日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームタイトル戦情報 > 第1期グランプリMAX  一次予選 レポート

タイトル戦情報

第1期グランプリMAX 

ベスト16レポート

レポート:山田 浩之

今日からいよいよベスト16である。
ここから出場する、シード選手の紹介を簡単にさせていただこう。

瀬戸熊直樹・現鳳凰位
先月の鳳凰戦で、2連覇達成はみなさんの記憶にも新しいことだろう。
実力、勢い共に連盟ナンバー1といってもいいだろう。

堀内正人・現十段位
早いリーチや仕掛けを多用し、相手に対応させ、主導権をとりにいくタイプ。

井出一寛・現王位
15年目で初タイトルの苦労人。粘り強い麻雀が持ち味。

樋口新・現マスターズ
中部本部所属の門前派で受けが強い打ち手。

前原雄大・鳳凰戦準優勝
今期は、十段戦、鳳凰戦ともに準優勝。獲ったタイトルは数知れず。

板川和俊・鳳凰戦3位
現最強位、太閤位。手役派で打点の高さに定評あり。



A卓 瀬戸熊 直樹 vs 灘 麻太郎 vs 猿川 真寿 vs 古川 孝次


瀬戸熊 直樹

灘 麻太郎

猿川 真寿

古川 孝次

1回戦
起家から、瀬戸熊→灘→猿川→古川
東1局、親の瀬戸熊が8巡目リーチ。

 リーチ ドラ

宣言牌であるのポンテンをとった猿川が、次巡をツモ切って18,000の放銃でスタート。
いきなりエンジン全開かと思われたが、この後は手が入らず2着で終了。

1回戦成績 

古川+33.4P  瀬戸熊+7.7P  猿川▲16.0P  灘▲25.1P

2回戦
起家から、古川→瀬戸熊→灘→猿川 
親の古川がダブリーツモピンフドラ2で6,000オール。
このままトップで頭一つ抜け出した。
一方2着の瀬戸熊と3着の猿川が200点差に。ここから2人のデッドヒートが始まる。

2回戦成績 

古川+36.7P  猿川▲1.3P  灘▲10.6P  瀬戸熊▲24.8P

2回戦終了時 

古川+70.1  瀬戸熊▲17.1P  猿川▲17.3P  灘▲35.7P

3回戦
瀬戸熊が、灘、猿川のリーチを受けながらも七対子ツモドラ2で2,000・4,000。
これが決めてとなりトップをとるも、猿川は2着で食らいつく。

3回戦成績 

瀬戸熊+27.5P  猿川+9.1P  灘▲12.2P  古川▲24.4P

3回戦終了時 

古川+45.7P  瀬戸熊+10.4P  猿川▲8.2P  灘▲47.9P

4回戦
今度は猿川。メンタンツモハイテイドラ1で瀬戸熊を沈めてトップ目に。

 ツモ ドラ

瀬戸熊も丁寧な手順で三色をアガリ浮きの2着に。

 ロン ドラ

4回戦成績 

猿川+16.1P  瀬戸熊+5.1P  灘▲10.6P  古川▲10.6P

4回戦終了時 
 
古川+35.1P  瀬戸熊+15.5P  猿川+7.9P  灘▲58.5P

5回戦
一進一退の攻防が続き、ついに猿川が瀬戸熊を3,600点リードでオーラスに。
ラス親が古川であるため、1局勝負である。
中盤に猿川はドラの暗刻で、チーテンを入れテンパイを維持。
瀬戸熊はテンパらず終了。

1位通過:古川 孝次  2位通過:猿川 真寿



B卓 堀内 正人 vs 小島 武夫 vs 藤崎 智 vs 勝又 健志


堀内 正人

小島 武夫

藤崎 智

勝又 健志

1回戦
開始3分いきなり小島が魅せる。で藤崎から国士無双の32,000。
そのあとも、
 
 リーチ ツモ ドラ

この2,000・4,000等で加点し、このまま1人浮きのトップ。

1回戦成績 

小島+51.4P  堀内▲1.9P  勝又▲6.5P  藤崎▲43.0P

2回戦、3回戦は加点の必要の無くなった小島と、ポイントの必要な藤崎を横目に堀内がスピードで場を支配して2連勝。

2回戦成績 

堀内+25.9P  藤崎+5.7P  勝又+1.0P  小島▲32.6P

3回戦成績 

堀内+13.0P  小島+2.7P  藤崎+2.7P  勝又▲18.4P

3回戦終了時 

堀内+37.0P  小島+21.5P  勝又▲23.9  藤崎▲34.6P

4回戦
起家の堀内が好スタート。

 リーチ ツモ

この2.600オール。続く1本場は堀内が先制リーチ。

 リーチ ドラ

これに待ったをかけたのは、後がない勝又。

 リーチ ツモ

この2軒リーチを制した勝又がトップに。

4回戦成績 

勝又+24.5P  堀内+5.5P  小島▲12.7P  藤崎▲17.3P

4回戦終了時 

堀内+42.5P  小島+8.8P  勝又+0.6P  藤崎▲51.9P

5回戦
2着争いはほぼ小島・勝又の2人に絞られた。
勝又が小刻みなアガリで逆転するも、オーラス小島がメンピンツモドラ1の2,600オールで勝負あり。

 リーチ ツモ ドラ

5回戦成績 

小島+14.8P  勝又+5.9P  堀内▲4.7P  藤崎▲16.0P

最終成績 

堀内+37.8P  小島+23.6P  勝又+6.5P  藤崎▲67.9P

1位通過:堀内 正人  2位通過:小島 武夫



C卓 井出 一寛 vs 前原 雄大 vs 松崎 良文 vs 清水 香織



井出 一寛

前原 雄大

松崎 良文

清水 香織

1回戦
松崎が抜け出すも、オーラス前原が松崎を捕らえてトップ。

1回戦成績 

前原+19.2P  松崎+9.0P  井出▲11.0P  清水▲17.2P

2回戦
オーラス、親の井出のリーチを受けるも、先に仕掛けてテンパイを入れてた清水がツモって2,000・4,000。
これで前原も沈めて1人浮きのトップに。

 ポン チー ツモ ドラ

2回戦成績 

清水+25.3P  前原▲2.2P  松崎▲8.0P  井出▲15.1P

2回戦終了時 

前原+17.0P  清水+8.1P  松崎+1.0P  井出▲26.1P

3回戦、4回戦は前原が地力の差を見せつけ2連勝。ほぼ当確に。

3回戦成績 

前原+16.6P  井出+10.5P  松崎▲10.4P  清水▲16.7P

4回戦成績 

前原+15.7P  井出+7.9P  清水▲9.4P  松崎▲14.2P

4回戦終了時 

前原+49.3P  井出▲7.7P  清水▲18.0P  松崎▲23.6P

5回戦
東1局、前原から清水がピンフドラ1の2,000点をアガる。
10.3Pを追いかける立場で、自分はダマテンにできない。こういう懐の深さが現女流桜花の強さなのだろう。

東2局、当然のように親の清水に手が入る。

 ドラ リーチ

これを追っかけリーチの松崎からでアガリ12,000。
このまま逃げきり勝ち上がりを決めた。

5回戦成績 

清水+18.6P  前原+6.3P  井出▲14.2P  松崎▲18.4P

最終成績 

前原+55.6P  清水+0.6P  井出▲14.2P  松崎▲42.0P

1位通過:前原 雄大  2位通過:清水 香織



D卓 樋口 新 vs 板川 和俊 vs 仲田 加南 vs 石渡 正志





樋口 新

板川 和俊

仲田 加南

石渡 正志

1回戦
板川がトップ目の仲田から12,000。

 チー ロン ドラ

これで逆転。この後も加点してトップ。

1回戦成績 

板川23.2P  樋口+12.5P  仲田+3.4P  石渡▲39.1P

2回戦
樋口が思い切り良く攻めトップ。

2回戦成績 

樋口+21.9P  板川+15.1P  仲田▲19.6P  石渡▲25.4P

2回戦終了時 

樋口+42.4P  板川+38.3P  仲田▲16.2P  石渡▲64.5P

3回戦
好調な2人の手がぶつかり合う。樋口が、 

 ドラ

ここから渡りをうってリーチ。

 暗槓 リーチ

親の板川がメンチンテンパイで放銃。これで樋口は浮きの2着に。
板川は放銃するもトップで終了。これでほぼ勝負あり。

3回戦成績 

板川+33.3P  樋口+10.8P  石渡▲16.4P  仲田▲27.7P

3回戦終了時 

板川+71.6P  樋口+53.2P  仲田▲43.9P  石渡▲80.9P

4回戦成績 

板川+10.6P  石渡+4.7P  樋口+1.2P  仲田▲16.5P

5回戦成績 

仲田+20.8P  板川▲1.4P  石渡▲5.0P  樋口▲14.4P

最終成績 

板川+80.8P  樋口40.0P  仲田▲39.6P  石渡▲81.2P

1位通過:板川 和俊  2位通過:樋口 新


明日は、いよいよ決勝の椅子をかけた戦いだ。





 

 

(レポート:山田 浩之 文中敬称略)

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。