2     ▲ 65.8
15 井上 智子 ▲ 43.3 ▲ 32.1 ▲ 36.1     ▲ 111.5
16 山口 恭平 ▲ 38.4 ▲ 75.6 ▲ 8.5     ▲ 122.5


<後期第3節レポート:高柳 将史

早くも肌寒くなってきた11月。大事な3節目が行われた。
今回は私の卓が非常に時間がかかってしまった為に、他の卓が全く観戦出来なかった。
他の卓での選手に話を聞いた。
トップを走る明山からは印象的だったのが、4回戦の南2局、親の中川(由)。
中川はダンラスの1万点前後で、テンパイ気配があり警戒していたら、切りリーチ。 上家の吉武も追っかけリーチ。

中川次巡6ツモ。リーチ前は、

こうで、そこからを引いて切りリーチ!
つまりはフリテンリーチ。面前タンヤオピンフツモ、三色の6,000オール。勢いにのった中川は、40,000点まで稼ぎトップとなった。
元々のトータル成績からダンラスを引いたのでは大ダメージ。そう思い、完成系を求めた強気の攻めでトップをもぎ取った!
この成績を含めて中川は昇級圏内をキープしている。

また藤沢からも話を聞かせて貰った。東家だった藤沢。

 ポン

この形だったが、北家の青山は、

 ツモ

この形からツモ
藤沢は前節に引き続いての役満親被り…。

青山はトータル好位置に着けたが藤沢は苦しい位置である。
前回取り上げた青山の今後はもちろん藤沢の復活にも期待したい。

ちなみに私の卓では山里が不調で中安がマイナスからの復活。
それにくらいつく私だが4回戦目は流局と親のアガリが続き、途中10本場まで行く持久戦。
17,000点まで沈んだがその8本場目。南3局、親で私は、11,600+2,400をロン。
続いて500は1,400オールをアガリ10本場に。
小西が3,200+3,000を中安からロン。
オーラス1,000点差で迎えるものドラ暗刻が配牌で、

 チー ロン

これをアガリ嬉しいトータルプラスに戻れた。
明山、筒井が抜けた状態だが、皆が食らい付いていき、後の2節の展開が解らなくなってきた!!





太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 原田 潤次 ▲ 31.4 43.4 61.3     73.3
2 後藤 俊孝 7.4 36.0 1.8     45.2
3 谷上 脩平 20.4 42.9 ▲ 30.5     32.8
4 道見 駿 ▲ 32.8 33.9 27.8     28.9
5 辻田 弥生 24.8 14.4 ▲ 10.9     28.3
6 三好 直幸 ▲ 52.9 68.9 7.3     23.3
7 木下 恭子 3.6 45.1 ▲ 32.7     16.0
8 山本 善嗣 24.9 12.5 ▲ 21.7     15.7
9 山室 太二 45.1 ▲ 11.3 ▲ 49.6     ▲ 15.8
10 丸山 直 66.4 ▲ 122.3 26.6     ▲ 29.3
11 高瀬 真濃 10.4 ▲ 39.1 ▲ 19.9     ▲ 48.6
12 田村 豊 ▲ 47.5 ▲ 18.3 ▲ 6.5     ▲ 72.3
13 高藤 英樹 ▲ 58.4 ▲ 111.1 47.0     ▲ 122.5


後期第3節レポート:
高瀬 真濃

後期C2リーグは第3節。
早くも折り返し地点にやってきました。
A・Bリーグに至っては第8節目、1年間に渡る長き戦いももう終盤です。
先月、現太閤位である「板川和俊」が、第21期最強位の称号を手にしたことにより、太閤位決定戦への枠を狙うAリーグのプロはもちろん、
「関西プロリーグ」全体の士気が高まりました。

今回の私の同卓相手は、谷上、原田、辻田。
私は2節終了時で、▲28,7P。「今節で成績をプラスに。」と意気込み、対局に挑みました。

1回戦東3局、南家の私の牌姿。



ドラはないが、でアガリなら純チャン三色で満貫。
3巡目にを切っており、まだ5巡目ということもあり、積極的にリーチ。
七でアガル気はないが、リーチをかけることによってが出やすくなると判断。
この判断が功を奏し、即でを出アガリすることができた。

跳満をアガリ、ここで勢いに乗りたい私だったが、その後は原田がツモを繰り返し、1回戦は原田の1人浮きのトップ。
2回戦もオーラスでトップ目の辻田を交わし、僅差でトップをとった原田は、3回戦は浮きの3位。
4回戦もオーラスの親番で粘ってトップをとり、+61,3Pと大きくプラスを叩いた。
終始、押し引きのしっかりした麻雀をしていた原田。今節で一気に首位に立ち、昇級候補に名乗りを上げた。
私は今節▲19,9Pとまたもやマイナス。次節でなんとか挽回し、昇級へ望みを繋げたい。


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。