日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第9期 関西プロリーグ

タイトル戦情報

第9期 関西プロリーグ

太閤位Aリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 近野 理智男 63.9 67.6                 131.5
2 中田 一幸 42.2 64.5                 106.7
3 佐々木 亮 73.3 ▲ 22.7                 50.6
4 花岡 章生 29.0 21.4                 50.4
5 中川 保 30.3 ▲ 12.5                 17.8
6 貫上 洋志 ▲ 79.0 63.4                 ▲ 15.6
7 横山 毅 3.5 ▲ 22.1                 ▲ 18.6
8 宮前 克馬 ▲ 38.6 2.1                 ▲ 36.5
9 長野 靖憲 ▲ 12.6 ▲ 31.8                 ▲ 44.4
10 藤川 議次 ▲ 27.1 ▲ 32.4                 ▲ 59.5
11 勝間 伸生 ▲ 64.2 ▲ 44.5                 ▲ 108.7
12 玉木 章司 ▲ 60.7 ▲ 53.0                 ▲ 113.7


<第2節レポート:近野 理智男>

プロリーグの2節目といえば、太閤位という頂きから見れば裾野の辺り。それでも、各選手はゴールに向かって熱く、高く、走りたいと願う。
途中経過だからといって1局でもおろそかにすれば、それが積み重なってたちまち奈落に転落する。
Aリーグの試合であれば、尚更そのレベルでありたいと願うのが、プロの競技意識であろう。

1卓:花岡章生・玉木章司・貫上洋志・長野靖憲。

麻雀は、面子が変わればその内容ががらりと変わるゲーム。
花岡、長野と比較的に仕掛けの多い面子が揃えば、場はスピード化しそうだ。
序盤はカウンターを得意とする玉木が苦しい展開に追い込まれると、ここで勢いよく飛び出したのは若い貫上。

3回戦東4局の親番で、

 リーチ ツモ ドラ

 リーチ ツモ ドラ

この2回の三色をリーチで決め、南場ではドラ暗刻の手をアガリ切った。
貫上は横の伸びを大事にして、バランスのよい門前手をうまくまとめる。
前年度は、1節100P越えの記録を果たしただけに、今節もその得意フォームがいかんなく発揮された結果だった。

貫上の暴風を受けても、3回戦まで同じだけのプラスを稼いでいた花岡もさすがだが、劣勢でもただでは終わらないのが玉木の強さ。
前節と同じく4回戦はトップで巻き返し、最後はその花岡をラスに沈めた。
長野は、3回戦の暴風を受けた結果がポイントに響いたようだ。



2卓:佐々木亮・藤川議次・中川保・近野理智男。

こちらは、比較的足を溜める面子が揃う。そして、1回戦から事件が起きた。
開局から、藤川が親でダマのアガリを2回決めてポイントをリードする。
東3局は、親の中川の早いリーチに対して、近野も13巡目、

 ドラ

このテンパイまで迫るも、ここは佐々木がうまくかわす。
しかし、これで近野の勢いに火がついたのか、南2局にも以下のテンパイ。

 ポン ロン ドラ

親の藤川は、テンパイ打牌の打ち込みに、静かに「はい」と答えた。
後に聞けば、中川は、残りのも握り締め、冷や汗をかいていたという。

自身の甘さを咎めるように、その後も藤川は静か打牌を繰り返していく。
精神面の揺れを決して表に出さない藤川の姿勢は、その謙虚さを表すかのように打ち込み分だけの責任を果たして4回戦を終えた。

3卓:横山毅・中田一幸・勝間伸生・宮前一馬。

攻撃型の面子が揃った。1回戦は横山がツモを叩きつけて大トップを取ると、2回戦以降も乱打戦になるかと思われたが、今節も中田の調子がいい。
攻撃的なメンツ相手に2軒リーチが入ると、まずは丁寧にを暗刻落とし。
そこからリーチ者同士に気合いがこもる中、意外や牌を倒したのはオリたと思われていた中田。

 ツモ ドラ

こういう波分けがうまくいった時の中田は手がつけられなくなる。
ここから+70Pを叩き上げて卓内トータルトップ。
気分が麻雀に出る選手だけに、観戦していても調子がわかりやすく、闘牌にも見ごたえがあった。

結果的に、各卓のトップ者は各々が自分の麻雀を打てた結果だったが、その攻守がすぐにでも逆転する立場にあるのだと気を引き締めなくてはならない。
それが、関西プロリーグ戦という過酷なマッチレースの醍醐味なのだから。

対局を終えた後の勉強会で、現太閤位「板川和俊」は、「麻雀は打牌の選択で、自分の意志を明確に表示するものだ。」と、若手に教えた。
それに参加する多くの選手の眼差しは熱く、またそれは、講師の熱意に因っても反映するものだろう。
関西リーグに参加する全ての選手にとって2節目とは、1年のうちに参加する単なる2回目の試合ではなく、
自分の意志や熱意を明確にもった2回目の積み重ねだという気持ちを持って、共に戦っていきたいと思う。

 

 

太閤位Bリーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 原田 保正 29.4 56.9                 86.3
2 堀 昭義 54.6 27.4                 82.0
3 山上 真平 10.0 47.2                 57.2
4 上村 宜久 35.1 13.8                 48.9
5 仁科 健一郎 7.9 34.0                 41.9
6 岡崎 有 18.0 ▲ 6.9                 11.1
7 岡本 博 59.8 ▲ 51.4                 8.4
8 米川 基紀 ▲ 9.3 4.1                 ▲ 5.2
9 冨田 淳一 ▲ 17.3 3.6                 ▲ 13.7
10 延原 明美 ▲ 18.5 0.7                 ▲ 17.8
11 平本 健太 ▲ 28.0 7.3                 ▲ 20.7
12 山本 英彰 17.7 ▲ 48.6                 ▲ 30.9
13 辻本 翔哉 ▲ 21.3 ▲ 21.3                 ▲ 42.6
14 西原 佳隆 ▲ 34.6 ▲ 10.2                 ▲ 44.8
15 坂本 誠裕 ▲ 57.2 ▲ 0.5                 ▲ 57.7
16 稲森 英子 ▲ 47.3 ▲ 60.1                 ▲ 107.4


<第2節レポート:岡崎 有>

今回の第2節。結果はトップが80P付近。混戦状態を抜け出したというのはまだ早い。
私自身にも言えることだが、まだまだ次節以降の2位以下の追い上げが楽しみである。

そして、今回の私はと言うと、満貫以上の打点の手を完成させることがほとんどできなかった。
その少ないチャンスを紹介する。

3半荘目南場の親番。役牌から仕掛けて下記の1シャンテン。
ドラがで絶好の親満チャンスである。ここでアガることができれば、今日はプラスで終えることができる可能性がかなりあったのだが…

 ポン ドラ

-から入れば3面張ではあるが、--の2度受けという苦しい形だ。
すると、上家から頭を固定して鳴けるが出たので、すかさずチー。待ちがドラ跨ぎとはいえ、まだ2段目に入ったばかりであり、ツモの可能性も充分にあった。
他家もまだテンパイしてないかと思った矢先だ。対面の山上に(ドラ表)ヘッドの1,000点をアガられた。
このアガリにより、私のチャンス手は潰されてしまった。

さすが竹城位・山上といった感じで、前回得た経験がよい方向に発揮されているように思われる。
逆に、不調の私はというと。   

 リーチ

上の手牌で親リーチである。マンズはかすりもせず、ピンズのドラメンツを河に並べた。さらに払ったペンの方をツモるのである。
こういった状況は麻雀を打っていれば数多く当たることになる場面である。
こういった展開のときこそ、少ないチャンスを確実にものにし、なおかつミスが出来ないはずなのだ。
しかし、その認識の甘さを今回感じ、反省した。痛恨のミスが下記である。

最後の4半荘目の南3局。下家の平本は、ピンズの染め手に一直線である。
手出しで生牌の中が出てきたので、親で対面の山上が手出し。そのあと、私もを合わせたところにマンズのメンホン七対子にズドンである。
甘かったのである。ベタオリしている私が切ってよい牌ではなかったのだ。

山上が前に出てきている雰囲気を感じ取れていなく、ドラのソーズを中盤で切ったものの何をやっているのかわからなかった。
これで私の今日のプラスは全て消えた。点棒が20,000を切り、残りの局を粘ったものの、22,000ほどの3着であった。

この半荘は本来浮き2着か、トップで終わらせなければいけない展開だったはずなのだが、1枚の甘い牌のために地獄へと叩き落される羽目に…。
麻雀の1牌の致命的ミスが命取りになるということを再認識させてもらった。

しかし、終わってしまえば悪い内容もこちらのものだ。反省点をしっかりと消化して、次に生かすのみである。
当然、皆も同じ気持ちだろうが、優勝するのは自分だという気持ちを、思い切り次節にぶつけようと思う。





太閤位C1リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 樫村 昭裕 86.9 14.0                 100.9
2 中安 武尊 20.7 76.0                 96.7
3 掛樋 忠雄 ▲ 6.7 65.8                 59.1
4 吉武 朋宏 ▲ 61.4 111.4                 50.0
5 山中 翼 109.0 ▲ 63.9                 45.1
6 山里 剛司 24.3 13.9                 38.2
7 三間 陽介 ▲ 9.8 0.1                 ▲ 9.7
8 青山 智哉 6.6 ▲ 21.4                 ▲ 14.8
9 小西 輝彦 ▲ 8.0 ▲ 10.2                 ▲ 18.2
10 吉田 哲史 8.1 ▲ 28.5                 ▲ 20.4
11 三歩一 隆介 ▲ 56.9 35.6                 ▲ 21.3
12 中川 由佳梨 ▲ 18.2 ▲ 8.2                 ▲ 26.4
13 川戸 智彦 ▲ 7.3 ▲ 23.2                 ▲ 30.5
14 井上 智子 ▲ 9.3 ▲ 70.6                 ▲ 79.9
15 藤沢 周平 ▲ 42.8 ▲ 56.5                 ▲ 99.3
16 山口 昇子 ▲ 55.2 ▲ 87.3                 ▲ 142.5


<第2節レポート:吉武 朋宏

今節は大荒れの展開となった。
中安、掛樋、吉武の3名が一気にポイントを伸ばし、上位へと浮上してきた。
その分、同卓していた山中、井上、山口、藤沢は大きく後退することになった。

まず、中安は3回戦に役満をアガリ、気をよくしたその後も着実にポイントを重ね、首位に4P差できっちりつけている。
首位の樫村は持ち味の安定した戦いで前節より1つ順位を上げた。
一方、掛樋は4戦ともすべてプラスの安定した戦いぶりで3位に上がってきた。

今回までの8半荘を終えた時点で1位5回、2位から4位までが1回ずつという数字に今期の充実ぶりがうかがえる。
さて、前節に親の役満を放銃し、今節は別日対局にして頂いたため、マイナス50Pが加算された吉武であるが、
「追うものの強み」という言葉が当てはまるそんな内容の麻雀だった。
リーチや仕掛けに対しても、降りないと決めた局面では強い牌を河に並べ、他家を降ろして勝負を1対1の場面にもっていく。
親番では、本手の間に形式テンパイ狙いのブラフ仕掛けをはさみゲームの主導権を握った。
決め手となったのは、トップ目で向かえた2回戦ラス前の親番。

 ドラ

この配牌から、よくてチャンタ三色かなと思いながら捨て牌に「におい」を出さないようから切っていく。それが中盤、

 ポン

この1シャンテンに。
三元牌が出ることが期待できなかったため、にくっつけての三元牌落としでテンパイ取りを考えていたが、が放たれ高目大三元テンパイ。
結果は、

 ポン ポン ツモ

これで8,000オールのアガリをものにし、2回戦まででプラス110Pを叩き余裕ある麻雀を展開。

今節までを振り返ると、本来ないはずのアガリ、ポイントが多数存在し、混沌とした状況になっているように感じる。
プロとして打ってはいけない牌、アガらせてはいけない局面、ポイントを伸ばさせてはいけない対局者というのはあると思う。
それぞれが5節までを1つのレースとしてとらえ、どんな麻雀が打てるのか、まだまだ先はわかりません。





太閤位C2リーグ

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計
1 高柳 将史 16.4 81.8                 98.2
2 木下 恭子 57.3 ▲ 1.7                 55.6
3 丸山 直 30.8 19.4                 50.2
4 原田 潤次 8.6 28.6                 37.2
5 山口 恭平 ▲ 10.4 46.7                 36.3
6 筒井 宏晶 65.6 ▲ 37.6                 28.0
7 明山 博史 ▲ 22.6 44.3                 21.7
8 道見 駿 26.6 ▲ 5.7                 20.9
9 谷上 脩平 ▲ 28.0 42.0                 14.0
10 山室 太二 72.6 ▲ 67.3                 5.3
11 中野 孝治 19.8 ▲ 21.1                 ▲ 1.3
12 辻田 弥生 ▲ 29.8 16.4                 ▲ 13.4
13 辻川 みのり 13.6 ▲ 29.7                 ▲ 16.1
14 野村 涼馬 ▲ 11.5 ▲ 6.0                 ▲ 17.5
15 山本 善嗣 19.1 ▲ 40.9                 ▲ 21.8
16 田村 豊 ▲ 0.6 ▲ 32.5                 ▲ 33.1
17 高藤 英樹 ▲ 64.9 29.4                 ▲ 35.5
18 生瀬 友尊 ▲ 100.0 60.7                 ▲ 39.3
19 加藤 圭介 ▲ 52.6 9.9                 ▲ 42.7
20 三好 直幸 ▲ 29.4 ▲ 33.3                 ▲ 62.7
21 高瀬 真濃 ▲ 79.4 ▲ 15.4                 ▲ 94.8
22 石川 詩万 ▲ 22.2 ▲ 76.8                 ▲ 99.0
23 後藤 俊孝 ▲ 100.0 ▲ 72.2                 ▲ 172.2


<第2節レポート:高柳 将史>

今回は、生瀬、高瀬、山口、山本(善)との対戦になった。

他の卓を観ていて気になったのは、今期のメンバーは熱くなって麻雀をしているということ。
勝負事はやはりポーカーフェイスに徹しないといけないと常日頃から思っている。

今節、私は幸運にも成績がよく何があっても焦らずゆっくり構える事が出来た。
5人打ちだったため、私は3回戦目で抜けることになる。
その観戦中、2回戦まで負けている1人のプロが熱くなっているのがよく見えた。
大三元なら1シャンテンの小三元テンパイ形(を鳴いている)に、熱くなって止まらない親がテンパイ打牌とはいえ、を鳴かせてパオが発生。
ノベタン形のテンパイになるも、親が他家から出アガリして一時的なハプニングで終えたが……。

観戦していた私もひやひやした。
一打で32,0Pも動く可能性がある行為だけに冷静に対処してほしい。

どんな時であっても、勝負事は冷静に例えどんな劣勢であっても自分自身を見失うことないよう、しっかりとした麻雀をしたいものだと思った今節でした。

 


歴代太閤位

太閤位
2位
3位
4位
備考
第1期
板川 和俊
横山 毅
吉田 雄二
堀 昭義
 
第2期
石村 賢進
折原 亘志
板川 和俊
阿部 憲詩
 
第3期
石村 賢進
阿部 憲詩
中田 一幸
花岡 章生
 
第4期
勝間 伸生
吉田 雄二
土井 悟
石村 賢進
第5期
石村 賢進
勝間 伸生
加藤 博己
板川 和俊
第6期
石村 賢進
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
第7期
横山 毅
石村 賢進
中田 一幸
玉木 章司
第8期
板川 和俊
横山 毅
花岡 章生
中田 一幸
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。