日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第2期グランプリMAX  二次予選 レポート

タイトル戦情報

第2期グランプリMAX 

二次予選 レポート

レポート:瀬戸熊 直樹


二次予選からは、既に戦って勝ちあがった者と、ここからのシードの者に分かれる。
「勢い」というものを考えると、勝ちあがってきた者のほうが、やや分があると思われる。

十段戦等で、シード選手が敗退する理由は、この「勢い」にやられる場合が多い。
この辺りの戦いぶりから、この大会の「勢い」にのる選手を探ってみたい。


1卓:灘麻太郎 内川幸太郎 近藤久晴 勝又健志


灘 麻太郎

内川 幸太郎

近藤 久晴

勝又 健志

 

1回戦、偶然にも昨日と同じ卓の同じ場所に座った近藤。3連勝を決めた場所である。
当然、本人も感じていただろう。初戦は気持ちよくトップを決める。ラスは勝又。
二人は今年度、同じリーグで何度も対戦した相手。

勝又がこぼしていた。「近藤さんに、勝てるイメージがありません」
相当苦手にしているらしい。
裏を返せば、ここが1つの山場であり、この相手を倒せば、「勢い」はつくというもの。

3回戦まで近藤にポイントで遅れをとっていたが、4回戦でついにトップラスを決めて、近藤を逆転。
そのまま内川と逃げ切り、ベスト16行きを決める。

勝ち上がり:勝又健志  内川幸太郎

勝又「初めて近藤さんに勝ちました」

敗れた近藤は、来期リーグ戦の抱負を語ってくれた。

近藤「やっと最上階(A1)にきたので、格の違いを見せつけられないよう、頑張ります」



2卓:魚谷侑未 山井弘 前原雄大 ダンプ大橋


魚谷 侑未

山井 弘

前原 雄大

ダンプ大橋


 
前日、アガリまくった前原。今日もアガリまくるのかとおもいきや、この日は不運の連続でジリ貧となる。
同じく前日、僅差で森山をかわしたダンプが最終戦で粘りこみを見せ、最後は山井、ダンプの通過となった。

勝ち上がり:山井弘  ダンプ大橋



3卓:和久津晶 滝沢和典 古川孝次 藤崎智


和久津 晶

滝沢 和典

古川 孝次

藤崎 智

 

屈指の好カード。和久津には、キツイ卓と思われたが、いつも通りの堂々とした自分の麻雀を展開。ハートが強い。
トーナメントのスペシャリスト藤崎、昨日苦戦したおかげか、今日は楽々逃げ切り。

最終戦、滝沢、和久津の着順勝負となる。
東2局、南家・和久津。ここで、和久津らしい一打が出る。
7巡目に以下の形。

 ポン ドラ

単純に待ち選択なら、単騎だが、はすでに2枚切れ。
7巡目という巡目も考えると、打の方が良さそうに思えたが、和久津の選択は当然とばかりに地獄マチを選択。

長引くかと思われたが、次巡、古川がつかみほどなく決着。
このアガリが引き金となり、和久津はアガリまくり滝沢を突き放す。金星をあげた。

勝ち上がり:藤崎智  和久津晶



4卓:伊藤優孝 望月雅継 白鳥翔 西川淳


伊藤 優孝

望月 雅継

白鳥 翔

西川 淳

 

最終戦を迎え、白鳥+59.9P、伊藤+1.8P、西川▲1.4P、望月▲60.3P。
白鳥は確定で、伊藤、西川の争いかと思われたが、白鳥がハコラス寸前となり、三つ巴に。
辛くも白鳥が逃げ切る。

勝ち上がり:伊藤優孝  白鳥翔 

望月は、鳳凰戦からやや精彩を欠く結果に。
同期としてエールを送るならば、現在再放送されている、「第8回モンド杯」を見ることをお勧めする。
そこには、鳳凰位として出場している望月の姿があり、今ずれている場所が一目瞭然であらわれている。
彼の強さなくして、A1リーグの発展はないのだから。



5卓:樋口新 沢崎誠 猿川真寿 黒沢咲 


樋口 新

沢崎 誠

猿川 真寿

黒沢 咲

 

もつれにもつれたこの卓。最終戦を迎え、ポイントは、

樋口+22.2P、猿川+10.5P、黒沢▲5.0P、沢崎▲27.7P

オーラスを迎えて、親は沢崎。
樋口、猿川は、この局を潰せば勝ち上がり。
黒沢は条件が満貫クラスのアガリ。沢崎は、とにかく連荘しなければならない。

ここから、沢崎の連荘が始まるから恐ろしい。
3本場まで積み、最後はノーテン宣言して通過を決めた。

樋口は、この悔しさと経験を生かして欲しい。
マスターズの決勝で、荒、沢崎、私をやぶって栄冠を掴んだあの時の麻雀を、そして気持ちを思い出してほしい。
少し辛い事を言うなら、今の樋口は構えている。もっと我武者羅にやって欲しい。チャンスを与えられた意味を今一度考えて欲しい。

樋口「最後あせって、自滅しました」

いよいよ、ベスト16。
ここからは、段々と、負けられない戦いとなってくる。

勝ち上がり:沢崎誠  猿川真寿

勢いを感じたのは、勝又、和久津の両選手。
果たして結果は如何に。


 

 

  

 

 

(レポート:瀬戸熊 直樹 文中敬称略)

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。