日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第9期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第9期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 近野 理智男 63.9 67.6 19.9 ▲ 73.0 18.1 14.1 106.3       216.9
2 中田 一幸 42.2 64.5 ▲ 20.7 20.3 30.8 30.6 46.4       214.1
3 中川 保 30.3 ▲ 12.5 13.5 ▲ 22.0 9.3 86.1 ▲ 22.4       82.3
4 佐々木 亮 73.3 ▲ 22.7 118.2 12.8 ▲ 19.8 ▲ 65.5 ▲ 27.9       68.4
5 花岡 章生 29.0 21.4 ▲ 35.5 37.3 35.3 ▲ 36.4 12.2       63.3
6 横山 毅 3.5 ▲ 22.1 2.1 19.1 ▲ 10.6 131.6 ▲ 70.9       52.7
7 長野 靖憲 ▲ 12.6 ▲ 31.8 8.0 49.7 23.6 ▲ 19.2 12.4       30.1
8 藤川 議次 ▲ 27.1 ▲ 32.4 33.6 39.4 ▲ 34.2 ▲ 76.0 43.2       ▲ 53.5
9 玉木 章司 ▲ 60.7 ▲ 53.0 ▲ 20.9 41.1 58.1 ▲ 22.8 ▲ 30.9       ▲ 89.1
10 貫上 洋志 ▲ 79.0 63.4 ▲ 10.5 ▲ 49.0 ▲ 13.3 ▲ 51.6 2.5       ▲ 137.5
11 勝間 伸生 ▲ 64.2 ▲ 44.5 ▲ 3.0 ▲ 32.7 ▲ 46.3 60.3 ▲ 23.3       ▲ 153.7
12 宮前 克馬 ▲ 38.6 2.1 ▲ 104.7 ▲ 44.0 ▲ 52.0 ▲ 51.2 ▲ 48.6       ▲ 337.0


<第7節レポート:近野 理智男>

9月、10月は交流戦やプロテストなど、関西でもイベントの多い時期に当たる。
プロリーグもそんな忙しい合間を縫って行われた為、2週間という短いスパンでの再戦となった。
各々の意識がぶつかり合うのが競技の本質だが、期間の間隔が短い試合は、まるで前回の物語が続くかのように感じる。
それだけに、まだまだ展開の波乱は含みそうだ。

物語には定められた脚本があるが、競技麻雀は誰が主役になるかによって筋書きが変わる。
各々が結果に左右されない12名の眼差しは、まだまだ熱く、高く、卓上へと落とされる。
涼しい秋口だけにひりつくような熱気を肌身に感じながら、今回の配役を探っていこう。



1卓、横山 毅、 花岡 章生、 宮前 克馬、 近野 理智男

前回の筋書きを振り返れば、一番怖いのは横山だ。
私は今節で3度目の対局となるが、1度目はカウンターを食らい、2度目はその流れで大きくへこまされている。
麻雀は同じ相手と当たるからこそ優劣がつきやすい。
その点では前回、暴風雨に巻き込まれた花岡も同じ境遇でいたに違いない。

私が開局の親。4者とも字牌をこぼさない捨て牌のノーテンで流れると、次局は横山が軽いアガリで局を進めて少し場が楽になる。
座順が、横山、近野、花岡、宮前であることを書けば、並びの話しかと言われるかもしれないが、
意識する選手が上家にいるか、下家にいるかというだけでも戦い方はがらりと変わる。
麻雀にはツキがあれば、人間関係もある。1回戦目は横山が不調の兆しで、近野にツキが流れたのかトップとなった。

2回戦目、横山台風が静まり返ると、今度は安定した姿勢の花岡が台頭する。
花岡は自身デジタルと語るが、手数も稼げて守備もできるバリエーションの広い選手である。
東場の親で軽いアガリをいくつも繰り広げると、それだけで周囲はマイナス連鎖に陥り、ダントツ状況に。

子方の花岡の早いオタ風のポンで色牌を1枚下すと、

 ポン ドラ 

ここまで仕上げているから恐ろしい。
座順は同じく、横山、近野、花岡、宮前で、今度は下家を意識する近野が苦しい状況だった。
宮前は南2局で好機の七対子ドラドラをツモリ上げ、2着を取る。

3回戦、トータルトップは花岡で、座順は、横山と花岡が入れ替わり。
一度インターバルを置く事で気分も変わる、とコメントするのは近野。
まだどこから誰が飛び出すかわからない状況で慌てる事はない。
自身について語れる程のレベルではないが、打点を見て場に1面子落とせる余裕がある時の方が調子いいようだ。
弾丸が飛び交うような、ギリギリの牌が交錯する中で、一番遅いアガリを拾った近野がこの局のトップを取った。

 ドラ ツモ

4回戦を終えて、同卓した宮前に話を聞いてみた。

「ここまで7節戦ってきましたが、やはり厳しいと感じました。
以前は2回に1回は攻める気持ちで取り組んでいましたが、今は4度に1度くらいを意識して頑張っています。」

宮前は過去、関西竹城位戦で対戦した時に、ダンラスから一気に逆転捲りを見せたこともある。
結果に左右されず、姿勢を正す事も大事だと理解しているようだ。




2卓、佐々木 亮、 中田 一幸、 玉木 章二、 長野 靖憲 

何度も顔を合わせる事でわかり合える事もあるが、打ち手のバランス次第でリズムががらりと変わるのも、また麻雀であろう。
鳴き速効から門前手役まで、幅広く役者が揃った卓で面白い。

1回戦目、佐々木が重厚な打ち筋からトップを取ると、このままペースに持ち込むかと思いきや、やはりそれを阻むのは中田。
中田は流れを掴むというより、周りとのペースを掴んだ打ち方で得点を重ねるタイプである。

東場で玉木の親。中田は軽い鳴きを入れ、以下のテンパイ。

 ポン ドラ

これに対して、親の玉木からリーチが入り、中田のアガリは難しいなと感じていると、数巡後にツモの発声を聞いて周囲の方が驚いた。

 ポン ポン ドラ ツモ

玉木からを叩いてドラを食いとる辺り、中田にはペースが見えている。
長野もまた、1巡目から鳴きをいれるような姿勢でトータル2着につけた。
プラスは少ないが、ここまででラス回数1,5回はまだまだ侮れない打ち手である。




3卓、勝間 伸生、 藤川 議次、 貫上 洋志、 中川 保

中川を除く、勝間、藤川、貫上の3人は現在の成績は下位の方だが、どの面子もただ大人しく座っているような甘い打ち手ではない。
降級争いも熾烈なだけに、油断をすれば得点を大きく勝ち越ししていても、深く巻き込まれるのがリーグ戦の怖いところだ。

勝間にとってみれば、落としたいのは貫上。
貫上にとってはその上の藤川に負けたくない、藤川もここより落ちる事は危険である事を理解している。
卓上の思惑は、人間関係を通じて相関する。

結果として、バランス感覚に優れた藤川が難所を乗り切りオールプラス。
しかし、互いに大きく突き放された訳ではないし、安定感のある中川をマイナスに沈める辺り、リーグ戦自体の実力は伯仲していると言えるだろう。

トータルは近野と中田が突き抜けて2トップを走るも、3位以下は混戦状況でまだ先が見えない。
試合を見守る太閤位の板川にとっても面白い状況と言えるだろう。

気がつけば残り3節を切った訳だが、ラッキー7の「7」という数字は、アメリカ野球の7回という数字からきているそうだ。
7回と言えば、打線も3周目に入って試合が一番盛り上がるシーンである。

麻雀と野球の特徴は共通点が多いと私は思う。
どんな名選手も100%勝ちきることはできないし、また優秀な成績を残したとしても、最後は試合に負ければ意味はない。
それだけに、まだまだ覆す力を持っているからこその逆転劇が期待できる。
7回裏からの関西のクリーンナップの活躍に期待して頂きたい。


 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 仁科 健一郎 7.9 34.0 33.3 15.8 ▲ 5.4 43.2 40.6       169.4
2 原田 保正 29.4 56.9 ▲ 19.8 61.4 64.6 ▲ 41.5 ▲ 4.3       146.7
3 西原 佳隆 ▲ 34.6 ▲ 10.2 ▲ 2.2 39.2 35.7 44.6 29.1       101.6
4 上村 宜久 35.1 13.8 22.0 8.4 ▲ 47.3 42.3 13.7       88.0
5 岡崎 有 18.0 ▲ 6.9 ▲ 3.3 30.1 ▲ 18.1 42.1 ▲ 16.5       45.4
6 堀 昭義 54.6 27.4 ▲ 21.0 ▲ 9.6 14.4 ▲ 11.1 ▲ 37.8       16.9
7 坂本 誠裕 ▲ 57.2 ▲ 0.5 ▲ 27.5 0.5 44.2 ▲ 40.5 53.6       ▲ 27.4
8 辻本 翔哉 ▲ 21.3 ▲ 21.3 ▲ 8.4 18.4 44.7 ▲ 10.7 ▲ 43.5       ▲ 42.1
9 稲森 英子 ▲ 47.3 ▲ 60.1 36.1 ▲ 10.0 ▲ 11.8 47.3 ▲ 1.7       ▲ 47.5
10 米川 基紀 ▲ 9.3 4.1 ▲ 39.4 3.8 ▲ 32.6 0.9 11.9       ▲ 60.6
11 冨田 淳一 ▲ 17.3 3.6 31.2 21.2 ▲ 22.4 ▲ 45.7 ▲ 37.5       ▲ 66.9
12 延原 明美 ▲ 18.5 0.7 33.7 ▲ 98.4 ▲ 10.4 ▲ 48.9 66.7       ▲ 75.1
13 岡本 博 59.8 ▲ 51.4 17.8 ▲ 25.8 ▲ 56.2 24.2 ▲ 74.3       ▲ 105.9


<第7節レポート:岡崎 有>

今回、上位陣の中でプラスは仁科、西原、上村、マイナスは原田、岡資、堀と明暗を分けた結果になった」


前節、2位の位置にいた仁科は、今回も安定した内容を見せて原田を抜き、トップに躍り出た。

ちなみに今節、私は仁科、上村、堀との対局。
その仁科が好調ぶりを物語るような、力強いアガリを最終半荘で決めた。
親の攻め、南家ドラポンの仕掛けに対し、怯まずドラも切り飛ばして勝負に行き、下記の手をアガりきった。

 ドラ ツモ

そして、次に私の手牌を紹介させてもらうと、勝負に行った局で大きな失点となったのが以下の手牌である。
親の仁科の1段目リーチに対して以下の通り。

 ドラ

ここにを引き、押し出されるように切りのリーチで追いかけるが、宣言牌をメンタンピンの高め11,600点で捕えられる。
しかし、この放銃をどう捉えるかは、打ち手の心構え次第だと私は思う。
また、後に引きずってしまうかは、打ち手のメンタルの強さ次第なのである。

私は、こういった放銃も最初からこの牌なら行く、それ以外は行かないと決めておけば、11,600点を失う以外に余計な後悔は入りこまない。
ちなみに私の中では、ここで放銃して良い入り目は。人によってはもあるかと言った所だろうか。
後悔するとしたら、切らなくてもよかった牌で放銃したとき。また、場況の判断が足りずに前に出すぎてしまったなどのときである。
一般的に心が揺れる打ち手というのは、こういう点棒が行き来する場面がメンタルに影響して、
それ以降の判断力が鈍り、正常な判断や押し引きができていないことが多いように私は思うのだが…。

そういう部分も含めて、麻雀とは細かい積み重ねが非常に大切な競技ではないだろうか。
残す所あと3節、今まで後悔のないように打ってきたつもりだが、来節以降になんとか結果を残せるよう、一打一打を集中して打っていきたいと思う。





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 明山 博史 48.1 84.9                 133.0
2 筒井 宏晶 1.6 81.5                 83.1
3 山里 剛司 52.8 11.2                 64.0
4 吉武 朋宏 ▲ 4.8 54.7                 49.9
5 中川 由佳梨 34.5 9.3                 43.8
6 小西 輝彦 ▲ 6.6 44.8                 38.2
7 青山 智哉 ▲ 4.7 10.4                 5.7
8 吉田 哲史 ▲ 29.6 34.8                 5.2
9 三歩一 隆介 0.1 ▲ 4.0                 ▲ 3.9
10 藤沢 周平 20.8 ▲ 28.7                 ▲ 7.9
11 中安 武尊 3.1 ▲ 21.2                 ▲ 18.1
12 高柳 将史 24.8 ▲ 75.2                 ▲ 50.4
13 中野 孝治 ▲ 24.2 ▲ 35.0                 ▲ 59.2
14 井上 智子 ▲ 43.3 ▲ 32.1                 ▲ 75.4
15 山中 翼 ▲ 35.2 ▲ 59.8                 ▲ 95.0
16 山口 恭平 ▲ 38.4 ▲ 75.6                 ▲ 114.0


<後期第2節レポート:高柳 将史

相変わらず調子のよい明山。
藤沢が45,000点持っている状態から、彼は親の四暗刻(単騎)をツモり一辺に突き放す。
トータルで100P近い1位だ。

また彼の同期・筒井が上がってきたばかりのC1においても、吹いて吹いて止まらないかもと思う勢いだったのだが彼にライバルが現れた。
私と同期で彼の1期上の青山だ。

彼の持ち味はしぶとい麻雀であり、危険牌は切らないようにし、高い手は余り作らないが親ならばとにかく連荘を狙い、
その腰を据えた麻雀がどうにもまだ皆に攻略されていないのだ。

4回戦オーラス。

暫定2着の青山に対して、下家の暫定トップの筒井がまず待ちの七対子テンパイ。
続いて、青山が待ちドラドラの七対子テンパイ。

事前に白を切っている親の山中からリーチが入り、青山が安牌のを切れば即終わる状態だが、強気で待ちを続ける。
続いて筒井も待ちを辞めない。ここでも打ってしまえば即終了である。

2巡後、井上がを打ち青山に軍配。
筒井は3連勝を阻まれトータルトップになれずであった。

今後も気になる2人である。

後3節。まだまだ昇降級はわからない
皆が全力闘いたいと思う。





太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 谷上 脩平 20.4 42.9                 63.3
2 木下 恭子 3.6 45.1                 48.7
3 後藤 俊孝 7.4 36.0                 43.4
4 辻田 弥生 24.8 14.4                 39.2
5 山本 善嗣 24.9 12.5                 37.4
6 山室 太二 45.1 ▲ 11.3                 33.8
7 三好 直幸 ▲ 52.9 68.9                 16.0
8 原田 潤次 ▲ 31.4 43.4                 12.0
9 道見 駿 ▲ 32.8 33.9                 1.1
10 高瀬 真濃 10.4 ▲ 39.1                 ▲ 28.7
11 丸山 直 66.4 ▲ 122.3                 ▲ 55.9
12 田村 豊 ▲ 47.5 ▲ 18.3                 ▲ 65.8
13 高藤 英樹 ▲ 58.4 ▲ 111.1                 ▲ 169.5


後期第2節レポート:
高瀬 真濃

9月末。例年通り、今年も27期プロ試験が開催されました。
試験を終え、やる気のある研修生はリーグ戦の見学に来て、上位リーグのプロの闘牌を熱心に見学。
1年前、試験を受け、同じようにリーグ戦の見学をしていた自身を思い出し、「一年が過ぎるのは早いなぁ」と憂いながらも、
「後輩ができるのだから、これからは私もしっかりしなければ」と気合を入れ直し、C2リーグ後期の第2節目に挑みました。

今回、私の同卓相手は、山本、谷上、田村。

1回戦のオーラス3本場ドラ。中盤、26,400点持ちの2着目である私の手牌は

嬉しくないテンパイだがタンヤオドラドラで5,200は6,100。
断トツのトップ目である谷上には倍満ツモでも届かない・・・三色は諦め、浮きの二着を狙うつもりではいたが、
ラス目の親がマンズに染めているのを見て、少しでも素点を稼ごうと五切りでリーチをかけた。

リーチをかけた後、すぐに後悔した。

6,100点を8,900点でアガッたところで+は2,8P。
リーチをかけ、6,100点をアガリ逃した際は、本来+6,5Pになるポイントが▲5,6Pに・・・。

12,1Pポイントの損は、連盟Aルールではかなり大きい。
手順にばかり気をとられ、大事なところで判断を誤ってしまった。

結果、流局し、沈みの2着で終了。
ダマにしていてもアガれていたかどうかはわからないが、こういう判断ミスが負ける原因となるのは確か。
私はこの日一度もトップをとれず、▲39,1Pで2節目を終えた。

私と同じく、不調ぎみだった辻田は3回戦終了時で▲57,7P。
だが、4回戦に東場の親番の時に国士無双を出アガリ。
その後も丁寧に打ち、4回戦だけで+72,1Pと大きくプラスを叩いた。

1節目も大三元をツモり、不調だと思われた今節も意地でプラスに仕上げた彼女。
彼女の昇級も早そうだ。

己の未熟さを再認識した今節。成績はマイナスとなってしまったが、まだまだ挽回はできる。
今節の反省点を次節に生かして行きたい。



歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。