日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第9期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第9期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 佐々木 亮 73.3 ▲ 22.7 118.2               168.8
2 近野 理智男 63.9 67.6 19.9               151.4
3 中田 一幸 42.2 64.5 ▲ 20.7               86.0
4 中川 保 30.3 ▲ 12.5 13.5               31.3
5 花岡 章生 29.0 21.4 ▲ 35.5               14.9
6 横山 毅 3.5 ▲ 22.1 2.1               ▲ 16.5
7 藤川 議次 ▲ 27.1 ▲ 32.4 33.6               ▲ 25.9
8 貫上 洋志 ▲ 79.0 63.4 ▲ 10.5               ▲ 26.1
9 長野 靖憲 ▲ 12.6 ▲ 31.8 8.0               ▲ 36.4
10 勝間 伸生 ▲ 64.2 ▲ 44.5 ▲ 3.0               ▲ 111.7
11 玉木 章司 ▲ 60.7 ▲ 53.0 ▲ 20.9               ▲ 134.6
12 宮前 克馬 ▲ 38.6 2.1 ▲ 104.7               ▲ 141.2


<第3節レポート:近野 理智男>

リーグ戦とは、予め決められたメンバーが互いの威信をかけて争う競技だが、見方を変えればその期間はずっと付き合いのある仲間でもある。
関西のプロリーグは月一の定例会であり、各リーグの開始前はやはり楽しげな笑顔や会話がこぼれた。
それは、皆が麻雀を愛してやまないという共通の思いがあるからだろう。
そして、それだけに三度目の攻防もまた熱かった。

1卓、佐々木亮・勝間伸生・貫上洋志・宮前克馬。

レポートの冒頭からで申し訳ないが、今回の主役はなんといっても「佐々木亮」である。
第1節で+118,2Pという驚異的な上積みを見せた。
佐々木は、普段から音もなく静かに牌を下ろす打ち手だが、勝負処で流れを掴むとアガリに対する騒がしさが止まらない。
佐々木の手役を重視する麻雀が場を圧倒し、3回戦で+84,3Pを叩き出す。
並の打ち手ならこれで満足するところだが、ここからさらに追い込むのが佐々木の勝負強いところでもある。

4回戦は、貫上が奮起してダントツの様相を見せても、2着目の佐々木はただの安全を拾わない。

 ツモ

ここから、満貫をアガってよしのところを、切りのフリテンに構え、次巡にを引いて受けかえ見事に役満をアガりきった。

 ツモ

試合も終盤で、ギャラリーを背負っていただけに、互いに温度の上昇した対局になっただろう。
結果は、これで宮前が大きく沈み、勝間と貫上はそれぞれ1回戦ずつ見せ場を作ってこの試合を乗り切った。
その勝間に対局終了後、感想を聞いてみた。

「私は2回戦の親番で、6巡目に倍満を取りにリーチをかけて、それを空振りしたのが勝負のあやだった。
勢いのある佐々木プロに対して不用意な打ち込みも多かったし、この反省を次に繋げていくよ。
貫上プロは若いけど、少しずつ粘り強くなってきた。宮前プロは今回、押し引きがかみ合っていなかったね。」


2卓、花岡章生・横山毅・中川保・近野理智男。

今期の中川はやはり印象が違う。
同卓した私であったが、普段のにこやかな中川の表情から想像できない真剣味に思わず恐々とした。
東場の親でダントツの点棒を積み上げると、南場の親でもさらりと連続でたたき出す。
しかも、ポイントはほとんどダマテンで登りつめたことに意味を感じる。
私は初めから怖さを感じて、首を引っ込めていたことで助かったが、85,000点を超えてもその結果だけには満足してはいなかったことだろう。

これまで不調にあえいでいた横山だったが、前期太閤位として折り紙つきの実力者であることは間違いない。
中川が暫定トップ、私が2位で3回戦を終えた時点で横山はまだダンラスであったが、4回戦は私のまずい選択ひとつが局面をガラリと変えてしまう。
東場で上家の横山が親の7巡目、手出しでドラ側のがこぼれると、

 ドラ

私が上図の牌姿からチーをかける。
今、振り返っても大ミスだとわかるお粗末な鳴きに震えがきた。
ドラ2で一見いい受けにも見えるが、待ちが急所だらけで、しかも最悪なのはペンが透けて見える。
ここは何が出ても七対子まで意識してきっちり我慢すべきところだったが、その答えはすぐに出た。
次巡、親の横山からすぐにリーチが入ると、点数は安かったが私の一発の打ち込みで終わった。

ここから当然のように横山の猛反撃が始まる。
オーラスまでに7万点まで点数を積み上げその片鱗を魅せると、ポイントを減らした中川、私も一矢報いたいところで、まずは親の中川が立直。

 リーチ ドラ

西家の私も踏ん張って先が見えるテンパイ。

 ドラ

しかし、この局を制したのも横山だった。

 チー チー ドラ ロン

開幕は、中川が勢いでみせたが、それを土俵際でひっくり返せるのが横山の大局観。
横山自身、「今節マイナスだったら危ないと言い聞かせて、4回戦で全てのポイントを取り戻す麻雀を心がけた。」と語った。
どこから上昇してくるかわからないのが強者の麻雀だろう。


3卓、中田一幸・玉木章司・藤川議次・長野靖憲。

1回戦、隣の卓で威勢のいいハネ満の発声が聞こえた。現在2位を走る中田は今日も調子がよさそうだ。
先に試合を終えた私は、早速隣の卓に目を移すと、4回戦ではその中田が苦戦していた。
この拮抗した試合を制したのは藤川。

藤川はどんな状況でも我慢の効いた粘り強い麻雀を打つ。
大きく勝つ選手ではないが、大きく負けないことも年間リーグ戦にとっては必要な能力である。
2回戦でトップを決めたのが親のハネ満。

 ツモ ドラ

このアガリであったが、これをダマでツモる辺り、藤川らしいセンスを感じた。
麻雀は1局の勝負ではない。まだまだ先は長く、慌てることはないのだ。

今回は、自身のスタイルを貫いた選手が見せ場を作った試合展開だった。その中でも佐々木の首位返り咲きは圧巻である。
それでも、各選手が次の主役を虎視眈々と狙っている。これからのプロリーグレポートにも注目して頂きたい。

「石の上にも三年」、「二度あることは三度ある。」など「三」という数字は確認や念押しの意味によく使われる。
だからといって、第3節までがいい結果の選手も、悪い結果の選手も、「三度目の正直」をどう継続していくかは、これからの自身の努力次第だと思う。

各リーグ選手は繋がっていないようで、実は皆が同じ目的を共有する仲間である。
試合を終えても、プロ意識を持って様々な活動に取り組んでいこうではないか。

 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 仁科 健一郎 7.9 34.0 33.3               75.2
2 上村 宜久 35.1 13.8 22.0               70.9
3 原田 保正 29.4 56.9 ▲ 19.8               66.5
4 堀 昭義 54.6 27.4 ▲ 21.0               61.0
5 岡本 博 59.8 ▲ 51.4 17.8               26.2
6 冨田 淳一 ▲ 17.3 3.6 31.2               17.5
7 延原 明美 ▲ 18.5 0.7 33.7               15.9
8 岡崎 有 18.0 ▲ 6.9 ▲ 3.3               7.8
9 山上 真平 10.0 47.2 ▲ 55.7               1.5
10 平本 健太 ▲ 28.0 7.3 1.2               ▲ 19.5
11 米川 基紀 ▲ 9.3 4.1 ▲ 39.4               ▲ 44.6
12 西原 佳隆 ▲ 34.6 ▲ 10.2 ▲ 2.2               ▲ 47.0
13 辻本 翔哉 ▲ 21.3 ▲ 21.3 ▲ 8.4               ▲ 51.0
14 稲森 英子 ▲ 47.3 ▲ 60.1 36.1               ▲ 71.3
15 坂本 誠裕 ▲ 57.2 ▲ 0.5 ▲ 27.5               ▲ 85.2


<第3節レポート:岡崎 有>

今回上位グループに付けたのは、仁科、上村、原田、堀。
とはいえまだ70ポイント前後と誰も抜き出てはないので次節以降の勝負もおもしろくなってきそうだ。
今回マイナスした者も、自分自身が知っている限りでは雀力にそれほどの差があるようには思えない。
まだまだ巻き返しが期待できるのではないだろうか。

私自身は、仁科、米川、岡本、辻本の同卓だった。
全体を通しては仁科の要所要所での大きいアガリが印象的だった。
しかし、卓全体の麻雀の内容自体はと言うと、必要以上の軽い仕掛けが気になった。
門前手に対して、明らかに後手を踏んでいる仕掛け。
早い場面で役牌2つからの仕掛けでの400、700。
親リーチ後のピンズを仕掛けて3フーロのドラ跨ぎ両面アガリなど、まだまだあるのだが・・・。

メンゼンでの手作りは勿論、鳴き仕掛けというのはそれぞれの個性が大きく反映されるものだ。それ故に諸刃の剣であることは間違いない。
自分の点棒状況、周りの手の進行状況に合わせた納得のいく手作りを見せなければいけない。
また、麻雀とは点棒状況、場況、心理状態、あらゆる状況を踏まえて戦う頭のスポーツである。
今以上に、常に全員が周囲へのアンテナを高くして集中して、勝負に臨んでほしいと思う。

次にメンゼン手の話をしよう。3半荘目、点棒がある程度平たい状況の親番、ピンズを引き込んだ私は下記の手から切りでリーチをかけた。
場には1枚も切れていない。

 ドラ

出アガリがほぼ期待できない手を選んだ。結果はというと、運良く他家に仕掛けが入り、ツモって3,900オールをアガることができた。
ただ、アガリを目指すだけならば、切りリーチも勿論ある。
他家の先制リーチや直前にが切れているのならば、切りでも構わないと思う。
人によっては切りダマもあるだろう。
結局、選択は色々あるのだろうが、通常の場ならば、アガリの可能性の高さは置いておき、(3面張とカンチャンまでになると話は変わってくるが)
私はアガリったときに相手に強い印象の残る方を選ぶ。
アガリができたのは結果論だろうが、この場合ならばアガリ率うんぬんは抜きにして、3,900オール一本に絞り、決定打に近いアガリを目指してはいかがだろうか。

下記のような手はどうだろう。



出アガリ期待は一切せずにツモの1,300、2,600狙いの手でリーチを打つときもある。
自分が場の主導権を握っているとき(先制で順目が早い、他家あまり攻めている様子がない、ドラが場にたくさん切れているetc)は、
愚形であるメリットを活かしての当然のリーチだろう。
無難に1,300を出アガりか、5,200まで高めることができるかは打ち手次第だ。

当然、リーグ戦というのは皆が結果を残しにくる場ではあるが、その前に誰もが納得のいく過程で勝利を収めてほしいと私は思う。
でなければ、この中の誰かがAリーグに昇級できたとしても、きっと通用しないはずだ。





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 掛樋 忠雄 ▲ 6.7 65.8 114.1               173.2
2 樫村 昭裕 86.9 14.0 8.9               109.8
3 山中 翼 109.0 ▲ 63.9 47.3               92.4
4 山里 剛司 24.3 13.9 24.5               62.7
5 中安 武尊 20.7 76.0 ▲ 35.8               60.9
6 吉武 朋宏 ▲ 61.4 111.4 ▲ 9.7               40.3
7 中川 由佳梨 ▲ 18.2 ▲ 8.2 48.6               22.2
8 川戸 智彦 ▲ 7.3 ▲ 23.2 19.1               ▲ 11.4
9 吉田 哲史 8.1 ▲ 28.5 ▲ 1.5               ▲ 21.9
10 青山 智哉 6.6 ▲ 21.4 ▲ 16.8               ▲ 31.6
11 小西 輝彦 ▲ 8.0 ▲ 10.2 ▲ 30.6               ▲ 48.8
12 三歩一 隆介 ▲ 56.9 35.6 ▲ 32.9               ▲ 54.2
13 三間 陽介 ▲ 9.8 0.1 ▲ 47.0               ▲ 56.7
14 藤沢 周平 ▲ 42.8 ▲ 56.5 15.2               ▲ 84.1
15 井上 智子 ▲ 9.3 ▲ 70.6 ▲ 52.7               ▲ 132.6
16 山口 昇子 ▲ 55.2 ▲ 87.3 ▲ 51.7               ▲ 194.2


<第3節レポート:吉武 朋宏

今節、最もポイントを叩いたのは掛樋である。
自分に手の入らないときはスピードを重視した仕掛けで、他家のアガリを防いで局を進め、勝負手の時はとことん打点を伸ばすというスタイルで首位に躍り出た。
決め手となったのは2回戦南2局。
吉武から国士無双を出アガリ一気に勢いづいた。(吉武は今期2度目の国士放銃…)その吉武もこの日最終的にはマイナス9ポイントでなんとか踏みとどまった。

中川は50ポイント近くを叩き、順位をぐんとあげてきた。
さて、前節まで首位だった樫村であるが、彼のそつのなさが光った場面があった。
東2局、親番4巡目

 ツモ

さて、皆さんは何を切りますか?
樫村は打とした。なぜか?それは彼の下家と対面の河にがあったからだ。
形の整ったこの手牌なら受けを考えずついついツモ切ってしまいそうな
しかし、安牌としての価値を即座に見いだしと入れ替えたのである。
何気ないことかもしれないがこういった繊細さが麻雀において、特にプロとしては大切なのではないだろうか。
「何切る」という考え方ではなく「何を残す」という考え方は常日頃意識していないとなかなか難しいものである。
例えば三色、一通を見据えた残し方など。

いよいよ昇格、降格が決まるまで残りあと2節。掛樋を追う樫村の目に隙は一切感じられない。





太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 高柳 将史 16.4 81.8 72.8               171.0
2 山口 恭平 ▲ 10.4 46.7 92.7               129.0
3 明山 博史 ▲ 22.6 44.3 56.3               78.0
4 筒井 宏晶 65.6 ▲ 37.6 36.7               64.7
5 木下 恭子 57.3 ▲ 1.7 ▲ 7.0               48.6
6 中野 孝治 19.8 ▲ 21.1 48.1               46.8
7 原田 潤次 8.6 28.6 ▲ 1.2               36.0
8 丸山 直 30.8 19.4 ▲ 19.2               31.0
9 山本 善嗣 19.1 ▲ 40.9 18.9               ▲ 2.9
10 田村 豊 ▲ 0.6 ▲ 32.5 23.2               ▲ 9.9
11 辻田 弥生 ▲ 29.8 16.4 ▲ 1.5               ▲ 14.9
12 道見 駿 26.6 ▲ 5.7 ▲ 39.7               ▲ 18.8
13 谷上 脩平 ▲ 28.0 42.0 ▲ 39.1               ▲ 25.1
14 三好 直幸 ▲ 29.4 ▲ 33.3 36.8               ▲ 25.9
15 山室 太二 72.6 ▲ 67.3 ▲ 34.7               ▲ 29.4
16 高藤 英樹 ▲ 64.9 29.4 ▲ 8.0               ▲ 43.5
17 後藤 俊孝 ▲ 100.0 60.7 ▲ 7.8               ▲ 47.1
18 辻川 みのり 13.6 ▲ 29.7 ▲ 58.5               ▲ 74.6
19 加藤 圭介 ▲ 52.6 9.9 ▲ 45.8               ▲ 88.5
20 高瀬 真濃 ▲ 79.4 ▲ 15.4 ▲ 15.4               ▲ 110.2
21 石川 詩万 ▲ 22.2 ▲ 76.8 ▲ 53.0               ▲ 152.0
22 野村 涼馬 ▲ 11.5 ▲ 6.0 ▲ 150.0               ▲ 167.5
23 生瀬 友尊 ▲ 100.0 ▲ 72.2 ▲ 55.6               ▲ 227.8


<第3節レポート:高柳 将史>

5卓で行われた第3節。
今回目立った打ち手は三好、筒井、そして山口だ。

三好は今節までの成績はあまり芳しく無く正直、物足りないものがあったが、今節は気分よく打てていたように感じた。
彼は捌く手を作るのが得意である。しかし、本手も他者を捌く手に替えてしまっているところがあった。
如何にも他の打ち手に呑まれてしまっていたかということだろうか。
成績は現在も目立って高いわけでは無いが、今節の経験から楽しみが増えそうである。

筒井は恐らく26期生の中でもよく麻雀をわかっていて、かなり優秀な麻雀を打つ。
きりっとした容姿もあいまってだが、シャープな感じを受けさせながら、麻雀は打点の高いパワフルな雀風だと感じる。
第1節も同卓したが、彼の麻雀に対する姿勢には驚いたし、今節も同じ卓上に座った彼を一番にマークして打たせてもらった。
私はポイント的には叩いているが、彼との決着はまだまだ先になりそうな気がする。
彼も早くに昇級するだろう。もちろん現在も昇級候補の一角と見ている。

最後は山口である。彼とは2節で同卓したのだが、動きに無駄が無く、攻めての打点、オリの安定感とも高いもの持っていると感じた。
4卓で座っていた彼が、今節、一番ポイントを叩いた。
後2節を残して、実力者があがってきたなと苦笑いしてしまった。
泣いても笑っても後2節。各人で目標高く進みたいと思う。


 


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。