日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報鳳凰位戦 > 第22期 鳳凰位戦

タイトル戦情報

第22期 鳳凰位戦

鳳凰位戦観戦記 〜初日〜

鳳凰位戦の初日、東京の朝方には雪が降るとかの予報でしたが、どうにか軽い雨ですみました。

開始時間は朝の10時、会場は新橋の雀亭、虎ノ門の方が少し近いと向かったのですが、通勤時間帯と重なり少し痩せた感じかな?と喜んで会場入りしました。

  今回の鳳凰位戦、全員がタイトルホルダーとは史上初の事と思います。好調なお且つ当然の事ながら実力も兼ね添えていますから、テンポ良く様々な麻雀スタイルを見せてくれる事でしょう。

 

◆1回戦◆

東1局、ドラ

 

南家でスタートは三連覇中の阿部孝則、最初の配牌は以下の通り、

悪くはないが特に良いと言う程でもないです。

この局13巡目にリーチはドラの を引き入れてテンパイの瀬戸熊直樹。

 

最終形で闇テンを張っていたのは先程の阿部。

5巡目に  を重ね、7順目から  と鬼引きで11巡目テンパイ、追いかけリーチ!!

 

いきなりツモなの?と思いきや、ツモの   は瀬戸熊へ2、600点の放銃。

東2局、ドラ  東家の阿部。

配牌は

 

10巡目に  を引き入れ  切りで以下のリーチ

 

一巡目のツモが  だが、これはご愛嬌。山にマチ牌は結構ありそうなのだが流局。一人テンパイといまいちのスタートの阿部。

 

 満貫クラスが動きだしたのは次局から。

東3局、ドラ  東家、多井隆晴

配牌は

白から動けるなら連荘もありそうだが、ホンイツに向かいそうな感じの手牌。

 のツモ、 を1枚パスしていて7巡目に初牌の  から動いた。

 

場には が2枚切れ。9巡目 ツモで以下の形

  ポン

 

切りもあるが、難しい選択も打牌はドラの  とした。

これにポンと動いたのは南家の瀬戸熊、打  としてこの形

  ポン

数巡目後に  ツモの2,000 、3,900と瀬戸熊は初戦トップの好スタートを切った。

 

◆2回戦◆

1回戦から配牌の時点では数牌は一番集まっているのだが、形がまとまらないのが土田浩翔。やはり独特の持ち味は字牌、対子場がらみ。

東2局 ドラ  西家 土田浩翔

配牌 

           ポン ポン

ツモ  ↓ ヌケ

捨牌    ツモ

                        

最終形  ポン  ポン

 

最初の  切りを、ピンズか  を切るのか?と考えていたのだが  のツモでハネ満をミス。

と思ったら次巡にドラの  ツモで満貫。 何かツキ出しそうな予感だね。

東3局、1本場 ドラ   南家、土田 

10巡目リーチ

 

次巡テンパイの北家、瀬戸熊の追っかけリーチ。

ここに現物牌のない多井、瀬戸熊の現物牌の  をささり連続マイナスといまいちのデキ。

土田、持ち点44、500点とする

1回戦をトップの瀬戸熊、この2回戦の南入の頃には毎回の失点がらみで持ち点20,000点を割り込み、ここが最初の正念場となる。

南場4局1本場 ドラ  西家、瀬戸熊 

11巡目   ツモでダマテン。

テンパイ後、最初のツモ牌がドラの  、これに即座にポンと反応したのが東家の土田。

  ポン  チー

 に瀬戸熊 「ロン、7,700は8,000」

土田は小さなトップとし、瀬戸熊は小さなプラスながらもプラス加算点の付く大きな3着を勝ち取った。

 

◆3回戦◆

東1局、 ドラ

10巡目、珍しく北家の阿部が  を連続チーとフーロ。

そこへ南家の土田が  ツモで、ドラの  切りリーチ

一発目のツモ牌が自分の河の3巡目に切っている  、その牌に阿部の両手が静かに動く 「ロン」

開かれた手牌をみてちょっとドッキリ!! 「7,700」

  チー  チー     ドラ

 

土田、先程のオーラスの余韻がまだ残っているのかな?

次局、東2局 ドラ  南家、瀬戸熊

配牌  

 

何ってことのない配牌だが3巡目に  を重ね、次巡動いて満貫に仕上げる。

  チー  ポン  ポン    ツモ 

 

瀬戸熊、阿部のトップ争い模様。 

感覚的にはドラ2のある瀬戸熊とこの回、堅実にトップをねらう阿部の戦い。

態勢を少し崩して元気の見えぬ土田、いまいち波に乗れない多井の3番手争いの気配。

前には出るもののテンパイやアガリに結びつかない多井だが、ラス前に400、700をツモって

土田を交わして3番手に浮上、迎えたオーラス。

南場4局 ドラ  南家 多井

 

8巡目 ツモ  この形でテンパイ。

 

ほんとチャンス手なのだが、10巡目に親の阿部に七対子を捕まり、その1本場、

土田、瀬戸熊の二人テンパイで、土田3着に復活で終了。 

 

◆3回戦を終えてのトータル◆

 

阿部 +12.7  土田 ▲7.5  多井 ▲51.3  瀬戸熊 +45.1  供託+1.0

 

1回戦頃には10名程度だったギャラリーも次第に増えて後半戦を迎える頃には選手、採譜者、運営と観戦記者等で50名くらい。観戦するのも大変なのだが、いつ見ても鳳凰位戦の決勝は格別に面白い。

初日でこの感じなら最終日は100名以上になるのは決定的かな。   ^^;

 

◆4回戦◆

この回、噴いたのは土田。

東2局、ドラ西 南家 土田

13巡目に  を引きテンパイ

一鳴きテンパイ、タンヤオの北家、阿部が  をつかみ放銃。

これ以降

 ツモ   ドラ

ツモ、ツモ、ロンと固めてのアガリ。 

南3局、土田の親番ではポン×3回とやりたい放題でノーテンの親流し。

最後は阿部が軽くさばくが、土田の一人浮きで終了。

 

 

◆4回戦を終えてのトータル◆

阿部 +4.5  土田 +23.4  多井 ▲69.8  瀬戸熊 +40.9  供託+1.0

 

 

1回戦は3着も、二桁のマイナスを続けている多井、トータル一人マイナスで蚊帳の外の置かれては2日、3日目が苦しくなる。多井、気合の入る5回戦が始まった。

 

◆5回戦◆

 

起家スタートの多井、苦しい展開ながらも連続テンパイで場積みして、久々のアガリがこの形            

  チー  ポン

北家の阿部がドラを雀頭にしてリーチ後   を放銃。

多井、持ち点40,000近くも本調子にはまだまだ・・。

南1局 ドラ   東家 多井

これでも多井にとっては久々の好感触の配牌だと思うけど、どう見えるかな?

配牌 

ツモ牌  

捨牌 

最終形  ロン

 

今日一のアガリが出て、持ち点も50,000超え。得点は最後まで維持するのだが、

次局、親番の瀬戸熊、ハイゲン割れから 「リーチ、ロン1,300」、「リーチ、ツモ2,000オール」

「リーチ、ツモ2,600オールは2,700オール」、「リーチ、ツモ1,300オールは1,500オール」と

4連続のアガリ、しかも一発はつかない A ルールだが何しろ即ツモ、即ツモでツモアガリだから気分は絶好調。 オーラスには多井とのアガリ勝負の接戦だが、きっちりとハナ差を交わしてトップをとる。

 

5回戦を終えて本日は残り1回戦

 

◆5回戦を終えてのトータル◆

阿部 ▲12.6  土田 ▲12.2  多井 ▲46.9  瀬戸熊 +70.7  供託+1.0

 

 

◆6回戦◆

東場1局 ドラ  東家 土田

南家、瀬戸熊 5巡目   ポンと仕掛けて以下の形

  ポン

一メンツ崩してのこの動き、化けて来れば面白いのだが、最終形は

  ポン

と、これまで。

対応させられたのは上家で東家の土田だったが・・

                          

  ポン

どうにか一人テンパイで連荘とする。

続く1本場でアガリを拾ったのはドラ  を暗刻にしての阿部。

 

   ロン

土田からの出アガリ。 その土田、

南2局 ドラ   北家 土田

12巡目に  ツモでのテンパイ即リーチ!!

そのラス目のリーチに向かうのは阿部と僅差のトップ争いしている瀬戸熊。

「リーチ」との宣言牌が  だった。「ロン 5,200点」

前半戦ではあまり見せ場の少なかった多井も満貫ツモしてちょっと元気が出ている。

オーラスを迎えて全員が小差のアガリトップの接戦。

南4局 ドラ

6順目テンパイの多井

徐々に手牌が楽しくなっているのだが、仕掛けてそれより早かったのが、 5順目テンパイの瀬戸熊

  ポン  ロン

 

瀬戸熊が5、6回戦を逆転の連勝で締めくくった。

 

初日を終えて

 

◆6回戦を終えてのトータル◆

 

阿部 ▲8.1  土田 ▲16.9  多井 ▲56.9  瀬戸熊 +80.9  供託+1.0

 

ごらんのように瀬戸熊の一人浮きでスタートしたが、まだまだこれから何が起きるかわからない!! 

始まったばかりの鳳凰位戦の決勝戦、本当に面白いから一度話のネタにチャンスがあったら観戦を

お勧めします。 

本音を言えば観戦より参戦の方が凄〜く 楽しいけれどね   o (^ 0 ^) o

 

                              (文中敬称略)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。